2015-05-27 22:18

タイの高速鉄道が決まったとの報道

 紆余曲折の末、タイの高速鉄道が日本の新幹線で決まったと報道されている。
嬉しい話である。
と言ってもこの話は高速鉄道だけではない。貨物用の路線もついているのだが日本では報道されない。
そんな事を纏めてみた。

尚参考までに今までのエントリーはこんなモノが有る。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1095.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1093.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1090.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1089.html


最初にバンコク週報の報道から

<以下引用>

タイ鉄道開発計画、日本との覚書を閣議が承認
27/05/2015
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=5703

タイ政府は5月26日の閣議で高速鉄道建設などのために日本との間で取り交わす覚書の内容を承認した。

覚書には、バンコク=チェンマイ間(635キロ)の高速鉄道建設、カンチャナブリ=バンコク=チャチュンサオ=アランヤプラテートを含む路線(574キロ)の複線鉄道建設などで日本側の協力を求めることが盛り込まれている。

このほか、ウィラチョン政府副報道官によれば、タイと日本は、メソット=ピサヌローク=コンケン=ムクダハンをつなぐ718キロの鉄道開発の実行可能性調査も共同で実施する予定という。

<引用終り>

所が日本の報道はと言えば、上掲記事の最初の高速鉄道の話ばかり
参考までにNHK様の報道では

<以下引用>

タイ高速鉄道 日本の新幹線技術活用検討へ
5月27日 0時05分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010092901000.html

日本とタイの両政府は、タイが建設を計画している高速鉄道について、日本の新幹線技術の活用を検討していくとする内容の覚書を交わすことが明らかになりました。
タイ政府は、首都バンコクから北部の観光都市チェンマイを結ぶおよそ700キロの路線で高速鉄道の導入を検討していて、日本に建設面や資金面での協力を求めてきました。これについて、太田国土交通大臣は27日、都内でタイのプラジン運輸相と会談し、今後の協力について覚書を交わすことにしています。NHKが事前に入手した覚書では、「日本とタイはバンコク・チェンマイ間の高速鉄道について日本の高速鉄道の技術と経験を活用し開発を進める」としていて、日本の新幹線技術の活用を検討していくことが明らかになりました。
タイでは、政府の予算不足から、鉄道のほとんどが単線で車両も電化されておらず、大量に速く乗客を輸送できる鉄道の整備が、さらなる経済成長に向けた課題になっています。このためタイ政府としては、最大の投資国である日本からの協力で高速鉄道の建設を進めたい考えですが、建設費は日本円でおよそ1兆5000億円に上るとされ、資金面で日本がどの程度協力するかなど、多くの懸案も残されています。こうしたことから、日本政府は来月にも現地調査を行うほか、タイ政府と緊密に協議を続け、建設に向けた計画を具体化させていくことにしています。

<引用終り>


さてではどのあたりにこの鉄道が敷設されるのだろうか

この図の左上、バンコクーチェンマイ線がその高速鉄道路線
2015-4-2タイの高速鉄道建設計画路線図no2

タイの首都バンコクとタイ第二の都市チェンマイを結ぶ高速鉄道、当初はタイ北部の観光に非常に有意義だろう。
しかしタイ北部はつい120年ほど前まではラーンナー王国と言ってタイ族ながら独立国。現在のチャクリー王朝に併合されたのは1894年なのだ。そして今でも隠然たる勢力を持つタクシンの出身地が此処。だからタイ北部とタイ東北部はタクシンの地盤である。
恐らくこの日本製新幹線はタイの統合・融和の象徴的なプロジェクトになる筈だ。
その意味でタイにとって極めて意義ある高速鉄道ではないかと思う。
バンコクとチェンマイが日帰り圏内になる。タイ北部の産業振興にとても有効な筈だ。


そしてもう一つの路線がコレ
上掲地図でバンコクから横に伸びる路線なのだが見にくいので別の地図を添付しました。
2015-4-5南部経済回廊図

この路線はタイの報道でカンチャナブリ⇔バンコク⇒チャチェンサオ⇔アランヤプラテート(サケオ県)となっている。
しかしこんな辺鄙なところにと思うのだが、狙いは全く違う。
この地図で分かるようにミャンマーのダウエーからタイのカンチャナブリ⇔バンコクを結ぶ路線で恐らく貨物輸送が大部分の筈だ。さらに将来カンボジアのプノンペン、そしてベトナムのホーチミンへとつながる予定なのだ。
インドシナ半島の東西回廊がコレで完成する。
肝心な事はマラッカ海峡を通らない物流ルートが完成する。この意義はとても大きいのだ。

麻生さんが言いだした自由と繁栄の弧がコレで一つ完成する訳だ。


最後にどうしても行っておきたい事。
この路線は恐らくバンコク⇔カンチャナブリが最初に開通すると思う。
そして同時にミャンマー側もダウエーまで開通するはずだ。
そうすると永年まともな物流ルートの無かったミャンマー(ビルマ)とタイが鉄道で結ばれる・・・、そうです、泰麺鉄道です。
オリジナルの泰麺鉄道とは若干ルートは変わったが泰麺鉄道にかわりはない。第三泰麺鉄道になるわけだ。

第三泰麺鉄道??? じゃあ第二泰麺鉄道も有るのか??? 有ったんです。と言う話しはまた別エントリーでアップします。

  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

これは全く別物を作らなくてはダメでしょう

新幹線については以前もコメントしましたが、基本的にこれは先進国が最先進国となるためのものであり決して開発のためのものではないということを忘れてはいけません。

バンコク-チェンマイ間の最重要路線でさえ内容的には日本の昭和20年代以前という気がします。つまりは既存のものの拡張改良が必要だということです。つまりは、複線化と電化です。

更にはタイはメーターゲージのはずですからあの国力技術力で別規格のものを維持できるのでしょうか。仄聞するところでは標準軌に切り替えたいというのが本音の部分のようですよね。今の密度ならばなんとか可能なはずですからそれが先かという気もします。

もしこれをやるならば既存のものを改良する区間と新規に作る区間を別に設定しその両面作戦で行かなければいけません。更には貨物との併存となればこれは新幹線だって経験のない事態です。大型電気機関車の開発や場合によっては電動貨車の開発などしなければならない。全く別物にしなければなりません。

タイ国はその辺りわかってるのでしょうか。日本政府はどうでしょう。
新規の貨物路線はおそらく合衆国並みの高規格の物が必要でしょう。既存の電化では困難なはずです。この辺りどうするのでしょう。

発展途上国はどうも高規格鉄道というものを甘く見てるフシがあります。作るだけなら技術と資金の援助で何とかなりますが、それが役に立つかどうかは完全に別問題です。

この辺りの問題をもう一度詰める必要がある、特のタイ側の技術水準を見て検討する必要があるでしょう。
冷凍庫がない所に最新の冷凍食品を持ち込んでも意味がありません。その場合は缶詰で凌ぐべきなのです。
  1. 2015-05-28 10:42
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: これは全く別物を作らなくてはダメでしょう

> 新幹線については以前もコメントしましたが、基本的にこれは先進国が最先進国となるためのものであり決して開発のためのものではないということを忘れてはいけません。
>
> バンコク-チェンマイ間の最重要路線でさえ内容的には日本の昭和20年代以前という気がします。つまりは既存のものの拡張改良が必要だということです。つまりは、複線化と電化です。
>
> 更にはタイはメーターゲージのはずですからあの国力技術力で別規格のものを維持できるのでしょうか。仄聞するところでは標準軌に切り替えたいというのが本音の部分のようですよね。今の密度ならばなんとか可能なはずですからそれが先かという気もします。
>
> もしこれをやるならば既存のものを改良する区間と新規に作る区間を別に設定しその両面作戦で行かなければいけません。更には貨物との併存となればこれは新幹線だって経験のない事態です。大型電気機関車の開発や場合によっては電動貨車の開発などしなければならない。全く別物にしなければなりません。
>
> タイ国はその辺りわかってるのでしょうか。日本政府はどうでしょう。
> 新規の貨物路線はおそらく合衆国並みの高規格の物が必要でしょう。既存の電化では困難なはずです。この辺りどうするのでしょう。
>
> 発展途上国はどうも高規格鉄道というものを甘く見てるフシがあります。作るだけなら技術と資金の援助で何とかなりますが、それが役に立つかどうかは完全に別問題です。
>
> この辺りの問題をもう一度詰める必要がある、特のタイ側の技術水準を見て検討する必要があるでしょう。
> 冷凍庫がない所に最新の冷凍食品を持ち込んでも意味がありません。その場合は缶詰で凌ぐべきなのです。


その通りだと思います。
現在のタイの鉄道は軌間1000ミリの狭軌の単線。こんなモノしか無い所に高速鉄道を敷設するのです。
従来とは全く別の路線、しくみ、人材で無いとダメでしょう。
多分発電所まで作らないといけないと見ています。

例として自動車を見れば分かります。タイトヨタなどもう何十年も前からタイで色んな車を生産中。
ISISやアルカイダが愛用しているトヨタのピックアップトラック(ハイラックスvigo)などはタイ製です。
部品も殆んど現地生産ですが、では経営・技術・管理がどうなっているかと言えば「矢張り日本人が中心」。
これをもう何十年も続けています。
今度の高速鉄道も全く同じでしょう。
日本のJRも若しこの話が動き出したら、多分どこかの自動車メーカーに現地での指導・管理・経営について教えを乞いに行くのではないかと思います。
今回のケースは多分JR東海が動く筈。JR東日本はJR東海の言い分を振り切って中国に技術を全部パクられました。だからJR東日本は恐らく何も言えないのではないかと思います。

それから今回のケースが重要なのは海外に出てみると日本式経営の悪い部分を見直さざるを得なくなります。
その意味でも日本として苦労は多いモノの得るモノも多いはず。

一寸その典型的な例を説明します。(本当は別エントリーにすべきかも・・・)
昔品質管理でデミング賞と言うモノが持て囃されたことが有りました。記憶されているかと思います。
所が最近デミング賞とは全く言わなくなりました。
そしてアチコチで言われたのが「デミング層をとった会社は必ず業績が悪化し、不祥事が多発する」、デミング賞は亡国の賞だったのです。
これが日本式経営の一番の問題点で、JRなどは未だにそのしっぽを引きずっています。
この負の連鎖を断ち切るのに海外プロジェクトはとてもいいのではないかと思います。
  1. 2015-05-29 08:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

質問なんですが、デミング賞に弊害があるとは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。ネットでざっと調べたところ、経営者の自己満足で終わることが多いように書いているのですが、品質管理の重要性は議論の余地がないのではありませんか。
以下の話、どこぞの本で読んだのですが、戦時中、レーダーの研究に当たって、真空管の品質が悪く、100本中2本ぐらいしかまともに機能せず、理論ではわかっていても実際の物にはならなかったというような話を聞いたことがあります。死んだ伯父は大戦中、陸軍でレーダーの研究をしていたのですが、生前、似たような話を聞きました。歩留りの改善は製造業の基本中の基本と理解しております。ご教授、お願いいたします。
  1. 2015-05-30 11:17
  2. URL
  3. 朝鮮人は日本の敵 #-
  4. 編集

To:朝鮮人は日本の敵 さん

> 質問なんですが、デミング賞に弊害があるとは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。ネットでざっと調べたところ、経営者の自己満足で終わることが多いように書いているのですが、品質管理の重要性は議論の余地がないのではありませんか。
> 以下の話、どこぞの本で読んだのですが、戦時中、レーダーの研究に当たって、真空管の品質が悪く、100本中2本ぐらいしかまともに機能せず、理論ではわかっていても実際の物にはならなかったというような話を聞いたことがあります。死んだ伯父は大戦中、陸軍でレーダーの研究をしていたのですが、生前、似たような話を聞きました。歩留りの改善は製造業の基本中の基本と理解しております。ご教授、お願いいたします。


最初に誤解を招くといけないのでこれだけは認識してほしい事。
品質が重要な事は勿論当然です。私も永年此れで苦心してきましたので良く分かります。
又戦時中の真空管の話、私のモノづくりの原点は日本が戦争で負けた理由はモノ造りで負けた、何とかしてそれをモノづくりでアメリカに勝ちたい。そんな思いが有ります。

問題なのはデミング賞と言う賞をとろうとすること。ここが問題なのです。
デミング賞の審査員の先生方の講義も聞きました。皆さん立派な先生方です。日本の品質管理を作り上げた功績は実に大きい。そう思っています。

では何がダメなのか。日本の品質管理はTQCと一般に言っているモノですが此処に落とし穴が有ったという事です。
という事ですが、この先は余りにも長くなりすぎますので別エントリーにしたいと思います。
少し時間を頂いてまとめます。
  1. 2015-05-30 15:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

とりあえずおめでたい話ではありますね

確かに……これからの維持管理を考えますと、アンチマイペンライ革命が必要かと思います。

しかし、しっかり取り組めれば大変な意義あるプロジェクトになるでしょうね。
まさにタイばかりか東南アジアの歴史に刻むことになるでしょう。

カンチャナブリーは自分がタイではじめて訪れた場所です。

成田空港のトイレにガイドブックを置き忘れ、飛行機の中でタイ人のスチュワーデスの人に

ガイドブックを忘れて予定表もなくなったので
タイ人のあなたがおすすめの場所に行こうと思います
と言ったらカンチャナブリーを紹介してくれました。

よく言えばのんびり、悪く言えば古色蒼然なあのトンブリーのバンコク北駅から続く鉄道が新幹線になるとは夢のような気がします。

(^-^;
  1. 2015-05-31 01:45
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

Re: とりあえずおめでたい話ではありますね

> 確かに……これからの維持管理を考えますと、アンチマイペンライ革命が必要かと思います。
>
> しかし、しっかり取り組めれば大変な意義あるプロジェクトになるでしょうね。
> まさにタイばかりか東南アジアの歴史に刻むことになるでしょう。
>
> カンチャナブリーは自分がタイではじめて訪れた場所です。
>
> 成田空港のトイレにガイドブックを置き忘れ、飛行機の中でタイ人のスチュワーデスの人に
>
> ガイドブックを忘れて予定表もなくなったので
> タイ人のあなたがおすすめの場所に行こうと思います
> と言ったらカンチャナブリーを紹介してくれました。
>
> よく言えばのんびり、悪く言えば古色蒼然なあのトンブリーのバンコク北駅から続く鉄道が新幹線になるとは夢のような気がします。
>
> (^-^;


お久しぶりです。コメント有難うございます。
確かにご指摘の通り、アセアンが発展途上国から一歩発展するための大きな記念碑的プロジェクトになる可能性がある、楽しみですね。

それからバンコク・カンチャナブリは現在の路線のままでは無理ではないか。少なくとも複線化することとバンコクを通ってその先まで行くためには現在の路線から相当違う路線が必要ではないかと見ています。
尚現地情報ではこの貨物専用線はどうも複線だが狭軌になるらしい。標準軌の方が発展性があって良いんですがね。

それからタイ語でマイペンライと言う言葉。実は日本語のガイドブックなどに書いてあるマイペンライという言葉の意味が正しくありません。
日本人はタイ語の「マイペンライ」は朝鮮語の「ケンチャナヨ」と同じと理解している人が多い。ガイドブックでもそう書いてあります。
マイペンライは正しくはマイ=英語のノットに相当、ペン=英語のBE動詞に相当、ライ=イライラするとか心配すると言う意味。
だからタイ人がマイペンライと言ったら、「あなた心配しなくていいよ」とか「そうイライラするな」と言う意味になります。
具体例です。
タイ人メイドがご主人の大事なお皿を割ってしまった、ご主人が「ワッ、大事な皿が割れちゃった。ナンちゅうことをするんだ」と怒っている。
そこでタイ人が「マイペンライ」と言う。ご主人は「マイペンライ=問題ない」と理解し、ますますカッカする。よくある話です。
実はタイ人が言った事を正確に言いますと・・・
皿を割っちゃった・・・
「ワッ、ゴメンナサイという言葉は殆ど言う習慣が無いから言わない・・・
「でもご主人様は怒っている。そりゃあそうだ・・・
「それで(ご主人様に)そうイライラしないでくださいと言う・・・
「その後大事な皿は私が弁償すると言いたいけれど・・ カネが無いので弁償できないから・・・ 言わない・・・
「ご主人は何ッ、マイペンライだと、全くタイ人てえ奴はと益々怒る・・・
こんな風です。

私も体調が悪い時など、タイ人が心配して大丈夫ですかと聞いてきたときに「マイペンライ=英語のノープロブレム)」と返事していますが、そんな使い方です。
  1. 2015-05-31 09:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

古い記事へのコメントで恐縮ですが



石井国土交通大臣のタイ・ベトナム出張の結果概要
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo06_hh_000197.html



によると、


鉄道以外の交通安全とかも含めた協力なのですね。

車両以外の地上設備・・・って線路も含めた全部なのでしょうか?

禄でもないヘイトメディアもこういう事を報道してほしいものですが、
無い物ねだりですね。



あと、ベトナムの水防の協力などもするとか。

私は全く門外漢ですが、
ぶつ切りでなく、トータルシステムを輸出できるというのは良いですね。

なんだか心が晴れやかになります。

仏と魂の両方を作るってことですから。
  1. 2016-08-10 11:15
  2. URL
  3. 勃ちあがれ日本人 #-
  4. 編集

To:勃ちあがれ日本人 さん

> 古い記事へのコメントで恐縮ですが
>
> 石井国土交通大臣のタイ・ベトナム出張の結果概要
> http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo06_hh_000197.html
>
> によると、
>
> 鉄道以外の交通安全とかも含めた協力なのですね。
>
> 車両以外の地上設備・・・って線路も含めた全部なのでしょうか?
>
> 禄でもないヘイトメディアもこういう事を報道してほしいものですが、
> 無い物ねだりですね。
>
> あと、ベトナムの水防の協力などもするとか。
>
> 私は全く門外漢ですが、
> ぶつ切りでなく、トータルシステムを輸出できるというのは良いですね。
>
> なんだか心が晴れやかになります。
>
> 仏と魂の両方を作るってことですから。



情報ありがとうございます。ようやく本決まりですね。
バンコクからチェンマイへは採算制で問題があるので、第一段階は中間のピサヌロークまで建設するようです。
ピサヌロークは古都スコータイにも近く、東西経済回廊が通る交通の要衝なので第一段階にはいいでしょう。
何せ高速鉄道は採算性が問題なのと運航には民度を上げないといけません。
現在のタイの鉄道のようにのんびり走っているのなら問題ないことでも一ケタ違う速度では問題になりますから。
自動車が30年以上かかってやってきたことを今度は鉄道でやるわけで、大いに楽しみですね。
  1. 2016-08-10 19:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する