2016-01-11 17:55

中国流の海外開発<カンボジアの事例です

 テレ東の池上彰さんの番組で昨年12月、ベトナムからカンボジア・タイへの南部経済回廊が報道されていた。
そこにカンボジアに中国がムチャクチャな進出をしている事が取り上げられている。

去年12月のエントリー「中国のスクラップ・アンド・ビルド」にgai-yaang さんからのコメントでこの番組を紹介いただいた。

どんなものかというと・・・

これはカンボジアのプノンペン郊外のメコン川ほとりのリゾート開発、こんなホテルを建設中だと言う。

2016-1-10カンボジアのマリナーズベイのパクリホテル

何とシンガポールのシンボル、マリーナ・ベイ・サンズホテルのパクリだ。

これがシンガポールの新しいシンボル、マリーナ・ベイ・サンズホテル。

2016-1-11マリーナベイサンズbyBBC2

完全なパクリだがパクリではないと言いたいらしい。
そしてターゲットとするのは中国の富裕層なのだそうだ。

そして更にカンボジアの海岸をどんどん買い占めてリゾート開発をしている。
なんとカンボジアの海岸の五分の一が中国に買い占められたらしい。此れも中国人がターゲットの様だ。

2016-1-10カンボジアのリゾート開発


この中国のリゾート開発、やることがムチャクチャである。
以前の報道だがこんなモノも。

<以下引用>
「中国がカンボジアでの開発事業で村民を強制立ち退き」、米メディアの報道は事実無根―中国紙
2013年07月27日
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/355015/

中国紙・環球時報は26日、「中国がカンボジアでのリゾート開発プロジェクトで村民1万人を強制的に立ち退かせている」との米メディアの報道に対し、「事実無根」と反論した。

米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が24日に報じたもの。2008年以降、カンボジア政府から3万6000ヘクタールの土地を借り受けた中国の優聯集団が、38億ドルを投じて海に面した大規模なリゾート開発を進めているが、これにより1万人もの地元民が立ち退きを余儀なくされている、と報じられた。

これに対し、優聯集団側は25日、環球時報の取材に応じ、「現地の立ち退き作業は中国側と現地住民との間でいざこざが起きないよう、カンボジア側が全責任を持って進めている。立ち退き対象者の多くは十分な補償金を受け取り、新しい村に引っ越している」と反論した。

カンボジアの情報筋も同日、環球時報の取材に応じ、「米メディアが報道したようなことは起きていない。現地住民の訴えを尊重し、家屋の強制取り壊しも行っていない」と証言している。

<引用終り>


所でこの中国式無茶苦茶開発。結果は環境破壊とゴーストタウンという事が考えられる。
そんな実例がカンボジアの隣国ラオスにある。

ラオス北部の中国との国境の町ボーテン、ここに道路が出来た途端中国がやってきてカジノ街火事の害を作ってしまった。
しかし客は中国人だけ、そして麻薬と殺人事件などが横行し、ラオス政府がカジノを禁止した途端にこんなもの。

ゴーストタウンである。
2015-4-22ボーテンのボーテンの廃墟1

これも見捨てられたホテル
2015-4-22ボーテンのボーテンの廃墟2

この件は以下エントリー参照ください。

「中国のインフラ投資の結果は?」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1099.html


中国人は都合が悪くなるとさっさと逃げる。
カンボジアの投資話も今の経済状況では恐らくカネが続くまい。
そうなったらアッと言う間にトンズラ、これぞ中国流だがさてそれは何時になりそうか・・・・

今年の年初からの株の落ち込み具合を見ると何時それが起こってもおかしくないと思えるのだが、如何だろうか。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こういうのを見ると、彼らは「商売の上手なシナ人」「東南アジアは架橋が支配しているのだ、怖いのだ」というのは、本当なのかと思いますね。
マーケティングもやっていないみたいだし、ただ、金があるだけなんですから。

それから夜逃げ。
建物を置いてさっさと夜逃げする癖があるようです。
中国本土でも、商品を納入して集金に行ったら事務所も工場も空という信じられない話が頻発します。納入した商品は持ち逃げされますが、建物はどうするのか?

本当に不思議な人達です。



  1. 2016-01-11 21:29
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

To:友遊 さん

> こういうのを見ると、彼らは「商売の上手なシナ人」「東南アジアは架橋が支配しているのだ、怖いのだ」というのは、本当なのかと思いますね。
> マーケティングもやっていないみたいだし、ただ、金があるだけなんですから。
>
> それから夜逃げ。
> 建物を置いてさっさと夜逃げする癖があるようです。
> 中国本土でも、商品を納入して集金に行ったら事務所も工場も空という信じられない話が頻発します。納入した商品は持ち逃げされますが、建物はどうするのか?
>
> 本当に不思議な人達です。


シナ人の本質、カネがあるだけ、全く同感です。
そして夜逃げの話、私は歴史に興味がありまして、シナには夜逃げした連中が密かに宝物を隠した遺構が結構見つかっています。
何千年変わらぬシナ人の本質なんでしょうね。

間もなくシナはパンクしますが、その時の夜逃げ騒動とカネの持ち逃げは凄いと思います。
そんな連中が掴んだ金もろとも太平洋の藻屑にしてやりたい。
ついでに日本に巣食うアカヒ新聞などのカスマスゴミと悪徳弁護士なども一緒に処分したい所です。
  1. 2016-01-12 11:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

とにかく支那人どもに金を持たせたことが問題だと思います。
これは日本に大きな責任があるのですよね。天安門事件のあの時に掌返しをしておき、民主化するまで国際社会への復帰を認めぬとしておけば今のような事態は防げたはずです。結局その辺りを妥協咲いて復帰させたことが仇となったのです。

こんな連中の銭にめがくらんだアカヒやバヨク共は殲滅しなければいけないでしょう。
  1. 2016-01-12 22:26
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> とにかく支那人どもに金を持たせたことが問題だと思います。
> これは日本に大きな責任があるのですよね。天安門事件のあの時に掌返しをしておき、民主化するまで国際社会への復帰を認めぬとしておけば今のような事態は防げたはずです。結局その辺りを妥協咲いて復帰させたことが仇となったのです。
>
> こんな連中の銭にめがくらんだアカヒやバヨク共は殲滅しなければいけないでしょう。


全く同感です。シナ人はとにかくカネしか興味がないので、カネを持たせてはいけないのです。
残念ながら、そんな奴らと対峙するにはアカヒなど左翼どもはカネに甘い。
僅かなカネで転ぶのです。情けないですね。

間もなく中国が大混乱になりますが、そんな時一緒にアカヒ連中も処分したいです。
唾棄と言う言葉は奴らの為にありますから。
  1. 2016-01-13 07:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 日本のバブル時にも結構無茶なリゾート開発がありましたが、これはもうスケールが違いますね。

 それにしてもこうして開発して間もなく廃墟になっていると言う事は、投資した側は大変な丸損です。
 そしてそのスケールを考えると、こうした中国の海外への無謀投資の損出は、途方のない額になっているはずです。

 一体この原資は何処から出ているのでしょうか?
 日本やアメリカでこんな事を暫くやれば、リゾート開発会社倒産の嵐が来ます。 実際バブルの時は銀行倒産にまで至りました。

 こうした投資をした中国の会社は今頃一体どうなっているんでしょうね?
  1. 2016-01-13 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  日本のバブル時にも結構無茶なリゾート開発がありましたが、これはもうスケールが違いますね。
>
>  それにしてもこうして開発して間もなく廃墟になっていると言う事は、投資した側は大変な丸損です。
>  そしてそのスケールを考えると、こうした中国の海外への無謀投資の損出は、途方のない額になっているはずです。
>
>  一体この原資は何処から出ているのでしょうか?
>  日本やアメリカでこんな事を暫くやれば、リゾート開発会社倒産の嵐が来ます。 実際バブルの時は銀行倒産にまで至りました。
>
>  こうした投資をした中国の会社は今頃一体どうなっているんでしょうね?


とても難しい質問です。
日本の常識なら、ご指摘のようにこんな乱開発は資金が持つ筈が有りません。
だからもうとっくに倒産しておかしくないのですが、未だに無茶苦茶をしている。
私なりのみて大きく言えば三つ
一つ目はアメリカの金融緩和でカネがムチャクチャ溢れだした。それがみんな中国に集まってバブルを引き起こした。
二つ目は中国の銀行、地下銀行などの金融機関がムチャクチャにカネを流しだした。
この二つはよく言われる話。
三つ目は中国の色んな企業の無茶苦茶な利益率です。これは中国のインフレとも連動して無茶苦茶な利益率でカネを抱え込む。
こんなカネの行く先が出鱈目な投資と言う事になります。

いずれにしてももう限界点を過ぎました。あとは崖から落ちるだけです。
年明け以来の株の暴落がそれを物語っています。
  1. 2016-01-13 13:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する