2015-08-24 18:23

天津爆発事故のレポート

  8月19日に天津爆発事故についてエントリーした。
天津爆発事故、悲劇の必然 <福島 香織さんの記事です
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1148.html


そこへ損保ジャパンから非常に良いレポートが出た。
大変参考になるので紹介したい。

天津爆発事故の状況
損保ジャパン 鈴木拓人氏他1名 
http://www.sjnk-rm.co.jp/publications/pdf/r137.pdf

尚このレポートはコピーできないので、詳細は上掲リンク先参照ください。

事故の状況やその原因など、実に簡潔にまとまっています。
そして日本でも大いに参考になると思います。


その中でも興味深いのはこんな大爆発の原因の考察。
色んな可能性を言及しつつも多分これだろうと言っているのが硝酸アンモニウム。
そんな事で該当記事の要点をスクリーンショットで紹介します。

最初に驚くのが中国の事故の多さ

2015-8-24天津爆発事故レポート0

そしてこれがこの爆発の一番大きな要素の硝酸アンモニウム

2015-8-24天津爆発事故レポート1

硝酸アンモニウムの事故事例

2015-8-24天津爆発事故レポート2

この事例の一番下のドイツのケース、死者も凄いがこの時出来た穴は直径約百メーターとのこと。
今回の天津の爆発事故も出来た穴の直径は約百メーターと報道されているので、良く似ているのではないだろうか。

そしてこれが結論

2015-8-24天津爆発事故レポート3

8月19日のエントリーにfcq821さん、kazkさん始め皆さんから貴重なコメントを頂きましたが、特にお二方のご意見は正鵠を射ているように感じます。

そして最後の結論の部分で、日本でもこんな危険物に関しては「ハード面、ソフト面」での安全管理の見直しが必要と言っています。
私はこの点は確かにその通りなのだが、企業でも地方自治体でもそうだが、その組織全部の問題としてトップから取り組んでほしいと思っています。
具体的には
例えば経理マンには「事故を防ぐために経理としてカネの面でどうこの問題を対策するか」こんな見方で考えて欲しいと思っています。これが出来れば安全な企業が出来る、安心して働ける、こう思っています。、

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

けっこう物騒な話ですが、硝酸アンモニウムにニトロメタンを適量加えると信管で爆発します。面倒なブースター類が要りません。これはアメリカのオクラホマの連邦ビル爆破事件に使われたものだといいます。
短足様ならニトロメタンで出所はピンとくるでしょう。

大昔の東アジア反日武装戦線の三菱重工ビル爆破事件は硝酸アンモニウムを使ったンホ火薬が主成分でした。こちらはガソリンを加えたと言われてますが詳しいことは知りません。

ただ硝安は結構な危険物なんです。こんなことは普通は知られてないですが案外重要でしょう。
  1. 2015-08-25 13:03
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazk さん

> けっこう物騒な話ですが、硝酸アンモニウムにニトロメタンを適量加えると信管で爆発します。面倒なブースター類が要りません。これはアメリカのオクラホマの連邦ビル爆破事件に使われたものだといいます。
> 短足様ならニトロメタンで出所はピンとくるでしょう。
>
> 大昔の東アジア反日武装戦線の三菱重工ビル爆破事件は硝酸アンモニウムを使ったンホアンホ火薬が主成分でした。こちらはガソリンを加えたと言われてますが詳しいことは知りません。
>
> ただ硝安は結構な危険物なんです。こんなことは普通は知られてないですが案外重要でしょう。


硝安にニトロメタンですか、知りませんでした。
でも硝安が結構危険なものであることは以前はよく聞きました。最近は慣れすぎてきたのかもしれません。

今こんなコメントを読んでいて中国の爆発は多分こうだったんだろうなあとぼんやり考えています。
つまりkazkさんのコメントの内容は難しすぎてシナ人には理解不能。こんな問題が底辺にあるのだなあと。
日本人は学校で倣う事だけでなく毎日新聞を読んで色んな知識が教養として身についている。
しかしシナ人にはそんな基礎的知識が無く、第一漢字が読めるんかいな、そんな事まで考えさせられます。
  1. 2015-08-26 02:39
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する