2015-07-06 17:46

新幹線用ガードレール<追記あり

 6月30日の東海道新幹線放火事件は色んな意味で考えさせられた。
所も有ろうに新幹線の中で可燃性の油をまいて自殺する、正に前代未聞の事件だった。
最初に巻き添えで命を落とした方、心よりご冥福をお祈りいたします。

そしてこの事件の報道が「新幹線安全神話崩壊」だとか「JR東海の対応の問題」とか、とにかく人を貶める報道が溢れている事に強い憤りを覚えるのだ。
冷静に対応し消火活動をしたJR職員の方の責任感溢れる行動だとか、可燃性の油で放火されても燃え広がらない優れた難燃性の車体、そして消火後駅まで自走できる堅牢さ。どれをとっても称賛に値するのだが、そんな話が有っただろうか。

* コメント欄にこんな情報が有りましたので追記します。
火災発生と分かった時の運転士のとった行動
「事故現場はトンネルの続く区間で有った為、運転手のとっさの機転でブレーキをかけた後に加速してトンネル内での停止を避けられた」、こんな事が7月7日に報道されたようです。流石新幹線、すばらしいです。


さてこれからが本題。
日本の新幹線の安全性を陰で支えるモノがある事を紹介したい。
ガードレールである。新幹線用のガードレールが有ると言うのが今日のテーマ。

ガードレール?? そんなモノ道路に設置すヤツだろ、それと新幹線とどんな関係があるんだ。そう思われる方が多いと思うのだが、実は道路のガードレールにも新幹線用がある。
そしてこれからタイにも高速鉄道を輸出するのだが、恐らくタイ人にはガードレールに新幹線用が有るなど全く想像もつかない話だろう。

さてその前にこんなお笑いの話を。
これはminaQさんの所で見かけたのだが、韓国釜山で「糞尿収集車」が高速鉄道の線路の落っこちた、そんな話が有る。

釜山では線路に糞尿収集作業車が転落
http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13396257.html

詳細は上掲リンク先を見ていただくとして、どんな状況か写真で

2015-7-6糞尿収集車転落1
何と落ちたのは3台、糞尿収集車は20トンもあるらしい、でっかいものだ。それがブレーキがしっかりかけてなかったと見えて他の2台を道ずれに転落。
正にヤケクソ事故と言う所。

そして
2015-7-6糞尿収集車転落2
下から見るとこんな風。上の道路には柵は有るがこんな大きなトラックがぶつかれば簡単に壊れてしまう。
人間が落ちない程度の簡単なものだ。

2015-7-6糞尿収集車転落3

そして下の鉄道は高速鉄道も走る。若しこんなモノが上から落ちてきたらトンデモナイ大事故間違いなし。
高速鉄道がクソまみれ・・・ こりゃ話にもならんのだが・・・
(注:線路が複線でなく三線になっている。多分TGVと同じ規格だと複線と言っても単線を二本並べた構造、一本の線がどちら方向にでも走行可能な方式(日本的には逆走可能ということ)なので、多分ここもそうなっているのだろう)


しかし新幹線50年でこんな事故など聞いた事が無いと思う。
そこでこんな写真を見てほしい。(以下3枚の写真はグーグルアース、ストリートビューです)

2015-7-6大府市北山のストリートビュー(下を新幹線)

愛知県大府市のとある街角の写真。一見何の変哲もない街角に見える。しかし中央の黄色いシャツの子どもの向こう側、ガードレールが2段になっているのがちょっと不思議と言えば不思議。

この写真の所を上から見るとこんな風
2015-7-6大府市北山のgu-gurua-sushashinn (下を新幹線)

交差点の真下に鉄道の線路が・・・ 実はこれ東海道新幹線である。
そのため万一にも自動車が新幹線の上に落ちてこない様、ガードレールがこんな2段重ねの頑丈なものになっている。

更にこの交差点から右手方向、新幹線沿いの道路を見てみると
2015-7-6大府市北山のgu-gurua-sushashinn 2(下を新幹線)

新幹線沿いは全部こんな風。
まかり間違っても冒頭あげた韓国釜山の事例のように、線路の上に自動車が落ちてくる、こんなことの無いようになっている。


そのガードレールの規格にチャンとそう決められている。
これはガードレールの規格から
http://www.sba-japan.com/seihin/kijun2.html
2015-7-6新幹線用ガードレール


新幹線の安全のためにこんな所まで気を配っている。そんな事例なのだが、こんなモノを輸出するとどうなるだろうか。

これは先日も紹介したタイの鉄道の踏切の様子
2015-3-16タイの鉄道踏切番小屋

踏切には一応踏切番がいる。しかしそれ以外の安全柵などは無い。
此れがタイの常識である。
そんな所に「2段のガードレールで高速鉄道を守ろう」、こんな考え方を定着させるのである
こんな仕事だが、是非ともそれをJRの皆さんもやり遂げてほしい。それが日本の未来を切り開くもとになるのだと思っています。
  1. 鉄道
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

こんばんは。

日本は明治5年の鉄道開業以来、数々の事故を経験してそれらを教訓にして今日の高頻度多量かつ定時安全輸送を確立しました。これをいきなりタイ等に実行させることは多大な困難を伴うでしょうが、担当される方々には根気強く頑張って頂きたいものです。
ところで、記事中の写真に転落したバキュームカーのすぐ横を列車が走っていますが、日本ではまず転落車をどけて施設の安全を確認してからでなければ、例えとなりの線路でも列車を走らせることはありません。このあたりが鉄道先進国とそうでない国との境でしょう。
速度だけが鉄道の実力ではありません。
  1. 2015-07-06 21:14
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

 ガードレールが何故必要か?から始めるのは、どれだけ大変かもう想像が出来ません。海外で仕事をするというのは、そういうご苦労があるのですね。これからオールジャパンの体制で、各国にインフラの輸出をなさる方々のご苦労がしのばれます。
  1. 2015-07-06 23:14
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

To:koguma さん

> こんばんは。
>
> 日本は明治5年の鉄道開業以来、数々の事故を経験してそれらを教訓にして今日の高頻度多量かつ定時安全輸送を確立しました。これをいきなりタイ等に実行させることは多大な困難を伴うでしょうが、担当される方々には根気強く頑張って頂きたいものです。
> ところで、記事中の写真に転落したバキュームカーのすぐ横を列車が走っていますが、日本ではまず転落車をどけて施設の安全を確認してからでなければ、例えとなりの線路でも列車を走らせることはありません。このあたりが鉄道先進国とそうでない国との境でしょう。
> 速度だけが鉄道の実力ではありません。


確かにご指摘の通りですね。
今回の事件で海外、特にフランスとドイツは「ガソリンをまいて火をつけられてもあれだけの被害で済んだ、どれだけ日本は凄いんだ」、こんな風に見ていると思います。
鉄道は確かに速度だけではないですね。
  1. 2015-07-07 09:51
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:都民です さん

>  ガードレールが何故必要か?から始めるのは、どれだけ大変かもう想像が出来ません。海外で仕事をするというのは、そういうご苦労があるのですね。これからオールジャパンの体制で、各国にインフラの輸出をなさる方々のご苦労がしのばれます。


そうなんです。
でもこんな事を次の世代に引き継いでいかねばいけない。
子どもさんがみえたら是非そんな話を聞かせてあげてほしいと思います。
子どもたちがきっと目をキラキラさせて聞いてくれるのではないかと。
  1. 2015-07-07 09:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

 なるほどこれを見て初めて新幹線が無事故で走る事の意味が解りまし。
 本当に何から何まで安全に配慮して、それを可能にする技術を積み重ねなければならないのですね。

 車両だけパクっても、他がついて行かないわけです。

 しかしこれを見ると余りに高度で、タイやベトナムでは無理じゃないかと心配になります。

 と言うより、いきなり新幹線ではなく鉄道全体の近代化を行った方が、経済的にも技術的にも無理がなく、経済効果も大きいのでは?と思ってしまいます。
  1. 2015-07-07 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  なるほどこれを見て初めて新幹線が無事故で走る事の意味が解りまし。
>  本当に何から何まで安全に配慮して、それを可能にする技術を積み重ねなければならないのですね。
>
>  車両だけパクっても、他がついて行かないわけです。
>
>  しかしこれを見ると余りに高度で、タイやベトナムでは無理じゃないかと心配になります。
>
>  と言うより、いきなり新幹線ではなく鉄道全体の近代化を行った方が、経済的にも技術的にも無理がなく、経済効果も大きいのでは?と思ってしまいます。


有難うございます。
こうして比べてみると、事故の実例とそれを未然に防ぐことを考えて作ったものとの違いが分かる。
但しその分コストがかかるのをどう見るか、そんな事まで考えないといけないですね。

御心配のこんな高度な事を発展途上国に定着させるのは無理ではないか、その意見は良く理解できます。
しかし自動車などではそれを長年やってきました。
アンナ高度なものを作るのですからそれなりの知識・智慧・技術・技能が必要で、そんな事を一つ一つ教えてきました。
私は自分の経験から、「大丈夫、できる。但しムチャクチャ苦労するぞ。そしてできた後まで手を抜けないぞ」、こう言わねばなりません。
本文にも書きましたように、関係する皆さん、」是非頑張ってほしいです。
  1. 2015-07-07 11:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

まともな文明国か否かの差は

相当に大きいものだと思ってます。
そして文明を維持発展できる国は本当は限られた一部にすぎないのでありそれは100年以上前も今もそんなに変わらないのだろうと思ってます。

タイ国の近代化は時間だけならば日本とそう大差はないはずです。
しかるになぜそんな差が出てくるのか。その辺りを考えなければいけません。100年以上かけて出来なかったことをどうやってこれから短時日でやっていくかということを考えねばいけないのです。

近代化出来ない国には皆に多様な言葉があることを思います。
ケンチャナヨ、マイペンライ、アラーアクバル、皆体の良い諦観の言葉でしょう。こういう精神があるかぎり近代化はダメだと思ってます。

教えられれば教えられたことはできるでしょう。しかしそこから先はどうなのか。韓国通の豊田有恒が昔何かに書いてましたが、韓国人の反日は日本人の同化に力に対する彼らの恐怖だというのです。35年であれだけ同化されてしまった。それに対する恐怖が反日だというのです。

近代的な先進国は皆その精神においていい加減な妥協を許さない部分があるのは確かだと思います。その精神がなければ科学や技術を埋めないのだろうと思ってます。
だからいい加減を許すようなことばああるところは近代化が出来ないのだろうと思ってるのです。

  1. 2015-07-07 15:04
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: まともな文明国か否かの差は

> 相当に大きいものだと思ってます。
> そして文明を維持発展できる国は本当は限られた一部にすぎないのでありそれは100年以上前も今もそんなに変わらないのだろうと思ってます。
>
> タイ国の近代化は時間だけならば日本とそう大差はないはずです。
> しかるになぜそんな差が出てくるのか。その辺りを考えなければいけません。100年以上かけて出来なかったことをどうやってこれから短時日でやっていくかということを考えねばいけないのです。
>
> 近代化出来ない国には皆に多様な言葉があることを思います。
> ケンチャナヨ、マイペンライ、アラーアクバル、皆体の良い諦観の言葉でしょう。こういう精神があるかぎり近代化はダメだと思ってます。
>
> 教えられれば教えられたことはできるでしょう。しかしそこから先はどうなのか。韓国通の豊田有恒が昔何かに書いてましたが、韓国人の反日は日本人の同化に力に対する彼らの恐怖だというのです。35年であれだけ同化されてしまった。それに対する恐怖が反日だというのです。
>
> 近代的な先進国は皆その精神においていい加減な妥協を許さない部分があるのは確かだと思います。その精神がなければ科学や技術を埋めないのだろうと思ってます。
> だからいい加減を許すようなことばああるところは近代化が出来ないのだろうと思ってるのです。


確かに文明国、先進国になる国は限られています。本当の意味での先進国はG5だけでしょう。
その原因に言葉があるのも同感です。
私は常々発展途上国の言葉は簡単だ、理由は難しい概念が無いのでそれを表す言葉も無い、そう言っています。

そんな意味でタイなどに高速鉄道など百年早い、そう言いたくなるのも分かりますが、では日本がやらなければそれで良いのか。
困った問題が出てくるのは分かると思います。
そう言う意味で私などは発展途上国で苦労してきたので、それでも出て行かねばならない、こう思っています。

所で話は変わりますが、ケンチャナヨ、マイペンライの話。
日本ではマイペンライはケンチャナヨと同じ意味と理解されていますが、実はこれは大きな誤解。
元はと言えば数十年前、公明な先生がタイに来たときに誤解したのが始まりらしい。そして今でも日本人の間では「マイペンライなどと言う連中はダメだ」、こう言われていますが事実は違います。

以下正しいマイペンライの意味。
マイは英語のノット、ペンは英語のBE動詞、ライはイライラするとか気にすると言った意味です。
だからマイペンライは心配しないでくださいとか、気にしないで、こんな意味です。
具体的には体の調子の悪そうなタイ人に「大丈夫か、気分悪そうだが」と言ったときの返事で「マイペンライ(どうぞご心配なく)、今朝ソムタム(生のカニ入りサラダ)を食べたのでチョット下痢しただけ、もう治ります」、こんな使い方をします。
私がタイに居た間にマイペンライでケンチャナヨと同じ意味で使われたのを聞いた事が有りません。

しかしタイの事を書いた本などに、今でも全く取り違えのマイペンライを言う人がいるのは悲しいです。
私が色んな所で見かけたマイペンライの使用事例はこんな事例、多分何十年か前、高名な日本人が経験したことで、その方が色んな所でその事例を紹介したせいではないかと。
その事例とは、日本人が大事にしていた皿をタイ人メイドが割ってしまった。日本人が「ワー!、大事な大事な皿なのに!!、どうしてくれるんだ!! キャー!!」と激昂した。タイ人がまあそうカッカしないでくださいと言う意味でマイペンライと言った。それを聞いた日本人が益々激昂して「マイペンライだと!だからタイ人はダメなんだ」と益々おこってしまった・・・。
こうでしょうね。
だからタイ人はダメだと言う事例は大抵「皿を割ってもゴメンナサイと言う代わりにマイペンライと言う」、こう言っています。

一寸マイペンライの話が長すぎました。まあそんな事も有ると言う事でご理解を。
  1. 2015-07-07 18:55
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

まさにそれですよ

誤解してるつもりはありません。
ケンチャナヨだって本来は心配しなくて大丈夫ですよ、という意味です。
アラアーアクバルにしても「神の御心のままに」、つまり「なるようにしかなりません」、「心配には及びません」、です。
これらを自分に使ってる限りは問題はありません。それを他人に対して使うとなればどちらにしろ問題が生じるでしょう。

こういう問題を一個一個解決する精神が文明を進歩させる国だと思うのです。問題は次です。皿くらいならばまだいい。これが人の身体や生命ならばどうなるのでしょうか。もしくは人の未来を左右しかねないような財産だったら…

本来はごめんなさい、どうしたら良いでしょうか、となるのが正しいあり方でしょう。そうしない限り進歩はないはずです。そういう精神があるならばタイ国は東南アジアでもっと時間を使えた国です。もっとまともになってたはずです。

小生は現地のタイの人を知りません。だから強いことを言うのでしょうがこれが文明国の尺度だということが分かるかどうかだということです。もしそういう努力が嫌ならば永遠の発展途上国で居るいるしかないでしょう。
  1. 2015-07-07 21:10
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: まさにそれですよ

> 誤解してるつもりはありません。
> ケンチャナヨだって本来は心配しなくて大丈夫ですよ、という意味です。
> アラアーアクバルにしても「神の御心のままに」、つまり「なるようにしかなりません」、「心配には及びません」、です。
> これらを自分に使ってる限りは問題はありません。それを他人に対して使うとなればどちらにしろ問題が生じるでしょう。
>
> こういう問題を一個一個解決する精神が文明を進歩させる国だと思うのです。問題は次です。皿くらいならばまだいい。これが人の身体や生命ならばどうなるのでしょうか。もしくは人の未来を左右しかねないような財産だったら…
>
> 本来はごめんなさい、どうしたら良いでしょうか、となるのが正しいあり方でしょう。そうしない限り進歩はないはずです。そういう精神があるならばタイ国は東南アジアでもっと時間を使えた国です。もっとまともになってたはずです。
>
> 小生は現地のタイの人を知りません。だから強いことを言うのでしょうがこれが文明国の尺度だということが分かるかどうかだということです。もしそういう努力が嫌ならば永遠の発展途上国で居るいるしかないでしょう。


これはタイ人の事だけについてですが・・・
何かミスをしたとき、タイ人は当然「ゴメンナサイ」と言います。この時マイペンライとは決して言いません。
タイ語でゴメンナサイは「コゥー トゥー」と言います。コゥー(何々を乞う) トゥー(罪)です。私は罪を犯しました、ゴメンナサイと言った感じですね。実際に言うときは「コゥー トゥー コゥー トゥー」と続けて言う、或いは「コゥー トゥー ナ カップ」と言います。
タイ時代にはほとんど毎日のように、これは聞いていました。しかしタイ語を聞きなれない人には聞き取りにくい言葉です。

前のコメントの事例では、多分タイ人は言ったけれど日本人が聞き取れなかった、或いはそこに積んであったのが自然に落ちた(だからタイ人は責任が無いと思っている)、どちらかでしょう。
其れともう一つ、この事例ではタイ人はメイドだと思うので90%以上東北のイサーン人(ラオ族)です。当然言葉はイサーン方言=ラオ語=ラオス語です。かなり聞き取りにくいです。

もう一つタイについて日本人の間だけで通用する色んなおかしな話が有ります。
例えばバンコクの日本人が使っているメイドは「アヤさん」と言いますが、このアヤはタイ語ではありません。日本語のバンコク方言です。またチャオプラヤ川をメナム川と永年言われてきましたが、メナムは大きい川と言う意味なので間違いです。
これなども多分昭和30年代頃にタイに来た偉い大学の先生があの川は名前は何かとタイ人に聞いて「メ~ナ~ム」と返事されたのでメナム川と思い込んだ、これが始まりで未だに時々目にします。

私がタイに最初に行った時、タイに詳しい(と称する)人から色んなことを聞きました。
例えばタイ人は残業しないとか、責任感が無いから期限の迫った仕事でも放っておいて帰ってしまうとか。まあ沢山あります。
しかし全く違いました。
ですからマイペンライもそんな伝説の一つかもしれませんね。

最後にタイはもっとまともな国になる可能性があったはずなのにと言う話し。
全く納得です。
そしてその事が私が色々悩み、如何したら少しでもkazkさんが指摘されるようになるか悪戦苦闘した話です。
これ以上は長くなるのでいずれ機会を見てボチボチと・・・
  1. 2015-07-07 23:13
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

アヤさん

 皆さん、いろいろと造詣が深いですね。大変興味のあるコメントです。
 
 私がバンコクに居た時も、アヤとは一体何語?とズ――――と思ってました。今はおそらくインド系の言葉でないかと思ってます。スリランカに駐在していた方はメイドのことをアヤというと言ってました。インド人がお金を持ってタイに移住してきて土地をたくさん買った時があったそうです。今から70年前ぐらいらしいです。その時からインド人がメイドをアヤと呼んできたので、外国人向けのメイドはアヤということになったのではないかと思いました。タイ人家庭のメイドは、メ―バーンですよね。
 
 
  1. 2015-07-08 00:13
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

Re: アヤさん

>  皆さん、いろいろと造詣が深いですね。大変興味のあるコメントです。
>  
>  私がバンコクに居た時も、アヤとは一体何語?とズ――――と思ってました。今はおそらくインド系の言葉でないかと思ってます。スリランカに駐在していた方はメイドのことをアヤというと言ってました。インド人がお金を持ってタイに移住してきて土地をたくさん買った時があったそうです。今から70年前ぐらいらしいです。その時からインド人がメイドをアヤと呼んできたので、外国人向けのメイドはアヤということになったのではないかと思いました。タイ人家庭のメイドは、メ―バーンですよね。



 
スリランカでメイドがアヤですか。
面白い話、有難うございます。

ちょっと調べてみました、スリランカの人口の約7割がシンハラ人で仏教徒、約3割がタミール人でヒンズー教徒ですが、そのシンハラ語にそれらしき言葉が。
シンハラ語でアヤは人とか人々と言う意味ですね。
だからアヤはインド系と言うよりスリランカ系の言葉かもしれません。

タイ仏教は何度かスリランカから上座部仏教の僧侶を受け入れていますので、その辺りかも。
尚スリランカからはタミール人も来ていますが、これはシンガポールやマレーシアにも来ています。
  1. 2015-07-08 14:14
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

語彙

こんにちは。

kazkさんとのコメントのやり取りを拝見していて、ハングルの語彙の話とおなじだな〜・・と思いました。

ハングルを使用している国は、自ら自分たちの言葉の進化、要は「抽象的概念を言い表す造語」「語彙」をやめてしまいましたが、東南アジアの国々は自国の言葉でこれができるのか?ということなのでありましょう。

極めて難しいことではありましょうが、やるしか無いでしょうね。
  1. 2015-07-08 15:05
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

相変わらずの『自国を貶める報道』に虫唾が走る思いをしていましたが、
ウチの母も辟易している様でした。

昨日の報道で「事故現場はトンネルの続く区間で有った為、運転手のとっさの機転でブレーキをかけた後に加速してトンネル内での停止を避けられた」と事実を知り
「運転手さんは咄嗟にこんなことができるなんて偉いねー」などと言っていました


貶める報道をしたら、反発が強かったので、或いは、貶める要素が見つからなくなったので(最初からなかった?)
手のひらを反して報道をし始めたのかもしれません。

「挙げて落とす」のマスゴミ十八番を逆にしただけかもしれませんが。


さて、今回の報道姿勢
「背折り号事件」⇒「福島の事故を貶める」

「某KTXの売り込みが海外で・・・」⇒「新幹線の安全神話(なんじゃそりゃ?)を貶める」

構図が似てますねえ。
  1. 2015-07-08 17:44
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

Re: 語彙

> こんにちは。
>
> kazkさんとのコメントのやり取りを拝見していて、ハングルの語彙の話とおなじだな〜・・と思いました。
>
> ハングルを使用している国は、自ら自分たちの言葉の進化、要は「抽象的概念を言い表す造語」「語彙」をやめてしまいましたが、東南アジアの国々は自国の言葉でこれができるのか?ということなのでありましょう。
>
> 極めて難しいことではありましょうが、やるしか無いでしょうね。


ご指摘の通りだと思います。
そして残念ながら発展途上国で自国の言葉を改良・発展させるのは多分無理でしょう。
私はタイに居ましたがインドネシアも少し分かります。この両国で新しい概念を自国の言葉に変換は無理です。
例えば、
指差呼称と言う言葉が有ります。鉄道などで昔からやっています。
今度高速鉄道を導入する際もこれをキチンと徹底する必要がありますが、こんな言葉はタイに有るとは思えません(聞いた事が無い)。
だから分かっても分からなくても、「shi・sa・ko・sho」と覚えさせるしかありません。

こんな事を前提に高速鉄道という高度なものを作る。多分建設が完了しても誰か日本人が常駐し、運行管理やメンテを管理していかないといけないでしょう。
自動車の組み立て工場で何時まで経っても日本人がいるのと同じだと思います。
  1. 2015-07-08 18:45
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:勃ちあがれ日本人 さん

> 相変わらずの『自国を貶める報道』に虫唾が走る思いをしていましたが、
> ウチの母も辟易している様でした。
>
> 昨日の報道で「事故現場はトンネルの続く区間で有った為、運転手のとっさの機転でブレーキをかけた後に加速してトンネル内での停止を避けられた」と事実を知り
> 「運転手さんは咄嗟にこんなことができるなんて偉いねー」などと言っていました
>
>
> 貶める報道をしたら、反発が強かったので、或いは、貶める要素が見つからなくなったので(最初からなかった?)
> 手のひらを反して報道をし始めたのかもしれません。
>
> 「挙げて落とす」のマスゴミ十八番を逆にしただけかもしれませんが。
>
>
> さて、今回の報道姿勢
> 「背折り号事件」⇒「福島の事故を貶める」
>
> 「某KTXの売り込みが海外で・・・」⇒「新幹線の安全神話(なんじゃそりゃ?)を貶める」
>
> 構図が似てますねえ。


初めまして、コメント有難うございます。
新幹線の運転士がトンネル内で停車するのを避けたと言う事は聞いていましたが、詳しくはそんなだったんですか。
素晴らしい、とっさにそこまで判断できる、流石日本の誇りです。

この逸話は私もブログ本文にも追記させていただこうと思いますので、よろしくお願いします。

最後に指摘されている韓国がらみで日本のモノを貶める、これは本当にひどいです。
マスゴミ浄化は急務ですね。
  1. 2015-07-08 18:54
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する