2015-11-08 18:42

南部経済回廊は今どうなっているか

 インドシナ半島を東西に抜ける新しいルートのついて、11月5日に「東西経済回廊がヒッソリ開通していた」をエントリーした。
所でもう一つ、その南側でも重要なルートがある。南部経済回廊だ。

こんなモノである。

2015-11-8東西経済回廊+南部回廊

ベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペン、そこからタイのバンコク、そしてミャンマー方面へと続くルートだ。
上掲地図では第二東西回廊と書いてある緑色の線のルート。今普通は南部経済回廊と言う事が多いと思う。

このルートでカンボジアの国道一号線がメコン川を渡る所、そこに新しい橋が今年4月に開通した。「つばさ橋」という名前である。勿論日本のODA。

2015-11-8カンボジアのつばさ橋

巨大な、そして美しい橋だ。この橋の完成でベトナムのホーチミンからカンボジアの首都プノンペン、そしてタイの首都バンコクまでのルートが繋がった訳だ。このルートはバンコクから更に西部のカンチャナブリまでは既に一般道路で問題ない。

尚参考までにこの橋の名前の「つばさ橋」、勿論日本語である。元々現地の地名をとってネアックルン橋と言っていたのだが、カンボジアの首相の要請で日本とカンボジアの永遠の友好の証しとして日本語の名前にした。そんな経緯があると聞く。

参考までにカンボジアにはもう一つ日本語の名前の橋があります。このつばさ橋の上流、コンポンチャムの国道7号線がメコン川を渡る橋です。名づけて「きずな橋」と言います。

きずな橋
2015-11-8カンボジアのきずな橋

そしてカンボジアの500リエル札の裏にはこの橋が描かれており、今回つばさ橋が出来たので、この二つの橋が描かれました。
カンボジアの新500リエル札裏側
2015-11-8カンボジアの500リエル札裏面

左から「つばさ橋」、「きずな橋」、そして右のモニュメントには日本とカンボジアの国旗があしらわれています。

日本がODAで色んな国のインフラ整備に貢献してきた。
しかしそんな恩になった事をすっかり忘れて反日に励む国がある。ついこの間も安倍さんがその国のデブとババに会ったばかり。
だがアセアンの国は日本に受けた恩を忘れないように、こんな橋の名前にまで日本語を取り入れている。嬉しい話だ。
尚「つばさ橋と言う名前の橋は横浜にもある。同じように美しい斜張橋だ。
同じ名前の美しい橋が日本とカンボジアにあると言う事になる。


橋談義が長くなりました。先へ急ぎます。

タイ国内は道路事情はカンチャナブリまでは問題ありません。その先もミャンマー国境撫では何とか一般道は開通したようですが、タイ・ミャンマー国境のプーナムロン辺りはこうなっています。

2015-11-8プーナムロン

タイ側が道路を整備したので、ミャンマーの人が買い出しやら出稼ぎやらで使っているのが現状。

その先の道路は

2015-11-8ダウエーからティキ(タイとの国境)まで

更にその先、ダウェー市街は
(注:町の名前はダウェーですが、昔はタボーイでした。古い地図だと今でもそうなっているかも)
2015-11-8ダウエー市街地

そして海は美しい

2015-11-8ダウエー近郊のアンダマン海
・・・ 私がこの美しい海を見に行くことはもうないだろうなあ・・・、残念・・ ブツブツ・・・

しかしダウェーからちょっと南(メイ方面)に行こうとするとこんなモノ

2015-11-8ダウエーからメイへ

川に橋が無いのです。ミャンマーが長年鎖国状態だったこともあり全く発展が遅れていた証拠。
(カンボジアだって十数年前までは似たようなものだった・・・)


余談ですがミャンマーは田舎はこんな状態、にも拘らず最近のヤンゴンなどは無茶苦茶な狂乱物価のようだ。
特に外国人向け住宅などはムチャクチャ。詳細は以下エントリー参照ください。
「中国からネズミが逃げ出しているが」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1124.html

ミャンマーと言えば「ビルマの竪琴」、ビルマの竪琴と言えば「水島上等兵」、心優しい人の暮らす国がミャンマー。
しかしこんな現実を見ると「それはそれとして可笑しな奴も多い国」、それがミャンマーと思う。
特にアウンサンスーチー、コイツは食わせ物だが、その話は別の機会に。

  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

【芸能】[フィフィ]〈寿司職人の修行不要論〉で再考した「日本人の強み」©2ch.net
http://itest.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1447033719/-100

>虚業の雄であるホリエモンに職人の世界を語ってほしくないですね。

旋盤工だった私の父が作った部品は検査無しでSSK(佐世保重工)にそのまま納入されるほど信頼されていました。
  1. 2015-11-09 12:21
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 去年 タイとミャンマーの国境をたくさんのトラックが、狭くて危険な感じの舗装されていない道で渋滞している様子をテレビで観ました。それがちゃんとした道路になって、これからますます輸送に使われるのでしょうね。

 文末に書いておられますが、ミャンマーの選挙でスー・チーさんが優勢みたいです。記者会見で、自ら率いる野党「国民民主連盟(NLD)」が勝って政権を握れば「大統領の上に立つ」と公言したそうです。大丈夫でしょうか?日本は、ミャンマーとよいビジネスをしているようなのに、中国寄り?のスー・チーさんが政権を運営したらどうなるのか心配です。

「ミャンマー:権威主義のジレンマ アジア総局長・春日孝之 」毎日新聞
http://www.msn.com/ja-jp/news/other/%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e6%b0%8f%e3%80%8c%e5%85%83%e9%a6%96%e3%80%8d%e5%ae%a3%e8%a8%80-%e6%a8%a9%e5%a8%81%e4%b8%bb%e7%be%a9%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%9e/ar-CC1QXc

「ミャンマーのスー・チー氏が一転訪中、総選挙にらみ決断 中国は米接近の現政権に“警告”」産経ニュース 2015.6.10
http://www.sankei.com/world/news/150610/wor1506100045-n1.html
  1. 2015-11-09 14:32
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 【芸能】[フィフィ]〈寿司職人の修行不要論〉で再考した「日本人の強み」©2ch.net
> http://itest.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1447033719/-100
>
> >虚業の雄であるホリエモンに職人の世界を語ってほしくないですね。
>
> 旋盤工だった私の父が作った部品は検査無しでSSK(佐世保重工)にそのまま納入されるほど信頼されていました。


確かにご指摘の通り、虚業一筋のホリエモンなんかに職人の世界を語ってほしくないですね。
こんな奴を喜んで取り上げるマスゴミは正しくゴミでしょう。

日本人はいろんな分野で持ち場立場でみんな誠実な仕事に励んでいる。これが昔からの日本の良い所。

マッカーサーが日本に来てみてこれが良く分かった、それで1951年に米上院軍事委員会での証言でこんな事を言いました。
「Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor, that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
和訳:いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。」

これこそ日本人が誇るべきこと、そしてこれを世界に発信していくことが我々の役目、そう思います。
  1. 2015-11-09 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  去年 タイとミャンマーの国境をたくさんのトラックが、狭くて危険な感じの舗装されていない道で渋滞している様子をテレビで観ました。それがちゃんとした道路になって、これからますます輸送に使われるのでしょうね。
>
>  文末に書いておられますが、ミャンマーの選挙でスー・チーさんが優勢みたいです。記者会見で、自ら率いる野党「国民民主連盟(NLD)」が勝って政権を握れば「大統領の上に立つ」と公言したそうです。大丈夫でしょうか?日本は、ミャンマーとよいビジネスをしているようなのに、中国寄り?のスー・チーさんが政権を運営したらどうなるのか心配です。
>
> 「ミャンマー:権威主義のジレンマ アジア総局長・春日孝之 」毎日新聞
> http://www.msn.com/ja-jp/news/other/%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e6%b0%8f%e3%80%8c%e5%85%83%e9%a6%96%e3%80%8d%e5%ae%a3%e8%a8%80-%e6%a8%a9%e5%a8%81%e4%b8%bb%e7%be%a9%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%9e/ar-CC1QXc
>
> 「ミャンマーのスー・チー氏が一転訪中、総選挙にらみ決断 中国は米接近の現政権に“警告”」産経ニュース 2015.6.10
> http://www.sankei.com/world/news/150610/wor1506100045-n1.html



最初にテレビで報道されていたのは前回のエントリーで紹介した東西回廊の方ですね。
本文の図の赤い線の方、モールメインからメソートの間、テナセリム山脈越えの所です。ミャンマーからタイへトラック輸送出来る所はここしかなく、そんな苦労をしていた訳です。
これは70数年前の泰麺鉄道の時代から全く変わっていないミャンマー・タイ間の隘路です。

所でミャンマーはアウンサンスーチーを選んだようですね。これからミャンマー人の苦労するでしょう。
丁度タイで可愛いインラックねえちゃんを首相に選んで散々苦労したようなものです。
まあ一度苦い薬も飲んでみなければわからない、こんな事になる予感がします。
  1. 2015-11-09 18:17
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

60歳で、政治経験が一切ない人が、大統領の上に立つっていうんだから。政治をまったく理解していない証拠です。ミャンマーは数年は足踏みしそうですね。
  1. 2015-11-10 17:17
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 60歳で、政治経験が一切ない人が、大統領の上に立つっていうんだから。政治をまったく理解していない証拠です。ミャンマーは数年は足踏みしそうですね。


その通りです。日本のミンス連中と同じで人の揚げ足取りばかりやっていたので政治の何たるかも知らないでしょう。
尚スーチーはヤンゴン(ラングーン)以外のミャンマー各地は殆ど行ったこともないし知識も無い。
その癖物凄く傲慢。
タイが淫楽オバサンのお蔭で無茶苦茶になりましたが、彼女の場合タクシンが後ろにいた。
少なくとも政治の何たるかは(やる事の善悪は別として)知っていた。
今回のスーチーは政治の何たるかも知らないので、ハイエナのカモになるのは間違いない。
1~2年でミャンマーはガタガタになる筈です。
尚スーチーは1945年6月生まれで現在70歳です。もう先はそう長くは無いでしょう。
でも此れから色んな悪い事が一杯噴き出してくると思います。
  1. 2015-11-10 19:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する