2015-03-22 22:01

中国の安かろう悪かろう商売<ベトナムのオートバイではあっさり敗退


 先日の中国の春節(旧正月)には多数の中国人が日本にやってきて爆買いをして行ったことが報道されていた。
買っていったのは炊飯器や便座などなど。
中国製は品質が信用できない事がこんな行動の原因らしい。

所で中国の家電はアフリカでも敬遠されているとサーチナが報道している。

中国製の小型家電・・・アフリカでも「敬遠」の傾向=中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000031-scn-bus_all

このサーチナの報道には中国の安かろう悪かろう商売の失敗事例としてベトナムのオートバイのケースが紹介されている。こんな風である。

<以下引用>
 中国が「安かろう悪かろう」で失敗した例としては、ベトナムに対するオートバイ輸出がある。輸出開始は1999年で、当初は低価格により市場シェアを8割程度にまで上昇したが、中国企業同士の値引き合戦で利益が出ない構造になった。さらに故障が続出したことでベトナム人消費者に見放された。その結果、2014年ごろまでには日本製オートバイのシェアが8割程度になったという。

<引用終り>

この中国の安物バイクがベトナム市場を席巻した2002年、私はこの実情が見たくて丁度タイからベトナムへの観光ツアーが有ったのでそれに参加し、実情を見てきた。
そんな事情などを書いてみたい。

行ったのは2002年4月、丁度中国のコピーバイク全盛時代だった。
中国から年間100万台以上のバイクをベトナムが輸入している。大変な脅威だ。
こんな話だったので、観光ツアーだがアチコチで聞いて回れると見て参加してきた。

先ずはベトナムのバイク事情など

ベトナムでは信号が青になった瞬間、こんな光景が出現する。
この写真は最近のモノでバイク乗りがみんなヘルメットをかぶっている。2007年頃ヘルメット着用が義務づけられた為。
2015-3-22ベトナムのバイク事情1
雲霞の如くと言う例え通りだ。


これは2002年、私が行った時のモノ。この時は誰もヘルメットはかぶっていない。
2015-3-22ハノイのバイク1

ハノイ独特の住宅の様子が分かる。
此処は紅河下流のデルタ地帯で洪水の常襲地帯。だから土地は真っ平ら。
こんなマッチ箱を立てたような細長い住宅が続く。洪水でも2階、3階なら大丈夫。
2015-3-22ハノイのバイク2

ベトナムらしい風景、自転車のオバちゃんのかぶっている笠はベトナムオリジナル。
2015-3-22ハノイのバイク3


以下は2002年にベトナム・ハノイで現地の人に聞いた話。
問:如何して中国製のコピーバイクに乗るのか、品質は日本製より大幅に落ちるが如何なのか。
答:そりゃあ日本製の方がいいに決まっている。当地では日本製のバイクはドレでも「ホンダ」という。
ホンダと言えばバイクのことだ。
しかし日本製は高い。1台2000ドルはする。労働者の月給が100ドルそこそこなのでとても手が出ない。
しかし中国製のコピーバイクなら見た目は日本製のホンダと変わらない。そして値段は500ドルだ。
此れなら何とか手が届く、だからみんな中国製を買っている。
中国製バイクは確かに故障する。しかし壊れたらホンダへ行ってホンダの部品を買ってきて取り付ければいい。
壊れたら順次ホンダの部品に変えていけば、だんだんホンダに近づいてゆく(笑)。
こんな話であった。

更に色々聞いてみるとハノイ周辺は土地が真っ平ら、山坂は無い。
だから少々難ありのバイクでも何とかなる、そう認識しているようだった。


此処からは後で聞いた話。
いきなりシェアー80%なんてな事になれば日本メーカーも必死に巻き返そうとする。
問題は価格なのでベトナムの実情に有った廉価版を出したりして相当コストダウンしたようだ。
その結果、私が行った2001年~2002年頃が輸入のピークで年100万代くらい。
それが2003年には年50万代くらいと半減、
2004年にはほとんど売れなくなり輸入はほとんどゼロ。
現在の日本製バイクのシェアーはと言えば、
2011年~ホンダ・ヤマハ合計で83%、2012年~ホンダ・ヤマハ合計で89%である。
勿論中国製バイクはゼロ。

引用文に有るように中国製バイクのベトナム進出は完全な失敗だったようだ。

日本メーカーとしても良い経験だったようで、現地の使い方に有った仕様となるようスペックダウン。
そしてそれに見合ったコストとする、こんなことをやってきたようだ。
この間の完成車メーカー・部品メーカーのコストダウン努力には敬服します。



  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

ベトナムのバイク

 とても興味深く読ませていただきました。ベトナムのバイクにそのようなドラマがあったとは、恥ずかしながら、初耳でした。私が滞在したのは、ちょうどヘルメット義務化の時でした。一番涼しい12月から開始だったと思います。町中に警官が立って、目を光らせてました。でもベトナム人は、帽子が好きで、いろいろなものをかぶっている人が多かったです。そのせいか、ハゲも多かったですよ。
 大学の先生でさえ、いくら品質が良くても日本製は高いから駄目と言われて、衝撃を受けたことを思い出しました。でも中国製が駆逐されたということは、毎日使うバイクはやはり質も大切だったのでしょうね。

 ベトナムの家屋の間口が狭いのは、間口によって課税されたからと聞いてますが、定かではありません。洪水になると湖の魚が陸に上がるので、網ですくって喜んでました。あまり気にして無かったと思います。日本と違って、一回は、まさしくグランド フロアーで、タイル張り、水なんかへっちゃらです。道路から2、30センチ高くして作ってある家も多かったです。
 ベトナム人も器用なところがあるので、うまくすれば、きちんと製品を作れるのでしょうね。電動ミシンの修理を頼んだらとても上手でした。
 
  1. 2015-03-22 23:40
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

Re: ベトナムのバイク

>  とても興味深く読ませていただきました。ベトナムのバイクにそのようなドラマがあったとは、恥ずかしながら、初耳でした。私が滞在したのは、ちょうどヘルメット義務化の時でした。一番涼しい12月から開始だったと思います。町中に警官が立って、目を光らせてました。でもベトナム人は、帽子が好きで、いろいろなものをかぶっている人が多かったです。そのせいか、ハゲも多かったですよ。
>  大学の先生でさえ、いくら品質が良くても日本製は高いから駄目と言われて、衝撃を受けたことを思い出しました。でも中国製が駆逐されたということは、毎日使うバイクはやはり質も大切だったのでしょうね。
>
>  ベトナムの家屋の間口が狭いのは、間口によって課税されたからと聞いてますが、定かではありません。洪水になると湖の魚が陸に上がるので、網ですくって喜んでました。あまり気にして無かったと思います。日本と違って、一回は、まさしくグランド フロアーで、タイル張り、水なんかへっちゃらです。道路から2、30センチ高くして作ってある家も多かったです。
>  ベトナム人も器用なところがあるので、うまくすれば、きちんと製品を作れるのでしょうね。電動ミシンの修理を頼んだらとても上手でした。
>  

そうですか、Cherry Blossoms さんがベトナムのおられた時はもう既に中国のコピーバイクは駆逐されたあと。
街中でたまに見かける程度だったんでしょうね。
大学の先生が日本製は品質が良くても高いから駄目。これは耳の痛い話です。
タイ時代の友人でオートバイ部品を作っている人がいまして、良くその苦労話を聞きました。
中国製部品は日本製の同じものの材料費だけより安く売っている、これでは話にならんと言っていました。

日本のメーカーはオートバイも自動車もそうですが、この中国製の安値攻勢でモノづくりを根本的に見直しました。
その国、その土地に有った仕様、機能、品質が有るという事です。
それに合うようなものでなければ、このベトナムのケースの様に安値攻勢で負けてしまう。
かといってメイド・イン・ジャパンの名誉にかけても品質を落とすことはできない。
苦労しましたね。いや今でも苦労しています。

ベトナムの住宅の間口の話は私も聞きました。
でもあんな風に住むのはタイの高床式住宅と同じ八そうなんですね。
1階はグランドフロアーで住むのは2階以上、
その土地の風土があんなものをつくった、そんな所なのでしょう。
  1. 2015-03-23 07:43
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ベトナムバイクの変遷

90年代はホンダのカブがほとんど、2000年前後は中国製の偽ホンダ(HONGDA)が席巻、2000年代なかばには中国製は激減、ホンダウェイブが人気。同じホンダでもタイでは嘴がとがって尻上がりのデザインでしたが、ベトナムではカブの伝統なのか水平基調のデザイン、それでもホーチミンの若い男の髪型はすでにタイ風。
その後タイの影響が強くなり、バイクのデザインもどんどんタイに似てきました。なんだかんだ言ってもタイは東南アジアのトレンドリーダーなのだなと思ったものです。
  1. 2015-03-23 20:45
  2. URL
  3. 八専 #-
  4. 編集

Re: ベトナムバイクの変遷

> 90年代はホンダのカブがほとんど、2000年前後は中国製の偽ホンダ(HONGDA)が席巻、2000年代なかばには中国製は激減、ホンダウェイブが人気。同じホンダでもタイでは嘴がとがって尻上がりのデザインでしたが、ベトナムではカブの伝統なのか水平基調のデザイン、それでもホーチミンの若い男の髪型はすでにタイ風。
> その後タイの影響が強くなり、バイクのデザインもどんどんタイに似てきました。なんだかんだ言ってもタイは東南アジアのトレンドリーダーなのだなと思ったものです。


詳しい情報有難うございます。
私はベトナム事情はあまり詳しくないので、そのような傾向が有ると言う話し、大変貴重です。
私がハノイに行ったのは丁度そのコピーバイク全盛時代、凄かったですね。
日本のメーカーも大いに勉強させられたものです。

タイは確かに東南アジアのリーダーなのですが、残念ながらタクシン派がムチャクチャにしてしまいました。
これからも何年かの苦しい建て直しの時代が続くでしょう。
可笑しなリーダーを選ぶと本当に大変ですね。
  1. 2015-03-24 07:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

すみません。完全にスレチなのですが、ご一報を差し上げたく思います。
最近、韓国ポスコの株価が随分下がっているように思うのですが
何かあったのでしょうか?
どう調べたらいいのかわからず、私個人ではさっぱり原因が
掴めませんでした。
全体の株価からしたら1割減、といったところですので
大した変動ではないのかもしれませんけど……
今年の初めくらいに29万krw(ウォン?)くらいだったのが
今は25万krw後半くらいの株価になっています。

ttp://jp.reuters.com/investing/quotes/chart?symbol=005490.KS

何かご存知でしょうか?
  1. 2015-03-25 10:27
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

すみません。完全にスレチなのですが、ご一報を差し上げたく思います。
最近、韓国ポスコの株価が随分下がっているように思うのですが
何かあったのでしょうか?
どう調べたらいいのかわからず、私個人ではさっぱり原因が
掴めませんでした。
全体の株価からしたら1割減、といったところですので
大した変動ではないのかもしれませんけど……
今年の初めくらいに29万krw(ウォン?)くらいだったのが
今は25万krw後半くらいの株価になっています。
何かご存知でしょうか?
  1. 2015-03-25 10:28
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

To:ハロン棒 さん

> すみません。完全にスレチなのですが、ご一報を差し上げたく思います。
> 最近、韓国ポスコの株価が随分下がっているように思うのですが
> 何かあったのでしょうか?
> どう調べたらいいのかわからず、私個人ではさっぱり原因が
> 掴めませんでした。
> 全体の株価からしたら1割減、といったところですので
> 大した変動ではないのかもしれませんけど……
> 今年の初めくらいに29万krw(ウォン?)くらいだったのが
> 今は25万krw後半くらいの株価になっています。
> 何かご存知でしょうか?


最初にポスコインドネシアの件ですが、全く後続の情報が出てきません。
がしかし事故から1年3ヶ月経っても稼働していないことは確かなです。
私も続報をエントリーしたいのですが、全く情報不足です。

ポスコについては巨額の賠償を請求されているとの情報が或るブログに載っていました。
http://temyg3.blog.fc2.com/blog-entry-327.html
ソースは韓国経済研究院との事ですが、そしてこれは正しそうなのですが、良く分からないので私はとり上げませんでした。
この件続報待ちです。

もう一つは中国から恐ろしい勢いで中国産の鋼材が韓国に入っています。
価格がバカ安なので韓国内でポスコをシェアーを奪っているようです。
http://japanese.joins.com/article/002/198002.html
ベトナムで中国製のコピーバイクがあっと言う間にシェアー80%なんてな事が起こったように、それと同じ事が起こらないと言う保証は有りません。

ポスコに対する問題点は、私の知る所以上2点が主なモノです。
(最大の問題点である高炉が稼働してない事は別として)
しかし私は株については全くのシロウト、値下がりがどんな理由かは何とも言えないですね。

韓国の製造業は日本が教えた真面目なもの造りを全部かなぐり捨てました。
これからは何が起こるか分からない状況だと思います。

  1. 2015-03-25 18:34
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

返信、痛み入ります。
なるほど、中国の鋼板が入ってきているのですか。
それなら株価の変動も納得できる内容かと思います。
不躾な質問に答えていただき、ありがとうございました。
  1. 2015-03-25 19:10
  2. URL
  3. ハロン棒 #-
  4. 編集

To:ハロン棒 さん

> 返信、痛み入ります。
> なるほど、中国の鋼板が入ってきているのですか。
> それなら株価の変動も納得できる内容かと思います。
> 不躾な質問に答えていただき、ありがとうございました。


中国の鋼板の流入は今年はもっと物凄い事になると思います
注視せねばいけないと思います。
  1. 2015-03-26 22:10
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ポスコについては 3/27のNews U.Sさん
http://www.news-us.jp/article/416343230.html
で取り上げられていますね ただしソースが無いので?ものですが

 話は変わりますが、マーク・リッパート駐韓米国大使の件については未だに公式な謝罪や責任者の処分の話を見ていませんね、このまま有耶無耶にするつもりかな? AIIB参加の件と言い本当に米国に喧嘩を売る積りでしょうか、平昌はもう有り得ませんね。


  1. 2015-03-27 21:24
  2. URL
  3. セブン #-
  4. 編集

To:セブン さん

> ポスコについては 3/27のNews U.Sさん
> http://www.news-us.jp/article/416343230.html
> で取り上げられていますね ただしソースが無いので?ものですが
>
>  話は変わりますが、マーク・リッパート駐韓米国大使の件については未だに公式な謝罪や責任者の処分の話を見ていませんね、このまま有耶無耶にするつもりかな? AIIB参加の件と言い本当に米国に喧嘩を売る積りでしょうか、平昌はもう有り得ませんね。


ポスコの件についてはそんな話もあるのですか。まあ色々これからも出てくるでしょうね。

リッパート大使の件はアメリカFBIが韓国警察庁に常駐しています。
間もなくその報告が出てくるでしょう。
そうすれば韓国の裏切り体質がハッキリしてくる。
その時点で韓国の二股外交は終わりですね。
  1. 2015-03-27 21:52
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する