2015-02-02 18:11

読売新聞の正論

 後藤さん、湯川さん、2名の日本人がイスラム国を名乗るテロリストに惨殺された。
実に残念だ。
お二方のご冥福を祈ると共にご家族の方々に哀悼の意を表します。



 この問題で気になるのがイスラム国の蛮行を非難せず、安倍さん叩きに狂奔する輩がいる事だ。
これを機会に何とか安倍さんの足を引っ張りたい。そんな意図が見え見えで、実に不愉快である。

今日の読売新聞にこの問題を突いた記事が有った。朝刊一面のど真ん中である。

2015-2-2読売新聞1面

所がこの記事、読売プレミアムにも記事が見当たらない。
そこでOCRでスキャンし、文字化しました。
以下全文です。
(読みにくいので少し改行し、読みやすくしました。)

<以下引用>

 テロの脅しにひるむな

人質の命を弄び、残忍に殺害するテロリストに決してひるんではならない。
安倍首相は「テロと戦う国際社会で日本としての責任を毅然(きぜん)として果たしていく」と強調した。今後、必要なのは、テロと戦う各国との一層の連携とテロの被害に苦しむ人々への支援である。

 イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件が発覚した先月20日以降、日本は欧米や中東各国への協力を求めてきた。
特に自国の兵士がイスラム国に拘束されているヨルダン政府とは、安倍首相がアブドラ国王と3回の電話会談を行い、緊密な連携を図ってきた。

 ヨルダン政府は日本政府に「惜しみない協力姿勢を示してくれた」 (日本政府高官)という。
こうした姿勢は、日本が行っている人道目的を中心とした支援が現地で高く評価され、正しいものであることを物語っている。

 イスラム国側は当初、2億ドルという法外な身代金を求め、その後はヨルダンで収監中のテロストの女死刑囚釈放に要求を変えた。一貫性のない理不尽な要求は、イスラム国が狂信的な犯罪者集団であることを示している。

 野党の一部などには、日本政府が人質の存在を知っていたにもかかわらず、首相が1月の中東訪問でイスラム国の影響を受ける国々への支援を表明したことが、事件の口実にされたとする主張がある。
テロ集団の意向に配慮して外交を行え、ということならば、理解しがたい。


 イスラム国側は今後も日本人をテロの標的にすると脅迫した。多くの日本人がビジネスや観光で世界各地を訪れ、大勢の外国人が日本を出入りする。
政府は国内外でテロヘの備えを固め、テロを許さない姿勢をさらに強めていくべきだ。
    (政治部 中島健太郎)

<引用終り>


私は海外で仕事をしていましたので、こんな事件は本当に他人事とは思えません。
一つ間違えばこんな手合いにつかまる事など幾らでもあるのです。

しかもこんなテロ連中、まともなイスラム教徒ではありません。
カネで釣られたならず者。

イスラム国と言うテロ組織はその兵士を採用するのにこんな事を言っているそうです。

「コーランでは盗みだとか、女を強姦するだとか、殺すだとかは許されない。
しかしこの戦いはコーランの一番大事な”聖なる戦い”の為だ。だから占領したら財物を略奪することは許される。
女を強姦するのも許される。だからさあ戦おう。」


日本でもこれを機会に安倍叩きをしている奴がいる、しかも国会議員にいる所、正にテロリストの思う壺だ
そうだろう、小沢一郎、山本太郎、有田ヨシフ、池内さおり、吉良よしこ、徳永エリ、君らだよ。
それから最後に朝日新聞はじめ反日キムチ新聞の面々。
良く考えて欲しいものだ。

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

イスラム国と中国、それに朝日新聞などについて

明けましておめでとうございます。本年も面白いブログを期待してます。

ところで、たかじんのそこまで言って委員会や青山繁晴氏のスーパーニュースアンカー等で知った事ですが、イスラム国の武器や弾薬などの兵器のほとんどは中国の国有工場が作って中国人が絡む武器商人がイスラム国に売っているそうですね。ネットでは、あの後藤健二と湯川遥菜氏のオレンジ服を着ていた砂漠が背景の映像も荒い処理で先進国の技術でなく中国あたりの技術の提供だという人もいます。

つまり、イスラム国の黒幕は中国共産党かもしれないと言う話です。それに反応してるのかもしれませんけど、中国共産党と昵懇の仲の朝日新聞は元気がいいですね。なんでもシリアに20人も派遣していて外務省の撤退して欲しい意見も聞こうともしないみたいですね。

アメリカ政府や英国なども中国に武器を売る事を止めろとは言えないのが、世界の秩序の限界ですね。

朝日新聞もイスラム国に武器を売る中国を非難せず、安部総理を非難するとは呆れますけど。
  1. 2015-02-03 10:55
  2. URL
  3. コロ4号 #-
  4. 編集

何故反日になるのだろうか

2人目の犠牲者と、大事になってしまいました。
そもそもの原因であるイスラム国に対する批判が日本では全然メディアから聞こえてこないのが怖いですね。
出てくるのは政府の批判、正直なところここで身代金や外国の囚人を日本人のために釈放というのはカモにネギを背負わせてやるようなものでしょう。
日本政府のせいで日本人がターゲットになる、そうイスラム国は言っていますが結果としては日本人を過度に狙わせるような事態にはならずに評価できるものではなかったかと。
ベストではなかったかもしれませんが、政府の対応はベターであったと思います。
ああやって騒いでる人たちはもう少し裏を考えることはできないのか、またそれを煽っているイスラム国国営放送のようなメディアはなんとかできないものでしょうかねぇ・・・
  1. 2015-02-03 14:00
  2. URL
  3. ぽち #-
  4. 編集

Re: イスラム国と中国、それに朝日新聞などについて

> 明けましておめでとうございます。本年も面白いブログを期待してます。
>
> ところで、たかじんのそこまで言って委員会や青山繁晴氏のスーパーニュースアンカー等で知った事ですが、イスラム国の武器や弾薬などの兵器のほとんどは中国の国有工場が作って中国人が絡む武器商人がイスラム国に売っているそうですね。ネットでは、あの後藤健二と湯川遥菜氏のオレンジ服を着ていた砂漠が背景の映像も荒い処理で先進国の技術でなく中国あたりの技術の提供だという人もいます。
>
> つまり、イスラム国の黒幕は中国共産党かもしれないと言う話です。それに反応してるのかもしれませんけど、中国共産党と昵懇の仲の朝日新聞は元気がいいですね。なんでもシリアに20人も派遣していて外務省の撤退して欲しい意見も聞こうともしないみたいですね。
>
> アメリカ政府や英国なども中国に武器を売る事を止めろとは言えないのが、世界の秩序の限界ですね。
>
> 朝日新聞もイスラム国に武器を売る中国を非難せず、安部総理を非難するとは呆れますけど。


イスラム国の武器が殆ど中国製との話、知りませんでした。
でも何でもありの中国ですから納得です。
それからアメリカ民主党政権は中国大好きで、これは戦前からの伝統です。
と言うより今の共産党政権はアメリカ民主党が作ったと言って間違いない。
だからイスラム国への中国の武器輸出もその線で納得できます。

これは証拠が無いのですが、どう考えてもイスラム国と日本とは裏でつながっている勢力が有る。
何処だかは分かりませんが、外務省の指示勧告を無視して朝日新聞記者がそっちに入っている。
この辺にヒントが有るかもしれません。

矢張り敵は自国の中にいる、そうだと思います。
  1. 2015-02-03 14:44
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 何故反日になるのだろうか

> 2人目の犠牲者と、大事になってしまいました。
> そもそもの原因であるイスラム国に対する批判が日本では全然メディアから聞こえてこないのが怖いですね。
> 出てくるのは政府の批判、正直なところここで身代金や外国の囚人を日本人のために釈放というのはカモにネギを背負わせてやるようなものでしょう。
> 日本政府のせいで日本人がターゲットになる、そうイスラム国は言っていますが結果としては日本人を過度に狙わせるような事態にはならずに評価できるものではなかったかと。
> ベストではなかったかもしれませんが、政府の対応はベターであったと思います。
> ああやって騒いでる人たちはもう少し裏を考えることはできないのか、またそれを煽っているイスラム国国営放送のようなメディアはなんとかできないものでしょうかねぇ・・・


今回は後藤さんには気の毒でしたが、まあ結果としては日本の国益を損なう事が無かったのは良かったと思います。
しかしご指摘の様に日本のメディアはイスラム国を非難せず、安倍首相を叩こうとする。
こんなヘンテコな所を見ると、戦前・戦中・戦後のコミンテルンのスパイを思い出します。
日本にもいましたが、一番多かったのはアメリカ。
この連中はカネやオンナでスパイになったのではない。
自らの思想信条に基づいてスパイになったのです。
だから骨の髄まで確信犯。
イギリスのチャーチルがこんなスパイを指して、一番厄介なスパイだと言ったそうですが、私もそう思います。
現在の反日もそんな面が有りますね。
60年も70年も前に見た夢の続きを生きている・・・
  1. 2015-02-03 14:53
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

イスラム国という名称の違和感

こんばんわ、遅レスですいません。

オスマン帝国の滅亡と共に宗教指導者カリフを失ったスンナ派の悲劇として、イスラム国という名称を最初に耳にしたのはイラン・イラク戦争の後だから多分20年位以前のことになるでしょうか。
改めてカリフを擁立してスンナ派の求心力を取り戻す、既存の国家の枠組みとは異なるもの、そんな話だったと覚えています。

今回のISILもバグダディがカリフを自称し、オスマン帝国の最大版図をその範囲としていることから、前記のイスラム国の思想を悪用しているものと思われます。
国家と匪賊の境目をどこに置くか、「国家の主な目的は余剰生産物の再配分である」という古今東西共通の視点で見ても、聞くところでは支配下に置いた油田を主な収入源にしているとのことで、生産を伴わないものは国家と言えないのは明白でしょう。
そして何より周辺のアラブ諸国がカリフを認めていないことから、イスラム国とISILは全く別物と言えるでしょう。
パイロットが惨殺されたヨルダンでは、アブドゥッラー2世国王直々に空爆に出撃するとこと。

情報が錯綜して分からないことが多い中で、何故か日本のマスコミではイスラム国という名称を使うことで、意図的に両者を混同させているように感じます。
犬HKではインフラ整備や食料配布などISILを過大評価させようとしているように見えますし、海外メディアでは残虐な報道を繰り返すことでムスリムに対するネガティブキャンペーンをしているようにも見えます。

またチュニジアからシリアの内戦に至るアラブの春、「独裁は悪」として唆した連中がいるはずで、その過程でISILが急速に勢力を伸ばしているなら、双方に何らかの関係があるとも考えられます。
そして首相官邸前の大騒ぎ。

あくまで直感ですが、西早稲田2-3-18関連の組織が関与しているのではないでしょうか。
総連問題と絡めて、宗教を隠れ蓑にしているコイツらをテロ組織認定してもらいたいものです。
  1. 2015-02-06 02:49
  2. URL
  3. fcq821 #/lkjinTE
  4. 編集

Re: イスラム国という名称の違和感

> こんばんわ、遅レスですいません。
>
> オスマン帝国の滅亡と共に宗教指導者カリフを失ったスンナ派の悲劇として、イスラム国という名称を最初に耳にしたのはイラン・イラク戦争の後だから多分20年位以前のことになるでしょうか。
> 改めてカリフを擁立してスンナ派の求心力を取り戻す、既存の国家の枠組みとは異なるもの、そんな話だったと覚えています。
>
> 今回のISILもバグダディがカリフを自称し、オスマン帝国の最大版図をその範囲としていることから、前記のイスラム国の思想を悪用しているものと思われます。
> 国家と匪賊の境目をどこに置くか、「国家の主な目的は余剰生産物の再配分である」という古今東西共通の視点で見ても、聞くところでは支配下に置いた油田を主な収入源にしているとのことで、生産を伴わないものは国家と言えないのは明白でしょう。
> そして何より周辺のアラブ諸国がカリフを認めていないことから、イスラム国とISILは全く別物と言えるでしょう。
> パイロットが惨殺されたヨルダンでは、アブドゥッラー2世国王直々に空爆に出撃するとこと。
>
> 情報が錯綜して分からないことが多い中で、何故か日本のマスコミではイスラム国という名称を使うことで、意図的に両者を混同させているように感じます。
> 犬HKではインフラ整備や食料配布などISILを過大評価させようとしているように見えますし、海外メディアでは残虐な報道を繰り返すことでムスリムに対するネガティブキャンペーンをしているようにも見えます。
>
> またチュニジアからシリアの内戦に至るアラブの春、「独裁は悪」として唆した連中がいるはずで、その過程でISILが急速に勢力を伸ばしているなら、双方に何らかの関係があるとも考えられます。
> そして首相官邸前の大騒ぎ。
>
> あくまで直感ですが、西早稲田2-3-18関連の組織が関与しているのではないでしょうか。
> 総連問題と絡めて、宗教を隠れ蓑にしているコイツらをテロ組織認定してもらいたいものです。


イスラム国と称するテロ組織、どうにも良く分かりません。
オバマがいやに及び腰な所も腑に落ちないのですが、これ以上は分からないですね。

其れよりもう一つの問題は、この件で一気に騒ぎ出したキムチ一族。
官邸前のアホ踊りと言い、国会で予算審議の代わりに何時までもこの問題に食いつく。
これは憶測ですが、キムチ国から相当の山吹色のお菓子が流れていませんかねえ。
オマケにアカヒ新聞のイスラム国との結びつき。

兎に角疑惑だらけです。
矢張り時期を見て外患誘致罪でショッピク必要が有りますね。
  1. 2015-02-06 15:42
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する