2016-03-19 09:05

出雲へ行ってきます

 今日午後のフライトで名古屋から出雲へ行ってきます。
島根県は当地方からは非常に遠い(不便な)所でした。丁度1年前の県営名古屋空港(中部国際空港が出来る前の名古屋空港だった所)から1往復だけ航空便が出来たので、これで行ってきます。

使用機材はエンブラエル170(78席)、エンブラエル175(86席)のどちらか。
ブラジル製のリージョナル・ジェットで、日本のMRJのライバルに当たる飛行機。
どんなものか楽しみです。



帰ってくるのは月曜日、どんなものか帰ったら報告します。
  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

 雲の上を飛んで出雲へ!!

 いってらっしゃい!!
 土産話が楽しみです。
  1. 2016-03-19 11:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

おはようございます。

 >非常に遠い(不便な)所・・松江にいたとき知り合った松下電器の人が松江は不便なところ(特に交通の便)にあるので僻地手当が付くと云っていたことを想い出しました。

 小泉八雲が愛した松江は良いところでした。
  1. 2016-03-21 08:42
  2. URL
  3. inkyo #yNKEkr8c
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  雲の上を飛んで出雲へ!!
>
>  いってらっしゃい!!
>  土産話が楽しみです。


昨21日、夜帰ってきました。
返事遅れまして恐縮です。

今日からボチボチ出雲の話など書きたいと思います。
私的には非常に興味深い出雲行きでした。
特に面白かったのが雲の話、さてどんなものになりますやら。
  1. 2016-03-22 09:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: おはようございます。

>  >非常に遠い(不便な)所・・松江にいたとき知り合った松下電器の人が松江は不便なところ(特に交通の便)にあるので僻地手当が付くと云っていたことを想い出しました。
>
>  小泉八雲が愛した松江は良いところでした。


コメント有難うございます。返事が遅れ恐縮です。

松江、出雲は距離はそれほど遠くないのですが何せ交通の便が良くないですね。
今回行ってみてしみじみ感じたのですが、平地が少なく山ばかり。
だから山陰本線は単線でしたし、山陰自動車道も対面通行の部分が多い。平地が少ないので人口も少ない。
そんな土地柄でした。
矢張り田中角栄みたいな日本レット改造論が必要ですね。

でもその分だけ松江は昔ながらの町並みが残り、すばらしい町でした。
また食べるモノもおいしかったですから、住むには良いところですね。
  1. 2016-03-22 09:19
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

私は大学時代から松江、出雲に縁があり、良く出かけてました。
結局、松江から妻を迎えたわけですが、書道(師範代)、茶道(不昧流)、行儀作法、料理は文句のつけようのない見事なものでした。古き良き日本がそのまま残っているのです。
こうした伝統は躾という形で子供にも伝えられておりまして、娘が成人になった時に、お祝いに日本料理の老舗につれて行ったら「食べる時の姿勢と箸の使い方が見事」と褒められ「それに比べてお父さんは下手ですね」と言われてしまいました。料理人はカウンターの向こうで良く見ているのです。

古泉八雲の愛した出雲は私の第二の故郷です。
是非、よろしくお願いします。


  1. 2016-03-22 12:28
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

To:友遊 さん

> 私は大学時代から松江、出雲に縁があり、良く出かけてました。
> 結局、松江から妻を迎えたわけですが、書道(師範代)、茶道(不昧流)、行儀作法、料理は文句のつけようのない見事なものでした。古き良き日本がそのまま残っているのです。
> こうした伝統は躾という形で子供にも伝えられておりまして、娘が成人になった時に、お祝いに日本料理の老舗につれて行ったら「食べる時の姿勢と箸の使い方が見事」と褒められ「それに比べてお父さんは下手ですね」と言われてしまいました。料理人はカウンターの向こうで良く見ているのです。
>
> 古泉八雲の愛した出雲は私の第二の故郷です。
> 是非、よろしくお願いします。


そうでしたか、奥様は松江のご出身。
素晴らしい街ですね。
私は松江城と小泉八雲旧居だけですぐ安来の和鋼博物館に行ってしまったのですが、古き良き時代の空気はしっかり感じ取れました。
この後松江についてもエントリーする予定です。

松江に行ってみて、小泉八雲が松江を愛した理由の片りんを感じました。
  1. 2016-03-22 17:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する