2016-02-09 17:22

混沌とする米VWディーゼル車オーナーへの補償案

 VWがドイツでリコール作業開始したと報道され、それを2月6日にエントリーした。
「VWが独でリコール開始<排ガス不正問題」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1224.html


しかしそのリコールの詳細についてはさっぱり分から無かったが、アメリカでのリコールがどうなるかが垣間見える話が有った。

その前段として、アメリカでのリコールはVWのリコール計画が米規制当局によって却下されている。
「カリフォルニア州、VWのリコール計画却下」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1214.html

そして、そのカリフォルニアでのリコールを如何するか、今回実に興味深い話が報道されている。

VWのリコールがどんなものか、そんな事が推測がつくものだ。

<以下引用>

VW賠償担当者、米オーナー9割が受け入れる提案目指す=独紙
ロイター 2月8日(月)11時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160208-00000026-reut-bus_all


 2月7日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正問題で、同社補償基金の責任者であるケネス・ファインバーグ氏は、米国のVWディーゼル車オーナー、約60万人の9割程度が受け入れる補償案を提示するとの考えを示した。

[フランクフルト 7日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正問題で、同社補償基金の責任者であるケネス・ファインバーグ氏は、米国のVWディーゼル車オーナー、約60万人の9割程度が受け入れる補償案を提示するとの考えを示した。

独紙フランクフルター・アルゲマイネ日曜版が伝えた。

ファインバーグ氏は同紙に対し、VWは対象車のオーナーに対して現金を支払うのか、車の買い取りをするのか、車の修理あるいは交換を行うのか、まだ決めていないと発言。

VWと当局が意見の相違を乗り越えない限り、私は手出しができない」と語り、60─90日以内に補償基金を設立するという自身の目標を達成できる可能性は低いとした。

これまで、英BP<BP.L>のメキシコ湾原油流出事故や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の点火スイッチ不具合問題などの補償基金の責任者を務めてきた同氏は、VWの案件では、大多数のオーナーが最終的な提案を受け入れるとの見方を示した。

「過去に担当したBPやGMのケースでは、90%以上が私の提案を受け入れた。VWでもこの水準を目指したい」と語り、VWが補償水準の設定にあたり、同氏に全権を委ねていると明らかにした。

また、基準値以上の排ガス放出による健康被害の訴えを賠償対象とするかどうかについては「含めない方向に傾いている」とした。

排ガス問題の財務面への影響が依然見通せないことから、VWの株価は年初来26%下げている。

<引用終り>


私が注目しているのはこの部分。
VWは対象車のオーナーに対して現金を支払うのか、車の買い取りをするのか、車の修理あるいは交換を行うのか、まだ決めていない

リコール計画が不十分と指摘されたことに関して、「現金を支払い」、「車の買い取り」、「車の修理あるいは交換」のどれにするか決めていない、これは凄い事である。
これでは売った車が使い物にならないという事を言っているようなもの。

このリコールに関しては色々エントリーしてきたのだが、まあ技術的な事も含めこんなエントリーを参照してください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1168.html

それを踏まえて、上掲の様に「現金を支払い」、「車の買い取り」、「車の修理あるいは交換」、こんな事が未定ではこの問題は解決には相当時間がかかる筈だ。
若し「車の買い取り」なんてことにでもなれば、アメリカは対象が48万台だが全世界では1100万台。
これは一企業で負担できる台数ではない。恐らく何らかの政治決着しかないであろう。

更に厄介なのはこの件が一企業だけではなく、他のメーカーや部品メーカーへの波及は避けられない、更に官僚にも波及する筈だ。
この問題を長年取り組んできたNPOにICCT(International Council on Clean Transportation:国際クリーン交通委員会)という組織がある。ここがアメリカの規制当局と協力して問題提起したという経緯がある。
多分欧州ではお役人もみんなグル、だからこんな風になったのだと思う。根の深い話である。
ICCT(International Council on Clean Transportation:国際クリーン交通委員会)が2014年に公表したレポートはこれです。
「最新ディーゼル車のリアルワールドにおける排出ガス」(英文です)
http://www.theicct.org/sites/default/files/publications/ICCT_PEMS-study_diesel-cars_20141013.pdf

私が排ガス問題で心配するのは日本のカーメーカーには排ガス問題で痛い目に遭った経験があるから。
もう40年も前の話、悪名高いマスキー法の関連で日本では昭和50年・51年規制と言う車の排ガス規制が有った。
これがムチャクチャな難物で各メーカー四苦八苦で対応したのだが、排ガス規制のせいでクルマの動力性能や燃費はガタ落ち。
この規制該当車では「スポーツカーの新車を買って峠道を走ったら軽四にスイッと抜かれてしまった」、こんな話が沢山出てくる位酷かった。
VWも排ガス規制を完全にクリヤーしようとするとこんな可能性があるのではないだろうか。


この問題に関してもう一つ私が心配している事、それは最近ドイツでは猛烈な反日旋風が吹き荒れているらしい事で、どうも2012年秋の中国での反日デモ、2012年12月の安倍政権誕生辺りがその引き金らしい事。
こんな事がVW問題に絡んでこないだろうか、全く関係のない話だが何が起こるか分からないのが今のご時世。
この件は別途エントリーします。
  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

この話が本当なら怖すぎる。日本人にとって大問題になる。

短足おじさん、こんばんは・・・

所で、日本では島田紳助氏のように暴力団幹部と交際していたらアウトですね。それはあたりまえですが。それが、日本の財界では違うらしいのです。

今度、シャープを買収して日本の財界にデビューする、シャープ買収提案のホンハイ社長テリーゴウは暴力団首領と義兄弟の杯交わしてるらしいのです。この話は台湾では有名らしいのです。

私は、あるブログのコメントで知りました。そのコメントとは下記です。

      ↓

https://twitter.com/fukadamoe

・シャープ買収のホンハイCEOが暴力団首領殺人犯と義兄弟の杯交わした件書いたらアメブロが全部消えた。ランキング残ってるとこ見るとddos攻撃の模様。ホンハイCEOが利益供与受けてる解放軍サイバー戦争部隊かな。

・シャープ買収提案のホンハイ社長テリーゴウは暴力団首領と義兄弟の杯交わしてるので、日本の法律では銀行口座開設できないはずなんだけど。

  ↑ 
 福田萌絵という方です。


 この話が本当なら、日本にとって由々しき大問題ですよ。

シャープだけでなく、日本での中国のマヒィーヤの足ががりにシャープはしてしまいます。

  1. 2016-02-09 20:28
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: この話が本当なら怖すぎる。日本人にとって大問題になる。

> 短足おじさん、こんばんは・・・
>
> 所で、日本では島田紳助氏のように暴力団幹部と交際していたらアウトですね。それはあたりまえですが。それが、日本の財界では違うらしいのです。
>
> 今度、シャープを買収して日本の財界にデビューする、シャープ買収提案のホンハイ社長テリーゴウは暴力団首領と義兄弟の杯交わしてるらしいのです。この話は台湾では有名らしいのです。
>
> 私は、あるブログのコメントで知りました。そのコメントとは下記です。
>
>       ↓
>
> https://twitter.com/fukadamoe
>
> ・シャープ買収のホンハイCEOが暴力団首領殺人犯と義兄弟の杯交わした件書いたらアメブロが全部消えた。ランキング残ってるとこ見るとddos攻撃の模様。ホンハイCEOが利益供与受けてる解放軍サイバー戦争部隊かな。
>
> ・シャープ買収提案のホンハイ社長テリーゴウは暴力団首領と義兄弟の杯交わしてるので、日本の法律では銀行口座開設できないはずなんだけど。
>
>   ↑ 
>  福田萌絵という方です。
>
>
>  この話が本当なら、日本にとって由々しき大問題ですよ。
>
> シャープだけでなく、日本での中国のマヒィーヤの足ががりにシャープはしてしまいます。


いらっしゃいませ、コメント有難うございます。
恐縮ですが名前なしではどなたからのコメントか分かりません。
HNで良いので名前を書いて戴くようお願いします。
  1. 2016-02-10 05:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

すみませんでした、名前を書くのを失念しました。

短足おじさん、おはようございます。

>恐縮ですが名前なしではどなたからのコメントか分かりません


すみませんでした、名前を書くのを失念しました。

これは、私の私見ですが、ホンハイは金を半分も出さず、技術と特許を手に入れたら、たぶんシャープのブランドで海外の自社工場で生産してシャープの従業員はたぶん、ポイして終わりだと思います。文句を言う日本人は痛い目に○○○のでしょうかね? テレビで見たホンハイの会長氏の顔は大企業のトップにはとても見えない人でしたが、私の目の錯覚か?

もう、松下や東芝の家電も終わりですね。それは確かです。青山繁晴氏が怒っていましたが、彼もテレビから追われているみたいですので、世論にもなりません。無能で卑怯なシャープの経営者の為に日本の家電の関係者100万人は職を失うでしょう。おげさでもありませんよ。ヤクザやマヒィーヤなどと義兄弟の杯を交す悪人でなければ、米国のアップル社から巨額の利益など摂れませんよ。日本の中小企業もアップル社から何社も技術だけ盗られて使い捨てにされました。シャープも大企業ですが、その1社です。

それは、そうとして、スレタイのVW社は今回の処理の為に10兆円から22兆円ぐらいの大金が要るらしいですね。評論家によってバラツキがありますが概ね10兆円以上は掛かりそうです。VW社には内部留保は2兆円も無いみたいで、ドイツ国家が最後に出資するにしても資産は切り売りせざる得ないでしょう。そのなかにポルシェ社とアウディ社が在ります。たぶんトヨタも含めて複数の入札になるかもしれません。そこの所は興味在ります。


  1. 2016-02-10 07:47
  2. URL
  3. 匿名希望のコロ4号 #-
  4. 編集

Re: すみませんでした、名前を書くのを失念しました。

> 短足おじさん、おはようございます。
>
> >恐縮ですが名前なしではどなたからのコメントか分かりません
>
>
> すみませんでした、名前を書くのを失念しました。
>
> これは、私の私見ですが、ホンハイは金を半分も出さず、技術と特許を手に入れたら、たぶんシャープのブランドで海外の自社工場で生産してシャープの従業員はたぶん、ポイして終わりだと思います。文句を言う日本人は痛い目に○○○のでしょうかね? テレビで見たホンハイの会長氏の顔は大企業のトップにはとても見えない人でしたが、私の目の錯覚か?
>
> もう、松下や東芝の家電も終わりですね。それは確かです。青山繁晴氏が怒っていましたが、彼もテレビから追われているみたいですので、世論にもなりません。無能で卑怯なシャープの経営者の為に日本の家電の関係者100万人は職を失うでしょう。おげさでもありませんよ。ヤクザやマヒィーヤなどと義兄弟の杯を交す悪人でなければ、米国のアップル社から巨額の利益など摂れませんよ。日本の中小企業もアップル社から何社も技術だけ盗られて使い捨てにされました。シャープも大企業ですが、その1社です。
>
> それは、そうとして、スレタイのVW社は今回の処理の為に10兆円から22兆円ぐらいの大金が要るらしいですね。評論家によってバラツキがありますが概ね10兆円以上は掛かりそうです。VW社には内部留保は2兆円も無いみたいで、ドイツ国家が最後に出資するにしても資産は切り売りせざる得ないでしょう。そのなかにポルシェ社とアウディ社が在ります。たぶんトヨタも含めて複数の入札になるかもしれません。そこの所は興味在ります。



了解しました。
鴻海については私はマネの出所は中国、そして狙いは山洋電気と同じ、日本の技術強奪だと思っています。
あんな所からカネをもらえばその後の運命は火を見るより明らかですね。
シャープのバカ経営陣には正気に戻っても欲しいものです。

それからVWの件は恐らくVW1社では収まりません。ドイツ全部を巻き込んだ騒動になるでしょう。
少しでも早く政治的に決着させないと事態はどんどん悪くなる一方だと思います。
良く考えてみるとあれだけ巨大なアメリカ市場に如何してVWが入っていけなかったのか。実はVWはビートル時代には結構受け入れられていたのにです。
答えはズバリ、クルマが悪いから、この一言です。
だから立て直すのは容易ではありません。難しいことになったものです。
  1. 2016-02-10 14:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

VWはビートル時代には結構受け入れられていた

子供のころ、地方都市で乗用車は贅沢品。近所のお医者さんはいすゞのヒルマン・ミンクスに乗っていました。日産のオースチンは記憶にありませんが、日野ルノーはタクシーで走っていたように思います。カブトムシのワーゲンはけっこう見かけました。

1964年(昭和39年)の東京オリンピック前あたりからデザインもメカも急速に近代化しました。ダルマみたいな観音開きのクラウンが車高も低くスマートになったのには驚きでした。セドリック・グロリアも同様です。

オリンピックの年にでたアローラインのコロナ、ブルーバード410と比べるまでもないほど新しかった。対するブルーバードは1967年に510型にモデルチェンジ。スーパーソニックラインと名付けたデザイン、1300ccながらOHCで72馬力さらに四輪独立懸架、コロナはOHV1500cc70馬力、後輪リジッドで一気に古臭く見えたものです。

当時のアメリカでにおけるブルーバードのCMはOHCエンジン、四輪独立懸架といった先進技術はメルセデスベンツと同様、というものでした。一方フォルクスワーゲンは基本設計が戦前のカブト虫ですから歯がたたない。動力性能、騒音、トランク容量、すべてにおいて日本車にかなわない。

アメリカ車も1980年代まで基本が1950年代のエンジンとメカを使い、デザインだけで新しく見せていましたが、オイルショックで一気に日本車へと流れました。1980年当時シボレーカマロに乗っていた友人、リッター3kmがいいところでした。

ドイツ車の故障の多さは、ドイツ人なら自分でパーツを交換するのが一般的、という昔ながらの前提があるのでしょうか。だとすれば北米の大衆車市場で受け入れられるのは難しいですね。
  1. 2016-02-10 23:54
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

Re: VWはビートル時代には結構受け入れられていた

> 子供のころ、地方都市で乗用車は贅沢品。近所のお医者さんはいすゞのヒルマン・ミンクスに乗っていました。日産のオースチンは記憶にありませんが、日野ルノーはタクシーで走っていたように思います。カブトムシのワーゲンはけっこう見かけました。
>
> 1964年(昭和39年)の東京オリンピック前あたりからデザインもメカも急速に近代化しました。ダルマみたいな観音開きのクラウンが車高も低くスマートになったのには驚きでした。セドリック・グロリアも同様です。
>
> オリンピックの年にでたアローラインのコロナ、ブルーバード410と比べるまでもないほど新しかった。対するブルーバードは1967年に510型にモデルチェンジ。スーパーソニックラインと名付けたデザイン、1300ccながらOHCで72馬力さらに四輪独立懸架、コロナはOHV1500cc70馬力、後輪リジッドで一気に古臭く見えたものです。
>
> 当時のアメリカでにおけるブルーバードのCMはOHCエンジン、四輪独立懸架といった先進技術はメルセデスベンツと同様、というものでした。一方フォルクスワーゲンは基本設計が戦前のカブト虫ですから歯がたたない。動力性能、騒音、トランク容量、すべてにおいて日本車にかなわない。
>
> アメリカ車も1980年代まで基本が1950年代のエンジンとメカを使い、デザインだけで新しく見せていましたが、オイルショックで一気に日本車へと流れました。1980年当時シボレーカマロに乗っていた友人、リッター3kmがいいところでした。
>
> ドイツ車の故障の多さは、ドイツ人なら自分でパーツを交換するのが一般的、という昔ながらの前提があるのでしょうか。だとすれば北米の大衆車市場で受け入れられるのは難しいですね。


おおっ、懐かしい名前、ヒルマン・ミンクス(いすゞ)、日野ルノー、オースチン(日産)・・・
あの頃は日本は欧州の先進技術を一生懸命学んでいた時代でした。
面白い事に欧州のクルマを作っていたいすゞ、日野は乗用車から撤退。日産が元気なのは独立路線だったプリンスを合併したから。
こう見てくると先生に手取り足取りで教えてもらった所より独自に勉強していたトヨタ、町のモータース屋だったホンダ、こんな所の方が強くなって生き残ったのは面白いですね。

アメ車は50年代・60年代のテールフィン華やかなりしころがピークでした。そんな車へのアンチテーゼがVWビートル。
だからビートルはアメリカでは好感をもって受け入れられた、正にご指摘通りです。黄色いビートルを見ると明くる日良い事があるとの都市伝説まであったと聞きました。

しかしそんな都市伝説もビートルだけ、ゴルフ以降はダメですね。なにせVWは故障が多すぎる、これでは駄目でしょう。
ご指摘のようにドイツ車は自分でパーツを取り替えられれば問題ないと言うのもある意味ただしいと思います。
しかし最近のクルマは難しい、私も大昔は自分でポイント調整していた位で、未だにシックネスゲージを持っていますが完全に過去の遺物です。
そんな目で見ても今のクルマはインジェクションになった位はとも角、排ガス規制でセンサーだらけになってしまった、これでは手に負えません。整備工場でも昔のカンに頼る整備はもはや不可能、測定器が無いと話になりません。
難しい時代ですね。
  1. 2016-02-11 09:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

お久ぶりです。
今の仕事で、感じることは車部品メーカーにはかなり中国人が食い込んでいることですね。用があり電話を掛けると日本人じゃない人が出てくることですね。で、イントネーションからどうも中国人だよねと思われることが多々ありましたので、そこも問題だと思われます。
また、VWの事ではないのですが、欧米の基準値が未だインチで作成されているのが問題があります。それでいて製品自体がかなりいい加減なんですよね。作成したのが、日本製かそうでないかすぐにわかります。
ドイツもなんでしょうが頑迷にインチ単位でやってれば、齟齬が出るだろなぁと思ってしまいます。問題自体が設計ミスであればそこが問題なのかも知れません。

  1. 2016-02-11 17:56
  2. URL
  3. 阿蘇の黒猫 #Ff.FFZw6
  4. 編集

To:阿蘇の黒猫 さん

> お久ぶりです。
> 今の仕事で、感じることは車部品メーカーにはかなり中国人が食い込んでいることですね。用があり電話を掛けると日本人じゃない人が出てくることですね。で、イントネーションからどうも中国人だよねと思われることが多々ありましたので、そこも問題だと思われます。
> また、VWの事ではないのですが、欧米の基準値が未だインチで作成されているのが問題があります。それでいて製品自体がかなりいい加減なんですよね。作成したのが、日本製かそうでないかすぐにわかります。
> ドイツもなんでしょうが頑迷にインチ単位でやってれば、齟齬が出るだろなぁと思ってしまいます。問題自体が設計ミスであればそこが問題なのかも知れません。


こちらこそ、お久しぶりです。
確かに部品メーカーに中国人がウヨウヨいる、これは事実です。
しかし中国人だからと一概に言えない所が難しいですね。

それから今回のVW問題ですが、これは設計ミスではありません。
もっと奥深い企画のミス、或いは経営戦略のミスだと思います。
僅か10年で生産台数を倍増させようとしたのです。それに対する各論が無かったと言う事でしょう。
だからエンジンだけでなくミッションも似たような事が起こっています。
根の深い問題です。

  1. 2016-02-12 13:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 結局今走っているVWの車は全部違反車で、違反しないで走れるようにしたら、車の性能はがた落ちになる。

 車の性能を落とさないで、違反しないようにるす技術はない。

 ワタシがVW車持っていたら「金返せ!!」と言いますけどね。

 でもこれを何割かのオーナーが言いだしたら、もうVW社は潰れるのでは?
 
 それにしても今、VWはどんな車を作っているんでしょうか? これまで作っていた主要車は全部違反車だったのでしょう?

 そして違反しないで走れる車をにわかに開発はできないだろうし。

 このままモタモタしているとホントに潰れるのでは?

 となるとドイツとしてはVWが生き延びる為に「環境基準変えろ!」と言い出しますよね。
 そうしないとドイツ経済が破綻しますから。
 

  1. 2016-02-13 10:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

リコールたってどうすりゃいいのよ

まずアメリカの側が一枚岩じゃあない。
きつい対応でも例外がなければある意味対応は楽ですがこれではどうしようもないでしょう。
http://jp.reuters.com/article/analysis-vw-recall-us-idJPKCN0S30QG20151009?pageNumber=1&sp=true

本音はどうすりゃあいいのよ、というところでしょうか。

それを踏まえたうえでVWの行為を予想すれば排ガス規制がゆるい国はおそらく全部無視でしょう。
法令違反がないということでリコールに応じないでしょう。たしか韓国あたりがそうじゃないかなと思います。発展途上国の多くはガン無視にせざる負えないでしょう。

最大の問題は米国ですが、この問題は性能と燃費と環境がトリレンマだということです。

環境を重視すれば性能と燃費が犠牲になります。それでもカリフォルニアあたりじゃ型式証明が取れないから契約解除を望む消費者以外はリコールしなければなりません。しかし、環境対応が完全に出来なければリコール自体が成立しないでしょう。
カリフォルニアでも経緯が経緯ですかあいい加減な対応で許すわけがない。おそらくは全面撤退という形しか無いでしょう。
環境対応が完全にできても性能ガタ落ち、燃費爆上げですから、この分の保障は必須でしょう。却って銭が掛かりそうな気がします。環境が甘い州はこのあたり適当に誤魔化すということなんでしょうが、米国の消費者は我儘ですからどうするのでしょう。他宗の型式証明でもカリフォルニアで走れねえじゃん、賠償!ときたら手のうちようはないはずです。
罰金込みで最悪の覚悟が必要な気がします。

欧州はどうするかおそらくここが一番多いはずですからここは政治力ということになるでしょうか。2016規制の達成を遅らせるか特例措置でも付けて今回見逃すかするしかないでしょう。他のEU諸国はそうするんでしょうか。

あまり言われてませんがVWは株主総会を延期したそうですね。これで損金を積まなけりゃあいけませんし大赤字は確実ですからこの辺の対応をしなくちゃあいけない。おそらく経営者の責任追及なんてことになるでしょう。外国人株主は容赦しないはずです。

そのうえドイツ銀行の経営危機なんて出てましたね。どこまで続く泥濘ぞ、という気分でしょう。

純粋技術的に考えると本来ハイブリットで高効率なんてのはありえない話です。
レシプロエンジンの持つ根本的な欠陥で成立してるに過ぎません。本来はここを直接ブレークスルーしなければいけないはずです。

あと皆この騒動で忘れてますが、本来的な問題は大型車の規制です。こちらはおそらく燃料を変更するくらいのことをしなければどうしようもないはずなんですがどうするんでしょうか。

環境の根源を考えるならば電気の発生方法まで考える必要があるんですがこういう議論はあまり聞きませんね。
  1. 2016-02-13 12:05
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  結局今走っているVWの車は全部違反車で、違反しないで走れるようにしたら、車の性能はがた落ちになる。
>
>  車の性能を落とさないで、違反しないようにるす技術はない。
>
>  ワタシがVW車持っていたら「金返せ!!」と言いますけどね。
>
>  でもこれを何割かのオーナーが言いだしたら、もうVW社は潰れるのでは?
>  
>  それにしても今、VWはどんな車を作っているんでしょうか? これまで作っていた主要車は全部違反車だったのでしょう?
>
>  そして違反しないで走れる車をにわかに開発はできないだろうし。
>
>  このままモタモタしているとホントに潰れるのでは?
>
>  となるとドイツとしてはVWが生き延びる為に「環境基準変えろ!」と言い出しますよね。
>  そうしないとドイツ経済が破綻しますから。


そうなんですが、正確に言いますとVWのクルマの内ディーゼル車については殆ど全部駄目、こう言う事です。
代わりにガソリン車が有りますから、とりあえずガソリン車に乗ってくれ、こうなるかもしれません。
但しそのガソリン車もどうも胡散臭いのですが、それを言いだすと収拾がつかないですね。
それにしても欧州はディーゼル車が半分以上を占めていますから、その影響は甚大です。
しかも部品メーカーがボッシュなので、VW一社だけの問題では済まないと思います。 

問題はフランスやイギリスの政府が、VWのせいで大気汚染が最悪になったが、ドイツを守るためにこの環境汚染を何年も我慢してくれ、こう言って国民を説得出来るかです。
こんなネズミが猫の首に鈴をつけるような話、言いだす政治家はいないでしょう。
かといってまともにリコールしようとしてもユーザーが承知しない。

どんな方法であれ、政治決着しかないと見ています。

  1. 2016-02-13 22:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: リコールたってどうすりゃいいのよ

> まずアメリカの側が一枚岩じゃあない。
> きつい対応でも例外がなければある意味対応は楽ですがこれではどうしようもないでしょう。
> http://jp.reuters.com/article/analysis-vw-recall-us-idJPKCN0S30QG20151009?pageNumber=1&sp=true
>
> 本音はどうすりゃあいいのよ、というところでしょうか。
>
> それを踏まえたうえでVWの行為を予想すれば排ガス規制がゆるい国はおそらく全部無視でしょう。
> 法令違反がないということでリコールに応じないでしょう。たしか韓国あたりがそうじゃないかなと思います。発展途上国の多くはガン無視にせざる負えないでしょう。
>
> 最大の問題は米国ですが、この問題は性能と燃費と環境がトリレンマだということです。
>
> 環境を重視すれば性能と燃費が犠牲になります。それでもカリフォルニアあたりじゃ型式証明が取れないから契約解除を望む消費者以外はリコールしなければなりません。しかし、環境対応が完全に出来なければリコール自体が成立しないでしょう。
> カリフォルニアでも経緯が経緯ですかあいい加減な対応で許すわけがない。おそらくは全面撤退という形しか無いでしょう。
> 環境対応が完全にできても性能ガタ落ち、燃費爆上げですから、この分の保障は必須でしょう。却って銭が掛かりそうな気がします。環境が甘い州はこのあたり適当に誤魔化すということなんでしょうが、米国の消費者は我儘ですからどうするのでしょう。他宗の型式証明でもカリフォルニアで走れねえじゃん、賠償!ときたら手のうちようはないはずです。
> 罰金込みで最悪の覚悟が必要な気がします。
>
> 欧州はどうするかおそらくここが一番多いはずですからここは政治力ということになるでしょうか。2016規制の達成を遅らせるか特例措置でも付けて今回見逃すかするしかないでしょう。他のEU諸国はそうするんでしょうか。
>
> あまり言われてませんがVWは株主総会を延期したそうですね。これで損金を積まなけりゃあいけませんし大赤字は確実ですからこの辺の対応をしなくちゃあいけない。おそらく経営者の責任追及なんてことになるでしょう。外国人株主は容赦しないはずです。
>
> そのうえドイツ銀行の経営危機なんて出てましたね。どこまで続く泥濘ぞ、という気分でしょう。
>
> 純粋技術的に考えると本来ハイブリットで高効率なんてのはありえない話です。
> レシプロエンジンの持つ根本的な欠陥で成立してるに過ぎません。本来はここを直接ブレークスルーしなければいけないはずです。
>
> あと皆この騒動で忘れてますが、本来的な問題は大型車の規制です。こちらはおそらく燃料を変更するくらいのことをしなければどうしようもないはずなんですがどうするんでしょうか。
>
> 環境の根源を考えるならば電気の発生方法まで考える必要があるんですがこういう議論はあまり聞きませんね。


VWがリコールを始めたと言っていますが、その中身がサッパリ報道されません。
うがった見方ですが、現在も問題のある車を作り続けていると見ています。理由はリコール後のクルマの試乗記が見当たりません。どの程度燃費や動力性能が落ちるのか、さっぱり分からないためです。

問題が発覚して間もなく5カ月、未だに問題の核心が見えてきません。
恐らくVW社内でもドイツ政府内でも、余りの影響の大きさに結論が出ないのでしょう。

選択肢は大きく分けて二つ。
一つ目は真面目に問題点を公表し、性能劣化をはっきりさせたうえでリコール。
ドイツの技術の評判が地に落ちますね。

二つ目は影響が大きすぎるとしてEUが法律をねじめげてしまう事。
しかし環境対策が10年は遅れるでしょう。
環境保護団体は烈火のごとく怒るでしょう。これをやったらEUが持ちませんね。

何がどうなるかは予測がつきませんが、もう戦争以外解決方法が無いかもしれません。

もう一つ厄介な事、この問題の根っこに「プリウスショック」が有るように見えること。
そして最近ドイツが猛烈な反日になってしまった事が有ります。
2012年から2013年の間にこのドラスティックな変化が起こっている。
一見関係ないような事象ですが、裏は繋がっていそうです。
  1. 2016-02-13 22:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する