2015-06-19 23:19

朝鮮のハングル表記

 ハングル談義を色々やってきたのだが、或る方から面白い話を頂いた。
「朝鮮」と同じハングル表記が色々あると言うものだった。
がしかし・・・
他の方からの指摘もあり、誤解が拡散してもいけないので現在私の知る所を書いてみたい。

最初にどんな話かと言うと
「ハングルで表記した文章の理解と発音の一例

釣船の操船で有名な朝鮮人たちの祖先が造船した商船に率先して乗船し商戦に挑戦

チョスンのチョスンで有名なチョスン人たちのチョスンがチョスンしたチョスンにチョスンしてチョスンしチョスンにチョスン」

こんな事で朝鮮と「釣船、操船、祖先、造船、商船、率先、乗船、商戦、挑戦」が同じハングル表記だと言うモノ。

結論は「朝鮮とハングルが同じなのは操船、祖先、造船」でした。(釣船は多分意味が通じない)
以下その概要を説明します。

ベースとした資料
http://ci.nii.ac.jp/els/110006424360.pdf?id=ART0008430592&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1434717788&cp=

この中の「韓国教育用基礎漠字 1,800字のハングルとの対比表」を使いました。

ハングル漢字対比表① :朝、造、祖、操(以上右側)、戦(左側)
2015-6-19ハングル漢字比較戦と造・朝・造・操

ハングル漢字対比表② :先、船、鮮(以上右側)、商(左側)
2015-6-19ハングル漢字比較商、鮮ほか

ハングル漢字対比表③ : 乗
2015-6-19ハングル漢字比較乗

この対比表の①右側、②右側で朝鮮と同じハングルが何かわかります。
「朝鮮とハングルが同じなのは操船、祖先、造船」でした。(釣船については下記参照)
表①左側で戦、表②左側で商、表③で乗のハングルが分かります。

商船、乗船、商戦、挑戦この四つは朝鮮とはハングル表記が異なります。理由は上掲対比表参照。

分からないのは釣船の釣、率先の率、挑戦の挑、これを翻訳ソフトで見てみました。
釣船=조선、率先=[률율슐]선、挑戦=도전となります。
この文字は教育漢字1800文字には含まれないのですが、訳せばこうなると言う事。
これで見ると釣船も朝鮮と同じ発音になる筈ですが、教育漢字に無い言葉なので恐らく意味が通じないと思います。
又率先についても同様ですが、発音が色々あるようです。
挑戦については戦が朝鮮の鮮と違うのですが(上掲対比表①)、挑も朝鮮の朝とは違います。

結論として
朝鮮とハングルが同じ(つまり発音が同じ)なのは「操船、祖先、造船、そして釣船は同じ発音の筈だが多分意味が通じない」と言う事ではないでしょうか。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

 少し主題とずれますが、梅棹忠夫が戦後に漢字廃止論を唱えました。 理由は漢字だとタイプライターが使えず、事務処理が非常に面倒だと言うのです。

 例えば手紙や論文の写しを取るにも、手書きでは非常に大変だと言うのです。
 
 だから漢字を廃止し、平仮名の分かち書きにするべきだと言うのです。 そうすればカナタイプが使えます。

 同音異義語の問題は、漢語を日本語に置き換える事で解決すると考えていました。 その造語をしたいのは「知的怠惰」と言っていました。

 ところで韓国も北朝鮮も、ハングルにしても分かち書きはしていません。
 これじゃ尚更読みにくいでしょう?

 ちなみに古代ローマやビザンチン帝国の碑文も分かち書きじゃないです。 ラテン語ですからアルファベットで書かれているのですが。
 それでラテン語には熟達した専門家にも大変読みにくいのだそうです。

 中世の聖書なども字の隙間なくビッシリと書かれています。

 分かち書きになったのは、かなり後世になってからです。 中世まで紙が貴重品だったから隙間を開ける事を思いつかなかったのかもしれません。 

 それを思うと、分かち書きもそれほど簡単に思いつくようなモノじゃないんですね。 
  1. 2015-06-20 12:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ありがとうございます。
だいぶ減りましたね。同音異義語を強調するために作られた文章でしょうから無理があったのかも。読みが違うものが混ざった理由はわからないですが。
色々気になると勉強したくなってきますねぇ。ちょっとハングル勉強してみようかな。


今のハングルは分かち書きを取り入れていると聞いたのですが公式なものじゃないのかな。
噂で聞く韓国語の現状はあまりに酷すぎて信じたくないレベル。
既にある手法を取り入れるくらいの進化はしていて欲しいかもw
  1. 2015-06-20 16:10
  2. URL
  3. 尖晶石 #G0gcgdPw
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  少し主題とずれますが、梅棹忠夫が戦後に漢字廃止論を唱えました。 理由は漢字だとタイプライターが使えず、事務処理が非常に面倒だと言うのです。
>
>  例えば手紙や論文の写しを取るにも、手書きでは非常に大変だと言うのです。
>  
>  だから漢字を廃止し、平仮名の分かち書きにするべきだと言うのです。 そうすればカナタイプが使えます。
>
>  同音異義語の問題は、漢語を日本語に置き換える事で解決すると考えていました。 その造語をしたいのは「知的怠惰」と言っていました。
>
>  ところで韓国も北朝鮮も、ハングルにしても分かち書きはしていません。
>  これじゃ尚更読みにくいでしょう?
>
>  ちなみに古代ローマやビザンチン帝国の碑文も分かち書きじゃないです。 ラテン語ですからアルファベットで書かれているのですが。
>  それでラテン語には熟達した専門家にも大変読みにくいのだそうです。
>
>  中世の聖書なども字の隙間なくビッシリと書かれています。
>
>  分かち書きになったのは、かなり後世になってからです。 中世まで紙が貴重品だったから隙間を開ける事を思いつかなかったのかもしれません。 
>
>  それを思うと、分かち書きもそれほど簡単に思いつくようなモノじゃないんですね。 


この戦後の漢字廃止論は結構長く言われ続けていました。誰も言わなくなったのはワープロの発明のお蔭です。
これで欧米で当たり前のタイプライターによる手紙、文書の印字が日本語でも出来るようになった。
私も当時の事情を知る一人ですが、当時は「欧米で当たり前だったタイプライターによる文書作成をとうとう日本人も手に入れた」、こう言われていました。
会社で真っ先に飛びついたのが飲み会の案内状とゴルフの案内状でしたね。
私はワープロの出来る前からパソコン(当時はマイコンと言っていた)を触っていましたが、まだかな入力のキーボードも無い時代。アルファベットで入力し、ひらがなを打ち出すソフトをベーシックと言うプログラミング言語で色々やっていたものです。

日本のワープロのお蔭で中国が簡単にワープロが出来るようになった、矢張り日本がアジアの先生なんだと思います。

そしてワープロのお蔭で分かち書きが大変やりやすくなった、これは日本語に限らずですね。
タイの言葉も分かち書きしないのですが、タイ人にタイ語の文書を読ませると、指でなぞって一字づつ読んでゆきます。
日本語は漢字だけの拾い読みが出来ますが、タイ語は全部ひらがなみたいなものなので、全く拾い読みできません。
同じ文書を読ませたら、日本語の文書の5倍以上の時間かけないと読めないですね。

日本の古文書をいろいろ勉強していますが、中世のモノ等漢字仮名交じり文で分かち書きではありませんが、仮名の部分を文字を小さくして明瞭にわかる工夫がしてあります。
日本は手書き文書を木版刷りして居たのでこんな事が出来たんですね。

今皆さんのいろんな意見を聞いていると日本語の漢字仮名交じり文の素晴らしさと、それを支える昔からの教育の仕組みに改めて驚嘆しています。
  1. 2015-06-20 16:23
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:尖晶石 さん

> ありがとうございます。
> だいぶ減りましたね。同音異義語を強調するために作られた文章でしょうから無理があったのかも。読みが違うものが混ざった理由はわからないですが。
> 色々気になると勉強したくなってきますねぇ。ちょっとハングル勉強してみようかな。
>
>
> 今のハングルは分かち書きを取り入れていると聞いたのですが公式なものじゃないのかな。
> 噂で聞く韓国語の現状はあまりに酷すぎて信じたくないレベル。
> 既にある手法を取り入れるくらいの進化はしていて欲しいかもw


この件を調べてみて私が痛感したこと、現代の韓国人は科学技術の難しい事は殆ど理解不能だと言う事です。
その結果が韓国が最近作った巨大プロジェクトの惨憺たる結果に表れている。
例えばウクライナの高速鉄道、インドネシアの製鉄所、いずれも信じられない事故を起こしていますが、最早科学的な事は理解不能だと見ています。
困った事に今から2,30年前の韓国人とは全くレベルが違うんではないか。

何度も何度もアチコチでトラブルを起こして、最後に空中分解。その後に全く新しく出直し。こうしか方法は無いでしょう。
  1. 2015-06-20 17:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

これそう単樹な話じゃないですよ。

ハングルは基本的には漢字一字の読みを一音節として一字で表します。
では誰がその漢字の読みを決めるのか。これが問題なのです。
ハングルのよみを最初に決めたのは朝鮮総督府です。

それまで漢字はどう読んでいたのか、当然漢字を支那人が読んでいたように読んでいたわけです。しかし漢字の読みは時代により、地域により結構変異があります。その上この間の話のように朝鮮語内部での方言の問題があります。だからこれをひと通りに決めるのが結構難儀なのです。

以前にはコメントしましたが日本語の漢字の読みかたは相当に古いものを残してるのですが、例えば表1の全がある読み方はチョンです。これはゼン、セン、テン、デンの読み方をチョンと決めるということになるわけです。同様に朝という字のあるよみがなはチョです。これもチョウ、ゾウ、ジョウ、ソウと読むものをチョと決めたのです。この決め方にはおそらく何らかの合理性はあったと思うのですが、読む方には関係ありません。こんな物ひととおりの決まりっこありません。例えばここの早は支那語では当然ソと読んだ時期があります。租も当然同じこと。これらをソと読んでた人がいたならどうなるか。当然混乱をきたします。

言葉は読み方が先にあリます。書き方は後からついてくるものです。だから李朝あたりが数百年に渡り読み方を公定してきたとでも言うのでなければ混乱をきたすに決まってます。その上読み方に紛れが多いのです。読む方は正しくとも正しく聞き取れるとは限りません。だから朝鮮と、商船とを同じ読みにしてるることだってありうるのだということです。

先日のminaQさんのエントリはその辺りも含んだ混乱だと思います。表意文字主体の言葉を表音文字だけで表すという大問題はこんな所にも出てます。支那語だってこんな混乱は普通にあるでしょうでも表意文字だから何の問題もなくコミュニケートできるのです。

あとこれは彼らの責任ではありませんが朝鮮語の言葉のかなりの部分は和語由来です。日本語は実は漢字の読みにバラエティがないことは知る人は知る事実です。M式キーボードというものがありますがこれは漢字の音読みがほとんど例外がない規則によて決まってることを応用した発明品です。こちらを参照。
http://www.d-tech.jp/research/m_siki.html

読み方が限定的だということは明白です。こういうものを連中は読み方だけで区別しようとしてるのですから結果は最悪です。状況はどんどん悪くなるでしょうね。そのうち国民の間でコミュニケーション不全が怒るだろうと思います。

まあこちらに迷惑がかからなければどうでもいいことですがね。
  1. 2015-06-21 13:01
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

やっぱり文字通り信じられないレベルですね。テレビでしか韓国を知らないような人は信じなくてもしょうがないかも。
私自身、何の漫画の設定?という気持ちが抜け切らない。
呉善花さんが言ってた、『韓国が本当に落ち込むところまで落ち込んで、自力で立ち直ることでしか、新しい道は開かれない。』って言葉もわかる気がする。
  1. 2015-06-21 13:44
  2. URL
  3. 尖晶石 #G0gcgdPw
  4. 編集

Re: これそう単樹な話じゃないですよ。

> ハングルは基本的には漢字一字の読みを一音節として一字で表します。
> では誰がその漢字の読みを決めるのか。これが問題なのです。
> ハングルのよみを最初に決めたのは朝鮮総督府です。
>
> それまで漢字はどう読んでいたのか、当然漢字を支那人が読んでいたように読んでいたわけです。しかし漢字の読みは時代により、地域により結構変異があります。その上この間の話のように朝鮮語内部での方言の問題があります。だからこれをひと通りに決めるのが結構難儀なのです。
>
> 以前にはコメントしましたが日本語の漢字の読みかたは相当に古いものを残してるのですが、例えば表1の全がある読み方はチョンです。これはゼン、セン、テン、デンの読み方をチョンと決めるということになるわけです。同様に朝という字のあるよみがなはチョです。これもチョウ、ゾウ、ジョウ、ソウと読むものをチョと決めたのです。この決め方にはおそらく何らかの合理性はあったと思うのですが、読む方には関係ありません。こんな物ひととおりの決まりっこありません。例えばここの早は支那語では当然ソと読んだ時期があります。租も当然同じこと。これらをソと読んでた人がいたならどうなるか。当然混乱をきたします。
>
> 言葉は読み方が先にあリます。書き方は後からついてくるものです。だから李朝あたりが数百年に渡り読み方を公定してきたとでも言うのでなければ混乱をきたすに決まってます。その上読み方に紛れが多いのです。読む方は正しくとも正しく聞き取れるとは限りません。だから朝鮮と、商船とを同じ読みにしてるることだってありうるのだということです。
>
> 先日のminaQさんのエントリはその辺りも含んだ混乱だと思います。表意文字主体の言葉を表音文字だけで表すという大問題はこんな所にも出てます。支那語だってこんな混乱は普通にあるでしょうでも表意文字だから何の問題もなくコミュニケートできるのです。
>
> あとこれは彼らの責任ではありませんが朝鮮語の言葉のかなりの部分は和語由来です。日本語は実は漢字の読みにバラエティがないことは知る人は知る事実です。M式キーボードというものがありますがこれは漢字の音読みがほとんど例外がない規則によて決まってることを応用した発明品です。こちらを参照。
> http://www.d-tech.jp/research/m_siki.html
>
> 読み方が限定的だということは明白です。こういうものを連中は読み方だけで区別しようとしてるのですから結果は最悪です。状況はどんどん悪くなるでしょうね。そのうち国民の間でコミュニケーション不全が怒るだろうと思います。
>
> まあこちらに迷惑がかからなければどうでもいいことですがね。


確かにご指摘の通り、朝鮮では漢字の読みの「何が正しいのか」が良く分からないですね。
日本語の場合はそれの解決のためにカタカナを作りましたが、そう言った類がない朝鮮語の混乱が相当酷かったんでしょう。
ハングルを作った理由は漢字の読み方を表記するためだった、それは「訓民正音」の原本を見ると分かります。
私は朝鮮の漢字の読み方が可笑しいと中国人(当時は明)からバカにされた、そんな事があったんじゃないかと推測しています。

所でコミュニケーション不全が起こる、これは今まさに起こっている事だと思っています。
「頑迷で噂話にだまされやすい人の作り方」エントリーで、今回のMERS騒動の問題に漢字語が理解できないから「自宅隔離」と言われても、或いは書いたものをもらっても分からない、こんな問題が起こっていると書きました。
私は韓国で最近起こる大プロジェクトの失敗事例、この原因にこれがあるのではないかと睨んでいます。
例えばポスコの高炉事故、高炉を施工した業者はもらった図面が出鱈目で、材料調達にも支障が有ったと言っています。

多分これなどは間違いなくコミュニケーション問題が根底にあるでしょう。
ウクライナの高速鉄道事故もあれだけあちこちに問題があるのですから、矢張り問題の根は同じ。
もう既に国の崩壊は始まっていますね。
  1. 2015-06-22 11:36
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:尖晶石 さん

> やっぱり文字通り信じられないレベルですね。テレビでしか韓国を知らないような人は信じなくてもしょうがないかも。
> 私自身、何の漫画の設定?という気持ちが抜け切らない。
> 呉善花さんが言ってた、『韓国が本当に落ち込むところまで落ち込んで、自力で立ち直ることでしか、新しい道は開かれない。』って言葉もわかる気がする。


私もこの件を調べてみるまで何が何だかさっぱり分かりませんでした。
言葉がわからないとなるとどう対処すべきか、難しい所です。

ただこの件で私はいい経験と思っている事が有ります。反面教師として日本が如何するか、それを考えるネタとして良い題材ではないか。そんな事を考えています。
  1. 2015-06-22 11:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

こちらのほうが便利ですよ

漢字読みがなハングル対照表
http://www.penguin99.com/08_kanji/kanji_ichiran_jp_kr.html
ハングル漢字対照表
http://kajiritate-no-hangul.com/kshanja.html
かなハングル対照表
http://sononi.com/kc/jp/sanko/0010kana_han.html

昔朝鮮の子供がかな書いてハングル憶えた理由がよくわかります。
  1. 2015-06-22 16:37
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: こちらのほうが便利ですよ

> 漢字読みがなハングル対照表
> http://www.penguin99.com/08_kanji/kanji_ichiran_jp_kr.html
> ハングル漢字対照表
> http://kajiritate-no-hangul.com/kshanja.html
> かなハングル対照表
> http://sononi.com/kc/jp/sanko/0010kana_han.html
>
> 昔朝鮮の子供がかな書いてハングル憶えた理由がよくわかります。


おぉ!、良い情報ありがとうございます。
特にかなハングル対照表はとてもよく分かります。
確かにこれを見ると最初にかなを覚え、それでハングルにルビを振る、全く納得です。
  1. 2015-06-22 22:25
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

訓読みがありませんから。

こんばんわ、コメントが遅くなり失礼。

漢字一字一字に大和言葉を割り当てて訓読みを作った日本と、漢字に対するアプローチが異なりますから、日本人が考えるほど便利ではないのだと思います。
翻訳文では漢字と送り仮名になりますが、原文では漢字とは全く関係ない固有語を使っている場合が多く、例えば漢字熟語が多いニュースなどでは字幕と漢字が一致しますが、歌謡曲など固有語が多い場合は字幕と漢字が一致しません。
訓読みで数多くの固有語が残った日本と異なり、その固有語も幾つか漢字語に置き替わって少なくなっているようで、例えば「こんにちは」「さようなら」共用で使われる「アンニョンハセヨ」は「安寧하세요」(安寧ですか)といった具合です。

「國破れて山河在り」といった具合に読み下しができませんから、未知の漢字語に出会ったときの解釈などが、日本人ほど容易ではないということで、漢字を復活すれば同音異義語の問題が解決できるというように単純にはいかず、より深刻な文盲が増える可能性もあります。
呉善花女史のように日本語ができる人は当然読み下しができるので、日本人と同様の視点で考えてしまうのでしょう。

2番目に極めて常識レベルの低い人が多いということが上げられ、今問題になった「隔離」の意味が分からない、「隔てて離す」と読み下しができないこともありますが、そんな読み下しをするまでもなく、学校教育から伝染病と隔離のことは習い、風邪をうつさないようにとか様々な場面で常識となっていますよね。
常識の欠如はデマの広がり方からもうかがい知れ、狂牛病騒動では「ウイルスより小さいから皮膚からも感染する」などと、とんでもないデマが流れていましたし、今回も鼻の穴にワセリンを塗っておくと感染しないだとか。
他方で飛沫感染ばかりに注目して、SARSの時に問題視された、接触感染の予防策として手洗いの推奨が出されたのは随分と経ってからでした、推奨される以前に常識ですよね。
この辺は行政も正確な情報を把握すると共に、常識レベルが低い人が居ることも踏まえて丁寧に説明する必要があるのでしょうが、あの国のお役人様に丁寧を求めるのが無理なところで。

3番目に漢字併記の問題ですが、どこに指示されるわけでもなく、必要だと考えるのであれば新聞社や出版社が勝手に始めれば良いことでしょう、ネットであれば紙面の制限もありませんし。
日本で当用漢字・常用漢字で制約されてはいるものの、出版社が使う写真植字の活字は大正時代に使われた漢字が粗方網羅されています。ですから常用漢字の枠を超えて、JIS第一水準、第二水準が制定できたとも言えます。
漢字が読める人はある程度居るにも関わらず、指示されるわけでなければ、金にもならないことで、余分な手間をかけたくないと言うのが本音なのでしょう。

最後に、多くの問題が発生するのは近代用語ですが、「学校」とか「法律」といった近代用語が無く、外来の言葉に頼るのは何も韓国だけではありません。
例えば「造船」を「船を造る」と読み下せないのであれば、英語由来の「Shipbuilding」と言っても構わないのですが、無意識に日本語由来の漢字語を多用しているから、同音異義語の問題が多く発生するのでしょう。
以前にKTXの関係の新聞記事を探していて「サクジョンが行われいない」という記述があり、辞書にも載っていないらしく訳者も分からないと書いていたのですが、ジョンといえば「正」かな?鉄道用語で「サク正」となると「削正」だろうとなったわけですが、踏面削正せずに歪んだ車輪で300km/hで走るとは怖い話で。
こんな風に安易に漢字語を拝借して整理されていないから意味が通じないと。

以上長くなりましたが、ハングルに関する感想です。
  1. 2015-06-25 03:50
  2. URL
  3. fcq821 #/lkjinTE
  4. 編集

Re: 訓読みがありませんから。

> こんばんわ、コメントが遅くなり失礼。
>
> 漢字一字一字に大和言葉を割り当てて訓読みを作った日本と、漢字に対するアプローチが異なりますから、日本人が考えるほど便利ではないのだと思います。
> 翻訳文では漢字と送り仮名になりますが、原文では漢字とは全く関係ない固有語を使っている場合が多く、例えば漢字熟語が多いニュースなどでは字幕と漢字が一致しますが、歌謡曲など固有語が多い場合は字幕と漢字が一致しません。
> 訓読みで数多くの固有語が残った日本と異なり、その固有語も幾つか漢字語に置き替わって少なくなっているようで、例えば「こんにちは」「さようなら」共用で使われる「アンニョンハセヨ」は「安寧하세요」(安寧ですか)といった具合です。
>
> 「國破れて山河在り」といった具合に読み下しができませんから、未知の漢字語に出会ったときの解釈などが、日本人ほど容易ではないということで、漢字を復活すれば同音異義語の問題が解決できるというように単純にはいかず、より深刻な文盲が増える可能性もあります。
> 呉善花女史のように日本語ができる人は当然読み下しができるので、日本人と同様の視点で考えてしまうのでしょう。
>
> 2番目に極めて常識レベルの低い人が多いということが上げられ、今問題になった「隔離」の意味が分からない、「隔てて離す」と読み下しができないこともありますが、そんな読み下しをするまでもなく、学校教育から伝染病と隔離のことは習い、風邪をうつさないようにとか様々な場面で常識となっていますよね。
> 常識の欠如はデマの広がり方からもうかがい知れ、狂牛病騒動では「ウイルスより小さいから皮膚からも感染する」などと、とんでもないデマが流れていましたし、今回も鼻の穴にワセリンを塗っておくと感染しないだとか。
> 他方で飛沫感染ばかりに注目して、SARSの時に問題視された、接触感染の予防策として手洗いの推奨が出されたのは随分と経ってからでした、推奨される以前に常識ですよね。
> この辺は行政も正確な情報を把握すると共に、常識レベルが低い人が居ることも踏まえて丁寧に説明する必要があるのでしょうが、あの国のお役人様に丁寧を求めるのが無理なところで。
>
> 3番目に漢字併記の問題ですが、どこに指示されるわけでもなく、必要だと考えるのであれば新聞社や出版社が勝手に始めれば良いことでしょう、ネットであれば紙面の制限もありませんし。
> 日本で当用漢字・常用漢字で制約されてはいるものの、出版社が使う写真植字の活字は大正時代に使われた漢字が粗方網羅されています。ですから常用漢字の枠を超えて、JIS第一水準、第二水準が制定できたとも言えます。
> 漢字が読める人はある程度居るにも関わらず、指示されるわけでなければ、金にもならないことで、余分な手間をかけたくないと言うのが本音なのでしょう。
>
> 最後に、多くの問題が発生するのは近代用語ですが、「学校」とか「法律」といった近代用語が無く、外来の言葉に頼るのは何も韓国だけではありません。
> 例えば「造船」を「船を造る」と読み下せないのであれば、英語由来の「Shipbuilding」と言っても構わないのですが、無意識に日本語由来の漢字語を多用しているから、同音異義語の問題が多く発生するのでしょう。
> 以前にKTXの関係の新聞記事を探していて「サクジョンが行われいない」という記述があり、辞書にも載っていないらしく訳者も分からないと書いていたのですが、ジョンといえば「正」かな?鉄道用語で「サク正」となると「削正」だろうとなったわけですが、踏面削正せずに歪んだ車輪で300km/hで走るとは怖い話で。
> こんな風に安易に漢字語を拝借して整理されていないから意味が通じないと。
>
> 以上長くなりましたが、ハングルに関する感想です。


なるほど、面白い話色々有難うございます。
特に最後の「削正」の話は実に興味深い。私も翻訳ソフトでテストしてみました。

日本語で「削正」をハングルに訳すと訳せます。多分「サクジョン」でしょう。
その「サクジョン」を日本語に訳そうとすると何も出てきません。翻訳不能なんでしょう。
考えてみれば日本語で「さくせい」の漢字は「作製、削正、削成、作成、鑿井」と色々あります。
此れでは訳分からないですね。
更に「サクジョン」を「サク」「ジョン」に分け、それぞれハングルから日本語に訳させてみても、カタカナで「サク」「ジョン」と出るだけですね。

これをやってみて分かりました。
韓国人は日本の情報を日本語⇒ハングルに自動翻訳で殆ど翻訳できるので読むことができる。しかし難しい漢字語は読めても意味が理解できない、結局わからないと言う事になる。
典型的な例として民主党政権時代に日本の自衛隊の機密文書3万件が韓国に流出、此処から更に中国に流出した件がある。
中国ではこれを日本語⇒中国語に翻訳解読するのに1年くらいかかったらしい。その結果が色々有るのだが、不思議な事に韓国ではこの情報を解読した形跡が見当たらないという情報がある。
可笑しいなあと思っていたのだが、自動翻訳でハングルにしても意味が理解できないと言う「オチ」になるようです。

更に最近の韓国がらみの外国での問題プロジェクト、これも日本語⇒ハングルで訳した意味不明な用語山盛りの文書を自動翻訳でさらに英訳。此れでは何が何だか分からないのも無理有りません。

こんな所をもう少しエントリーしてみたいと思います。
  1. 2015-06-25 14:30
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する