2015-08-31 23:54

BBCも報道した8.30国会前デモ

 昨日8月30日(日曜日)は国会前で安全保障関連法案に反対するデモが行われた。
私はそれをBBCで見ていたのだが、どうにも違和感一杯である。
先ずはどんな報道だったのか。

これがBBCの報道
http://www.bbc.com/news/world-asia-34101222

此処には動画があるが貼り付けできないので動画は上掲URLで見てください。
ざっと内容を紹介すると

2015-8-31BBC1

この画像の下に「The BBC's Yalda Hakim: "Scenes like these are unprecedented in Japan"」と書いてある。
BBCの看板リポーターYalda Hakim: が"こんなシーンは日本では前例がない"と言っている。

その看板リポーターYalda Hakimとはこんな女性
2015-8-31yalda hakim
アフガニスタン生まれのオーストラリア人、CNNのアマンプールと同じでBBCの看板リポーター・アンカーである。

さて内容は
デモの映像に続いてこんな映像が
2015-8-31BBC2改
はて、ここはカルト集団だったのか??

そしてこんな人のインタビュー、流ちょうな英語で話している。
2015-8-31BBC3改
こんな流暢な英語を話せる人はそう居ない。当然前もって準備されていたであろう。
だからこの女性、”I love Japan”と言っていた。フムフム。

そして
2015-8-31BBC4
首相の顔を銃のターゲットにする。こんな事は日本人はしない。絶対しないのが日本人だ。
考えてみてほしい、大東亜戦争中の1945年4月、アメリカのルーズベルト大統領が死んだ。その時たとえ交戦国と言えども国家元首なので日本は弔意を表している。それが日本人だ。

看板リポーターYalda Hakimねえさんが出てくる
2015-8-31BBC5

そして最後がコレ
2015-8-31BBC6改
しかし何だろう、この不潔感は


所でこのBBCの件を知人と話をしていたらこんな事ではないかと言う。
このプラカードは「戦争させない 9条壊すな 総がかり行動実行委員会」とかいう怪しげなところのモノ。
http://sogakari.com/?p=225

でもここに所属している連中は左巻きがそろっているらしい。そしてこんなプラカードは日教組がデモに参加しろと言って配っているよ、これがそうだ。
そして勿論デモに参加すれば交通費や弁当代が出る。だから相当遠くからでも参加している。こんな話であった。

これが日教組配布のプラカード
2015-8-31国会前デモ用プラカードby日教組

なるほどデモの映像の中に一杯写っている。この人たちは皆さん日教組などから動員されてきた人たちらしい。ご苦労様な事である。
2015-8-31BBC1改


そこでハタと気が付いた。気になる所は

1) デモは日曜日の午後行われた。国会は当然もぬけの殻、誰もいない。
このデモは誰に何を訴えたかったのだろう???

デモに参加した人は空っぽの議事堂の前で叫び、踊り狂っていたと言う事になるぞ!

2) わざわざBBCの看板レポーターを呼び寄せて、しかも英語の堪能な日本人に喋らせている。
オマケに”I love Japan”とまで言わせている。日本人は”I love Japan”等とは言わないぞ、言うなら我が祖国だ!!
一体誰のためにこんな事を言ったんだ???

こんな事でこのデモ、スポンサー様の為にやったデモではないかと思う。
その為に人数確保しやすい日曜日を選び、わざわざBBCの看板レポーターを遥々呼び寄せて取材させた。それが全世界に流されればスポンサー様は大満足アル!、こう言う事だろう。

エッ、じゃあデモ参加者は空っぽの議事堂に向かって騒いでいただけですか・・・、笛太鼓で踊った方がアホだったんですか・・・
と言う訳ではないでしょうか。

そう言えば昔韓流華やかなりしころ、深夜零時から明け方までテレビは韓流ドラマで埋まっていたことがあった。要は見ていたかどうかは関係ない、何時間放送したかが問題だった、だから誰も見ていない時間帯に放映していた。
そんな事と同じことをデモでやっていたと言う事ではないか。

バカバカしい話だがスポンサー様はそれほどお困りになっておられるアル。何とかせねばいけないアル。
そんな事は大事な極秘事項・・・、ばらした短足はしばり首アル・・・、おお怖・・・
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんばんは!
デモの様子を写真で見る限りでは、日本人の色彩感覚からは程遠い汚さ、不潔感を感じます。
日本人も日教組という不潔な人たちが多く参加していたことだしあとは、日本人ではない人たちがほとんどだったのではと思えるような映像です。
それにしても、あんな映像を世界にばら撒き、日本人だと思われるのは本当に迷惑な話です。
いつも、豊富な知識で色々な記事を書いてくださってありがとうございます。

  1. 2015-09-01 02:56
  2. URL
  3. オールドローズ #-
  4. 編集

「レコチャ・サーチナの謎」の答えですね!

 そんなにあの金満大国がお困りだとは、露ほども知りませんでした。これはとても良い傾向・・・ではないですね。気をつけないと、また国富を奪われてしまう恐れがあります。国内の売国勢力は未だに「上海の暴落は経済に影響がない」なんて提灯持ち記事を出しています。恥ずかしい人達です。

 そう言えば、BBCにもあの大国から随分と資金が入っていると聞いたことがあります。人気美人レポーターに日本までお越しいただくなんて、本当に世界中にばら撒いたプロパガンダ対策費は一体幾らなのかと思います。

 でもここまで追い詰めらていると、短足様が書かれていた「ワザと難民を送り出す作戦」をされると困りますね。徐々に分裂して迷惑をかけない国になってくれないでしょうか?
  1. 2015-09-01 07:16
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:オールドローズ さん

> こんばんは!
> デモの様子を写真で見る限りでは、日本人の色彩感覚からは程遠い汚さ、不潔感を感じます。
> 日本人も日教組という不潔な人たちが多く参加していたことだしあとは、日本人ではない人たちがほとんどだったのではと思えるような映像です。
> それにしても、あんな映像を世界にばら撒き、日本人だと思われるのは本当に迷惑な話です。
> いつも、豊富な知識で色々な記事を書いてくださってありがとうございます。


初めまして、コメント有難うございます。
確かにご指摘の通りです。
ある人はこの様子を見て、日本人があんな風に報道されるとは「恥ずかしい」と言っていました。
確かにその通りです。

これからも宜しくお願いします。
  1. 2015-09-01 10:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 「レコチャ・サーチナの謎」の答えですね!

>  そんなにあの金満大国がお困りだとは、露ほども知りませんでした。これはとても良い傾向・・・ではないですね。気をつけないと、また国富を奪われてしまう恐れがあります。国内の売国勢力は未だに「上海の暴落は経済に影響がない」なんて提灯持ち記事を出しています。恥ずかしい人達です。
>
>  そう言えば、BBCにもあの大国から随分と資金が入っていると聞いたことがあります。人気美人レポーターに日本までお越しいただくなんて、本当に世界中にばら撒いたプロパガンダ対策費は一体幾らなのかと思います。
>
>  でもここまで追い詰めらていると、短足様が書かれていた「ワザと難民を送り出す作戦」をされると困りますね。徐々に分裂して迷惑をかけない国になってくれないでしょうか?



中国は壮大なネズミ講をやっているのです。実体経済は架空の数字ばかり、そう理解せねばいけません。
それから中国のプロパガンダ予算ですが、最近良い情報が有りました。
8月30日付読売新聞にジョセフ・ナイ氏の紀行寄稿文が有り、そこに中国の巨額の宣伝費の事が書いてあります。
直近の調査では年間100億ドルを対外宣伝に使っているそうです。日本円なら1兆2千億円以上になりますね。
この数字は似たような数字を以前からっ聞いていますから、まあ信用して良いでしょう。
仮に100億ドルの5%が日本向けだと仮定しても600億円以上ですね。どう見ても凄まじいカネです。


  1. 2015-09-01 14:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

先日、中公文庫でかつての中公新書の名著「プロパガンダ戦史」が再刊されました。何しろアマゾンでは中古で9722円なんて値段がついてる本です。

筆者はかつて日の丸アワーという対米軍のプロパガンダ放送をやっていた人物でその方面の専門家です。同じ筆者の「日の丸アワー」もありますがプロパガンダ戦史で示されていた理論との乖離が大きくこちらはそれほどの人気はありません。

なぜこんな話をしたかというと、プロパガンダ戦史の中で英国の諜報は完全な謀略であると述べられてるからです。そしてBBCの報道もその一環である。とかかれています。

つまり冷静な客観報道を続けるBBCは大戦当時から枢軸国側からも信用されていたのですがこれもまた彼らの手段であるとしています。時間と費用をかけ、相手に信用させてここぞという時に信用されやすい嘘をカマして敵を陥れるという手段だというのです。

まあ日本の反政府派のデモなんて、特別な懸案のない今の日英関係ではほとんど意味が無いことですし、反政府派が呼んだから行っただけというのがおそらくは正解なんでしょうが、BBCがこういう報道をやってるということは当事者の間ではどういうことかを考えたほうがいいだろうという気もします。

おそらく後から「あの時はなぜあんな報道したんだ」と問われた所で「我々だって間違えることはあるさ」と軽くいなされるのがオチでしょうから、よほど考えねばいけないと思います。

この放送が世界、特に英米圏でどう見られるかですが、いろいろな実方はできると思います。日本のサヨクってなんて馬鹿なんだ、という感想を持たれるか、ああいう馬鹿でも取り上げるというのは連中にシンパシーを持ってるのか、とかいろいろな感想はあるでしょうね。
それもまた連中の狙いかもしれません。

ただ香港情勢がらみで支那は完全に英国を敵に回してるはずですからこの辺りが基本なのでしょうか。まあ、わかりやすい奴らではないですね。
  1. 2015-09-02 01:34
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> 先日、中公文庫でかつての中公新書の名著「プロパガンダ戦史」が再刊されました。何しろアマゾンでは中古で9722円なんて値段がついてる本です。
>
> 筆者はかつて日の丸アワーという対米軍のプロパガンダ放送をやっていた人物でその方面の専門家です。同じ筆者の「日の丸アワー」もありますがプロパガンダ戦史で示されていた理論との乖離が大きくこちらはそれほどの人気はありません。
>
> なぜこんな話をしたかというと、プロパガンダ戦史の中で英国の諜報は完全な謀略であると述べられてるからです。そしてBBCの報道もその一環である。とかかれています。
>
> つまり冷静な客観報道を続けるBBCは大戦当時から枢軸国側からも信用されていたのですがこれもまた彼らの手段であるとしています。時間と費用をかけ、相手に信用させてここぞという時に信用されやすい嘘をカマして敵を陥れるという手段だというのです。
>
> まあ日本の反政府派のデモなんて、特別な懸案のない今の日英関係ではほとんど意味が無いことですし、反政府派が呼んだから行っただけというのがおそらくは正解なんでしょうが、BBCがこういう報道をやってるということは当事者の間ではどういうことかを考えたほうがいいだろうという気もします。
>
> おそらく後から「あの時はなぜあんな報道したんだ」と問われた所で「我々だって間違えることはあるさ」と軽くいなされるのがオチでしょうから、よほど考えねばいけないと思います。
>
> この放送が世界、特に英米圏でどう見られるかですが、いろいろな実方はできると思います。日本のサヨクってなんて馬鹿なんだ、という感想を持たれるか、ああいう馬鹿でも取り上げるというのは連中にシンパシーを持ってるのか、とかいろいろな感想はあるでしょうね。
> それもまた連中の狙いかもしれません。
>
> ただ香港情勢がらみで支那は完全に英国を敵に回してるはずですからこの辺りが基本なのでしょうか。まあ、わかりやすい奴らではないですね。



なるほど、面白そうな本ですね。
まあ何せイギリスは007の国ですから、色んな謀略は当たり前なんでしょう。
ただ今回のBBCの報道、動画を見ると分かるのですが、最初に出てきたのが変な格好をしてタイコを叩いていたおばチャン。
最後が薄汚い服装で叫んだりサックスを吹いたりしているニイチャン。
こんな所にBBCの皮肉が込められているのではないかと思っています。なんだ、日本も可笑しな奴らばかりじゃないか、そう見えますのでね。
案外BBCは腹の中ではペロッと舌を出していたのではないでしょうか。
但し国際ニュースとしては丁度大きなニュースが色々有った、だから見ていて日本のデモは印象が薄かったです。
だからBBCが報道したからと言って国際的には習近平ちゃん以外には大してインパクトは無かったでしょう。
  1. 2015-09-02 10:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する