2010-02-11 16:10

トヨタバッシングの根の深さ

トヨタバッシングは毎日報道されているが、その根の深さをよく表す報道がBBCの出ていた。

日本人にはピンと来ていないことが実は重大問題だということがよく分かる。

 

<以下2月10日付BBCより引用>

 

Page last updated at 15:20 GMT, Wednesday, 10 February 2010

Toyota bows and the Japanese art of apology


By Jeff Kingston
Temple University's Tokyo campus

 
A bow is an important yet ubiquitous gesture in Japan and getting it right is essential.

As US President Barack Obama discovered when he bowed and tried to shake hands simultaneously with Emperor Akihito, it is not easy, especially if you are so much taller.

The US media, or at least the anti-Obama wing, launched a feeding frenzy of criticism about Obama blowing the bowing. Was he kowtowing? Was he breaching protocol?

Oddly enough, in Japan, nobody took umbrage - or notice - and the Japanese media reported the story as one of those inscrutable aspects of America, a nation that looms large in Japan even if it is a baffling place where one man's gaffe is another's show of courtesy.

 

<以下略>

詳細はこれを見てください

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/8508531.stm

本文は長いので冒頭の部分をかいつまんで訳すと

 

トヨタのお辞儀と謝罪についての日本の文化

  筆者はテンプル大学東京校のジェフ・キングストン教授

 

お辞儀は日本では重要で普遍的なジェスチャーで それを正しく行うのはとても重要だ。

 

アメリカオバマ大統領は天皇陛下にお辞儀と握手をしようとしたとき、それが特に背の高い人には容易で無いことが分かった。

 

アメリカのメディアは、特に反オバマ側のメディアはオバマが気安くお辞儀した事に対して狂乱的な批評を開始した。

彼は叩頭の礼(こうとうのれい)でもしたと言うのか、外交儀礼に反していると言うのだろうか。

 

不思議な事に日本では誰も不快に思っていないし、注意も払っていない。

日本のメディアはアメリカの不可解な様子のひとつと報道している。その国は1人の人のヘマが他の人には礼儀のショウになると言う厄介なところだとぼんやり分かっていてもだ。

<以下略> 

 

以下の文は長いので省略したがその中にこの二枚の写真がある。

(ルーキー・エラー?と書いてある) 

 

(お辞儀の深さが最初のお辞儀では不十分?と書いてある)

 

 要するにオバマ大統領が日本に来たときの事、天皇陛下にあったとき最敬礼をしたのがアメリカの反オバマ陣営をいたく刺激した。

それが特にオバマ政権内部ではジャパンバッシングの大きな理由のひとつになっている、そういうことである。

この件は以前私もエントリーしている。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1313959/

またテンプル大学はアメリカの大学だ、しかしこの記事がBBCに載っているのも何か意味が有るのだろう。

 

オバマ政権から見ると「折角オバマ大統領が日本に行ったのにポッポはそれを放り出して外遊に行ってしまった。もしポッポが案内して天皇陛下のところに行けばこんな事にはならなかった筈だ」

これが彼らの本音だろう。

事実アメリカの現職大統領でこんな扱いを受けた大統領はいないだろう。

日本がアメリカ喧嘩を売った、そうとられている。

 

 

所で「叩頭の礼(こうとうのれい)」と言っても何じゃコリャ?、聞いた事が無い人が多いと思う。

詳細はwikipediaをご覧ください

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%B7%AA%E4%B9%9D%E5%8F%A9%E9%A0%AD%E3%81%AE%E7%A4%BC#.E8.B1.8A.E8.87.A3.E7.A7.80.E5.90.89

 

正確には「三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)」と言い、中国皇帝の前で臣下が挨拶するとき「3回跪き9回頭を地面に打ち付ける」、こんな挨拶である。

勿論中国だけの物だが、中国(清国)に行った英国人がコレを要求されたので断ったのが外交問題に発展した等などで「Kowtow」と言うのが英語になっている。

 

そしてジェフ・キングストン教授がこんな所で叩頭の礼などという日本人でも知らない人が多い言葉を出してきたと言うのは、アメリカはそれだけ苛立っている、そして叩頭の礼のように屈辱的な思いをした、こう解釈すべきだと思う。

 

トヨタの今回の問題、豊田社長が何回頭を下げようとも簡単には解決しない理由のひとつが此処にある。

 

そしてこの問題の殆ど唯一の解決策は「トヨタが誠実に対応する事でアメリカユーザーから信頼されトヨタは大丈夫と言う声がユーザーから湧き上がってくる事

この一点しか無いだろう。トヨタには頑張って欲しいものである。

 

 

所で話は変わるが先ほど叩頭の礼についてwikipediaの記事を見てくださいと書いた。

実は英文のwikipediaを見るとこんな事が書いてある。

 

The kowtow was often performed in intra-Asian diplomatic relations as well. According to Annals of Joseon Dynasty, a Korean source, in 1596, Japanese KampakuToyotomi Hideyoshi who unified Japan had to kneel five times on the ground and hit his head three times on the ground (五拜三叩头礼), to show his vassal status to the Chinese Ming Dynasty.

 

日本の関白豊臣秀吉が明国に対する臣下のしるしとして五拝三叩頭礼をしたと書いてある。

 

これは日本語のwikiではこの話は朝鮮の文献に出ているが日本や中国の文献には記載が無い、また秀吉の考え方にも反しているので捏造だとなっている。

多分英文wikiは韓国か日本の反日さんが書いたのであろう、(中国には文献が無いので中国人は知らない事)

だがアメリカ人はこの英文のwikiを読んで「そうかkowtowとはそんなものか」こう思ってしまう。

以前侮日新聞が英語版だけでトンデモ記事を配信したのと同じ構図である。

 

これはWikipediaの編集をされている方へのお願い。

こんな事から誤解が深まり、日米摩擦が加速する。何とか改善して欲しい。

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(24)

コメント

No title

>これはWikipediaの編集をされている方へのお願い。
こんな事から誤解が深まり、日米摩擦が加速する。何とか改善して欲しい。

Wikipedia英語の日本関連の記事は本当にひどいものがたくさんあります。
読んでいて目眩がすることもしばしば。。。

天皇陛下に対する敬意の表し方と、一企業の社長の謝罪と比して議論すること自体が低レベルで、この問題の背景の一端を表していると思います。

>トヨタには頑張って欲しいものである。

私は十分に情報を拾えていないのですが、結局トヨタはアメリカが報道しているように故意に隠蔽しようとしていたんでしょうかね。

また、80年代のジャパンバッシングがよく比較にあがりますが、30年経ってまた繰り返されるんでしょうか。
  1. 2010-02-12 11:20
  2. URL
  3. kei-iza #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>天皇陛下に対する敬意の表し方と、一企業の社長の謝罪と比して議論すること自体が低レベルで、

私も読んでいて全く同じ事を考えました。

Jeff Kingston教授は御自分の知識を披露したかった?
ちなみにオバマ氏のお辞儀は英国女王への、アブドゥラ・サウジ国王へのお辞儀が「保守系」の人々から不評を買っています。
米大統領はどの国の長にも頭をさげるべきではない、が彼らの主張のようです。
何故黒人のオバマが大統領に選ばれたのか解ってくるような気がしませんか?
この件についてTB致します。

米国のCEOがI am sorryと言うのは嘗ては聞く事が無かったのですが最近の調査では「迅速に謝る」のが最善とされ、トヨタは社長の謝罪が遅すぎたから許せないとの論調です。
今朝のCNNは過去六年ほど政府とトヨタはCozyな関係を持ったと贈収賄でもあったかと匂わせる報道をしました。
今日までの所はトヨタが弁明に何をしようが攻撃陣は完膚なきにトヨタをたたきのめすゾとの姿勢でしょう。
この終局思うよりも早く来るのではないかと思いますが、それはトヨタの回答次第でそれ故に謝罪に12日も掛かったのでは推測します。
これは正にポーカーの賭け金を上げている様子を見る思いがします。

これまではトヨタが可哀相だと、その結果を招いた新政権にその原因を求めたエントリーを書いたのですがこれはもう少し様子をみるべきだろうと思っています。

  1. 2010-02-12 12:43
  2. URL
  3. Tom #79D/WHSg
  4. 編集

No title

米国と日本とはリコールの制度が違うのです。それを同じ「リコール」と書くのでややこしくなる。米国リコール制度、日本リコール制度と書き分けないと、いかんです。
短足さんは、ご存知と思いますが、米国では松下さんの悲劇(ガス湯沸かし器)はありえないのです。

日本の制度は、ある条件の不具合について、お上にお届けする制度なのです。その条件は法的に厳密に定められ、届けた後の行動・処理についても決まられている。100台売ったら、100台対応しないとリコールは終わらない。

米国の場合は、消費者との契約、約束であり、製品を購入したらメーカーにユーザーとして登録する。登録しない人は、権利を放棄したことになるので「俺にはリコールの連絡が届かない」と言って文句は言えない。
メーカーは、登録ユーザーに対して、製品の不具合情報をダイレクトメールでお知らせする。松下さんのようにテレビで暗い声で訴える必要がない。

そして何をどこまで知らせるかはメーカーの考え方である。
日本のリコールは、国の定めた保安基準に適合しない場合にお上に届ける。
米国のメーカーちょっとした不具合でも、どんどん連絡する。
そのため、米国ディーラーの門前は「市を成す」状態。なにせ、磯の真砂は尽きるとも、米国車の不具合の種は尽きまじ・・・なのですから。
「またかよ」とお客。
「また、お会いできて嬉しいです」とディ-ラー。
リコールユーザーとの接点であり「これをチャンスにオイル、タイヤ、ナビゲーション、有償不具合整備、なんでも売り込みましょうね」という話なのです。




  1. 2010-02-12 12:45
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>この問題の殆ど唯一の解決策は「トヨタが誠実に対応する事でアメリカユーザーから信頼され、トヨタは大丈夫と言う声がユーザーから湧き上がってくる事」

これ又私の推測ですが、トヨタがリコールし売上を伸ばせないでいる間にGM等の3社、外国車が売上を伸ばし競争力をリセットした時に米国は許してくれるのでないかと思います。
もし米国政府がこれに関与していたと、そしてトヨタとホンダが潰れたときにはその非を鳴らすのはトヨタをより多く買った米国民自身であると思えるからです。
  1. 2010-02-12 12:53
  2. URL
  3. Tom #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kei-izaさん

>Wikipedia英語の日本関連の記事は本当にひどいものがたくさんあります。
>読んでいて目眩がすることもしばしば。。。

馬鹿な反日連中にいちいち反論するのは時間の無駄、しかし悪質な記事に対しては日本としてwikiの編集者に抗議すべきです。

>天皇陛下に対する敬意の表し方と、一企業の社長の謝罪と比して議論すること自体が低レベルで、この問題の背景の一端を表していると思います。
>
>>トヨタには頑張って欲しいものである。
>
>私は十分に情報を拾えていないのですが、結局トヨタはアメリカが報道しているように故意に隠蔽しようとしていたんでしょうかね。

クルマの不具合はそれが分かった時、原因を調査し対策を決め部品を用意すると言ったステップが有ります。それを待たずにすぐ発表すれば対策は?、何時部品が来るんだ?と矢の催促で収拾がつかなくなる。
そんな訳で発表が遅れるのを隠蔽だと言う人がいる、しかし一般的に常識的な範囲であれば止むを得ないと考えられています。
今時故意に隠蔽するなどと言う事は日本のメーカーでは無いと思います。
但しリコールかどうかのすれすれのケースで判断が遅れる場合は有るかもしれません。

>また、80年代のジャパンバッシングがよく比較にあがりますが、30年経ってまた繰り返されるんでしょうか。

アメリカは白人至上主義で人種差別は厳然と存在します。
経済的に行き詰ってくればアメリカは戦争でも何でもやる国、今アメリカ経済が非常な苦境に立っている現実を見ると、30年前より酷い状態である事は確か。ジャパンバッシングはまだまだ続きます。
個人としてのアメリカ人はフレンドリーでよい人たちです。
しかし国としては上に書いたような事情を忘れてはなりません。
  1. 2010-02-12 16:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ..... tomtomさん
>>天皇陛下に対する敬意の表し方と、一企業の社長の謝罪と比して議論すること自体が低レベルで、
>
>私も読んでいて全く同じ事を考えました。
>
>Jeff Kingston教授は御自分の知識を披露したかった?
>ちなみにオバマ氏のお辞儀は英国女王への、アブドゥラ・サウジ国王へのお辞儀が「保守系」の人々から不評を買っています。
>米大統領はどの国の長にも頭をさげるべきではない、が彼らの主張のようです。
>何故黒人のオバマが大統領に選ばれたのか解ってくるような気がしませんか?
>この件についてTB致します。

アメリカの住んで毎日アメリカ人の話を聞いているtomtom さんの考え、よく分かります。

>米国のCEOがI am sorryと言うのは嘗ては聞く事が無かったのですが最近の調査では「迅速に謝る」のが最善とされ、トヨタは社長の謝罪が遅すぎたから許せないとの論調です。
>今朝のCNNは過去六年ほど政府とトヨタはCozyな関係を持ったと贈収賄でもあったかと匂わせる報道をしました。
>今日までの所はトヨタが弁明に何をしようが攻撃陣は完膚なきにトヨタをたたきのめすゾとの姿勢でしょう。

そう思います。彼らにしてみると”日本人は俺たちの顔の泥を塗った”、だから右代表としてトヨタを叩くのだ。こう思って居るのでしょう。

>この終局思うよりも早く来るのではないかと思いますが、それはトヨタの回答次第でそれ故に謝罪に12日も掛かったのでは推測します。
>これは正にポーカーの賭け金を上げている様子を見る思いがします。

私も同感です。

>これまではトヨタが可哀相だと、その結果を招いた新政権にその原因を求めたエントリーを書いたのですがこれはもう少し様子をみるべきだろうと思っています。

アメリカが怒っているのはトンでもない新政権に対してのように見えますが、ホントはその新政権を選んで未だに事態の深刻さを理解しない日本人全体に対して怒っている。
そう解釈すべきでは無いでしょうか。
  1. 2010-02-12 16:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>米国と日本とはリコールの制度が違うのです。それを同じ「リコール」と書くのでややこしくなる。米国リコール制度、日本リコール制度と書き分けないと、いかんです。
>短足さんは、ご存知と思いますが、米国では松下さんの悲劇(ガス湯沸かし器)はありえないのです。
>
>日本の制度は、ある条件の不具合について、お上にお届けする制度なのです。その条件は法的に厳密に定められ、届けた後の行動・処理についても決まられている。100台売ったら、100台対応しないとリコールは終わらない。
>
>米国の場合は、消費者との契約、約束であり、製品を購入したらメーカーにユーザーとして登録する。登録しない人は、権利を放棄したことになるので「俺にはリコールの連絡が届かない」と言って文句は言えない。
>メーカーは、登録ユーザーに対して、製品の不具合情報をダイレクトメールでお知らせする。松下さんのようにテレビで暗い声で訴える必要がない。
>
>そして何をどこまで知らせるかはメーカーの考え方である。
>日本のリコールは、国の定めた保安基準に適合しない場合にお上に届ける。
>米国のメーカーちょっとした不具合でも、どんどん連絡する。
>そのため、米国ディーラーの門前は「市を成す」状態。なにせ、磯の真砂は尽きるとも、米国車の不具合の種は尽きまじ・・・なのですから。
>「またかよ」とお客。
>「また、お会いできて嬉しいです」とディ-ラー。
>リコールユーザーとの接点であり「これをチャンスにオイル、タイヤ、ナビゲーション、有償不具合整備、なんでも売り込みましょうね」という話なのです。

その通りです。何せ車検制度が無いのですからそうなります。
でもyuyuuさんはアメリカの制度にも精通されてますね。
音楽と写真だけでなくクルマもプロ、凄いですね。
  1. 2010-02-12 16:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ..... tomtomさん

>これ又私の推測ですが、トヨタがリコールし売上を伸ばせないでいる間にGM等の3社、外国車が売上を伸ばし競争力をリセットした時に米国は許してくれるのでないかと思います。

この件私も続報待ちなのですが・・・ 多分今回の件でGMやフォードは売上を伸ばせないと見ています(瞬間風速は別です)。

>もし米国政府がこれに関与していたと、そしてトヨタとホンダが潰れたときにはその非を鳴らすのはトヨタをより多く買った米国民自身であると思えるからです。

そう思います。しかしトヨタは過去何十年来トヨタバッシング・ジャパンバッシングの大波を乗り越えてきました。
その度に強くなってきた歴史を持っています。
だから必ず立ち上がってくると信じています。ただムチャクチャな強行軍、犠牲者が出ない事を願っています。
  1. 2010-02-12 16:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんさん、
>そんな訳で発表が遅れるのを隠蔽だと言う人がいる、しかし一般的に常識的な範囲であれば止むを得ないと考えられています。

私のブログにのせたフォードの「10年以上放置されてから遂にリコール」は、かなり悪質か、放置体質か、という感が強まりました。それと比較してトヨタの話をして欲しいと思いますし、アメリカ人側の意見が聞きたいものです。

>個人としてのアメリカ人はフレンドリーでよい人たちです。
しかし国としては上に書いたような事情を忘れてはなりません。

まったく同感です。私もアメリカ人と接する機会が多い方ですが、同じように考えています。それは、アメリカの歴史を見れば一目瞭然です。

前回のジャパンバッシングがどうだったのか、現在のように実際に自分の目で耳で情報を得ていないのでわかりません。もしかしたら、日本を始め景気が悪くなかった当時に比べ、現在は世界的に不景気な感も強く、仰るようにまだまだ日本叩きは続くのかもしれませんね。
  1. 2010-02-12 23:59
  2. URL
  3. kei-iza #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>この件私も続報待ちなのですが・・・ 多分今回の件でGMやフォードは売上を伸ばせないと見ています(瞬間風速は別です)。

http://www.usatoday.com/money/autos/2010-02-02-auto-sales-january_N.htm

その瞬間風速がこのサイトにあります。
フォードの前月比25%の販売増はたまたまフリート車が入ったのが大きいそうです。GMは14.1%増、トヨタ15.8%減・ホンダ五%減ですが日産が16.1%伸ばし8.1%の減。

これだけをみますとジャパンバッシングと言うよりモグラの頭バッシングで図抜けていたトヨタとホンダが叩かれたとの見方が出来るかも知れません。

トヨタのセールス減は八車種の販売ストップが当然原因となっていると思いますから、報道量から受ける程のダメージ印象は無いのではないでしょうか。
やはり下請さんが一番の被害者になるんでしょうね。

GM had 21% market share last month, up from 19.5% a year ago. Ford increased its share to 16.7%, up from 14.2%. And Toyota fell to 14.1%, down from 17.9%.
トヨタの販売シェアは前年比で-3.8、GM・フォード夫々+1.5%、+2.5%計4%
トヨタの同月前年比3.8%減は純益からの損とリコール対策費で膨大な出費を強いられているようですがパブリシティーとの見地からすればこの困難を乗り切った時これ又膨大な広告費だったとも見える気がします。

その時トヨタは他の車会社に取って「アンタッチャブル」になることが出来るかどうか?
米メーカーは特にクライスラーは金融的に系列ディーラーに厳しく閉鎖する所があると報道されていました。
この時点でトヨタのディーラーは厳しい状況になっているそうですね。
そうしたディーラーにトヨタは金融援助をオファーしたそうです。
既にご存知の事と思いますが、上記の差はディーラーに取って大きくこうして培われたトヨタへの信頼となり顧客へパスオンされる事になると思います。



  1. 2010-02-13 08:36
  2. URL
  3. Tom #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kei-izaさん

>私のブログにのせたフォードの「10年以上放置されてから遂にリコール」は、かなり悪質か、放置体質か、という感が強まりました。それと比較してトヨタの話をして欲しいと思いますし、アメリカ人側の意見が聞きたいものです。

いやあ手厳しいですなあ、まず私はもう現役を離れてますので一般論でしか言えないのをご了承ください。

所でそのフォードの話です。
トラブルの発生状況と真の原因が報道では読み取れないので分かりませんが極めて稀に発生するケースであることは確かでしょう。そしてフォードやGMには隠蔽体質があることも事実なので隠蔽と糾弾されているのだと思います。

そこでトヨタです。ホンダやスバルなどにも言える話ですが、アメリカでは同じトラブルでもGM・フォードでは問題にならない事が日系メーカーでは大問題にされます。その為日系メーカーはアメリカでは非常に気を使った対応をしています。隠蔽など彼らの頭の中には無い筈です。


>前回のジャパンバッシングがどうだったのか、現在のように実際に自分の目で耳で情報を得ていないのでわかりません。もしかしたら、日本を始め景気が悪くなかった当時に比べ、現在は世界的に不景気な感も強く、仰るようにまだまだ日本叩きは続くのかもしれませんね。

不安を煽る言い方は私は好きでは有りません、しかし今の状況は1941年11月頃とよく似ています。
アメリカは日本は自分たちの地位を脅かす存在と考え、今銃を構え”フリーズ”と言っている、しかし日本人は事態がよく分からずマスゴミの言いなりで踊っている。私はそう思っています。
  1. 2010-02-13 09:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ..... tomtomさん
>トヨタのセールス減は八車種の販売ストップが当然原因となっていると思いますから、報道量から受ける程のダメージ印象は無いのではないでしょうか。
>やはり下請さんが一番の被害者になるんでしょうね。
>
>トヨタの同月前年比3.8%減は純益からの損とリコール対策費で膨大な出費を強いられているようですがパブリシティーとの見地からすればこの困難を乗り切った時これ又膨大な広告費だったとも見える気がします。
>
>その時トヨタは他の車会社に取って「アンタッチャブル」になることが出来るかどうか?
>米メーカーは特にクライスラーは金融的に系列ディーラーに厳しく閉鎖する所があると報道されていました。
>この時点でトヨタのディーラーは厳しい状況になっているそうですね。
>そうしたディーラーにトヨタは金融援助をオファーしたそうです。
>既にご存知の事と思いますが、上記の差はディーラーに取って大きくこうして培われたトヨタへの信頼となり顧客へパスオンされる事になると思います。

貴重な情報有難うございます。
>既にご存知の事と思いますが、上記の差はディーラーに取って大きくこうして培われたトヨタへの信頼となり顧客へパスオンされる事になると思います。
是非こうあって欲しい、そう願っています。
  1. 2010-02-13 09:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんこんばんは・・・

市井の民草と申すしがない庶民です。よろしくお引き回し下さいませ・・

さて、確かに米国オバマ大統領閣下が来日した時に友愛のガキは外遊とか言って彼をエスコートもせずに国外に居ましたね。折れはこれは大問題だと思いましたが、売国左翼テレビ局は淡々と放送していました。変だとは思いましたが、こんな時に意趣返しとはトヨタも運が無いな・・・

その6億円脱税の友愛ですが、米国は大嫌いで韓国中国が贔屓とかいうバカ丸出しの苦労知らずですね。こいつもサラリーマンとかして他人の不味い飯を3.4年喰って来たら違うまともな人間になっただろうけどね・・

その韓国は恐れ多くも天皇陛下を日王と蔑み、悪人汚澤は天皇陛下を中国の国家主席と150人の個人写真をして貰う代わりに天皇陛下への急な面会を割り込ませる政治利用するとか、庶民でも許せない暴挙してますね・

スレタイの中の英文に Emperor Akihitoとありますが、これは直訳では皇帝アキヒト陛下ですね、つまりどう間違っても韓国側の言う日王ではありません。そんな言葉を使う韓国に友愛首相のバカは天皇陛下を差し出してどんな恥をかかしたいのか?

トヨタが友愛首相がオバマ大統領閣下にした普天間問題やエスコートしない意趣返しで倒産するなら、日本国民もその為の経済の疲弊、失業などを感じればいい。そしてミンス党政権を作ったのは反日左翼テレビマスコミだと言うことは知ればいい。
  1. 2010-02-17 02:12
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん

始めまして、コメント有難うございます。

>さて、確かに米国オバマ大統領閣下が来日した時に友愛のガキは外遊とか言って彼をエスコートもせずに国外に居ましたね。折れはこれは大問題だと思いましたが、売国左翼テレビ局は淡々と放送していました。変だとは思いましたが、こんな時に意趣返しとはトヨタも運が無いな・・・

これは単なる意趣返しに見えますがもっと根が深い。
以前のエントリーでそこの事情を書きましたので参考にしていただきたいと思います。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1313959/

>その韓国は恐れ多くも天皇陛下を日王と蔑み、悪人汚澤は天皇陛下を中国の国家主席と150人の個人写真をして貰う代わりに天皇陛下への急な面会を割り込ませる政治利用するとか、庶民でも許せない暴挙してますね・
>
>スレタイの中の英文に Emperor Akihitoとありますが、これは直訳では皇帝アキヒト陛下ですね、つまりどう間違っても韓国側の言う日王ではありません。そんな言葉を使う韓国に友愛首相のバカは天皇陛下を差し出してどんな恥をかかしたいのか?

世界の国家元首には序列が有ります。
その中のトップスリーは日本の天皇陛下=ローマ法王イギリス国王でして、アメリカの大統領がホワイトタイで空港まで出迎えるのはこの3人だけ。
また皇帝=Emperor と言われるのは世界で現在では日本の天皇陛下だけです。バ韓国がどう言おうともこの序列は変わりません、そこがあの国の連中には悩ましいのでしょう。

>トヨタが友愛首相がオバマ大統領閣下にした普天間問題やエスコートしない意趣返しで倒産するなら、日本国民もその為の経済の疲弊、失業などを感じればいい。そしてミンス党政権を作ったのは反日左翼テレビマスコミだと言うことは知ればいい。

今回のトヨタバッシングは単なるシッペ返しではない、ポッポがアメリカに喧嘩を売った、そしてその馬鹿なポッポを選んで知らん顔をしている日本国民に対しての怒りが有ると考えています。
このエントリーで、トヨタの社長が何百回頭を下げようとも事態は解決しないと書いているのはそんな意味です。

今後も宜しくお願いします。

  1. 2010-02-17 07:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

中日新聞の狂ったようなトヨタバッシングは何なんでしょうか?
書いてあることは十年一日の如く作文ですが。
自動車業界に詳しい人なら、その出鱈目かげんは直ぐに分かります。
だからこそ、何か意図的なものを感じます。
日本で一番多く、税金を納め、地元にも貢献している企業を、こういう時期に掌を返すのは何故。




  1. 2010-02-22 08:18
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

話題がずれてしまって申し訳ないのですが。

> 世界の国家元首には序列が有ります。
その中のトップスリーは日本の天皇陛下=ローマ法王イギリス国王でして、アメリカの大統領がホワイトタイで空港まで出迎えるのはこの3人だけ。

この話よく聞くのですが、具体的な根拠、証拠あったら教えてもらえません
か。
そんなのはネトウヨの妄想だという人も多く、そちらでは証拠も挙げられて
います。例えば、タイ国王即位60周年記念の式典で現天皇が他国の国王たち
の中にいる写真(特に上座にいるわけではない)などがあります。
天皇陛下をアメリカの大統領が空港にホワイトタイで迎えた写真というのを
見つけることができませんでした。
否定論では、各国の世襲国家元首は同列で、序列は即位時期の古い順になる
ということで、タイでの写真もそれに近いように思うのですが、どうでしょ
う。

私はネトウヨでもその逆でもないので、この話を鵜呑みにする気も、頭から
否定する気もないので、具体的な検証をしたいです。これまで調べた範囲で
は否定論の方がうなずけるのですが。
  1. 2010-02-22 15:44
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん

>中日新聞の狂ったようなトヨタバッシングは何なんでしょうか?
>書いてあることは十年一日の如く作文ですが。
>自動車業界に詳しい人なら、その出鱈目かげんは直ぐに分かります。
>だからこそ、何か意図的なものを感じます。
>日本で一番多く、税金を納め、地元にも貢献している企業を、こういう時期に掌を返すのは何故。

中日新聞は名古屋を中心とするローカル新聞の大手なので、何故地元のトヨタを叩くのか不思議だと思います。
実は中日新聞は隠れアンチトヨタの左巻き。
自分らは企業に勤め、その報酬で日々の生活の糧を得ているのに企業が大嫌い、そんな体質が有ります。
普段はおくびにも出さないのですが何か有ると本性むき出し。
分かりやすい例えで言うと
プロ野球の阪神タイガースが(万年Bクラスなのが)たまたま優勝しそうになると急に阪神ファンが増える・・隠れ阪神ファンがいます。
(阪神ファンの方、ごめんなさい)
これと同じと思ってください。
困った事に中日新聞は(朝日新聞も同じですが)骨の髄までこんな体質。
日本を駄目にする事しか考えていません。
  1. 2010-02-22 21:47
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>> 世界の国家元首には序列が有ります。
>その中のトップスリーは日本の天皇陛下=ローマ法王イギリス国王でして、アメリカの大統領がホワイトタイで空港まで出迎えるのはこの3人だけ。
>この話よく聞くのですが、具体的な根拠、証拠あったら教えてもらえませんか。

難しい事を尋ねられました・・・困ったな、
あまり深く考えずに何かで見た事を書いたので具体的な証拠はと聞かれると
私も少々戸惑うのですが、以下は証拠ではなく私の考えです。
1)世界の主要国は5カ国です。米・英・仏・独そして日本、つまりG5です。G7とかG8とか言いますが事実上この5カ国が世界の主要国。
まずこれを納得してください。

2)国家元首の呼び方はその国の社会制度で変わります。
共和制なら大統領、君主制なら一般的には国王です。
そして実際の権力と権威とが同じかどうかもその国の制度次第。
例えばドイツには大統領がいますが実際の権力は首相です。
同じ共和制でも韓国は実際の権力は大統領が持っています。
権威と権力を区別しないといけない、元首とは権威の事です。

3)国家元首の序列は一般的には1:皇帝、2:法王、3:大統領、4:国王、5:首相と言われていますがこれは注意が要ります。
大統領とはアメリカ大統領の事で他の大統領はこの中に入りません。
(だから韓国の大統領とアメリカの大統領は同格では有りません)
首相は元首ではないのでこの序列には入りません。

4)日本の天皇は欧米からエンペラーと呼ばれています。(自称では有りません)

こんな所で上記のように書きました。国家元首の序列と言えどもG5の序列を無視できるはずが無い。もし中国の誰かが(例えばコキントウが)皇帝を名乗る日があったとしても、それがNO1にはならないのです。
<続く>
  1. 2010-02-22 22:37
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
<続き>

>例えば、タイ国王即位60周年記念の式典で現天皇が他国の国王たち
>の中にいる写真(特に上座にいるわけではない)などがあります。

この時私はタイに居ましたので事情は大体知っています。
タイ国王のお祝いなので、祝ってもらう人が下座に座るわけにはいかない。
タイは非常に困ったと聞いています。日本の天皇陛下がそんな事を気にしないと了解してくれたので異例では有るが在位年数順に並んでもらう事にしたと聞いています。
現地の報道では(勿論タイ語の)天皇陛下は流石に心が大きい、
そんな風に報道されていたと思います。
(タイ語で大人・・心の大きい人・・と言っていたと思います)

元首の序列が在位年数順などと言う事は(例えばアメリカ大統領はいつも最下位になる)実は有り得ないのです。
タイの話は上に書いたような事情で、タイ人はだから天皇陛下はタイ国王より位が下などと言う事ではなく、天皇陛下が些細な事を気にしなかったのでタイ国王の面子が保たれた、そう解釈しています。
  1. 2010-02-22 22:49
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

タイの式典でタイ国王が特別なのは当然だと思います。
> 異例では有るが在位年数順に並んでもらう
とおっしゃいますが、異例でない、通常の例が見つけられないのです。
もし、異例でなく、天皇陛下が上座にいる国際イベントをご存知でしたら
教えて下さい。

エンペラーが上座に座るのが当然で、それが世界中で受け入れられてい
るのなら、主役のタイ国王は別格として、天皇陛下が上座に座れば良い
だけの話で、なぜ在位年数順して天皇の席次を下位にしたのかが分かり
ません。

> 4)日本の天皇は欧米からエンペラーと呼ばれています。(自称では有
りません)
普通、自称していればそれを尊重してその名称で呼ぶでしょう。違う名称
で呼ぶなんてとんでもない失礼だと思います。天皇を日王などと呼ぶ隣国
は特別な例外です。
中華秩序の中で朝鮮王や越南王を従えた中国皇帝や、ローマ帝国の継承者
としてヨーロッパの他国の王より上に序された神聖ローマ皇帝なら別です
が、日本の天皇の場合は、他の国王を従えているわけでもなく、エンペラー
と言っても自称なだけで、実質国王と同格なんじゃないでしょうか。

<続く>
  1. 2010-02-23 01:04
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

このことを調べていて、すごい事例を見つけました。昭和天皇が渡欧する
際に、給油のためにアラスカに立ち寄った時に、ニクソン大統領がわざわ
ざアラスカに出向いて空港で出迎えたというものです。これはとんでもな
い特別扱いですよね。ホワイトタイで空港に出迎えるどころではないよう
にも思えます。
天皇家が、儀礼上は他の国王家と同格であったとしても、実質は、短足お
じさんのおっしゃるように、日本の国力のせいで特別扱いされているので
はないかと思います。

天皇、法王、英国王が3大権威だなんていうのは、天皇家が特別な存在で
あることを言おうとしているのでしょうが、これがデマなら、こんなこと
天皇家を形容することは天皇家を貶めることにもなってしまうと思いま
す。
こんなことで形容しておいて、後でデマと分かれば、天皇家が特別な存在
であることまで否定されかねません。

3大権威などと言う言い方は、法王や英国王の権威を頼って、それと同格
以上と主張することで天皇家の権威を高めようというものですが、そんな
ものに頼らなくたって天皇家の権威は十分高いと信じます。
  1. 2010-02-23 01:05
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん

先ほどのコメントで少し言い落としました。
タイの国王即位60年記念式典での問題点です。

まずイギリスのエリザベス女王は欠席でした。(皇太子が代参)
若し日本の天皇も欠席なら先進国の元首は居ない事になる。
そうなるとこの式典は単なる田舎のお祭りと見られてしまう。
タイはこれに頭を悩ませたそうです。
天皇陛下が来てくれたので助かった、王様の面子が保たれたと言われていました。

次に王様の序列の問題です。
アセアンだけでもマレーシア・ブルネイ・カンボジアが君主国です。
この序列一つでも簡単ではありません。
これも天皇陛下が序列にこだわらない姿勢を見せた事で解決したようです。
日本の天皇が文句を言わないのに、他に文句を言う国は有りません。
これも日本とタイの友好の為の天皇陛下の重要な仕事だったと思います。
タイ人はこれをよく理解して「ありがとう」と言っています。

この時の序列を見て王族の序列は在位年数順などと言う馬鹿を言う人は、多分特亜の連中でしょう、
そんな連中が天皇陛下を日王等と呼び、俺んとこは大統領だから日王より上、こんな事をいっているのだと思います。
  1. 2010-02-23 12:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

しつこくてすみません。タイのイベントでの状況は分かりましたが、
まだ納得いかなくて。

> 日本の天皇が文句を言わないのに、他に文句を言う国は有りません。
それほど日本の天皇が尊重されているなら、その天皇を上座において
も文句が出ないでしょうに、なぜ、天皇も含めて在位年数順にする
必要があるのでしょうか?

> そんな連中が天皇陛下を日王等と呼び、俺んとこは大統領だから日王
より上
私が調べた中で、「プロトコル順」では在位年数順だ、と言っていると
ころでは、世襲元首>選挙元首という位置づけですので、天皇(エンペ
ラー)と呼ぼうが、日王(キング)と呼ぼうが、大統領よりは上ですか
ら、それとは関係ないと思います。

日本の天皇が海外で尊重されているのは確かだと思うのですが、法王、
英女王、天皇が3大権威というのはデマだと言うのが私の印象です。

否定派が証拠として挙げているタイでのイベントが、特例であって
通常とは違う、と言う説明を受け入れたとしても、特例でない、通常
の例、天皇が3大権威の一つとして扱われている例、を見ないことに
は納得できないのです。そういった例を私はまだ見つけることができ
ていません。

短足おじさんもその証拠はお持ちでないとのことですので、他を探し
てみます。それを見つけられない限りは、他人に聞かれたら、「3大
権威?あんなものはデマだと思うよ」と答えると思います。
  1. 2010-02-27 23:34
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>しつこくてすみません。タイのイベントでの状況は分かりましたが、
>まだ納得いかなくて。

いえいえ構いません。お互い言いたい事を言うのは大事な事です。

>私が調べた中で、「プロトコル順」では在位年数順だ、と言っていると
>ころでは、世襲元首>選挙元首という位置づけですので、天皇(エンペ
>ラー)と呼ぼうが、日王(キング)と呼ぼうが、大統領よりは上ですか
>ら、それとは関係ないと思います。

一つこれだけは理解していただきたい事、それは同じ国王・大統領という名前でも中身は全く違うと言う事です。
アメリカの大統領と韓国の大統領とを同じ名前だからといって同格扱いしない事で理解できると思います。
またマレーシアには一応国王(スルタン)が居ますが、王だからイギリスの首相より位が上、誰もそんな事は言っていません。

>日本の天皇が海外で尊重されているのは確かだと思うのですが、法王、
>英女王、天皇が3大権威というのはデマだと言うのが私の印象です。

デマかどうかの具体的証拠は、世界でどれだけの人がその元首に敬意を払うか、これで決まると思います。
世界中に共通する法律などありませんから、あくまで根拠はどれだけの人が敬意を払うか、この一点です。

>短足おじさんもその証拠はお持ちでないとのことですので、他を探し
>てみます。それを見つけられない限りは、他人に聞かれたら、「3大
>権威?あんなものはデマだと思うよ」と答えると思います。

それで良いのではないですか。但し一言付け加えれば上に挙げた様に「どれだけの人が敬意を払うか」に自国以外の国の人が「どれだけ敬意を払うか」を付け加えれば良い。
丁度良い例が有ります。
日本の鳩山首相とトヨタの豊田社長、元首の序列から見たら遥か下の話ですが・・・アメリカ人が見てどちらに敬意を払いますか?
片や口から出任せの嘘吐き首相。一方一企業の社長ですが、出席義務の無い公聴会で汗だくになって自社の取り組みを説明する企業人。
結果は事実が証明する、こう考えたらどうでしょうか。
  1. 2010-02-28 06:42
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する