2015-04-28 18:44

今地殻はパンドラの箱を開けたまま

 ネパールの大地震は死者が4000人を超えたと報道されている。
空前の大災害に言葉も無い、そして日本人にとっても他人事ではない。

2015-4-28ネパール地震1

貴重な文化財も瓦礫の中
2015-4-28ネパール地震2


所で最近の地震の頻発。これについて東日本大地震後にこんなエントリーをした。
「地殻はパンドラの箱を開けた状態」
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

そしてここにこんなグラフを
20世紀初頭からの世界のマグニチュード6以上の地震推移グラフ。
21世紀に入ってから激増している事が分かります。
2015-4-2820世紀からの世界の地震
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/world/historical.php

21世紀に入ってから地殻は変動期に入ってしまった。20世紀に比べると地震は7倍かそれ以上である。
昔と比べると格段に危険な状態、そんな地球に今我々は生きている事を忘れてはならない。



それから日本は70年前にも矢張り大地震の連続だった経験がある。

1945年の敗戦前後にかけて4年連続で1000名を超える死者を出した昭和の4大地震とその後の福井地震
しかし、これらの地震は戦火と戦後の混乱に埋もれ、震災そのものが十分に伝えられているとは言いがたい。

1943年9月10日 鳥取地震(マグニチュード7.2) 死者1083人

1944年12月7日 昭和東南海地震(マグニチュード8.0) 死者1223人

1945年1月13日 三河地震(M6.8*M7.1という説もある) 死者2652人

1946年12月21日 昭和南海地震(マグニチュード8.1) 死者1330人

1948年6月28日 福井地震(マグニチュード7.1) 死者3769人

70年前にもこんな大震災が有った。しかも戦中戦後の混乱期だった事も有り、こんな災害がしっかり継承されているとは言い難い。

戦後70年と言って「従軍慰安婦」などと言うバカな売春婦問題を騒ぐ奴らが日本にもいる。
そんな事よりもっと大事な事があるのではないだろうか。
朝日新聞さんよ、70年ほど前におこった大地震の5連発、忘れてはならないのは慰安婦ではなくこんな事だよ。
  1. 大震災・原発事故
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

おはようございます。

煉瓦に埋もれた仏様が痛々しい。
先日のカルブコ火山の噴火もすごかったですが、今後もあちらこちらでいろいろな災害外は起こるでしょう。個人では水食料の備蓄や家具の固定、家の補強ほか多少の備えをすることしかできません。後はそれこそ神仏に祈るばかりです。
ネパール現地は地形や交通事情の悪さで、首都の被害以外の奥地の情報がほとんどありませんが、一人でも多く助かり、当座の雨露や寒さをしのげるよう、援助が届くのを祈るばかりです。
今後の復旧復興に際しては、現地の慣習や材料の入手の都合などでまた煉瓦造りの建物が多くできるかもしれません。耐震建築に長けている日本が、慣習を尊重しあまり費用をかけなくてもせめて総崩れを起こさない建物を再建出来よう指導なりをしていくことが必要かと思います。
  1. 2015-04-29 08:04
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:koguma さん

> おはようございます。
>
> 煉瓦に埋もれた仏様が痛々しい。
> 先日のカルブコ火山の噴火もすごかったですが、今後もあちらこちらでいろいろな災害外は起こるでしょう。個人では水食料の備蓄や家具の固定、家の補強ほか多少の備えをすることしかできません。後はそれこそ神仏に祈るばかりです。
> ネパール現地は地形や交通事情の悪さで、首都の被害以外の奥地の情報がほとんどありませんが、一人でも多く助かり、当座の雨露や寒さをしのげるよう、援助が届くのを祈るばかりです。
> 今後の復旧復興に際しては、現地の慣習や材料の入手の都合などでまた煉瓦造りの建物が多くできるかもしれません。耐震建築に長けている日本が、慣習を尊重しあまり費用をかけなくてもせめて総崩れを起こさない建物を再建出来よう指導なりをしていくことが必要かと思います。


同感です。同じ仏教国なので日本のやり方は大いに参考になるでしょう。
兎に角世界遺産がほとんど壊滅してしまいました。
当分観光収入も期待できないとなれば国家が成り立たないくらいの苦境になると心配です。
そしてこんな時緊急援助の写真を見ると結構中国の部隊が写っています。
ネパールを中国側に盗まれないためにも日本が頑張らなければ・・・

  1. 2015-04-29 18:10
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

昭和の南海、東南海地震よりも三河地震のほうが犠牲者が多かったというのは少し以外ですが直下型の怖さでしょうか。

今回のネパール地震は地下15キロとのことですからいわゆる直下型ですが、この地域ではいわゆる海溝型や直下型という区別がないのでしょう。ネパールの人口はおよそ2800万程度だそうですから大雑把に見て日本の1/5程度、伝えられている推定犠牲者数8000人が正しいとすれば日本の場合の死者数に換算すると4万人を超えます。これはネパールのような小国にはとんでもない被害でしょう。

あまり言われぬことですが、東日本大震災は大変な被害ではありましたが津波の犠牲者以外ではおよそ2500もいなかったはずで、小生はこの数字こそが日本の建築の勝利であったと思ってます。

ネパールという国だって決して地震が少ないわけではないですが地震対策があまりにお座なりだったのではないかといのは反省点でしょう。発展途上国の都市化というのは相当に顕著ですがこういうことを含めて考えなおさねばいけないことなのでしょう。
  1. 2015-04-30 07:05
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

To:kazkさん

> 昭和の南海、東南海地震よりも三河地震のほうが犠牲者が多かったというのは少し以外ですが直下型の怖さでしょうか。
>
> 今回のネパール地震は地下15キロとのことですからいわゆる直下型ですが、この地域ではいわゆる海溝型や直下型という区別がないのでしょう。ネパールの人口はおよそ2800万程度だそうですから大雑把に見て日本の1/5程度、伝えられている推定犠牲者数8000人が正しいとすれば日本の場合の死者数に換算すると4万人を超えます。これはネパールのような小国にはとんでもない被害でしょう。
>
> あまり言われぬことですが、東日本大震災は大変な被害ではありましたが津波の犠牲者以外ではおよそ2500もいなかったはずで、小生はこの数字こそが日本の建築の勝利であったと思ってます。
>
> ネパールという国だって決して地震が少ないわけではないですが地震対策があまりにお座なりだったのではないかといのは反省点でしょう。発展途上国の都市化というのは相当に顕著ですがこういうことを含めて考えなおさねばいけないことなのでしょう。


三河地震については私の住いは三河地震の震源地からそう遠くないです。
そして如何してあれだけの死者が出たか、これが直下型地震の怖さと思います。地震発生は午前3時ころ、勿論ほとんどの人が就眠中。そして住んでいる家は1か月前の東南海地震で大きく揺れ、ホゾが緩んだりした半壊状態。
此処に直下型で瞬間的に揺れが襲った。だからごく狭い範囲に被害が集中しています。
こんな事であの死傷者でした。

ネパールの地震は倒壊した所を見ると建物が壊れてそこは土くれの山。粘土を干し固めた日干し煉瓦が倒壊するとあんな惨めなものになると言う見本です。
あの写真を見ていると日本がこれから何をせねばいけないか、そんな事が良く分かります。
建物に柱や梁をキチンと設置し、最低限地震で壊れても多少変形しながらでも粘り強く耐えていくような構造にすべきでしょう。

それからご指摘の東日本大震災で津波を除いた人的被害は意外と少なかった。これは日本の技術の勝利、全く同感です。
実は地震直後(確か2日位後)に仙台市のオフィスビルの被害状況を建築家が調査しています。
その結果は確かほとんど無傷が半分以上、多少手を入れねばいけないのが1割か2割、大破しているモノは無かったはずです。
私はこの結果を見て、日本の復興は間違いない。そんなに時間も掛からないと確信しました。
こんな所が世界の模範になりうる日本の力ではないかと思います。
  1. 2015-04-30 12:08
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する