2015-04-09 17:43

タイの高規格鉄道計画が動き出しそう<続々編 もう一つの課題

 前回タイの高速鉄道計画でこんな課題と書いたのだが、もう一つの課題がある。

最初にタイ人が夢見る高速鉄道

2015-4-9タイ人の夢見る高速鉄道
後ろのビル群はバンコク、列車の屋根越しに見える銅像は「タオ・スラナリーの像」、だからタイ東北部の中心都市ナコーンラチャーシマ辺りか、この鉄道はバンコク⇔ナコーンラチャーシマ⇔ノンカーイ線の様だ。
(注:この線は現在中国が受注交渉中)


さてその課題だが此れである。

2015-4-9賄賂風景

賄賂だ。そしてタイの賄賂の相場が凄い事になっている。

これは2012年7月21日付バンコク週報1面記事より
2015-4-9賄賂の相場byバンコク週報

このバンコク週報の記事に書いてあるように、以前は11~15%が相場だった。これが30~35%が賄賂の相場。
こんな高額の賄賂ではまともな工事など出来る訳が無い。
若しこんな条件で受注すれば無茶苦茶な手抜き工事以外に方法など有る訳が無い。
そしてこれは2001年に政権を盗ったタクシンがこの高額賄賂をポッポに入れていた訳だ。

その為にどんな事が起こっているか、以下参照ください。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-528.html

また高額の賄賂がどんな工事を引き起こすか、これは韓国の事例。笑韓流家元ご隠居さんのブログより。
http://ameblo.jp/nobody0728/entry-12010397931.html

だが賄賂を対策するのは並大抵ではない。特に一度甘い汁を吸った連中には簡単には止められない事情もあるのだ。
それは高額賄賂をせしめた連中には其れのオコボレにあずかろうとする連中がやって来るのだ。

そんなタクシン派の蓄財とバラマキがどんななのか良く分かるものがある。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

タクシン派がこの反政府デモで使った金が銀行口座の調査でかなり分かってきた。
2009年9月から2010年5月までの9ヶ月間で報道されているだけで237億バーツ(現在のレートなら日本円で約877億円)である。
このカネがドレ位かと言うと
2009年度のタイ国の国家予算が約1兆8000億バー(約6兆6600億円)
同年度の国防費が1700億バーツ(約6290億円)。
237億バーツとは国家予算の1.3%
    〃      国防費の14% に相当する金額なのだ。

この凄まじいカネがタクシンからデモ隊などにばらまかれたのである。
こんなカネの原資が公共事業の30~35%の賄賂だった。


今回の高規格鉄道事業、現在はクーデターでタクシン派を追い出した軍事政権が統治している。
はたしてこの賄賂体質から脱却できるだろうか。

ハッキリ言えることが有る。
こんな賄賂体質を脱却しなければ高速鉄道など夢の又夢だ。

  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

おはようございます。

日本は現在官民挙げて新幹線の輸出に努力しているようですが、車両や設備や運行システムのような目に見えるものより先に、安全運行や定時運行をすることとはなんぞやから教育することが必要に思います。日立がイギリスから車両等を受注するのとは異なりすぎます。賄賂が3割であれば3割増で受注できれば済みますが、金を蒔いても国民の性根は変えられません。
線路のすぐそばで多数が暮らす、線路の上で商売をする(車両が来た時だけどかす)、運行の合間に手製の軌道自転車やトロッコを勝手に走らせる、線路に寝そべると運気が上昇するなどと言う国では、いくら専用軌道を確保するとしても安全運行の確保や迅速な事故復旧は不可能でしょう。
国やJRはそのところをよくよく考えた方がいいと思います。
  1. 2015-04-10 09:33
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To:koguma さん

> おはようございます。
>
> 日本は現在官民挙げて新幹線の輸出に努力しているようですが、車両や設備や運行システムのような目に見えるものより先に、安全運行や定時運行をすることとはなんぞやから教育することが必要に思います。日立がイギリスから車両等を受注するのとは異なりすぎます。賄賂が3割であれば3割増で受注できれば済みますが、金を蒔いても国民の性根は変えられません。
> 線路のすぐそばで多数が暮らす、線路の上で商売をする(車両が来た時だけどかす)、運行の合間に手製の軌道自転車やトロッコを勝手に走らせる、線路に寝そべると運気が上昇するなどと言う国では、いくら専用軌道を確保するとしても安全運行の確保や迅速な事故復旧は不可能でしょう。
> 国やJRはそのところをよくよく考えた方がいいと思います。


確かにご指摘の線路の上で商売するような国民性では困ります。
がしかし、今回のケースは鉄道車両の輸出ではありません。鉄道システム全体の輸出と鉄道建設、こんなモノなのです。
当然ながら高速鉄道の場合、線路内に人が入り込めば自己間違いなしですから対策が必要です。
現在のタイの鉄道は軌間1000ミリの狭軌、今回の話は軌間1435ミリの標準軌、全く別物です。

そしてご指摘の心配はもっともですが、現在タイは日本の自動車生産の大拠点になっています。
車種によっては部品の90%以上を現地調達、日本では作っていない車種も生産しています。
私はご指摘の心配の有る所でご指摘の心配一杯の連中を使って仕事をしてきました。
何もしなくても大丈夫などと言うレベルではありませんが、日系メーカーの長年の苦労でタイのレベルも随分上がってきました。

心配ないとは言いません。
しかしそんな土地で、そんな人を使って仕事をしていくことがその国、その国民のレベルアップにつながり、世界に貢献できると考えています。

これを売り込めば・・・ JRは物凄く苦労します。
例えば運転のマニュアルなど全部翻訳、この労力だけでも大変です。
しかしこんな作業を通じて日本人もレベルアップします。
私の経験ひとつとっても、日本の方にはアッと驚くことばかり。

こんな事でこのプロジェクト、大いに意味があると見ています。
是非暖かく見守っていただきたい。マスゴミは多分問題山積と言います。事実です。
しかしそんな問題を地道に一つずつ解決していくことが世界に貢献できる道。
そう理解していただきたいと思います。

近日中に中国がやっている高速鉄道の内容をエントリーしたいと思っています。
日本が考えている事との違いも理解いただけるかなと思います。
  1. 2015-04-11 07:07
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

もう一つの松下村塾

吉田松陰は海外事情を注視した軍学者でした。日本が諸外国の餌食にならないためにはどう対抗したらいいかに腐心した人です。

その結論が学問をする、という余りにも平凡かつ迂回的な結論でした。意識改革、それしかない。答えは松下村塾であり、塾からは伊藤博文などの明治を開いた多数の人材が生まれました。

他方、幕府はフランスの金で軍事国家を目指していた。その結果、良策は松下村塾に上がったのは歴史の見るところです。

タイで新幹線その他の近代化を進めるとき、フランスの金で動く幕府=即物的にシナの金で動く今の姿を選ぶか、賄賂を否定し、教育と勤勉という平凡かつ迂回的な意識をもつのかで、将来の姿も決まるのではないかと思います。

短足様が仰るように日系企業は海外で我々の知らぬご苦労をされています。それは大きな観点で見れば、大小の松下村塾が現地に作られていると言えるのではないでしょうか。技術を取得する、そのためのハード、ソフトの整備が積み上がり人が育つ。

今般の天皇皇后両陛下のパラオ巡礼の旅で改めて知ったことですが、大航海時代以降、南太平洋を手中に収めたスペインはその土地で何をしたか。性病と疫病を現地に残した。下ってドイツは何をしたか。燐鉱石などの資源を持ち帰った。
1次大戦後の日本は学校を作った、郵便局を作った、漁港を作った。今のパラオの基礎を作ったのです。広い意味でこれも別の形の松下村塾ではなかったかと思います。
  1. 2015-04-11 09:57
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: もう一つの松下村塾

> 吉田松陰は海外事情を注視した軍学者でした。日本が諸外国の餌食にならないためにはどう対抗したらいいかに腐心した人です。
>
> その結論が学問をする、という余りにも平凡かつ迂回的な結論でした。意識改革、それしかない。答えは松下村塾であり、塾からは伊藤博文などの明治を開いた多数の人材が生まれました。
>
> 他方、幕府はフランスの金で軍事国家を目指していた。その結果、良策は松下村塾に上がったのは歴史の見るところです。
>
> タイで新幹線その他の近代化を進めるとき、フランスの金で動く幕府=即物的にシナの金で動く今の姿を選ぶか、賄賂を否定し、教育と勤勉という平凡かつ迂回的な意識をもつのかで、将来の姿も決まるのではないかと思います。
>
> 短足様が仰るように日系企業は海外で我々の知らぬご苦労をされています。それは大きな観点で見れば、大小の松下村塾が現地に作られていると言えるのではないでしょうか。技術を取得する、そのためのハード、ソフトの整備が積み上がり人が育つ。
>
> 今般の天皇皇后両陛下のパラオ巡礼の旅で改めて知ったことですが、大航海時代以降、南太平洋を手中に収めたスペインはその土地で何をしたか。性病と疫病を現地に残した。下ってドイツは何をしたか。燐鉱石などの資源を持ち帰った。
> 1次大戦後の日本は学校を作った、郵便局を作った、漁港を作った。今のパラオの基礎を作ったのです。広い意味でこれも別の形の松下村塾ではなかったかと思います。


ご指摘の通りだと思います。
何か私の言いたい事を全部言っていただいたような・・・

この話をもう少し纏めてエントリーしたいと思います。
その時はこのコメントも引用させていただきたく、よろしくご了承くださるようお願いします。
  1. 2015-04-11 23:02
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

タイ人としても、賄賂まみれかお花畑の市井の政治家より、国王直属のエリート軍人に舵取りしてもらった方が安心できるでしょうね。
  1. 2015-04-11 23:48
  2. URL
  3. jjok #-
  4. 編集

To:jjok さん

> タイ人としても、賄賂まみれかお花畑の市井の政治家より、国王直属のエリート軍人に舵取りしてもらった方が安心できるでしょうね。


今までのタイは民主主義と言う名の衆愚政治の悲惨さを良く表していました。
その為聡明な国王の直接息のかかった軍人政治が良く見える訳です。
しかしこれは国王・元首が聡明であることと言う前提条件が付きます。
例えばアメリカのオバマの如く酷いアホだったらどうなるか。
その典型としてスターリン、毛沢東を考えてみれば良く分かります。
  1. 2015-04-12 11:13
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する