2010-02-25 12:04

トヨタ叩きの奇妙な証言(続編)

トヨタ叩きの公聴会で最初に証言したオバチャンの話、

これがとても信用できる物でない事を書いたが、その続編がウォールストリートジャーナルに掲載されている。

 

<以下2月25日付WSJより引用>

 

 
  • The Wall Street Journal

急加速したトヨタ車、その後はトラブルなし

 

公聴会で証言したロンダ・スミスさん 

公聴会で証言したロンダ・スミスさん

 

 同スポークスマンによれば、NHTSAが先週、同車の新しいオーナーに聞いたところ、「走行距離3000マイル弱のところで購入し、何のトラブルも経験せずに走行距離は2万7000マイルになった」と答えたという。スミスさんは証言で、2006年にテネシー州のハイウェーで制御不能の急加速に見舞われ、時速100マイル(約160キロ)になった恐怖の経験を涙ながらに語った。その後、スミスさん夫妻は同車を売却した。

 報告を受けたNHTSAの検査官は、フロアーマットがアクセルペダルに引っかかったことが原因と判断した。しかしスミスさん夫妻は、フロアーマットのせいではないと主張。スミス夫人は、車が速度を上げる前にクルーズ・コントロール・ライトが点滅したことから、電子制御系の問題と考えている。

article_story_body

 

<引用終り>

 

この証言がされたとき、WSJ等のメディアはあまり内容を詳しく報道しなかった。

話がおかしすぎるので報道を控えたのだろうと思っていたが案の定、WSJが早速真相を報道し始めた。

 

この公聴会、正に政治ショウの様相を呈しているが、その中でこの証言などインチキの最たるもの。

一般市民はそう考えている、この報道がアメリカ政府の思惑を代弁していると言われるWSJに載った事自体が意義が有ると思う。

 

このトヨタ叩きに対しカローラよりシボレーの方がはるかに酷い、こんな意見も出ている。

http://d.hatena.ne.jp/masayang/20100223/1266987301#c

 

アメリカの自浄能力に期待したい。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

普通のAT車はブレーキを踏まないとNからRにギアが入らないと思うのですが、そうではないんでしょうか。
少なくとも私がこの10年程で乗った車は、PーR、RーNはブレーキ踏んでいなかったらシフト出来なかったんですが。。。
興味があるので、もし、走行中にRが入れれるのなら、どうなるか知りたいです。

ところで、EDRはご存知でしょうか。
事故直前のスピードやエンジンの状態を記録する装置だそうで、飛行機のブラックボックスのようなものらしいんです。
私も詳しくないので、どこまで実際に運用されていて、今回の一連のトヨタの調査に使われているのかは知らないのですが。。。

http://pressroom.toyota.com/pr/tms/event-data-recorders-93447.aspx

この女性のケースは事故に至ってませんのでわかりませんが、もし、本当に危険があったのなら、次のオーナーが無事故で3万キロ以上も何の問題もなく走るもんなのですかね。
まぁ、この女性が怖い思いをしたのは本当なんでしょうけど。

アメリカ人の意見を少し私のブログにも書いたのですが、とにかく、トヨタに限らず品質管理だけでなく、従業員の質管理が大変なのはアメリカでは昔からで当然で、アメリカ人も承知のようです。

アメリカ車に乗ると売国奴扱いされるので、車を離れたところに駐車する話を私のブログに書きました。アメリカ人に聞いたときは「ほんまかいな」と思ったのですが、ネットの他のところでも似た話を聞いたので、本当のようです。
私は、「トヨタやばいよ!やばいよ!」とやたらトヨタ終了論を聞かせてくれる友人のおかげで、かなり不安になっていたのですが、他の人たちの意見を聞いていると、やはり、日本のメディアやアメリカのメディア、一部の人たちがそうしたいほどは、加熱していなさそうです。
楽観はまだ出来ませんが、落ち着いて観察していこうと思います。

トラックバックいたしますので、よろしくお願いいたします。
  1. 2010-02-25 13:28
  2. URL
  3. kei-iza #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kei-izaさん
TB有難うございます。確かにトヨタとタイガーウッズ、共通点有ります。

>普通のAT車はブレーキを踏まないとNからRにギアが入らないと思うのですが、そうではないんでしょうか。

勿論そうなっています。昔のAT車ではボタンだけ押せばレバーがRに入る時代もありました、がイキナリ車が動き出すので現在のようになりました。
>興味があるので、もし、走行中にRが入れれるのなら、どうなるか知りたいです。
命にかかわります、絶対におやめください。
特に高速とか滑りやすい路面などでは試みる事自体が危険です。

>ところで、EDRはご存知でしょうか。
よくご存知ですね。未だこれから実用化されるものと聞いています。

>まぁ、この女性が怖い思いをしたのは本当なんでしょうけど。

この話自体が嘘、この女性は多分頭がおかしいのでしょう。
狂言強盗の類いです。

>従業員の質管理が大変なのはアメリカでは昔からで当然で、

ものづくりの現場ではだからと言って言い訳無用です。

>私は、「トヨタやばいよ!やばいよ!」とやたらトヨタ終了論を聞かせてくれる友人のおかげで、かなり不安になっていたのですが、

今度の公聴会、多分後になって「トヨタは絶好のPRの機会を得た」こう評価されると見ています。
何せ自動車メーカーの社長がテストドライバーの資格を持ち、レースにも出ている。その人が自分でテストすると言っている。こんな自動車メーカーはトヨタだけですから、そしてアメリカ人はこんな話が大好きですから。
  1. 2010-02-25 15:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こういう嘘吐きと直ぐバレる証人に何故証言させたのでしょうかね?
こっちの方が興味が有ります。
公聴会潰しのトヨタの高等戦術?
  1. 2010-02-26 10:51
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん

>こういう嘘吐きと直ぐバレる証人に何故証言させたのでしょうかね?
>こっちの方が興味が有ります。
>公聴会潰しのトヨタの高等戦術?

日本の国会議員さんでもクルマの事なんか全く知らない、アメリカの議員さんのレベルは知識がありませんが、まあ似たような物でしょう。
だからこのオバチャンが涙ながらに話をすれば大向こうに受ける筈、そう考えたと思います。
でもアメリカのマスコミ連中は流石に馬鹿じゃない(残念ながら日本のアカヒや侮日よりシッカリしてます)、
この話を聞いてすぐ嘘と分かったと思います。

でも若し”トヨタの高等戦術?”なら・・・
日本人はアメリカの議員連中ほど狡っからくないので・・・
多分無理ではないかと・・・・

いずれにしてもこのオバチャンの嘘泣きパフォーマンスがトヨタには幸いした事は事実だと思います。
  1. 2010-02-26 13:37
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する