2015-12-16 14:52

中国の技術<世界一だった技術

 原発の話の続きなのだが、古来この分野では中国は世界一だった、そんな分野がある。
陶磁器の分野である。
今回は中国式のモノづくりの考え方の参考として、この陶磁器の分野について書いてみたい。



 中国の陶磁器の中でも宮廷専用のウツワ類を製造した窯場を官窯という。
そして清朝滅亡以来そんな官窯も無くなったのだが、その後一度だけ復活し最後の官窯と言われるものがある。
毛沢東最晩年の1975年、毛沢東専用として製造された「毛沢東の器」。これが最後の官窯と言われ、当代最高のモノを作れと言う事で製造された。

これが毛沢東の器

2015-12-15毛沢東の器1

中国最高の磁器を評して、「玉のように白く、鏡のように明るく、紙の様に薄く、音は「磬」(けい)の様に」と言われる。
(注:「磬」(ケイ)と言うのは石でできた法具、石琴の様に叩くとチーンと澄んだ音を出す)
この「玉のように白く、鏡のように明るく、音は「磬」(けい)の様に」を実現したのが毛沢東の器。(紙の様に薄くは除外)

上掲写真は図版のコピーなので良く分からないが、確かに素晴らしい器で、こんな事を実現するために普通の磁器の焼成温度(1300℃)より高い1400℃で焼成している。また梅の文様が描かれているが、これは全部「釉下彩」といって全体にかかっている透明な釉薬(ガラス質のモノ)の下に書かれている。

この毛沢東の器が散逸を免れ、2006年に日本で展示された。この機会に当時これに携わった工人たちが来日し、シンポジュームが開催され、私も参加してきた。
そんな事でこの工人たちの話を直接聞くことが出来た。こんな素晴らしいものを作るための中国流物造りを垣間見た結果の話。


中国の焼き物作りは徹底した分業が特徴である。轆轤ひきは轆轤を挽くだけ、絵付けは絵付けだけ、窯焚きは窯焚きだけ。
例えば
2015-12-15毛沢東の器2

これは私の持っているレプリカだが、或る絵付け職人は「枝を描くのが上手いから枝を描く専門」、花はまた別の職人、こんな風に徹底して分業化している。だから全体を纏めるグループの長に絶大な権限がある。
完全なタテ社会と言って良いだろう。

そのグループの長を務めた人の話では、人・物は有るものは何でも徴発して良いからやれと言われ、勿論予算の縛りは無し。だからこれは毛沢東用だと直ぐ分かった。そして若し失敗したら多分殺されると思い、万一の為に保険として難しい釉下彩では無く、普通の釉上彩(日本では色絵と言う)も並行して作った。
結果的に成功して本当に良かったと言っていた。

つまり中国流は
・ 徹底した上からの指示・命令で動く分業体制、全体が分かるのはトップだけ
  そして現場では言われたこと以外やらない、そんな風潮が出来上がっている。
・ やれなければ処罰する。


こんな風である。だから上がしっかりした技術を持ち、コストの縛りが無ければ、こんな良いものが出来る事も有る。そんな事だと思う。

しかし若し上がしっかりした技術を持たなければ・・・、現場を知らない文民なら・・・、ムチャクチャな指示を出すので、間違いなく失敗する。
また最後まで残る問題がコスト、これが一番難しい。だからデタラメな指示がまかり通る。
こんな事になるのだと思う。



私はタイでもこんな経験をした。
不良品を撲滅したい、如何すればいいか?
タイ人の答えは、「ペナルティーをとればいい」、だった。
現場の作業者が不良品を作ったらペナルティー、検査員が不良品を見逃したらペナルティー、こうすれば不良品は無くなる。
これがタイの現地ローカルの当り前なのだと言う。

恐らく中国も同じだろう。

こんな考えで仕事をしたらどうなるか、
前回の原発問題でwannabers さんからこんなコメントを頂いた。

>もう10年位前になりますが、友人が中国の原発に行きました。原発建屋の床のコンクリートが割れて大きな穴が開いていたのですが、だれも気にしていなかったとのこと。彼は技術者ではないのですが、素人考えでもこれはやばいと思ったそうです。

こんな時、中国人の考える事は「床のコンクリートの管理は私の担当ではない。だからこの件は関係ない」だと思います。
それでは如何すればいいか
「床のコンクリートの割れを確認する担当者を雇って下さい。その人は朝から晩まで床を見張って割れが出ないか確認する。その人が見逃したら処罰してください」、こんな風ではないでしょうか。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(28)

コメント

 毛沢東の器は、とても品が良くて可愛らしくて欲しいくらいです。紅衛兵から教育の機会を奪ったのに、自分はかなりの読書人で教養があったというのも本当かもしれませんね。

 革命世代は毛沢東や周恩来などもとても優秀だったそうなので、徹底したトップダウン方式でも上手く国を運営出来たということですか?

 いまの習さんは下放されて勉強する機会がなかったから、滅茶苦茶な事をしてしまうも仕方がないのかもしれません。お気の毒だと思いますが、我が国が非常に迷惑をかけられるのは堪りませんね。
  1. 2015-12-16 17:21
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

技術を血肉化する難しさ

「無意識の意思の国」アメリカ(薬師寺泰蔵 著)という本の中に、なぜアメリカは技術に強いのか、という章があります。三つのファクターとして「模倣主義」「よそ者主義」「思想と技術」の関係を取り上げています。

「模倣主義」について、技術後進国だったアメリカがいかにして英仏の先進技術を手に入れたかが書かれていますが、アメリカ技術のルーツの一つはフランスの軍事技術、もう一つはイギリスの民生技術だという。フランスの軍事技術の先進性については1760年代に標準化された部品を使った大砲の台車の採用に始まりマスケット銃の標準化に成功。なおフランスのエリートを養成するエコール・ポリテクニークがナポレオンにより軍学校とされたとは知りませんでした。

アメリカが1777年型マスケット銃のデッドコピーに成功したのが1815年、しかし国防省の兵器部局も兵器廠の職人も頭が固く、消耗品のように使う互換性部品の考え方には否定的。紆余曲折をへて完全互換のライフル銃ができたのが1841年、フランスに遅れること半世紀、このライフル銃を使ってアメリカ先住民の土地を略奪しながら西へと向かうこととなります。

当時先端のイギリス民生技術といえば綿製品の製造技術。技術の漏洩を恐れ、工場は中世の城か現代の刑務所のよう。さまざまな法律や出入国管理を行うも買収や産業スパイは防ぎきれず、技術は漏洩してしまう。液晶や半導体とダブります。

かつてのアメリカ、英仏の技術のコピーから始まったとはいえさまざまな工夫と改良を加え独自の技術を発展させました。日本も欧米の技術の模倣に始まりながら独自の技術を発展させ、いまや世界一の技術が目白押し。

しかるに中国と韓国、特許も著作権も無視のコピー大国。原理原則がわからず上っ面のコピー、しかも見た目さえ良ければという国民性もあり、新築のビルが倒壊するのは当たり前、ヒュンダイ自動車のエンジンのコンロッド・ピストン破壊といった恥ずかしい動画が YouTubeに投稿されています。
https://www.youtube.com/watch?v=E7T98O7vvIA

中国の高速鉄道事故では隠蔽のため車両を土に埋めるという荒業でしたが、ドイツ人の多くはこのことを知らないという。中国ベッタリのドイツではほとんど報道されなかったらしい。

日本在住の中国人評論家が中国の高速鉄道について書いていました。中国の鉄道車両工場では日本人に言われたとおりにすれば同じものはできる。しかしなぜそうしなければならないのかはわからない。新幹線車両製造のレベルでこれでは中国人の造る原発など恐ろしすぎます。


  1. 2015-12-16 22:42
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  毛沢東の器は、とても品が良くて可愛らしくて欲しいくらいです。紅衛兵から教育の機会を奪ったのに、自分はかなりの読書人で教養があったというのも本当かもしれませんね。
>
>  革命世代は毛沢東や周恩来などもとても優秀だったそうなので、徹底したトップダウン方式でも上手く国を運営出来たということですか?
>
>  いまの習さんは下放されて勉強する機会がなかったから、滅茶苦茶な事をしてしまうも仕方がないのかもしれません。お気の毒だと思いますが、我が国が非常に迷惑をかけられるのは堪りませんね。



 社会主義・共産主義独裁主義者の特徴は、自分はインテリでありながらインテリ層を憎悪している事です。
中国もですが、カンボジアでも全く同じことをしていました、インテリ層虐殺ですね。
これはソ連も全く同じですから、こんな思想に共通するものなのでしょう。

私はそのルーツはフランスにあると見ています。ルソーの思想です。
ルソーの思想は色々語られますが彼の個人的な所はあまり取り上げられません。
しかしその近代思想の礎をきづいたと言われるルソーですが、その私生活を見るとビックリ仰天。

崇高な思想や教育論を語る人格者などとは到底言えるモノではなく、人格破綻者と言った方が正しい。
少年時代の強姦未遂に始まり、5人の実子を全て孤児院に入れる等々、呆れるほかは有りません。
要するにそんな思想がきれいな羊の皮をかぶっているだけ、これが近代思想の本質と言う事です。
だからフランスで学んだ人たちが共産主義にかぶれ、国に帰って虐殺に邁進するのも無理からぬ話なんです。

中国の現在もそっくり当てはまりますし、日本の社会主義かぶれの民主党にも当てはまる話です。
  1. 2015-12-17 07:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 技術を血肉化する難しさ

> 「無意識の意思の国」アメリカ(薬師寺泰蔵 著)という本の中に、なぜアメリカは技術に強いのか、という章があります。三つのファクターとして「模倣主義」「よそ者主義」「思想と技術」の関係を取り上げています。
>
> 「模倣主義」について、技術後進国だったアメリカがいかにして英仏の先進技術を手に入れたかが書かれていますが、アメリカ技術のルーツの一つはフランスの軍事技術、もう一つはイギリスの民生技術だという。フランスの軍事技術の先進性については1760年代に標準化された部品を使った大砲の台車の採用に始まりマスケット銃の標準化に成功。なおフランスのエリートを養成するエコール・ポリテクニークがナポレオンにより軍学校とされたとは知りませんでした。
>
> アメリカが1777年型マスケット銃のデッドコピーに成功したのが1815年、しかし国防省の兵器部局も兵器廠の職人も頭が固く、消耗品のように使う互換性部品の考え方には否定的。紆余曲折をへて完全互換のライフル銃ができたのが1841年、フランスに遅れること半世紀、このライフル銃を使ってアメリカ先住民の土地を略奪しながら西へと向かうこととなります。
>
> 当時先端のイギリス民生技術といえば綿製品の製造技術。技術の漏洩を恐れ、工場は中世の城か現代の刑務所のよう。さまざまな法律や出入国管理を行うも買収や産業スパイは防ぎきれず、技術は漏洩してしまう。液晶や半導体とダブります。
>
> かつてのアメリカ、英仏の技術のコピーから始まったとはいえさまざまな工夫と改良を加え独自の技術を発展させました。日本も欧米の技術の模倣に始まりながら独自の技術を発展させ、いまや世界一の技術が目白押し。
>
> しかるに中国と韓国、特許も著作権も無視のコピー大国。原理原則がわからず上っ面のコピー、しかも見た目さえ良ければという国民性もあり、新築のビルが倒壊するのは当たり前、ヒュンダイ自動車のエンジンのコンロッド・ピストン破壊といった恥ずかしい動画が YouTubeに投稿されています。
> https://www.youtube.com/watch?v=E7T98O7vvIA
>
> 中国の高速鉄道事故では隠蔽のため車両を土に埋めるという荒業でしたが、ドイツ人の多くはこのことを知らないという。中国ベッタリのドイツではほとんど報道されなかったらしい。
>
> 日本在住の中国人評論家が中国の高速鉄道について書いていました。中国の鉄道車両工場では日本人に言われたとおりにすれば同じものはできる。しかしなぜそうしなければならないのかはわからない。新幹線車両製造のレベルでこれでは中国人の造る原発など恐ろしすぎます。


なるほど、興味深い話、有難うございます。
私もアメリカの強さについては大いに関心がありますので、もう少し勉強しなければ・・・

それから中国の高速鉄道事故がどいつでは殆ど報道されない、この件は西尾幹二氏と川口マーン恵美氏の対談本「膨張するドイツの衝撃」のP173に記述があります。多分ここが最初の情報だと思います。
しかし日本人には信じられません、あんなとんでもない事故なのに・・・。

それから
>日本人に言われたとおりにすれば同じものはできる。しかしなぜそうしなければならないのかはわからない
この件は実は私がタイで仕事を教える時、一番気にしていた事でした。
私らが居なくなってもやれるようにする為にはどうすれば良いか。そんな事を試行錯誤してきました。
結論は原理原則から教える、相手のレベルまで下りて行って教える、こうでした。
この相手のレベルまで下りていくことが難しい、相手はそんな事分からないとは言いませんから。
このテーマは今後のエントリーでも取り上げるつもりです。
  1. 2015-12-17 09:26
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>>中国の高速鉄道事故では隠蔽のため車両を土に埋めるという荒業でしたが、ドイツ人の多くはこのことを知らない

ドイツでは報道の自由が無いのでは、と思います。ヒトラーに関しては完全悪を貫くのがドイツですから。ヒトラーが悪かった、戦争や虐殺はヒトラーがすべて悪く、ドイツ国民は被害者だという論理が背景にあります。ヒトラーは果たして独立で存在したか?その背後には、ルター、ゲーテなど様々なものがあります。カギ十字は絶対悪。ついでにユダヤ系の石油メジャーを悪く書くことは一切できない。ドイツとは可哀相な国になりました。メルケルの移民歓迎発言が欧州を溶かしはじめています。

ルソーがそんなことをしていたなんて知りませんでした。びっくりです。自由をとことん突き詰めると、制限がなくなって「獣」になるんでしょうね。

ブログ読んで、シナとアメリカって似ているなあと改めて思いました。いつも勉強になります。
  1. 2015-12-17 12:24
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

ルソーはその生い立ちから家族というものを知らなかったんですね。この事実は彼の思想に大きな影響を与えたでしょう。まるで、村上春樹の小説にまったく家族がないのと同じですね。サヨク思想の発祥・根源がこれです。極端なんですよ。
  1. 2015-12-17 12:46
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

日本人は年金を財務省にかすめ取られた。最初は積み立て。それが賦課制。いずれ税金を投入するでしょう。昔は子供が入れば老後は安泰だったそうですね。年寄りにふ
不安はなく、年金問題もなかった。財務省は年金使ったんですねえ。日本人はバブルの罰が当たったんです。
  1. 2015-12-17 16:58
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> >>中国の高速鉄道事故では隠蔽のため車両を土に埋めるという荒業でしたが、ドイツ人の多くはこのことを知らない
>
> ドイツでは報道の自由が無いのでは、と思います。ヒトラーに関しては完全悪を貫くのがドイツですから。ヒトラーが悪かった、戦争や虐殺はヒトラーがすべて悪く、ドイツ国民は被害者だという論理が背景にあります。ヒトラーは果たして独立で存在したか?その背後には、ルター、ゲーテなど様々なものがあります。カギ十字は絶対悪。ついでにユダヤ系の石油メジャーを悪く書くことは一切できない。ドイツとは可哀相な国になりました。メルケルの移民歓迎発言が欧州を溶かしはじめています。
>
> ルソーがそんなことをしていたなんて知りませんでした。びっくりです。自由をとことん突き詰めると、制限がなくなって「獣」になるんでしょうね。
>
> ブログ読んで、シナとアメリカって似ているなあと改めて思いました。いつも勉強になります。


ドイツは本当に言論の自由の無い国だと良く分かりますね。
WW2の責任は全部ヒットラー、そして自分らはEUを作ってそこに逃げ込んだ、もう敗戦国じゃない、こう言いたいんでしょう。まあホロコーストを捏造され、反論できないようにさせられたので無理からぬものは有ります。

ルソーの問題は社会主義・共産主義のルーツをたどってゆくとどうしてもフランスに行きつく。
そしてフランスの植民地はアジアでもアフリカでも問題の国ばかり。そんな事からルソーにたどり着きました。
矢張り自由と平等、こんな甘い言葉の裏にはトンデモナイ悪が潜んでいるんだと思います。
  1. 2015-12-17 18:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> ルソーはその生い立ちから家族というものを知らなかったんですね。この事実は彼の思想に大きな影響を与えたでしょう。まるで、村上春樹の小説にまったく家族がないのと同じですね。サヨク思想の発祥・根源がこれです。極端なんですよ。


サヨク思想はそうですね。
フランスのオランド大統領は流石サヨクで配偶者は事実婚。
それで「ファーストレディー、いやファーストガールフレンドはダレ?」、こんな事を最近何処かで見かけました。
要するに下半身がだらしないんだと。
  1. 2015-12-17 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 日本人は年金を財務省にかすめ取られた。最初は積み立て。それが賦課制。いずれ税金を投入するでしょう。昔は子供が入れば老後は安泰だったそうですね。年寄りにふ
> 不安はなく、年金問題もなかった。財務省は年金使ったんですねえ。日本人はバブルの罰が当たったんです。



年金問題で私が腹が立つのは今の高齢者が「若者を搾取する高齢者」になっている事です。
もう十数年前ですが、私の自宅の近くの空き地にゲートボール場がありました。
そこで夜9時過ぎまで年寄り連中がゲートボールん興じていました。
私が帰宅する頃まで騒いでいたのですが、特に印象に残った言葉、それは「定年になったら働いたら駄目だよ、働くと収入が減るんだよ」、こんな事でした。流石に今はそんな事は無いのですが、その当時の既得権益者は未だに優雅に暮らしています。
こんな連中を何とかしないと今の若い人に未来が無い。
しかし現実は全く逆に動いています。
  1. 2015-12-17 18:23
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

まあ、中国の科学技術に関する問題はさまざまな個所で指摘されてますし、
こちらで述べられていることはいちいちごもっともすぎるぐらいもっともな
話ばかりです。

それらを踏まえた上で敢えていうと、逆に日本はその高度な技術に胡坐を
かきすぎると足をすくわれるのではないか?と。

というのは最近、話題になっているドローン。実は私、これを齧ってみようと
思いまして、最近、秋葉原の家電量販店や模型店をみて回ったり、いろいろと
事情を調べているのですが・・。

この一般消費者向けドローンで最も先行しているのは、実に意外極まりない話ですが中国なんです。
実際、販売店に並んでいるドローンの過半数が中華ドローン。特に深センに本拠を置くDJI社は世界シェアの実に7割を押さえているんですね。
創設者のフランク・ワン氏は大陸出身で、香港科学技術大学卒業後に起業した
企業で現在、従業員数2500人・・とのこと。

ちなみに今年の春ごろ首相官邸に墜落して物議をかもしたドローンもこのDJI
製でした(PHANTOMシリーズ)

特に低品質でどうしようもない・・ということもないです。もっともそれは当然で中核部品のほとんどが日本製なのですが。
逆にいうと、日本にはドローンに関して技術、それも一級品の技術がありながら
ビッグウェーブに乗り遅れているという、なんとももどかしい事態となっているのですよね。

研究や技術そのものでは最先端を行きながら、ビジネス面でダメダメ、太陽光発電や電子書籍に続いてドローンでもその気配が漂っているんですよ。

日本という国、経済、科学技術では巨人、政治的には小人・・とはよく言われることですが、言葉で説明することが難しいのですが、せっかく持ち駒は
ふんだんにあるのに、国際社会でそれを生かせない、影響力を国益にかなうように行使しきれない・・という場面が多すぎるんですよね。

中国の問題を通じて、逆に私は日本の弱点、問題点を考えざるえないのでした。
  1. 2015-12-17 21:25
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

>>この一般消費者向けドローンで最も先行しているのは、実に意外極まりない話ですが中国なんです。

日本は「職人」として部品を作れても、それを組み立てて活かすことができないんでしょうかねえ。
iPhoneなどもそうですね。アップルのiPhoneやiPadなどはすべてシナ組立ですから、日本企業だって企画力と政治力があればシナで組み立てることができたんですが。ソニーはアユタヤにエクスペリア工場を建設するようですが、タイはすでに人件費高いのでは・・と感じます。サムソンは日本のODAのバクニン高速道路ができる前に周辺の土地を買い占めて、ギャラクシーの工場を作りました。なんか、日本企業ってばかっぽいです、悪いが。
シナ製のシェアが高いドローンは消費者向けですが、ハイエンドでは日本のヤマハ他にぜひ頑張ってほしいのですが、一般消費者に売れないと儲からないでしょう。
  1. 2015-12-18 12:21
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

>>年金問題で私が腹が立つのは今の高齢者が「若者を搾取する高齢者」になっている事です。

そのとおりなんです。
元々は積み立て式で、財務省に預けていたお金だったんです。それがいつのまにか賦課式に変わって新世代が振り込むお金を年金支払いに使うようになった。将来は税金を使うでしょう。要は年金は財務省(大蔵省)に掠め取られたわけです。どこに消えたか、年金?赤字財団や基金を作って、天下り先にして、建造物や給与、退職金になったんですね。国民はなぜ怒らない。若者が負担しなきゃいけなくなったのは、財務省のせいなのに。
  1. 2015-12-18 12:24
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:prijon さん

> まあ、中国の科学技術に関する問題はさまざまな個所で指摘されてますし、
> こちらで述べられていることはいちいちごもっともすぎるぐらいもっともな
> 話ばかりです。
>
> それらを踏まえた上で敢えていうと、逆に日本はその高度な技術に胡坐を
> かきすぎると足をすくわれるのではないか?と。
>
> というのは最近、話題になっているドローン。実は私、これを齧ってみようと
> 思いまして、最近、秋葉原の家電量販店や模型店をみて回ったり、いろいろと
> 事情を調べているのですが・・。
>
> この一般消費者向けドローンで最も先行しているのは、実に意外極まりない話ですが中国なんです。
> 実際、販売店に並んでいるドローンの過半数が中華ドローン。特に深センに本拠を置くDJI社は世界シェアの実に7割を押さえているんですね。
> 創設者のフランク・ワン氏は大陸出身で、香港科学技術大学卒業後に起業した
> 企業で現在、従業員数2500人・・とのこと。
>
> ちなみに今年の春ごろ首相官邸に墜落して物議をかもしたドローンもこのDJI
> 製でした(PHANTOMシリーズ)
>
> 特に低品質でどうしようもない・・ということもないです。もっともそれは当然で中核部品のほとんどが日本製なのですが。
> 逆にいうと、日本にはドローンに関して技術、それも一級品の技術がありながら
> ビッグウェーブに乗り遅れているという、なんとももどかしい事態となっているのですよね。
>
> 研究や技術そのものでは最先端を行きながら、ビジネス面でダメダメ、太陽光発電や電子書籍に続いてドローンでもその気配が漂っているんですよ。
>
> 日本という国、経済、科学技術では巨人、政治的には小人・・とはよく言われることですが、言葉で説明することが難しいのですが、せっかく持ち駒は
> ふんだんにあるのに、国際社会でそれを生かせない、影響力を国益にかなうように行使しきれない・・という場面が多すぎるんですよね。
>
> 中国の問題を通じて、逆に私は日本の弱点、問題点を考えざるえないのでした。


この中国の技術の最初のエントリーでこんな事を書きました。
”「先進国に追い付け追い越せ」と頑張っている連中に対抗するためには、日本、日本人は如何すればいいのか”

この気持ちが今の私の心境です。私はタイで仕事をしてきました。そんなときいつも考えていたのがこんな事。
中国なんかに負けたくありません。しかし彼らの貪欲さは日本人がもう少し見習わないといけない所です。

ドローンの話ですが、こんなモノは日本のちょっとした技術者なら何とか出来るレベル。しかし決定的な差は中国の大学を出たばかりの若い人がこんな事を思いついて事業化する。この点は日本にはこんな所が無いだけに残念です。
原因は色々ありますが私は責任の大きな部分が日本の銀行にあると見ています。
銀行の本当の仕事は若くてやる気のある人にカネを出して事業をやらせる、そして成功したら銀行もしっかり儲ける、こうだと思うのです。
しかし現実の銀行は超低金利に胡坐をかいて、国債を買いこみ、それを枕に昼寝。
わざわざリスクのあるところにカネを課さなくても十分儲かる、だから事業租しようとする人にはカネを貸しません。
これが日本で若手の事業化が育たない理由です。
私はタイ時代、小さな会社が機械を買いたいけどカネが無い、そう言って困っている時こうアドバイスしました。
日本ではこんな時金を貸してくれる所は無い、しかしタイは違う。今から当社の注文書を発行するから、これを持って銀行に行きなさい。この注文書の仕事の機械を買う、だからこれだけカネを貸してくれ、そう言えば金を貸してくれる。
その会社の日本人は半信半疑で、とも角あくる日すぐ銀行に行きました。昼過ぎに電話がかかってきて銀行がカネを貸してくれました。さっそく機会を発注しました、こう連絡してくれました。
銀行はこんな事こそ大事な機能です。国債枕に昼寝している暇は有りません。

こんな大事な事を誰も言わないのが、日本の問題点なんでしょうね。
  1. 2015-12-18 14:20
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> >>この一般消費者向けドローンで最も先行しているのは、実に意外極まりない話ですが中国なんです。
>
> 日本は「職人」として部品を作れても、それを組み立てて活かすことができないんでしょうかねえ。
> iPhoneなどもそうですね。アップルのiPhoneやiPadなどはすべてシナ組立ですから、日本企業だって企画力と政治力があればシナで組み立てることができたんですが。ソニーはアユタヤにエクスペリア工場を建設するようですが、タイはすでに人件費高いのでは・・と感じます。サムソンは日本のODAのバクニン高速道路ができる前に周辺の土地を買い占めて、ギャラクシーの工場を作りました。なんか、日本企業ってばかっぽいです、悪いが。
> シナ製のシェアが高いドローンは消費者向けですが、ハイエンドでは日本のヤマハ他にぜひ頑張ってほしいのですが、一般消費者に売れないと儲からないでしょう。


ドローンについては今から25年以上前、キーエンスがラジコンヘリの廉価版を作りました。良いものでした。
こんな頃は日本は世界をリードしていたんです。
残念ながらそれから先の事業化で後れを取った、これが問題だと思っています。

prijonさんへのコメントに書いたのですが、問題は日本の銀行にあります。
要は銀行がカネを貸さない方が儲かる、だから国債枕に昼寝、こんな体質が染み付いてしまった事です。
低金利政策は罪深いものです。
最近銀行に行ってもどこも閑古鳥が鳴いていると思います。誰も金を借りに来ないのです。銀行も金を貸す必要が無いから営業にも回りません。困ったもんです。
NINJA300 さんが若し今タイに居られるのなら、タイの銀行が土日も営業している事をご存知とおもいます。夜も結構遅くまで営業しています。特にショッピングセンター内の銀行がそうですね。

日本の銀行もこんな機能を持つべきなんだと思います。
そしてやる気のある若い人にどんどん金を貸して事業をやらせるべき。
日本を元気にするためには、是非とも銀行の改革が急務、そう思っています。
  1. 2015-12-18 14:39
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> >>年金問題で私が腹が立つのは今の高齢者が「若者を搾取する高齢者」になっている事です。
>
> そのとおりなんです。
> 元々は積み立て式で、財務省に預けていたお金だったんです。それがいつのまにか賦課式に変わって新世代が振り込むお金を年金支払いに使うようになった。将来は税金を使うでしょう。要は年金は財務省(大蔵省)に掠め取られたわけです。どこに消えたか、年金?赤字財団や基金を作って、天下り先にして、建造物や給与、退職金になったんですね。国民はなぜ怒らない。若者が負担しなきゃいけなくなったのは、財務省のせいなのに。


全く同感です。
しかし私はもう一つ、感謝を忘れた高齢者にも問題の一端が有るように感じています。
要するにもらえるモノはどんどん貰っておこう、後につけが回るかも知れないが、それはその時の人が考えればいい、こんな考え方です。
これは民主党政権時代の子ども手当にも当てはまります。もらえるモノは貰っとけ、あとは野となれ山となれ、こうだったです。

幾らお上からもらうカネと言えども、その怪しさを考えるべきだと思います。
そう言う健全な思想が無いと矢張り長い目で見たら国が衰退するのではないか、そんな心配をしています。
  1. 2015-12-18 15:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

今は、タイにいませんが、バンコクのセンタンワールドなどSCの銀行は土日も夜8時位までやっていますよね。空港でもやっています。わたしもあれをみて、日本の銀行の工夫のなさを思いました。ま・・銀行マンなんて何もしらないですからね。笑 本当に彼ら、何も知らないで無駄に年とったって感じです。行内で出世するための試験だけでしょ。笑

年金は積立式が不可式になって、なにか配給のようになっています。あれはダメです。政府が集めて、それを腐らせてから分配する。年金って要は配給制じゃないですか。
  1. 2015-12-19 00:09
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

技術とは

使われなければ滅びるものです。
技術自体は基本人に付くものだからです。だからこの支那の官窯ももはやダメでしょう。一瞬の輝きを放ったとしてもそれが続かないのです。

だから今日でも残る技術とは結局人々に受け入れられ、継続的に需要のあるものしか残りませんでした。これは工芸品のみならず、もっと一般的な概念です。軍事技術の世界であっても、同じこと。例えば、今戦艦大和の18インチ主砲を再現しろと行ったら形の上だけでは出来るかもしれませんが、往時の性能を出すものは難しいはずです。おそらく砲身用の鉄を作るところから始めねばなりますまい。

MRJが飛んだことは慶賀すべきことですが、度重なる遅れは技術の伝承がないことと無縁ではないはずです。おそらく発生した不具合に対してほとんどトライアル・アンド・エラーに近いようなトラブルシューティングをしているの違いありません。遅すぎたのです。YS-11の設計者たちの多くがもう鬼籍に入ってるはずです。こんな物習作だけでもいいから10年おきくらいにやらねばいけなかったのです。

JAXAにイプシロンロケットがありますが全身のM-Vが生産を取りやめてから規格を変更して設計されましたが、その実現の早かったことは本流のH系ロケットのもたつきぶりに比べて段違いだった印象があります。これは東大航研以来の固体燃料技術の集成があったからです。こういう蓄積は嘘をつかないのです。

技術の世界は1回ブレークスルーがあり画期的なものが出来ると以前の技術は廃れるというようなことはよくあります。例えば溶接可能なハイテン鋼が作られると鋲打ちの技術は当然消滅します。支那にしろ韓国にしろそんな経験すら無いはずです。現在の造船会社でスチームタービンを扱ったことがあるのはいかほどでしょうか。ほとんどがディーゼルオンリー、一部にガスタービンというところでしょう。こういう時期に事業化するならば古いことは一切お構いなしですから、結構簡単に第一線に出ることが出来るのです。

でも彼らは自分たちが行ってる工作のほんとうの意味をどこまでわかってるか、それが最大の問題でしょう。こういう根っこのない技術は簡単に枯れるのです。
  1. 2015-12-19 01:42
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 今は、タイにいませんが、バンコクのセンタンワールドなどSCの銀行は土日も夜8時位までやっていますよね。空港でもやっています。わたしもあれをみて、日本の銀行の工夫のなさを思いました。ま・・銀行マンなんて何もしらないですからね。笑 本当に彼ら、何も知らないで無駄に年とったって感じです。行内で出世するための試験だけでしょ。笑
>
> 年金は積立式が不可式になって、なにか配給のようになっています。あれはダメです。政府が集めて、それを腐らせてから分配する。年金って要は配給制じゃないですか。



私は日本での経験もですが、海外で仕事をするようになってから、日本の銀行は本来の銀行の役割を果たしていないと思っています。
そしてこれが日本で若い人が起業したくてもできない大きな原因だと見ています。
ヤル気は有っても金が無い、こんな若い人に金利は高くてもどんどん金を貸し出すべき。そうすれば失敗も沢山あるでしょうが成功する人も出て来る筈です。
アメリカなどではサブプライムローンで問題になったように、担保となる物件(機械とか車など)を銀行に差し出せば借金がチャラになる、こんな仕組みが良いですね。

少なくとも銀行マンが「金を借りてください、事業を始めませんか」、こんな事を言って駆けずり回るようにならないといけないと思うのですが如何でしょうか。
  1. 2015-12-19 14:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 技術とは

> 使われなければ滅びるものです。
> 技術自体は基本人に付くものだからです。だからこの支那の官窯ももはやダメでしょう。一瞬の輝きを放ったとしてもそれが続かないのです。
>
> だから今日でも残る技術とは結局人々に受け入れられ、継続的に需要のあるものしか残りませんでした。これは工芸品のみならず、もっと一般的な概念です。軍事技術の世界であっても、同じこと。例えば、今戦艦大和の18インチ主砲を再現しろと行ったら形の上だけでは出来るかもしれませんが、往時の性能を出すものは難しいはずです。おそらく砲身用の鉄を作るところから始めねばなりますまい。
>
> MRJが飛んだことは慶賀すべきことですが、度重なる遅れは技術の伝承がないことと無縁ではないはずです。おそらく発生した不具合に対してほとんどトライアル・アンド・エラーに近いようなトラブルシューティングをしているの違いありません。遅すぎたのです。YS-11の設計者たちの多くがもう鬼籍に入ってるはずです。こんな物習作だけでもいいから10年おきくらいにやらねばいけなかったのです。
>
> JAXAにイプシロンロケットがありますが全身のM-Vが生産を取りやめてから規格を変更して設計されましたが、その実現の早かったことは本流のH系ロケットのもたつきぶりに比べて段違いだった印象があります。これは東大航研以来の固体燃料技術の集成があったからです。こういう蓄積は嘘をつかないのです。
>
> 技術の世界は1回ブレークスルーがあり画期的なものが出来ると以前の技術は廃れるというようなことはよくあります。例えば溶接可能なハイテン鋼が作られると鋲打ちの技術は当然消滅します。支那にしろ韓国にしろそんな経験すら無いはずです。現在の造船会社でスチームタービンを扱ったことがあるのはいかほどでしょうか。ほとんどがディーゼルオンリー、一部にガスタービンというところでしょう。こういう時期に事業化するならば古いことは一切お構いなしですから、結構簡単に第一線に出ることが出来るのです。
>
> でも彼らは自分たちが行ってる工作のほんとうの意味をどこまでわかってるか、それが最大の問題でしょう。こういう根っこのない技術は簡単に枯れるのです。


色々興味深い話、有難うございます。
この件は今後のエントリーで私なりの考えを書いてみたいと思っています。
しかし仰る通りMRJは無残です。
アメリカの都合が有った事は仕方ありませんが、もう少しやりようがあったのにと思いますね。
  1. 2015-12-19 15:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

>>少なくとも銀行マンが「金を借りてください、事業を始めませんか」、こんな事を言って駆けずり回るようにならないといけないと思うのですが如何でしょうか。

その通りと思います。日本の銀行はちょっと調子に乗っているのではないでしょうか。
タイを見習って、土日に営業する店舗を設置するべきですね。
メガバンクどこいっても変わりません。そして、わたしが個人的に感じるのは態度がデカいということですね。
昔、みずほ銀行で「アンケートに答えてください」と言われたので、急いでいたので「それは任意ですか?」と聞くと、「任意です」というので、「答えたくない」というと、「それはだめです。」といわれました。たぶん、バカなので任意という意味がわからなかったのでしょう。そのレベルなんです。世間を狭い銀行の窓口からずっとみていると、ああいう人間になるのです。
  1. 2015-12-19 22:21
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

重工は豪華客船にしても、MRJにしても、どうして納期を守れなくなったんでしょうかねえ。日本企業とは思えませんが、中小企業の上に胡坐をかいて調子に乗っていたツケではないでしょうか。後継者育てるのは長期的でコストがかかると思って、カットでもしたのでしょうか?大企業ばかり業績よくても内実が中小企業の努力の上にあるのでは、まだまだ暗いと思います。
三島のいう、透明で抜け目のない国になりつつあるような気がします。
  1. 2015-12-19 22:52
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

日本も生産性は低い。政府は生産性を高めるような投資をどんどんしなければならないのに、財務省のひょーろくだまはプライマリーバランスと叫んでいる。

http://www.sankei.com/economy/news/151218/ecn1512180027-n1.html
http://blog.esuteru.com/archives/8444276.html

リニア前倒し、港湾の効率化、浚渫工事いくらでもやることはあるだろう。例えば、東海大地震で東名と東海新幹線がだめになったらどうする?国産資源のメタンハイドレートはやらないの?
  1. 2015-12-21 08:44
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

敵国を世界の中心の国と呼称する愚に何時になったら気づくのか

題名はコメントと全く関係ありませんので、すみません。


>命令で動く分業体制、全体が分かるのはトップだけ

南朝鮮でやっていた、ブランドのコピー品を作る工程を思い出しました。
支那も当然そうでしょう。



最近、思いますに
人は「名実利」の3つを求めますが

支那(朝鮮)は、名と利しか無いのでしょう。

実が無い。それは 外骨格の虫に類似してます。


外側だけが殊更華美に飾り立てられている為、敵がだまされやすい。
外骨格の為に大きくは成れないけど、数の多さを使って「蚕」食する
蜘蛛の様に相手に自分の体液を送り込んで溶かしてしまい、吸い上げる。
中身はがらんどうに近い
何かあったら「蜘蛛の子」を散らすように逃げる。ほとぼりがさめると集まる


前に「欧米は搾取。支那は簒奪」とか貴ブログに表記されておられたかと思います。

比べると、

欧米も搾取しますが、肉食獣の様ですから、

相手を狩る事をしますが
「実」体が有る事が大事なのは百も承知
仕組みを作ったうえで、奪う

一過性か永続性か
そういう違いでしょうかね。

被害が大きいのは、欧米でしょうけど
性質の悪いのは、支那ですね


それでは朝鮮人は?・・・寄生虫でしょう。
  1. 2015-12-21 13:35
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> >>少なくとも銀行マンが「金を借りてください、事業を始めませんか」、こんな事を言って駆けずり回るようにならないといけないと思うのですが如何でしょうか。
>
> その通りと思います。日本の銀行はちょっと調子に乗っているのではないでしょうか。
> タイを見習って、土日に営業する店舗を設置するべきですね。
> メガバンクどこいっても変わりません。そして、わたしが個人的に感じるのは態度がデカいということですね。
> 昔、みずほ銀行で「アンケートに答えてください」と言われたので、急いでいたので「それは任意ですか?」と聞くと、「任意です」というので、「答えたくない」というと、「それはだめです。」といわれました。たぶん、バカなので任意という意味がわからなかったのでしょう。そのレベルなんです。世間を狭い銀行の窓口からずっとみていると、ああいう人間になるのです。


確かにそうですね。
そして残念ながら今の超低金利時代もこれだけ長いことやっていると、銀行屋さんにはカネを回すなどと言う事が仕事とは思えなくなってしまっていると思います。
金融ビッグバンなどと言って銀行再編しましたが、その過程で銀行を甘やかしすぎたツケでしょう。
そしてそんな甘やかされた経験しかない連中がもう40歳代でしょうか。だから何か新しい事をやろうなどという意欲も無くしてしまったと思います。こんな現状をどう改革すればいいか、本当に策が無いですね。
矢張りもう一度金融ビッグバンでもやって、何社か潰すしかないかもしれません。
  1. 2015-12-21 14:36
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 重工は豪華客船にしても、MRJにしても、どうして納期を守れなくなったんでしょうかねえ。日本企業とは思えませんが、中小企業の上に胡坐をかいて調子に乗っていたツケではないでしょうか。後継者育てるのは長期的でコストがかかると思って、カットでもしたのでしょうか?大企業ばかり業績よくても内実が中小企業の努力の上にあるのでは、まだまだ暗いと思います。
> 三島のいう、透明で抜け目のない国になりつつあるような気がします。


最近三菱も東芝も可笑しな問題ばかり起しますね。
問題は自浄能力の無さと思います。
自ら汚い所に手を突っ込んで問題点をつかみ出す、手は汚れますがこうして自ら問題点をえぐりだす力が無いと企業は衰退します。
例えば東芝の問題でも、トップが問題を起こした、それはそうなんでしょうが、それを見て見ぬふりをした、此処が問題と思います。
こんな事の解決にはトップ自ら、「耳の痛い話を聞く姿勢」、そして問題点を自ら探り出す組織、そんなモノが必要でしょう。

こんな事についてISOは品質管理システムなどで「内部品質監査」という仕組みを作り上げています。
これは日本のTQCを研究しつくして、其れの問題解決のために編み出されたもの。
そんな事を謙虚に日本・日本人も考えないといけないと思っています。

尚この品質氏捨て者要点を言いますと、
・ 経営者の責任
・ 品質システム
・ 内部品質監査
この三つが鼎立するようにする、これが要点です。
  1. 2015-12-21 14:49
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 日本も生産性は低い。政府は生産性を高めるような投資をどんどんしなければならないのに、財務省のひょーろくだまはプライマリーバランスと叫んでいる。
>
> http://www.sankei.com/economy/news/151218/ecn1512180027-n1.html
> http://blog.esuteru.com/archives/8444276.html
>
> リニア前倒し、港湾の効率化、浚渫工事いくらでもやることはあるだろう。例えば、東海大地震で東名と東海新幹線がだめになったらどうする?国産資源のメタンハイドレートはやらないの?


日本の生産性は低い、これはご指摘の通りですが特に問題の有る所、それは国際競争をしていない分野です。
具体的にはお役所・公務員などがそのっとうでしょう。先のコメントに書いた銀行屋も入ります。

そんな意味で参考になるのがリニア新幹線です。
普通あんなものは国がカネを出すものですが、JR東海は5兆円を超える巨額のカネを自分で出すと言ってスタートしました。
自分のカネなので変な政治家の外圧もはねのけられる。流石JR東海・葛西さん、凄い決断だと思います。

尚東海地震で東名も新幹線も壊滅したらとの話ですが、私も同じ心配をしています。
実はこの件は明治時代から日本の弱点として、明治の政治家の猛烈に心配していました。
幸いJR東海も中日本高速も民間企業として危機感があります。
東海道新幹線の代替はリニア、東名高速の代替は新東名ですが、現在新東名はいなさJCTから御殿場までは開通していますが、いなさJCT(浜松)から豊田東JCT(豊田市)までが16年2月に開通します。これで名古屋から御殿場まで新東名が開通。あとは御殿場ー海老名間が20年に開通すれば全部繋がります。
この新東名は東日本大震災の時、まだ開通していませんでしたが通れるところだけでもと開放していました。

しかしこんな事、遅かったですね。もっと早くやっていればと思います。
  1. 2015-12-21 15:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 敵国を世界の中心の国と呼称する愚に何時になったら気づくのか

> 題名はコメントと全く関係ありませんので、すみません。
>
>
> >命令で動く分業体制、全体が分かるのはトップだけ
>
> 南朝鮮でやっていた、ブランドのコピー品を作る工程を思い出しました。
> 支那も当然そうでしょう。
>
>
>
> 最近、思いますに
> 人は「名実利」の3つを求めますが
>
> 支那(朝鮮)は、名と利しか無いのでしょう。
>
> 実が無い。それは 外骨格の虫に類似してます。
>
>
> 外側だけが殊更華美に飾り立てられている為、敵がだまされやすい。
> 外骨格の為に大きくは成れないけど、数の多さを使って「蚕」食する
> 蜘蛛の様に相手に自分の体液を送り込んで溶かしてしまい、吸い上げる。
> 中身はがらんどうに近い
> 何かあったら「蜘蛛の子」を散らすように逃げる。ほとぼりがさめると集まる
>
>
> 前に「欧米は搾取。支那は簒奪」とか貴ブログに表記されておられたかと思います。
>
> 比べると、
>
> 欧米も搾取しますが、肉食獣の様ですから、
>
> 相手を狩る事をしますが
> 「実」体が有る事が大事なのは百も承知
> 仕組みを作ったうえで、奪う
>
> 一過性か永続性か
> そういう違いでしょうかね。
>
> 被害が大きいのは、欧米でしょうけど
> 性質の悪いのは、支那ですね
>
>
> それでは朝鮮人は?・・・寄生虫でしょう。


シナ人の本質はまさにこの通りです。
> 人は「名実利」の3つを求めますが
> 支那(朝鮮)は、名と利しか無いのでしょう。

全く同感です、これ以上ありませんがしいて言えば・・・
「名虚利」、或いは「名噓利」でしょうか。

しかし
>敵国を世界の中心の国と呼称する愚
これだけは早く何とかしないといけない。
来年は危ないと思っています。
  1. 2015-12-21 17:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する