2016-02-27 11:52

「大災害列島」の大補修を、その3

 今回は「大災害列島」の大補修を、その3回目は「世界でも例のない悪条件」を取り上げます。

「大災害列島」の大補修を!
 藤井聡 京都大学大学院教授
 大石久和 国土政策研究所所長

・ 「奇跡の経済成長」の裏に
・ 恐ろしい歴史的事実
・ 「都市崩壊」の恐れ
・ 世界でも例のない悪条件
・ 日本だけ公共投資額を半減
・ 日本は「道路王国」の大嘘
・ 世界最先端の地位から凋落
・ インフラとGDP成長率
・ 公共事業の本来の目的
・ 一般財源化で大問題が
・ 世界に羽ばたくために

<以下引用>

世界でも例のない悪条件

藤井 平野という点では、日本は可住地面積が小さいのも特徴です。

大石 国土面積に対する可住地面積はイギリス八四・六%、フランス七二・五%、ドイツ六六・七%ですが、日本は二七・二%しかありません。しかもこの可住地が、きわめて分散的にしか存在していない。平野は内陸地域では盆地として、また海岸地域では河川が押し出してきた河口部の土砂の上にしかないのです。
 そのうえ、ちょうど台風の通り道に沿うように列島が展開しており、雨の多くがこの台風期と梅雨末期に集中する。日本の年間降雨量は一千六百~一千八百ミリメートルといわれていて、全地球の地表平均八百ミリメートルと比べると水資源の豊かな国というイメージがあるのですが、河川が急流であるため降った雨が一挙に流れ出て海に注ぐという構造になっています。したがって、水資源的に恵まれているわけではなく、雨が多いのに使える水は少ない。

藤井 川は急峻であり、かつ大雨が頻繁に降るということは、土砂災害のリスクもまた、極めて高いことを意味しています。二〇一四年八月に広島で起きた集中豪雨で土砂災害が発生し、残念なことに七十名以上もの尊い命が失われてしまった。集中豪雨は非常に増えており、こうした事態が、いつ、どこで起こったとしても全く不思議ではありません。
大石 広大な平野に居住地を構えることができるヨーロッパなどとは異なり、山腹の麓に住宅を設けることの多い日本では、豪雨による斜面崩壊とともに、土石流や土砂流による災害が毎年のように人命を奪っています。
 さらに国土面積の六〇%が積雪寒冷地にあり、かつ年間累積降雪量が四メートルを超える豪雪地帯に人目五十万人を超える大都市が存在している。日本より寒冷な地域に大都市が存在する例はロシア・カナダなど世界にいくつもありますが、これだけの豪雪地に大人口を抱える都市を持つ国は存在しません。日本列島は、世界でも例のない悪条件に覆われた国なのです。

<引用終り>

最初に可住地面積と言う言葉がある。これについて良く分かる資料がある。
国土交通省の資料「国土の脆弱性」
http://www.mlit.go.jp/common/000997376.pdf

此処に可住地面積の比較図がある。日本・イギリス・フランス・ドイツを比較したもの。

2016-2-26国別可住地面積比較1


そしてニューヨーク・ロンドン・パリと比較して東京は

2016-2-27世界の大都市の断面比較


さて世界はとも角、わが東京はと言うと前回こんな地図を紹介した。縄文海進の図である。

2016-2-23縄文海進2

こんな風に東京の地盤は縄文時代には海だった所、そしてこの東京の地盤がどうなっているか。

2016-2-26東京の地盤断面図1

この図で東京の下町と言われる所は沖積層という地盤であることが分かる。
沖積層はwikiによれば
沖積層は地質学的に最も新しい地層である。最終氷期の最寒冷期において、大地は洪積層に覆われ、海面は現在(完新世)よりも約120mほど低かった。発達した氷河や河川のはたらきによって、洪積層は削り取られ、河谷を形成した。最終氷期後期に入り、海面が上昇すると、それまで河谷であった河川の下流部に土砂が堆積し、周りの洪積層(洪積台地)よりも一段低い低地(沖積平野)を形成した。このようにしてできた地層を沖積層という。地形としては、平坦で湿地が多い。

こんな土地なのだが、実は建築関係の仕事をしている人は皆さんこんな事情は知っている。
アソコの地耐力はこれだけだったとか、杭を打ったら何メーターの杭がスポッと入ってしまったとか、そんな事を身近に聞いた事のある人も多いのではないだろうか。


一寸細かい話だが、その沖積層が出来た理由である海面の上昇について
これは海面の上昇を今から2万年くらい前からグラフにしたもの。(縄文海進が分からないので、それは次で)

2016-2-27氷河期後の海面上昇の図
参考エントリー:http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

1万5千年前から7千年前までの8千年間で120メーター海面が上昇した
これは100年で1.5メーターの上昇である。
この様にゆっくる海面が上昇したので、そこに土砂が堆積し沖積層を作り上げた。

だがこの図では縄文海進が見えないがこうなっている。

2016-2-27縄文海進での海面レベル(内海)
参考エントリー:http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-343.html


東京は分かった、では外国はどうかというと・・・
これはニューヨークが岩盤で出来ていると言う事が分かる写真、ニューヨーク・セントラルパークにこんなモノがある。
氷河が削った跡の残る岩盤の露頭

2016-2-27氷河が岩盤を削った跡(セントラルパーク)



一寸ここで視点を変えて、タイの事例について面白い話。

タイは日本の1.4倍の国土があるが自動車用のトンネルはどうもひとつも無いと言われている。鉄道用トンネルも一つもない。
否ひとつだけあるという人もいるが、それはバンコク辺りの道路の立体交差で道路の下を道路がくぐっている所らしい。でも入り口にはトンネルと書いてあるので、まあトンネルなのかもしれない。

だからこんな風景は日本独特のモノなのだ。

2016-2-27トンネルのある風景by山下清
山下清「トンネルのある風景」


そんな事情で以前のエントリー「高速道路無料化の愚」によもぎねこさんからこんなコメントを頂いた。
「ドイツを旅行した時、汽車に6時間乗って、トンネルも高架線も一度もなく、小さな鉄橋が幾つかあるだけでした。 延々と畑と牧場の中を走るだけで、山も川も人口密集地も無いのだから当然です。 
 北海道でさへこんな路線はありません。
 これなら道路の建設費が安いのも当然です。 以前猪瀬直樹が「ドイツの道路建設費は日本の3分の1」と言っていましたが、この地形なら3分の1でも結構無駄遣いが多いのでは思ってしまいました。
 一緒に考える方が無理なのです。」


こんな日本の特殊性は普段我々は意識していない。しかし外国と比較して色々文句を言う輩はこんな事情など全く知らん顔。
こんな事情をしっかり理解することが大切なのではないだろうか。


  1. 自然災害
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

安全確保の為の公共事業は必要です。

 そこで気になるのが資金はどうするのか、財源がないと予算が通らないですよね。でも公共事業と一言言ったら、「国の借金が~!」とマスコミや野党が総攻撃して、「アベノミクスはばら撒きだ~!失敗だぁ!」と大騒ぎをするのは確実です。

【日本のGDPを引き上げ、アベノミクスを「合格点」へと導く効果的な一手をここに示そう】
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48049

 高橋洋一さんによると、7年程度先まで短期金利はマイナスになるので「財投債」を財投債で資金調達すれば、通常の国債と同じでマイナス金利のメリットがあるうえ、政府のプライマリーバランスを悪化させないそうです。それに国内の消費を喚起するのがG20で奨励されたので、国際的にも公共事業をするのは良い印象を与えると思います。

 これで危ない橋や橋やトンネル等々のインフラを順次補修したり、新しくしたりできますね。米国や台湾で老朽化したインフラのせいで、水道菅が壊れて道路が水浸しになったり、ガス管が破損してガス爆発して死傷者が出たりしています。我が国でこんなことが起きない様に早めに工事をして欲しいです。
  1. 2016-02-29 07:59
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

 アベノミックスで財政出動を打ち出したはずなのに、なぜかほとんど出てないのです。
 好い加減にちゃんと財政出動をしてほしいです。

 そもそも国民の信任を得て始まった政策のはずなのに、何をもたついているんだか!?
  1. 2016-02-29 10:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 安全確保の為の公共事業は必要です。

>  そこで気になるのが資金はどうするのか、財源がないと予算が通らないですよね。でも公共事業と一言言ったら、「国の借金が~!」とマスコミや野党が総攻撃して、「アベノミクスはばら撒きだ~!失敗だぁ!」と大騒ぎをするのは確実です。
>
> 【日本のGDPを引き上げ、アベノミクスを「合格点」へと導く効果的な一手をここに示そう】
> http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48049
>
>  高橋洋一さんによると、7年程度先まで短期金利はマイナスになるので「財投債」を財投債で資金調達すれば、通常の国債と同じでマイナス金利のメリットがあるうえ、政府のプライマリーバランスを悪化させないそうです。それに国内の消費を喚起するのがG20で奨励されたので、国際的にも公共事業をするのは良い印象を与えると思います。
>
>  これで危ない橋や橋やトンネル等々のインフラを順次補修したり、新しくしたりできますね。米国や台湾で老朽化したインフラのせいで、水道菅が壊れて道路が水浸しになったり、ガス管が破損してガス爆発して死傷者が出たりしています。我が国でこんなことが起きない様に早めに工事をして欲しいです。


御心配の気持ち、よく分かります。確かに公共事業をもっと増やさねばいけない、同感です。
がしかし皆さん日本の財政の問題点に目をつぶっての議論をして居ないでしょうか。
財政の一番の問題点はプライマリーバランスがずっとマイナスになっている事。つまり税収より歳出の方が多い状態で、いわば身の丈を無視した贅沢暮らしをしている事。
プライマリーバランスのマイナスは細川・村山内閣時代に遡ります。そんな頃から野放図なバラマキが始まっていたんですね。
小泉・安倍・麻生内閣時代にだいぶ良くなる方向だったんですが土鳩・空き缶・野豚の3バカトリオで又最悪状態。
問題は公共事業をバサバサ切ってまでしてばら撒いたのが福祉です。
だから福祉のバラマキを止めない限り出血が止まらない。そう思っています。

この福祉の問題点はyuyuuさんが良いエントリーをしています。
http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4319.html

こう言った問題点を潰しながら財政再建と景気回復を図らねばいけない。時間がかかりますね。

こんな見方でもっとみんな働こう、こんな活動をすべきかと思います。
兎に角今は働かずにカネを貰う奴が多すぎる、これを何とかしないと事態は解決しないと見ています。
  1. 2016-02-29 17:01
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  アベノミックスで財政出動を打ち出したはずなのに、なぜかほとんど出てないのです。
>  好い加減にちゃんと財政出動をしてほしいです。
>
>  そもそも国民の信任を得て始まった政策のはずなのに、何をもたついているんだか!?


ご指摘の件、良く分かりますが何せ今は大変な逆風が吹いています。
簡単ではありません。
そして色んなことでカネをひねり出しても所詮借金ですから、問題の抜本的解決にならない。

安倍さんの最大のテーマは憲法改正でしょうが、その為には公明党の協力がどうしても必要。
だから福祉をバッサリ切って公共事業に回すなどの手がとれない。

そんな中でどうすればいいのか。
私にはヒットラーのやった事が大いに参考になると思っています。特にヒットラーユーゲント。
そんな活動で国民の意識を変えていかないといけない。それが上手くいけばマスゴミは勝ち馬に乗りたがりますから何とか手玉にとれるでしょう。
そんな事を実行に移すようないい知恵は無いでしょうかねえ。
  1. 2016-02-29 17:18
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する