2015-09-28 18:03

欧州の大気汚染<ディーゼルが問題

 先月(2015年8月)、ロンドンに3週間ほど語学留学に行った人の話を聞いた。語学学校にホームステイ先を紹介してもらい、そこに泊まって毎日語学研修。空き時間は色々ロンドン見物で土産話はとても面白かった。
そんな面白い話の中で本人もこれには驚いたと言う事がある。
汚い話で恐縮だが、鼻の穴が真っ黒になり、鼻水も黒くなる。その人は名古屋市在住で職場も名古屋市内。しかし今迄こんな経験は一度もしたことが無かったと言う。
更に驚いたのがズボンなどを洗うと水が真っ黒になること。あまりにも酷いので二度洗いをしてやっと普通になったとの事。

私もその話を聞いて、昔はロンドンは石炭を焚くので町が真っ黒、これは聞いた事がある。今でも結構石炭を使っていると聞いたが、そんな事かねえ。こんな認識だった。(笑)
しかし調べてみたらトンデモナイ。ロンドンもパリも物凄い大気汚染であることが分かった。
原因はディーゼル車の排気ガスが主なモノであるとの事。
そうこうしている内にフォルクスワーゲンの悪質な不正ソフト問題が明るみに出てきた。矢張りそうか・・・


これた大玄さんから頂いた情報での大気汚染の写真。
http://www.news-us.jp/article/426669960.html
これはフランス・パリの写真

2015-9-28パリの大気汚染写真


参考までに日本の現代、スカイツリーから見た筑波山

2015-9-28スカイツリーから見た筑波山

ほぼ同じところを江戸時代末には・・・ これは深川洲崎五万坪

2015-9-28深川洲崎五万坪
スカイツリーは墨田区押上、深川洲崎=東京都現代美術館辺りで江東区三好、だから距離にして3キロ位。

しかし東京に江戸時代の空を蘇らせた、石原慎太郎元知事は偉かったなあ・・・


所でロンドンはと言うと、これは先月(15年8月のロンドン

2015-9-2815年8月のロンドン塔とタワーブリッジ

いつもどんより曇っていて綺麗な空の写真が撮れなかったのだとか・・・


さて本題に戻って欧州の大気汚染である。
実は欧州の大気汚染の状況は公表されていないので具体的には良く分からない。調べても一番最近のモノでも2014年3月のモノが最新の様だ

<以下引用>

パリの大気汚染が危険水準に、20年ぶり自動車運転規制へ
http://jp.reuters.com/article/2014/03/17/l3n0me0al-paris-car-idJPTYEA2G03820140317

[パリ 16日 ロイター] -フランス政府は17日、首都パリの大気汚染が危険水準に達したとして、20年ぶりとなる自動車の運転規制に踏み切る。

パリはフランスのディーゼル車補助金制度や自家用車台数の多さなどを背景として、欧州の他の大都市に比べてスモッグに見舞われやすい。最近は季節外れの暖かさと晴天が1週間続き、汚染が悪化していた。

今回導入した制度では、ドライバーはナンバープレートが偶数か奇数かに応じて隔日しか運転を許されない。先週はパリの空気が目に見えてかすんだため、公共自転車や電気自動車の共有制度が無料化されていた。

マルタン・エコロジー相は16日、記者会見し、17日には大気汚染が悪化する恐れがあるとし、規制は市民の安全を確保する狙いだと述べた。

欧州環境機関(EEA)の13日の発表によると、微小粒子状物質「PM」の濃度はパリで147マイクログラムに達したのに対し、ブリュッセルは114、アムステルダムは104、ベルリンは81、ロンドンは79.7だった

野党や自動車関連団体は今回の措置について、3月末に迫った地方選を前に、社会党が連立を組むヨーロッパエコロジー・緑の党の圧力に負けた形だと批判している。

<引用終り>

このPMの濃度だが、日本の環境基準はというと日平均で35以下である。
不要不急の外出を控えるなどの行動をとる基準(暫定基準)は日平均で70超、注意喚起情報が出るのは午前中早めの段階は朝5時~7時で1時間値85超、午後は5時~12時で1時間値80超である。

欧州の主要都市のPM濃度は
>微小粒子状物質「PM」の濃度はパリで147マイクログラムに達したのに対し、ブリュッセルは114アムステルダムは104ベルリンは81ロンドンは79.7だった

つまり主要都市のPM濃度は日本なら外出を控えると言うレベルを超えている。特にパリが酷い。

そしてもう一つ、この記事で見逃せない事がある。
野党や自動車関連団体は今回の措置について、3月末に迫った地方選を前に、社会党が連立を組むヨーロッパエコロジー・緑の党の圧力に負けた形だと批判している。

この様にひどい大気汚染に対し、自動車関連団体が対策をする代わりに政府の政策を批判しているのだ。
そしてこの記事から1年半後、今回の不祥事が発覚した。

更にこの不祥事、政府がこの規制の抜け穴を助長するように動いていたと言う事も報道され始めた。
政府を挙げて、「大気汚染対策より自動車の売り上げが大事」という政策だ。

今後さらにいろんな問題が噴出してくると思う。
日本メーカーがディーゼルが欧州であれだけ売れながらもそれに追随しなかった、それだけの理由があったと言う事だろう。
尚マツダのスカイアクティブは圧縮比を「16訂正します;圧縮比は14(2.2L)、14.8(1.5L)です、団塊ノンポリさんに指摘いただきました、ご指摘ありがとうございます」という極端な低圧縮比を採用している。矢張りこれが正解だったんだろう。
  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(38)

コメント

欧州のディーゼル比率は減少に向かう事になるのでは

欧州が推進したディーゼル乗用車のトレンドは、排出される窒素酸化物の問題解決に時間が掛かるため、取り敢えずガソリン乗用車に回帰せざるを得ないのではないかと思います。
従来型のディーゼルエンジンでは、汚染物質の排出を抑えきれない以上、綺麗な大気を取り戻す為には、後処理にかなりのコストが掛かることになり、あまり経済的でも無くなるなら、引き返すしか有りません。
欧州はこの問題で躓き、かなりの回り道を通る事になったのではないかと思います。
もしかすると、目下のところ生き残れるのはマツダのスカイアクティブのみ、という事も有り得るかも知れません。
ところで、スカイアクティブの圧縮比は、2.2Lで14、1.5Lで14.6だったと思います。

  1. 2015-09-28 23:20
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

ワタシの記憶では自動車による大気汚染が世界的なもんだいになり始めたのは、70年代ごろからで、その頃からアメリカを皮切りに、noxやsoxの規制が始まり、これを日本のメーカーがアメリカのメーカーに先んじてクリアしたように覚えいます。

そしてその後光化学スモッグなど自動車による大気汚染の話は、聞かなくなりました。

と言うことはヨーロッパの大気汚染は、その後ディーゼル車の普及で悪化したと言うことでしょうか?

VWの前社長は詐欺で逮捕されたそうです。 一方不正ソフトはアウディにも見つかり220万台リコールだそうです。

しかも不正はnoxだけでなく二酸化炭素でもやっていたとか、もうドイツ車滅茶苦茶になりそうです。

それにしても一体いつからこんな出鱈目をはじめたのでしょう?
ヨーロッパのイメージが崩壊するではありませんか?
  1. 2015-09-28 23:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

石原慎太郎氏の後継者が居ない事が日本の最大の弱点

>東京に江戸時代の空を蘇らせた、石原慎太郎元知事は偉かったなあ・・・

私は石原慎太郎氏の小説は好きではありませんけど、言ってる事は正しいと思います。石原知事はすぐに美濃部都知事の時代に放り投げた東京外環や首都高の分断してる箇所をつなぎなおしたり、ディーゼルエンジントラックの排気ガス規制をしたり、尖閣諸島の持ち主が中国が凄い金額で売ってくれと言われている話を聞くやいなや、東京都で買うので中国に売らないでという運動をして野田総理が国で買う結末になるなど、問題提起したし。

戦後では、愛国心の在った唯一の東京都知事でした。

直接には関係在りませんが、韓国の平昌冬季オリンピックの雪が無くて出来なさそうな一部を長野で今でも部分開催して、反対に東京五輪のいくらかの種目を韓国にしようと今も虎視眈々と画策してる売国反日禿都知事には一日も早く消えて欲しいです。
  1. 2015-09-29 00:49
  2. URL
  3. 匿名希望のコロ4号 #-
  4. 編集

Re: 欧州のディーゼル比率は減少に向かう事になるのでは

> 欧州が推進したディーゼル乗用車のトレンドは、排出される窒素酸化物の問題解決に時間が掛かるため、取り敢えずガソリン乗用車に回帰せざるを得ないのではないかと思います。
> 従来型のディーゼルエンジンでは、汚染物質の排出を抑えきれない以上、綺麗な大気を取り戻す為には、後処理にかなりのコストが掛かることになり、あまり経済的でも無くなるなら、引き返すしか有りません。
> 欧州はこの問題で躓き、かなりの回り道を通る事になったのではないかと思います。
> もしかすると、目下のところ生き残れるのはマツダのスカイアクティブのみ、という事も有り得るかも知れません。
> ところで、スカイアクティブの圧縮比は、2.2Lで14、1.5Lで14.6だったと思います。


最初に私の勘違いをご指摘いただき有難うございます。早速訂正しました。
そしてこの不祥事、コンピューターのソフト入れ替え位では事は済みません。
そんな程度で直るんならあんな無理することは無い、多少燃費が悪くなる程度なら許容範囲ですから。

問題はソフトを入れ替えて排ガスをある程度綺麗にしようとすると動力性能が落ち、燃費も悪くなる。そして触媒などの耐久性が大きく落ちるのでユーザーに多額の金銭的負担を強いる事です。ですからそんな事が知れ渡ればユーザーに拒否されるのは目に見えています。
新車販売はガソリン車に切り替えればいいと言う事ですが、これだけイメージの堕ちたクルマを買うかどうか。
VWに乗るのが恥ずかしい、こんな風潮がもう既にちらちら聞こえ始めました。
これからが大変ですね。
  1. 2015-09-29 07:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

> ワタシの記憶では自動車による大気汚染が世界的なもんだいになり始めたのは、70年代ごろからで、その頃からアメリカを皮切りに、noxやsoxの規制が始まり、これを日本のメーカーがアメリカのメーカーに先んじてクリアしたように覚えいます。
>
> そしてその後光化学スモッグなど自動車による大気汚染の話は、聞かなくなりました。
>
> と言うことはヨーロッパの大気汚染は、その後ディーゼル車の普及で悪化したと言うことでしょうか?
>
> VWの前社長は詐欺で逮捕されたそうです。 一方不正ソフトはアウディにも見つかり220万台リコールだそうです。
>
> しかも不正はnoxだけでなく二酸化炭素でもやっていたとか、もうドイツ車滅茶苦茶になりそうです。
>
> それにしても一体いつからこんな出鱈目をはじめたのでしょう?
> ヨーロッパのイメージが崩壊するではありませんか?


最初に日本で排ガスが大問題になったのは昭和40年代末からです。アメリカが悪名高いマスキー法を作ったため、各社排ガス問題に取り組みました。日本でもマスキー法に倣って、昭和50年規制、51年規制、53年規制と年々厳しくなり、53年規制がマスキー法と同等です。
余りにも難しい規制の為、自動車各社の技術陣に物凄いハードワークを課し、その為相当の犠牲者を出しながら突っ走らざるを得ませんでした。結果的に前回エントリーで紹介した三元触媒とウィンドウの発見で対策出来ました。
しかしアメリカも欧州もこれにはついて来られませんでした。アメリカはだから法律を変えてしまいました・・・

結局真面目にやったのは日本だけ、そしてこんな無茶苦茶な規制の為、エンジン内の燃焼の仕組みなど基礎から研究し直した日本のエンジン技術は長足の進歩を遂げました。今では本場ドイツよりも日本の方が優れたエンジン技術を持つまでになった。その上にプリウスなどと言うとんでもない代物まで出てきた。ドイツにとって本当にショックだったと思います。
そこでドイツの回答がディーゼルでした。元々ディーゼルは欧州が強かった、そこにコモンレールと言うエンジン制御の革命が現れたので飛びついた。こんな事だと思います。

今日の報道だとこの不正は約10年前から始まったようです。
丁度其の頃と言えば日本はデンソーがあのような素晴らしいコモンレールを開発しながら国内で売る事をあきらめ、途上国などに売る為タイに工場を作った頃です。同じ頃欧州はインチキをして欧州内にディーゼル乗用車を普及させようとした。
その副作用で欧州の大気汚染は劣悪レベル、しかし産業界、政府総がかりでも詐欺で何とかここまで凌いできたという事。
大雑把にいえばこんな所でしょうか。
  1. 2015-09-29 08:21
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 石原慎太郎氏の後継者が居ない事が日本の最大の弱点

> >東京に江戸時代の空を蘇らせた、石原慎太郎元知事は偉かったなあ・・・
>
> 私は石原慎太郎氏の小説は好きではありませんけど、言ってる事は正しいと思います。石原知事はすぐに美濃部都知事の時代に放り投げた東京外環や首都高の分断してる箇所をつなぎなおしたり、ディーゼルエンジントラックの排気ガス規制をしたり、尖閣諸島の持ち主が中国が凄い金額で売ってくれと言われている話を聞くやいなや、東京都で買うので中国に売らないでという運動をして野田総理が国で買う結末になるなど、問題提起したし。
>
> 戦後では、愛国心の在った唯一の東京都知事でした。
>
> 直接には関係在りませんが、韓国の平昌冬季オリンピックの雪が無くて出来なさそうな一部を長野で今でも部分開催して、反対に東京五輪のいくらかの種目を韓国にしようと今も虎視眈々と画策してる売国反日禿都知事には一日も早く消えて欲しいです。


そうですね、石原知事がいなかったら今の東京は有りませんでした。本当に感謝せねばいけないですね。
そして石原さんの最後の功績は襟巻メストカゲ・レンホーが都知事になる事を阻止したことです。
あの頃のレンホー人気なら石原さんが居なければレンホーが都知事に収まっていたでしょう。今の禿よりもっと酷い事が起こっていましたね。
石原さんが出馬すると決めた途端にあの大震災です。本当に石原知事がいて良かった、そう思います。
  1. 2015-09-29 08:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

【ドイツ終了】VW会長逮捕クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! EU全体もグルと分かり戦々恐々www
http://www.news-us.jp/article/426904044.html

>フォルクスワーゲンやドイツだけでなく、EUの評判も地に落ちる可能性が有るのです。
  1. 2015-09-29 09:31
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

「他のメーカーだって」が始まると嫌ですね

環境団体が、こんなことを言い始めましたね。

★欧州車、試験と路上走行でCO2排出量に40%の差=環境団体
http://jp.reuters.com/article/2015/09/28/volkswagen-emissions-tests-idJPKCN0RS13U20150928

値が妙に低いですよね。二酸化炭素に限らず、窒素酸化物だって、実走行状態であれば、規制値を40%くらい上回っても不思議ではありません。この先、日本車を含めて調査するでしょうが、その結果を使って、VWの不正をうやむやにしようとする動きが出てきたら嫌ですね。日本のメーカーは、そんなこと百も承知でしょうが。
  1. 2015-09-29 10:04
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

皆んなでやれば怖くない

夕べ考えたのですが、これって「皆んなでやれば怖くない。 ドイツ車が実現不可能な排出基準を決めた政府がわるい!!」と言う事になるのでは?

この不正ソフト、VWだけじゃなくアウディにもBMVにも見つかりました。 いずれドイツ車だけでなく欧州車全部に見つかるのでは?

そうなるともう欧州車を救う為には、法律を変えて不正ソフトを入れたまま廃ガス出し放題ではしっても無問題とするように環境基準を変えるしかpないのです。

VW一社が不正をしたなら、VWが倒産もありですが、こんなにゾロゾロ不正が出ては他に方法はないでしょう?

だって欧州車を全部潰す、雇用不安を起こす何て事はできません。

勿論これでアメリカや日本などへの輸出は不可能ですが、しかしディーゼルの欧州車の日本やアメリカへの輸出は、もともと少ないのでダメージは限定的でしょう。

そもそも連中、不正がバレた時はこれで回避をかんがえていたのでは?
  1. 2015-09-29 10:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これから始まる「魔女狩り」が怖い

こんにちは。

>欧州の罪のない危機の引き金は、シリアからの難民にドイツを開放することにしたアンゲラ・メルケル首相の道義的な決断だった。

>大半のドイツ国民は熱狂的にこの決断を歓迎したが、・・・・・
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44872


今回のVW不正問題、いや欧州のディーゼル狂騒はこの引用文と同じだと思いますよ。

欧州人は「オンダンカ〜」ということで、二酸化炭素の排出が少ないディーゼルエンジンを熱狂的に英断したんだろうと思います。確かに、いろいろな課題のあるディーゼルエンジンでありますが、その可能性にかけたんでしょうね。しかも盲目的に・・・

ただこれから始まるであろう「犯人探し」というか「魔女狩り」が怖いです。ディーゼル=絶対悪側に振れると、「様々な選択肢」とか「様々な自由」と言うのが弾圧されることでしょう。しかも「自由だ」「人権だ」「カンキョウガ〜」と尤もらしいことを散々喚いていた側が、手のひらを返し率先してその自由を弾圧し始めることでしょうね。

しかし「オンダンカ〜」ちゃ、罪作りですよ。冷静な判断ができなくなってしまうのですから・・・

  1. 2015-09-29 12:36
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

>結局真面目にやったのは日本だけ、そしてこんな無茶苦茶な規制の為、エンジン内の燃焼の仕組みなど基礎から研究し直した日本のエンジン技術は長足の進歩を遂げました。
>丁度其の頃と言えば日本はデンソーがあのような素晴らしいコモンレールを開発しながら国内で売る事をあきらめ、途上国などに売る為タイに工場を作った頃です。同じ頃欧州はインチキをして欧州内にディーゼル乗用車を普及させようとした。

これが今回の騒動のポイントだと思います。

日本では各メーカーが長時間労働をしてでも、愚直に課題に取り組み、困難を克服する道を選んできました。やらなきゃならないことはなんとかする。また、そうでもしないと競争に勝ち残れない。出来るものは何でも自分の所で作ろうとする。

一方、欧州では、長期休暇もしっかりとり、餅は餅屋に任せて水平分業。
自分の所で出来ない物は外注化、技術開発にはそれ程お金を使わずに、特許取得には日本メーカーほど熱心ではない。(大雑把な傾向としてはベンツ<BMW<VW)。

ベンツは自社の技術には自信を持っていると思います。BMWもVWと同じ間違いは犯して居ないと思います。なにしろベンツもBMWも一台当たりの単価がVWとは異なります。排ガス処理に払うコストをより負担しやすい会社が、VWと
同じ間違いを犯すのは馬鹿げています。販売数量でトヨタと争う必要も有りません。自らのブランドイメージを壊すリスクは、彼らが一番熟知しているはずです。
それこそが彼らの強みであり、利益の源泉なのですから。
  1. 2015-09-29 15:13
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

To:taigen さん

> 【ドイツ終了】VW会長逮捕クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! EU全体もグルと分かり戦々恐々www
> http://www.news-us.jp/article/426904044.html
>
> >フォルクスワーゲンやドイツだけでなく、EUの評判も地に落ちる可能性が有るのです。


確かにご指摘の通りだと思います。
VWだけでなく、環境問題を真っ先に取り組むべき政府も不正に関与していたと思われるので、国民の不信は極値でしょう。
この後が恐ろしいですね。
  1. 2015-09-29 15:56
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

欧州って汚いところですね。イギリスへ留学してたとき、ロンドンで顔を拭くと真っ黒になりました。理由を聞くと「北海油田の品質の悪い油のせい」とかいっていましたが・・・不正ソフトのためでもあったとは。ドイツ人はシナ人と同じで金のためなら何でもやりますね。とはいえ、戦後日本人もシナ人化しつつあるので怖いですが。
http://aqicn.org/map/world/jp/#@g/34.064/-230.5753/6z
これをみると、現在ですが、西日本の空気が悪いです。これって、シナから汚い空気が流れてきてるのが原因なのでしょうか?欧州は夜のためか、空気は綺麗ですね。

>>売国反日禿都知事には一日も早く消えて欲しいです。

まったくです。しかし、ハゲネズミ男を選んだ都民はいったいなんでしょ?

>>結局真面目にやったのは日本だけ、そしてこんな無茶苦茶な規制の為、エンジン内の燃焼の仕組みなど基礎から研究し直した日本のエンジン技術は長足の進歩を遂げました。今では本場ドイツよりも日本の方が優れたエンジン技術を持つまでになった。その上にプリウスなどと言うとんでもない代物まで出てきた。

日本の自動車業界には大きなチャンスなのでは、とはいえ、今回は米国のドイツ落としにドイツがひっかかった可能性もありますから。トルコの難民放出も米国のドイツ落としの一貫かも。日本のメーカーもあまり目立つとまたトヨタみたいにやられる可能性もあるかも。目立つと怖い、慎重にいかないと。
  1. 2015-09-29 16:44
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

Re: 「他のメーカーだって」が始まると嫌ですね

> 環境団体が、こんなことを言い始めましたね。
>
> ★欧州車、試験と路上走行でCO2排出量に40%の差=環境団体
> http://jp.reuters.com/article/2015/09/28/volkswagen-emissions-tests-idJPKCN0RS13U20150928
>
> 値が妙に低いですよね。二酸化炭素に限らず、窒素酸化物だって、実走行状態であれば、規制値を40%くらい上回っても不思議ではありません。この先、日本車を含めて調査するでしょうが、その結果を使って、VWの不正をうやむやにしようとする動きが出てきたら嫌ですね。日本のメーカーは、そんなこと百も承知でしょうが。


同感ですね。此れからなんだかんだと日本車のあら捜しが始まるでしょう。
ターゲットは間違いなくトヨタ。
この勝負、負けるわけにはいかないですね。
  1. 2015-09-29 17:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 皆んなでやれば怖くない

> 夕べ考えたのですが、これって「皆んなでやれば怖くない。 ドイツ車が実現不可能な排出基準を決めた政府がわるい!!」と言う事になるのでは?
>
> この不正ソフト、VWだけじゃなくアウディにもBMVにも見つかりました。 いずれドイツ車だけでなく欧州車全部に見つかるのでは?
>
> そうなるともう欧州車を救う為には、法律を変えて不正ソフトを入れたまま廃ガス出し放題ではしっても無問題とするように環境基準を変えるしかpないのです。
>
> VW一社が不正をしたなら、VWが倒産もありですが、こんなにゾロゾロ不正が出ては他に方法はないでしょう?
>
> だって欧州車を全部潰す、雇用不安を起こす何て事はできません。
>
> 勿論これでアメリカや日本などへの輸出は不可能ですが、しかしディーゼルの欧州車の日本やアメリカへの輸出は、もともと少ないのでダメージは限定的でしょう。
>
> そもそも連中、不正がバレた時はこれで回避をかんがえていたのでは?


そんな考え方もあると思いますが、前回出した排ガス規制値の図を見てください。
日本の方が欧州より厳しいのです。だからその議論は日本は如何だったんだと言う一言でオシマイ。
だから私は逆切れで日本憎しが始まると懸念しています。

この話は物凄く裏の裏がある。そのドロドロしたものが出きるのは何時になるか予想もつきません。
でも政治を巻き込むことだけは間違いなさそうです。
  1. 2015-09-29 18:06
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: これから始まる「魔女狩り」が怖い

> こんにちは。
>
> >欧州の罪のない危機の引き金は、シリアからの難民にドイツを開放することにしたアンゲラ・メルケル首相の道義的な決断だった。
>
> >大半のドイツ国民は熱狂的にこの決断を歓迎したが、・・・・・
> http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44872
>
>
> 今回のVW不正問題、いや欧州のディーゼル狂騒はこの引用文と同じだと思いますよ。
>
> 欧州人は「オンダンカ〜」ということで、二酸化炭素の排出が少ないディーゼルエンジンを熱狂的に英断したんだろうと思います。確かに、いろいろな課題のあるディーゼルエンジンでありますが、その可能性にかけたんでしょうね。しかも盲目的に・・・
>
> ただこれから始まるであろう「犯人探し」というか「魔女狩り」が怖いです。ディーゼル=絶対悪側に振れると、「様々な選択肢」とか「様々な自由」と言うのが弾圧されることでしょう。しかも「自由だ」「人権だ」「カンキョウガ〜」と尤もらしいことを散々喚いていた側が、手のひらを返し率先してその自由を弾圧し始めることでしょうね。
>
> しかし「オンダンカ〜」ちゃ、罪作りですよ。冷静な判断ができなくなってしまうのですから・・・


同感です。しかし私には今回の難民受け入れ、ドイツ人の熱狂ぶりがどうにも理解しがたい、そんな思いがあります。
結局メルケルさんは安倍首相の70年談話で次の世代に謝罪させる訳にはいかない、これをドイツもやろうとしたのではないか。
ドイツは虐殺などを全部ナチのせいにして、ドイツ人は本当は心優しい国民だ、悪いのはナチだ。こんな事にして逃げました。
そして今年をそんな優しいドイツ人、こんな事で戦後の幕引きを図ろうとしたのではないか。そう思えます。
そんなシナリオの所に出てきたのがVWの不正。

今回のVWの不祥事、政府も絡んでいる事は間違いないので、魔女狩りは大変ですが間違いなくやるでしょうね。
変な所で日本に飛び火しない事を願っています。
  1. 2015-09-29 18:19
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:団塊ノンポリさん

> >結局真面目にやったのは日本だけ、そしてこんな無茶苦茶な規制の為、エンジン内の燃焼の仕組みなど基礎から研究し直した日本のエンジン技術は長足の進歩を遂げました。
> >丁度其の頃と言えば日本はデンソーがあのような素晴らしいコモンレールを開発しながら国内で売る事をあきらめ、途上国などに売る為タイに工場を作った頃です。同じ頃欧州はインチキをして欧州内にディーゼル乗用車を普及させようとした。
>
> これが今回の騒動のポイントだと思います。
>
> 日本では各メーカーが長時間労働をしてでも、愚直に課題に取り組み、困難を克服する道を選んできました。やらなきゃならないことはなんとかする。また、そうでもしないと競争に勝ち残れない。出来るものは何でも自分の所で作ろうとする。
>
> 一方、欧州では、長期休暇もしっかりとり、餅は餅屋に任せて水平分業。
> 自分の所で出来ない物は外注化、技術開発にはそれ程お金を使わずに、特許取得には日本メーカーほど熱心ではない。(大雑把な傾向としてはベンツ<BMW<VW)。
>
> ベンツは自社の技術には自信を持っていると思います。BMWもVWと同じ間違いは犯して居ないと思います。なにしろベンツもBMWも一台当たりの単価がVWとは異なります。排ガス処理に払うコストをより負担しやすい会社が、VWと
> 同じ間違いを犯すのは馬鹿げています。販売数量でトヨタと争う必要も有りません。自らのブランドイメージを壊すリスクは、彼らが一番熟知しているはずです。
> それこそが彼らの強みであり、利益の源泉なのですから。


あの排ガス規制対策の時はもう無茶苦茶なんてモノじゃなかった、超長時間労働が当たり前でした。しかしそれがあったからこそ技術が進歩したともいえるので、今となっては結果オーライなんでしょう。

そんな時対岸の火事とばかりに模様眺めをしていたメーカーは何年かたってエンジン技術で圧倒的な差が出たことを知り愕然とするのですが、そんな事が今回の不正の背景ですね。
其れともう一つがプリウス・ショック。誰も考えもしなかった車でしたのでね。
  1. 2015-09-29 18:34
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 欧州って汚いところですね。イギリスへ留学してたとき、ロンドンで顔を拭くと真っ黒になりました。理由を聞くと「北海油田の品質の悪い油のせい」とかいっていましたが・・・不正ソフトのためでもあったとは。ドイツ人はシナ人と同じで金のためなら何でもやりますね。とはいえ、戦後日本人もシナ人化しつつあるので怖いですが。
> http://aqicn.org/map/world/jp/#@g/34.064/-230.5753/6z
> これをみると、現在ですが、西日本の空気が悪いです。これって、シナから汚い空気が流れてきてるのが原因なのでしょうか?欧州は夜のためか、空気は綺麗ですね。
>
> >>売国反日禿都知事には一日も早く消えて欲しいです。
>
> まったくです。しかし、ハゲネズミ男を選んだ都民はいったいなんでしょ?
>
> >>結局真面目にやったのは日本だけ、そしてこんな無茶苦茶な規制の為、エンジン内の燃焼の仕組みなど基礎から研究し直した日本のエンジン技術は長足の進歩を遂げました。今では本場ドイツよりも日本の方が優れたエンジン技術を持つまでになった。その上にプリウスなどと言うとんでもない代物まで出てきた。
>
> 日本の自動車業界には大きなチャンスなのでは、とはいえ、今回は米国のドイツ落としにドイツがひっかかった可能性もありますから。トルコの難民放出も米国のドイツ落としの一貫かも。日本のメーカーもあまり目立つとまたトヨタみたいにやられる可能性もあるかも。目立つと怖い、慎重にいかないと。


矢張り顔を拭くと真っ黒になったんですか。そんな汚い所に住んでいて平気とは凄いですね。
多分今回の一件で環境団体がそんな所を捉えて騒ぐかもしれません。日本を褒めてくれるのはいいのでしょうが、可笑しな逆恨みのネタになるかもしれません。

ご指摘のようにアメリカが言う事を聞かないドイツにお仕置きをするために仕組んだ難民・移民問題。これにこの不正問題に輪をかけました。日本はなるべく目立たぬよう静かにしているべきですね。

しかし自動車メーカーは数量を追いすぎると必ず失敗する。
トヨタが大赤字を出して社長交代、豊田章男社長になって、数量を追いすぎたのが失敗だったと方針転換、新しい目標を「もっと良いクルマを作ろうよ」に変えました。今年社長が突如交代したホンダも伊東前社長は数量を追いすぎたのが失敗の原因と言っています。
フォルクスワーゲンも全く同じでしたね。
  1. 2015-09-29 19:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

思わぬ事実ですね

ご専門ならではの切り口で大変フォルクスワーゲン問題の理解を深めることができました。

中国市場がメインのフォルクスワーゲン、まあわかるような気がします。
大気汚染のメッカで走らせるには多少の排ガスなんか目立ちません。

しかし、
日本の環境技術って本当にすごいんですね。
これを機会に世界産業地図に変動が起きるかもしれませんね。

(・.・;)
  1. 2015-09-29 19:44
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

Re: 思わぬ事実ですね

> ご専門ならではの切り口で大変フォルクスワーゲン問題の理解を深めることができました。
>
> 中国市場がメインのフォルクスワーゲン、まあわかるような気がします。
> 大気汚染のメッカで走らせるには多少の排ガスなんか目立ちません。
>
> しかし、
> 日本の環境技術って本当にすごいんですね。
> これを機会に世界産業地図に変動が起きるかもしれませんね。
>
> (・.・;)


お久しぶりです。
確かに日本の環境技術は素晴らしい、今回の問題で一層この点が世界に理解されたでしょう。
但し世の中はそう簡単ではない。出る杭は打たれると言う言葉も有ります。

多分今回の件は世界の大変動につながるでしょう。
どんな方向に行くかはまだ分かりませんが、想像を絶することが起こりそうです。
  1. 2015-09-29 22:21
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

環境先進国(自称)だったのか

こんばんわ、

しかし本当に酷い大気汚染ですね、他に要因が考えられないので、やはり優遇措置でディーゼルが急増し、他方で検査を誤魔化して有害ガスを撒き散らしていたと。
AudiからBoschにまで飛び火して、もう蜂の巣を突付いたような様子。何とか問題を極小化しようとしているようですが、問題のプログラムもBoschに外注だったとか、こりゃ本当にVWダメかもしれません。

昔から欧州にはディーゼル乗用車があり、北海油田の油質の関係で、分溜した際にガソリンの比率が少なく、ディーゼルを推奨していたとか聞いたことがありますので、それが事実なら簡単にガソリンに舵を切るのも難しいかも知れません。

マスキー法から53年規制の頃にメーカーの居られた方は、本当にご苦労されたと思います。当時はまだ学生で運転していなかったのですが、逆に車に最も興味を持った時代でもあったので、バイクのキャブを自分で調整したり、少ない情報を何度も読んだ覚えがあります。

今回はディーゼルなので事情が異なりますが、おベンツの BlueTECも元を正せば日産ディーゼル(現UDトラック)で実用化したものですし、尿素溶液 AdBlueも日デの登録商標で、ドイツ自動車工業会に商標を提供して世界的な規格の統一化を図っているようです。
日デはルノーからボルボの傘下に、提携関係にあった三菱ふそうはダイムラーの傘下でしたっけ、2005年頃の業界再編の裏事情が今回見えたような気がします、遡って三菱のリコール騒ぎも陰謀の臭いが・・・、ハブられたVW。

私ごとでスズキさんの黄色いナンバーで自慢にならないのですが、ケチケチ運転を決め込んでいますので、3年目の9月後半の実走燃費が28.5km/L、今の季節は成績が良くJC08の27.5を超える値で、エンジン・CVT・補機類トータルで誠実に作り込んだ匠の技に感心するばかりです。
CO2排出量≒燃料消費量なので、これだけは素人でも分かると思います。

車に要求するものは人それぞれでしょうが、「馬力の大きいドイツ車が不利になる」という表現を見かけましたので、馬力で車を評価する習慣を改め、ケチケチ運転する人が多くなっていれば、もう少し事情は異なっていたのではないか。
そう政府を批判している環境団体()も、自身の問題だとは考えてないでしょう。

色々話が飛んですいません、そういえば自分の車の馬力を気にしたこと無かったですわ。
  1. 2015-09-30 03:10
  2. URL
  3. fcq821 #/lkjinTE
  4. 編集

Re: 環境先進国(自称)だったのか

> こんばんわ、
>
> しかし本当に酷い大気汚染ですね、他に要因が考えられないので、やはり優遇措置でディーゼルが急増し、他方で検査を誤魔化して有害ガスを撒き散らしていたと。
> AudiからBoschにまで飛び火して、もう蜂の巣を突付いたような様子。何とか問題を極小化しようとしているようですが、問題のプログラムもBoschに外注だったとか、こりゃ本当にVWダメかもしれません。
>
> 昔から欧州にはディーゼル乗用車があり、北海油田の油質の関係で、分溜した際にガソリンの比率が少なく、ディーゼルを推奨していたとか聞いたことがありますので、それが事実なら簡単にガソリンに舵を切るのも難しいかも知れません。
>
> マスキー法から53年規制の頃にメーカーの居られた方は、本当にご苦労されたと思います。当時はまだ学生で運転していなかったのですが、逆に車に最も興味を持った時代でもあったので、バイクのキャブを自分で調整したり、少ない情報を何度も読んだ覚えがあります。
>
> 今回はディーゼルなので事情が異なりますが、おベンツの BlueTECも元を正せば日産ディーゼル(現UDトラック)で実用化したものですし、尿素溶液 AdBlueも日デの登録商標で、ドイツ自動車工業会に商標を提供して世界的な規格の統一化を図っているようです。
> 日デはルノーからボルボの傘下に、提携関係にあった三菱ふそうはダイムラーの傘下でしたっけ、2005年頃の業界再編の裏事情が今回見えたような気がします、遡って三菱のリコール騒ぎも陰謀の臭いが・・・、ハブられたVW。
>
> 私ごとでスズキさんの黄色いナンバーで自慢にならないのですが、ケチケチ運転を決め込んでいますので、3年目の9月後半の実走燃費が28.5km/L、今の季節は成績が良くJC08の27.5を超える値で、エンジン・CVT・補機類トータルで誠実に作り込んだ匠の技に感心するばかりです。
> CO2排出量≒燃料消費量なので、これだけは素人でも分かると思います。
>
> 車に要求するものは人それぞれでしょうが、「馬力の大きいドイツ車が不利になる」という表現を見かけましたので、馬力で車を評価する習慣を改め、ケチケチ運転する人が多くなっていれば、もう少し事情は異なっていたのではないか。
> そう政府を批判している環境団体()も、自身の問題だとは考えてないでしょう。
>
> 色々話が飛んですいません、そういえば自分の車の馬力を気にしたこと無かったですわ。


私もドイツは環境先進国と思っていましたが実態がこんなモノとは全く予想もしませんでした。
日本では環境問題は長年苦労してますから、ドイツでも似たようなものと思っていたのです。特に風力発電や太陽光発電に力を入れていましたから、まさかあんなだとは・・・私も本当に絶句でした。

しかしこんな所に白人社会の身勝手さを見たような思いがします。
自分らは郊外の艦橋の良い所に暮し、下々の事なんか知らん、これでしょうね。

しかし国家ぐるみでの不正で、自分らでは何とも使用が無かったのでドイツの環境当局がアメリカは大丈夫ですかと垂れこんだのが始まりらしいので、そんな面も重傷です。
ヨーロッパには200年位前からドイツ問題と言うモノがあり、特にエリート層を苦しめてきたそうですが、今回もドイツ問題ですね。

それからケチケチ運転との事。大変良い事ですがその反作用でガソリンスタンドがどんどん減っています。
もうピークの三分の一は廃業した筈。
いい面があれば影の部分がある、そんな話ですね。
  1. 2015-09-30 08:33
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

直噴ガソリンエンジンの粒子状物質排出量

国立環境研究所のレポートに、直噴ガソリンエンジン車の粒子状物質排出量の調査報告がありました。

https://www.nies.go.jp/whatsnew/2013/20131216/20131216.html

2013年度の調査ですが、国産の直噴ガソリンエンジン車のPM排出量は、国産のポート噴射ガソリンエンジン車の10倍以上。欧州の直噴ガソリンエンジン車に至っては、日本製直噴ガソリンエンジン車の5倍だそうです。これでも規制値はクリアしているようですが、国産ポート噴射に比べると50倍以上! DPF付きのディーゼル車に比べてもかなり多い。

しかも、テストに使った車は、国産ポート噴射が10万km以上走ったものだったのに対して国産直噴は8000km、欧州直噴は1万km程度とかなり新しい。欧州直噴の排気量が1200cc未満なのでダウンサイジングターボの可能性はありますが、それをさっ引いても新車時から従来のエンジンを相当に上回るPMを排出しているわけです。走行距離を重ねた車で、実走行状態では、ディーゼル車並みに排出しているケースも考えられます。

パリやロンドンの空気が黒っぽくなった原因は、ディーゼルエンジンの普及が影響しているのは間違いないでしょうが、直噴ガソリンエンジンの普及も影響しているのかもしれませんね。
  1. 2015-10-01 10:10
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

VW不正問題で『ドイツが日本企業を猛攻撃する』異常事態が勃発。名指しの罵倒で屍肉漁り認定される
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50468576.html

やっぱり日本のせいにしたいみたいですね。
http://www.moeruasia.net/archives/45519318.html
木村岳史(東葛人)@toukatsujin
独VWの排ガス不正を受けて、同社と世界シェア1位を争うトヨタは、役員会で豊田章男社長が「VWの苦境につけ込む火事場泥棒のようなことは断じてやってはならぬ」と厳命したそうだ。
それがビジネスとして正しいかは別にして、トヨタは収益だけでなく文化面でも一番良い時期にあるのだろうと思った。

  1. 2015-10-01 11:59
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

VWといえば、あのカブトムシ。

でもあの車は、ヒトラーの戦費調達に使われたとか。

貯金箱をもらって、毎週貯金して、積み立てて、自家用車を手に入れよう!
積み立て貯金して、団地に住もう!とか
社会福祉の行き届いた社会の夢で釣ったそうで。

で、積み立てたお金は、踏み倒されたそうです。

そういう経緯がありますから、

国と結託して悪事を働くなんて、創立時からジャン

なんて思いました。


前にもどこかの記事にあったかもしれませんが
キリスト教の宣教師が日本にやってきて、あまりにその思想を体現しているから、反日になった
という経緯と同じに見えます。

しょせん、白人からすれば、白人以外は人に非ず
汝の隣人は、白人限定。それ以外はサル
なのでしょう。

だから、自分たちの都合のいいようにルールを変更して、「無かった事」にして日本いじめするか、
「日本が悪い」に持っていくか。

・・・それだと、どっかの腐海半島ですね。


まあ、どうなることやらです。
  1. 2015-10-01 22:04
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

Re: 直噴ガソリンエンジンの粒子状物質排出量

> 国立環境研究所のレポートに、直噴ガソリンエンジン車の粒子状物質排出量の調査報告がありました。
>
> https://www.nies.go.jp/whatsnew/2013/20131216/20131216.html
>
> 2013年度の調査ですが、国産の直噴ガソリンエンジン車のPM排出量は、国産のポート噴射ガソリンエンジン車の10倍以上。欧州の直噴ガソリンエンジン車に至っては、日本製直噴ガソリンエンジン車の5倍だそうです。これでも規制値はクリアしているようですが、国産ポート噴射に比べると50倍以上! DPF付きのディーゼル車に比べてもかなり多い。
>
> しかも、テストに使った車は、国産ポート噴射が10万km以上走ったものだったのに対して国産直噴は8000km、欧州直噴は1万km程度とかなり新しい。欧州直噴の排気量が1200cc未満なのでダウンサイジングターボの可能性はありますが、それをさっ引いても新車時から従来のエンジンを相当に上回るPMを排出しているわけです。走行距離を重ねた車で、実走行状態では、ディーゼル車並みに排出しているケースも考えられます。
>
> パリやロンドンの空気が黒っぽくなった原因は、ディーゼルエンジンの普及が影響しているのは間違いないでしょうが、直噴ガソリンエンジンの普及も影響しているのかもしれませんね。


そうですね、実は直噴エンジンは昔は理想のエンジンでした。
しかし散々苦労して実用化してみるとそれほど燃費は向上しない、おまけにとんだ伏兵がPM。
これからの推移は分かりませんが、多分これから爆発的に増加はしないでしょう。
ただ良い事はPMは後処理で燃やすことができる、だから深刻な排気ガス問題にはならないと見ています。
(勿論対策は必要ですが)
でもなんだかんだと言っても日本の環境技術は大したモノです。此処まで基礎技術で差がつくともう追いつくのは至難の業かと。
  1. 2015-10-01 22:35
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:taigen さん

> VW不正問題で『ドイツが日本企業を猛攻撃する』異常事態が勃発。名指しの罵倒で屍肉漁り認定される
> http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50468576.html
>
> やっぱり日本のせいにしたいみたいですね。
> http://www.moeruasia.net/archives/45519318.html
> 木村岳史(東葛人)@toukatsujin
> 独VWの排ガス不正を受けて、同社と世界シェア1位を争うトヨタは、役員会で豊田章男社長が「VWの苦境につけ込む火事場泥棒のようなことは断じてやってはならぬ」と厳命したそうだ。
> それがビジネスとして正しいかは別にして、トヨタは収益だけでなく文化面でも一番良い時期にあるのだろうと思った。


VWだけの不正だったら日本叩きが始まるでしょう。最初この報道を見たドイツ人は皆そう思ったと思います。
しかし此れからまだまだ問題が暴露されてくる、そうなった時外国メーカーの問題と言い逃れできなくなるでしょう。
何せお役人までグル、これでは何ともなりません。
それに豊田社長の発言は当然ドイツにも聞こえている筈、日本、日本人は汚い事はしない、こんな事が宣伝されるはずです。
事此処まで至ったら、社会の仕組み全体から見直すくらいの改革が必要でしょうね。
  1. 2015-10-01 22:47
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:勃ちあがれ日本人さん

> VWといえば、あのカブトムシ。
>
> でもあの車は、ヒトラーの戦費調達に使われたとか。
>
> 貯金箱をもらって、毎週貯金して、積み立てて、自家用車を手に入れよう!
> 積み立て貯金して、団地に住もう!とか
> 社会福祉の行き届いた社会の夢で釣ったそうで。
>
> で、積み立てたお金は、踏み倒されたそうです。
>
> そういう経緯がありますから、
>
> 国と結託して悪事を働くなんて、創立時からジャン
>
> なんて思いました。
>
>
> 前にもどこかの記事にあったかもしれませんが
> キリスト教の宣教師が日本にやってきて、あまりにその思想を体現しているから、反日になった
> という経緯と同じに見えます。
>
> しょせん、白人からすれば、白人以外は人に非ず
> 汝の隣人は、白人限定。それ以外はサル
> なのでしょう。
>
> だから、自分たちの都合のいいようにルールを変更して、「無かった事」にして日本いじめするか、
> 「日本が悪い」に持っていくか。
>
> ・・・それだと、どっかの腐海半島ですね。
>
>
> まあ、どうなることやらです。


ヒットラーの件は「それでもドイツ人はヒットラーを選んだ」と言う事だと思います。
第一次大戦後のドイツの苦境、そこへ追い打ちをかけた世界恐慌、全く望みのない世界の中で彼は希望をぶち上げたのです。
確かにヒットラーのユダヤ人迫害・虐殺は許されませんが、戦後のユダヤ人主導の世界観もまた問題ではないでしょうか。
これは日本が一方的にアメリカに戦争を仕掛け、アジアを侵略した、こんな反日史観と同じだと思えます。

アメリカは20世紀を通じて大きな間違いを犯しました。最大の間違いは共産主義を夢の世界と信じ込んだところでしょう。
そのためスターリンの大虐殺や毛沢東の大殺戮があったのですから。

キリスト教の宣教師が反日になる、確かに同感です。
その最たるものが外国人特派員連中ですね。

そう言う意味では日本の戦争はこれからも続くと思っています。
VW不正問題ではこれからも日本は難しい立ち回りが必要ですが、日本人の信じる正義の旗を高く掲げていきたい所です。
  1. 2015-10-02 05:39
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない

地球温暖化の原因を二酸化炭素だとしたのは、欧米の無能な学者と拝金主義の経済人です。
地球温暖化の原因が二酸化炭素でないことは、小学校低学年レベルの知識で説明できます。
「虫眼鏡で日光を集める」実験をしたことは、誰でも経験済みだと思われます。
この時、「黒い紙は燃え、白い紙は燃えない」となったはずです。
二酸化炭素は無色透明で、固体化しても「白」にしかなりません。
つまり、二酸化炭素には太陽エネルギーを蓄える能力が有りません。
しかし、大気汚染物質(煤煙や粉塵など)や水質汚濁物質(合せて、地球環境破壊物質)は、黒か汚い色をしていて、太陽エネルギーを蓄える能力を持っています。
つまり、地球環境破壊物質の排出を抑えることが、地球温暖化の抑制する最大の対策です。
しかるに、ヨーロッパ(特に)の自動車政策は間違っています。
①ディーゼルは、温暖化を促進するPMやNOxの制限が緩い。
②強度を重視するあまり、丈夫で重い車体でなければならいないとしている。これではタイヤや舗装の摩耗粉塵が増大するばかりである。

> しょせん、白人からすれば、白人以外は人に非ず
> 汝の隣人は、白人限定。それ以外はサルなのでしょう。

この考えは歴史的事実から目を背けた味方です。
聖書やコーラン、その他の神話、伝説、伝承などのほとんどは、人類は「土(泥)」から作られたとしています。
これを漢字で表現すると「猿」[犭(獣)、土、口、衣・・・土を捏ねて作られ、口を利き、衣を着た獣]で、大半の人類は「猿」です。

中国の「女媧神話」では蛇女が同様に人類を作っていますが、聖書では、蛇は神が作った生き物の中で最も狡猾な生き物であると言っています。
この蛇は、多くの犯罪を犯しています。
①エデンの園の中央の木の実を最初に盗んだ。
②女(エバ)に同じ犯罪を勧めた。
③猿(漢族のこと。区別する為に、「豚猿」と記す)を作った。
この犯罪が発覚して、蛇は猪(豚)にされたのは、聖書などを注意深く解読すると判ります。

イスラム教で「悪しきもの(犯罪者)」として、「サル」と「ブタ」が挙げられています。
特に「豚肉禁止」は「豚肉を食べることを禁止」されていると、曲解されていますが、実際には、豚猿の交際と婚姻も禁止されていると解釈しないと辻褄が合いません。
「ブタとの交際」により、豚猿の邪な思想が入り、犯罪が増加します。
「ブタとの婚姻」により、豚猿の邪悪な血が混ざり、己の子孫の血が穢れたものになります。

  1. 2015-10-02 16:22
  2. URL
  3. 時の旅人 #t50BOgd.
  4. 編集

Re: 地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない

> 地球温暖化の原因を二酸化炭素だとしたのは、欧米の無能な学者と拝金主義の経済人です。
> 地球温暖化の原因が二酸化炭素でないことは、小学校低学年レベルの知識で説明できます。
> 「虫眼鏡で日光を集める」実験をしたことは、誰でも経験済みだと思われます。
> この時、「黒い紙は燃え、白い紙は燃えない」となったはずです。
> 二酸化炭素は無色透明で、固体化しても「白」にしかなりません。
> つまり、二酸化炭素には太陽エネルギーを蓄える能力が有りません。
> しかし、大気汚染物質(煤煙や粉塵など)や水質汚濁物質(合せて、地球環境破壊物質)は、黒か汚い色をしていて、太陽エネルギーを蓄える能力を持っています。
> つまり、地球環境破壊物質の排出を抑えることが、地球温暖化の抑制する最大の対策です。
> しかるに、ヨーロッパ(特に)の自動車政策は間違っています。
> ①ディーゼルは、温暖化を促進するPMやNOxの制限が緩い。
> ②強度を重視するあまり、丈夫で重い車体でなければならいないとしている。これではタイヤや舗装の摩耗粉塵が増大するばかりである。
>
> > しょせん、白人からすれば、白人以外は人に非ず
> > 汝の隣人は、白人限定。それ以外はサルなのでしょう。
>
> この考えは歴史的事実から目を背けた味方です。
> 聖書やコーラン、その他の神話、伝説、伝承などのほとんどは、人類は「土(泥)」から作られたとしています。
> これを漢字で表現すると「猿」[犭(獣)、土、口、衣・・・土を捏ねて作られ、口を利き、衣を着た獣]で、大半の人類は「猿」です。
>
> 中国の「女媧神話」では蛇女が同様に人類を作っていますが、聖書では、蛇は神が作った生き物の中で最も狡猾な生き物であると言っています。
> この蛇は、多くの犯罪を犯しています。
> ①エデンの園の中央の木の実を最初に盗んだ。
> ②女(エバ)に同じ犯罪を勧めた。
> ③猿(漢族のこと。区別する為に、「豚猿」と記す)を作った。
> この犯罪が発覚して、蛇は猪(豚)にされたのは、聖書などを注意深く解読すると判ります。
>
> イスラム教で「悪しきもの(犯罪者)」として、「サル」と「ブタ」が挙げられています。
> 特に「豚肉禁止」は「豚肉を食べることを禁止」されていると、曲解されていますが、実際には、豚猿の交際と婚姻も禁止されていると解釈しないと辻褄が合いません。
> 「ブタとの交際」により、豚猿の邪な思想が入り、犯罪が増加します。
> 「ブタとの婚姻」により、豚猿の邪悪な血が混ざり、己の子孫の血が穢れたものになります。


初めまして、コメント有難うございます。
最初に地球温暖化は炭酸ガスが原因ではない、これは間違いありません。
では原因は何か、これについてはこのブログで色々書いています。カテゴリーで「気候変動」で見てください。沢山出てきます。
一言でいえば地球規模での気候変動の主原因は太陽活動です。但し一般の人が感じる温暖化には都市化も加わります。

気候変動による温暖化は江戸時代末頃から約150年続いた長期傾向です。しかし1998年をピークに横ばいから僅かずつ下降傾向。ですからこの百年蔵院傾向を見ると間違いなく温暖化しています。これが温暖化詐欺の成り立つ所以。
例えば日本全国の平均で言えばこの百年間で約1度上昇。しかし大都市では都市化で更に1度上昇。徳の東京に至っては都市化で2度上昇。合計では百年前と比べて3度上昇しています。
これが皆さんの感じる温暖化の正体ですね。

それから欧州のディーゼル問題は実に深刻です。そんな凄い所をロンドン滞在の方の話も交え書いてみました。ご参考になるかと思います。

今後とも宜しくお願いします。
  1. 2015-10-02 17:18
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない

僭越ながら補足させていただきます。
手元に資料が無いので、言葉だけで不十分になることを、ご容赦下さい。

炭酸ガスは可視光に於いては無色透明ですが、特定の赤外線を吸収することが知られています。
太陽熱で暖められるのではなく、地球から赤外線で放出される輻射熱を吸収して熱を閉じ込めます、いわゆる温室効果というものです。

幾つか反証がある中のメディアで取り上げられない2例を上げます。
1.温暖化が問題になる以前に、人工衛星で宇宙空間から地球を撮影した結果を解析すると、炭酸ガスで吸収される波長の赤外線は殆ど観測されてません。
そもそも温室効果は既に地球の気候に織り込み済みであるということ。
2.地球上の炭素は、石灰岩に炭酸カルシウムという形で固形化されているものが最も多いのです。石灰岩が風化して水に溶ける際に炭酸ガスを放出します、またマリンスノーとして沈降して次の石灰岩の原料を作りつつあります。極めて遅い反応ですが量が膨大ですので、地球上の炭素循環の半分以上を占めると言われています。
つまり人為的少々放出しても炭素循環に与える影響は微々たるものであると。

全く影響が無いわけではありませんが、真面目に計算すると炭酸ガスによる影響は皆無、それよりも太陽活動の変化の方が遥かに影響が多いのではないかと理解しています。
海水表面温度が僅かに上昇すると、海面から炭酸ガスが放出されるので、温暖化と炭酸ガス濃度のどちらが原因でどちらが結果なのかは不明です。

自動車とは関係ない話ですいません。
  1. 2015-10-02 18:27
  2. URL
  3. fcq821 #/lkjinTE
  4. 編集

日本の技術者には感謝です

昭和45年(1970年)の大晦日、中学三年の初詣の時にトヨタセリカ(初代)を見て驚きました。日本車離れのプロポーション、とにかくカッコいい。
それが昭和50年の排ガス規制で触媒やらなにやらを収めるためホイールベースを延長、バランスが悪くなりました。昭和50年、51年の排ガス規制車はカタログ上の馬力は従来通りでも実際にはまったくダメでした。

1981年(昭和56年)は第二次オイルショックでガソリン1リットルが180円まで高騰、それでリッターカーの日産マーチに乗ってみると街乗りでも高速でもリッター20kmは走る。東名高速の登りでは昭和50年、51年規制のフェアレディーZがズルズル後退していく。排ガス規制が本格化してたった5年でリッターカーが51年規制当時のスポーツカーを凌ぐほど技術の進歩は早かった。

当時のドイツというか欧州の排ガス規制は日本の十年遅れ。徳大寺有恒氏をはじめとする自動車評論家は排ガス規制のない(ゆるい)欧州車の走りを絶賛しています。日本人はみな不満はあれど、将来を信じて、性能の落ちたクルマでも我慢して乗り続けました。その結果が日本車のクリーン化を加速しました。

子供の頃は、排気ガスの青白い煙とガソリン臭さが魅力でしたが、今のクルマではどちらもありえません。ちょっと寂しい気もします。

  1. 2015-10-03 02:49
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

To:fcq821 さん

> 僭越ながら補足させていただきます。
> 手元に資料が無いので、言葉だけで不十分になることを、ご容赦下さい。
>
> 炭酸ガスは可視光に於いては無色透明ですが、特定の赤外線を吸収することが知られています。
> 太陽熱で暖められるのではなく、地球から赤外線で放出される輻射熱を吸収して熱を閉じ込めます、いわゆる温室効果というものです。
>
> 幾つか反証がある中のメディアで取り上げられない2例を上げます。
> 1.温暖化が問題になる以前に、人工衛星で宇宙空間から地球を撮影した結果を解析すると、炭酸ガスで吸収される波長の赤外線は殆ど観測されてません。
> そもそも温室効果は既に地球の気候に織り込み済みであるということ。
> 2.地球上の炭素は、石灰岩に炭酸カルシウムという形で固形化されているものが最も多いのです。石灰岩が風化して水に溶ける際に炭酸ガスを放出します、またマリンスノーとして沈降して次の石灰岩の原料を作りつつあります。極めて遅い反応ですが量が膨大ですので、地球上の炭素循環の半分以上を占めると言われています。
> つまり人為的少々放出しても炭素循環に与える影響は微々たるものであると。
>
> 全く影響が無いわけではありませんが、真面目に計算すると炭酸ガスによる影響は皆無、それよりも太陽活動の変化の方が遥かに影響が多いのではないかと理解しています。
> 海水表面温度が僅かに上昇すると、海面から炭酸ガスが放出されるので、温暖化と炭酸ガス濃度のどちらが原因でどちらが結果なのかは不明です。
>
> 自動車とは関係ない話ですいません。


温暖化の問題はしばらくエントリーしていませんでしたが、その内に新たな動きがありそうです。
その時最近の動向をエントリーするつもりです。
今しばらくお待ちください。
恐らく東京オリンピックの頃には大騒ぎになっているでしょうが、エントリーはそこまでは待てないのでどうなるかです。
  1. 2015-10-03 10:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

サルの補足説明

「サル」の補足説明をします。
人類の大多数は「猿」であることは、前に説明しましたが、動物の「サル」について、説明が抜けていました。
「動物のサル」は「猨」の漢字を使うのが正しいのです。
「猨」は、「犭(獣)、爪(掴む)、一(木の枝)、ナ(左手)、又(右手)」で、左手の右手で次々と木の枝を掴んで移動する意味になります。
動物は、爪があることにより物をしっかりと掴むことができます。
今後は、正しい漢字を使うようにしたいものです。
  1. 2015-10-03 14:09
  2. URL
  3. 時の旅人 #t50BOgd.
  4. 編集

Re: 日本の技術者には感謝です

> 昭和45年(1970年)の大晦日、中学三年の初詣の時にトヨタセリカ(初代)を見て驚きました。日本車離れのプロポーション、とにかくカッコいい。
> それが昭和50年の排ガス規制で触媒やらなにやらを収めるためホイールベースを延長、バランスが悪くなりました。昭和50年、51年の排ガス規制車はカタログ上の馬力は従来通りでも実際にはまったくダメでした。
>
> 1981年(昭和56年)は第二次オイルショックでガソリン1リットルが180円まで高騰、それでリッターカーの日産マーチに乗ってみると街乗りでも高速でもリッター20kmは走る。東名高速の登りでは昭和50年、51年規制のフェアレディーZがズルズル後退していく。排ガス規制が本格化してたった5年でリッターカーが51年規制当時のスポーツカーを凌ぐほど技術の進歩は早かった。
>
> 当時のドイツというか欧州の排ガス規制は日本の十年遅れ。徳大寺有恒氏をはじめとする自動車評論家は排ガス規制のない(ゆるい)欧州車の走りを絶賛しています。日本人はみな不満はあれど、将来を信じて、性能の落ちたクルマでも我慢して乗り続けました。その結果が日本車のクリーン化を加速しました。
>
> 子供の頃は、排気ガスの青白い煙とガソリン臭さが魅力でしたが、今のクルマではどちらもありえません。ちょっと寂しい気もします。


良くご存知ですね。実は50年、51年規制のクルマはもうどこにもありません。(博物館にあるかどうかぐらい)
余りにも出来が悪く、数年で殆どスクラップにされました。その前の48年規制のクルマが今でもクラシックカーで残っているのにです。
しかし言い訳をさせていただければ、それだけあの規制値は無茶苦茶だったんです。
そしてご指摘の通り真面目に取り組んだ日本だけがその後のエンジン技術をリードする事になった、今回のディーゼル問題でもそれを証明したことになった訳です。

間もなくリコールが始まりますが、リコールで改修したクルマの性能の悪さがまた問題になると思います。
何せ燃費も動力性能も大幅に落ちます。全く走らないのに燃料馬鹿食い、こうなるでしょう。
50年規制のクルマみたいなものです。
恐らくそれを知ったユーザーは改修を拒否するでしょうね。更なる問題が発生しそうです。
  1. 2015-10-03 15:27
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: サルの補足説明

> 「サル」の補足説明をします。
> 人類の大多数は「猿」であることは、前に説明しましたが、動物の「サル」について、説明が抜けていました。
> 「動物のサル」は「猨」の漢字を使うのが正しいのです。
> 「猨」は、「犭(獣)、爪(掴む)、一(木の枝)、ナ(左手)、又(右手)」で、左手の右手で次々と木の枝を掴んで移動する意味になります。
> 動物は、爪があることにより物をしっかりと掴むことができます。
> 今後は、正しい漢字を使うようにしたいものです。


なるほど、興味深い話です。良い勉強になりました。
有難うございます。
  1. 2015-10-03 17:39
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

赤外線と紫外線

>炭酸ガスは可視光に於いては無色透明ですが、特定の赤外線を吸収することが知られています。
>太陽熱で暖められるのではなく、地球から赤外線で放出される輻射熱を吸収し>て熱を閉じ込めます、いわゆる温室効果というものです。

赤外線は、特に遠赤外線は魚などを焼く時に効果的に、魚などの中まで熱が通ることを利用した方法です。
一方、紫外線(UVA、UVB、UVC)によって、特に、夏は皮膚の表面が日焼けします。その理由は、紫外線の光エネルギーは遠赤外線のおよそ300~7,000に達します。
環境破壊物質(煤煙、粉塵など)は極小さな物質です。
つまり、遠赤外線よりも紫外線による影響が遥かに大きので、赤外線の多くは地球外に放出されるため、赤外線による温室効果は気にする必要がないと思われます。
  1. 2015-10-04 08:26
  2. URL
  3. 時の旅人 #t50BOgd.
  4. 編集

Re: 赤外線と紫外線

> >炭酸ガスは可視光に於いては無色透明ですが、特定の赤外線を吸収することが知られています。
> >太陽熱で暖められるのではなく、地球から赤外線で放出される輻射熱を吸収し>て熱を閉じ込めます、いわゆる温室効果というものです。
>
> 赤外線は、特に遠赤外線は魚などを焼く時に効果的に、魚などの中まで熱が通ることを利用した方法です。
> 一方、紫外線(UVA、UVB、UVC)によって、特に、夏は皮膚の表面が日焼けします。その理由は、紫外線の光エネルギーは遠赤外線のおよそ300~7,000に達します。
> 環境破壊物質(煤煙、粉塵など)は極小さな物質です。
> つまり、遠赤外線よりも紫外線による影響が遥かに大きので、赤外線の多くは地球外に放出されるため、赤外線による温室効果は気にする必要がないと思われます。


色々詳細な情報ありがとうございます。
地球温暖化と寒冷化のメカニズムについて、特に最近スベンスマルク効果が研究されています。
1998年にスベンスマルク氏が発表したもので、まだまだ研究屠場ですが太陽活動と宇宙線、そして雲の発生と寒冷化などが極めて良く説明できます。
私も昨年スベンスマルク氏の講演を聞きました。本当に研究途上の理論ですが、此れからやって来るであろう寒冷化の裏付け理論になるでしょう。
温室効果に随分お詳しいとお見受けしましたので、ぜひこちらにも注目していただきたいと思っています。よろしくお願いします。
  1. 2015-10-04 18:05
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する