2014-09-04 17:07

朝日新聞の売上げに協力・・・150円だけです

 今日は週刊新潮と週刊文春の発売日。
そこで私も早速その両週刊誌と朝日新聞を買ってきました。

朝日新聞が芽出度く苦境に陥っているので、ささやかながら150円だけでも協力をと・・・(棒)。

見どころが色々有るのですが、最初はコレ

2014-9-4朝日新聞朝刊一面

池上氏のコラムが朝日新聞批判だったので掲載拒否、しかしあまりの反発の強さに朝日が驚いて慌てて掲載を決めたもの。
池上のおっさんなんかどちらかと言えば朝日マンセーだった筈。そのお友達まで敵に回したらしい。



そして週刊新潮と週刊文春は先週もだがアンチ朝日の論陣を張っている。
先週は広告掲載拒否、しかし今週は広告こそ掲載しているモノの・・・

2014-9-4朝日新聞週刊新潮広告

朝日新聞には誤報とか売国とか言う言葉な無いようだ。
こんな伏字など大東亜戦争中の言論統制時代ならともかく、この平和の時代に有るとは全く呆れかえる。
最近ではポルノ週刊誌にだってこんなモノは無いぞ。

皆様の朝日新聞はどうやらポルノ新聞以下に成り下がったらしい。

そう言えば誰かが言ってたなあ・・・
朝日新聞をアカヒ新聞と言っているが、あれは間違いだ!
正確にはあの新聞は「アカ新聞」だ。
確かにアカ新聞そのものである。


週刊誌は元気そのものだ。アカ新聞を叩く、そりゃ面白いだろう。

これは今日発売の週刊新潮の朝日新聞記事の見出し

2014-9-4週刊新潮記事見出し

この傲慢な体質が朝日新聞だけでなく日本のマスゴミ全体に染みついている。
その原因は独占体制であり、無茶苦茶な高給で頭をマヒさせている事にある。
この件はまた別の機会にも取り上げます。


そしてこれは週刊文春の記事見出し。
週刊文春は朝日新聞の木村社長の社内メールを何処かから入手したらしい。
そこにはこの見出しのような内容が認められていたのだとか。

2014-9-4週刊文春記事見出し

凄いですねえ。
「今回の記事は朝日への信頼をさらに高めた」
「反朝日勢力に屈しない」と胸を張り、
吉田調書記事は「第一級のスクープ」と自賛。


此れじゃ手が付けられませんですね。
〇カは死ななきゃ治らない、
アカは死んでも治らない・・・嗚呼!
  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

アサヒしんぶんに「誤報とか売国」という言葉が無い理由

こんにちは。

アサヒは、新聞社協会綱領を厳格に守っているのでしょう。

品格と節度
 公共的、文化的使命を果たすべき新聞は、いつでも、どこでも、だれもが、等しく読めるものでなければならない。記事、広告とも表現には品格を保つことが必要である。また、販売にあたっては節度と良識をもって人びとと接すべきである。
http://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/


というか、この新聞協会綱領は「ギャグ」「ブラックジョーク」としか私は思えないのですがね。
  1. 2014-09-04 18:44
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

こんばんわ

何か、亡国の環球時報とか人○日報見たいですね。
朝日新聞は。正当な日本国民の手で、送ってあげましょう。
ああ
確か、安倍の葬式は朝日で出すとか、言ってた馬鹿が居ましたが
いよいよ、ブーメランですかね^^
  1. 2014-09-04 20:06
  2. URL
  3. とろ #-
  4. 編集

これで戦前を批判しているんですからねえ・・・

検閲が好き、伏せ字が好き、言論弾圧が好き。これじゃ、いつの時代の新聞かわかりゃしませんね。よもさんも書いていましたが、全部のっけちゃえば何も問題はないのに、まったく逆方向に進むのですから、ありがたいことです。読者をまったく見ずに、会社の上司しか見ていないからかもしれませんが、これじゃ情弱マスコミですね。いや、マスコミ全体が情弱なのかもしれませんが。

おかげで国民の怒りが鎮まらないですみますけどね。朝日には、このまま突っ走ってもらいたいものです。
  1. 2014-09-04 21:40
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

 わが辞書に「売国」の文字はない。
 わが辞書に「誤報」の文字もない。

 と言うのが朝日のスタンスでしょう。

 誤報と言うのは、事実誤認の報道をすることですから、報道でないモノには誤報はありません。
 朝日の記事は報道ではなくプロパガンダなのですから、誤報はあり得ません。 

 国家の意味を理解していないのだから「売国」の概念もないのです。
 愛国心がないと「売国」の意味は理解できませんから。
  1. 2014-09-05 00:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: アサヒしんぶんに「誤報とか売国」という言葉が無い理由

> こんにちは。
>
> アサヒは、新聞社協会綱領を厳格に守っているのでしょう。
>
> 品格と節度
>  公共的、文化的使命を果たすべき新聞は、いつでも、どこでも、だれもが、等しく読めるものでなければならない。記事、広告とも表現には品格を保つことが必要である。また、販売にあたっては節度と良識をもって人びとと接すべきである。
> http://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/
>
>
> というか、この新聞協会綱領は「ギャグ」「ブラックジョーク」としか私は思えないのですがね。


面白い! 鋭い見方ですね。 
>新聞協会綱領は「ギャグ」「ブラックジョーク」
確かにそう思います。

まあ、普通はブラックジョークなどと言われたら反省するのですが、朝日新聞の社是には安倍の葬式は「うちで出す」は有っても反省は無いのでしょうね。
社是ですから何を言っても外野からの意見など馬耳東風。

朝日とはそう言う存在でしょうか。
矢張り「朝日の葬式は国民が出す」、これですね。
  1. 2014-09-05 06:29
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:とろさん

> こんばんわ
>
> 何か、亡国の環球時報とか人○日報見たいですね。
> 朝日新聞は。正当な日本国民の手で、送ってあげましょう。
> ああ
> 確か、安倍の葬式は朝日で出すとか、言ってた馬鹿が居ましたが
> いよいよ、ブーメランですかね^^


凄いブーメランです。何と32年かかって戻ってきた。何かハレー彗星並のパワーが有りそう。
これでも8月5日の記事で社長が新聞1面トップで頭を下げていれば様子も変わったのでしょうが、頭を下げるどころかふんぞり返っている。
更に悪いのは今年の福島原発吉田所長の発言歪曲・捏造問題。
これで福島原発の英雄的な職員をコリアのセウォウル号並に全世界に報道した。
多分これでも名誉棄損で訴訟を食らう事になるでしょう。
朝日を潰して資産没収、原発被害者救済に当てれば歴史に残る善政でしょうね。
  1. 2014-09-05 06:57
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: これで戦前を批判しているんですからねえ・・・

> 検閲が好き、伏せ字が好き、言論弾圧が好き。これじゃ、いつの時代の新聞かわかりゃしませんね。よもさんも書いていましたが、全部のっけちゃえば何も問題はないのに、まったく逆方向に進むのですから、ありがたいことです。読者をまったく見ずに、会社の上司しか見ていないからかもしれませんが、これじゃ情弱マスコミですね。いや、マスコミ全体が情弱なのかもしれませんが。
>
> おかげで国民の怒りが鎮まらないですみますけどね。朝日には、このまま突っ走ってもらいたいものです。


全く同感です。
朝日の問題点は一人二人のトップが狂っている事ではない。
トップは狂っているが、それより社内を支配する空気全体が狂っている。
いわば「社内全体が北朝鮮状態」、此処が問題の根源だと思うのです。
だから金正日がいなくなっても金正恩が出てくる、そっくりですね。

有るブログに面白い事が書いてありました。
新聞の捏造報道に関して
>それに異論をはさみだしたのは、ネットにおけるブロガーたちの反論であり、プロの新聞記者たちもその意見を無視する事が出来ないほど影響力を持ち出した。中にはネットのブログを見ながら記事を書く記者もいて、専門知識を持つブロガーも多くいる。

こうだと思います。

  1. 2014-09-05 07:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  わが辞書に「売国」の文字はない。
>  わが辞書に「誤報」の文字もない。
>
>  と言うのが朝日のスタンスでしょう。
>
>  誤報と言うのは、事実誤認の報道をすることですから、報道でないモノには誤報はありません。
>  朝日の記事は報道ではなくプロパガンダなのですから、誤報はあり得ません。 
>
>  国家の意味を理解していないのだから「売国」の概念もないのです。
>  愛国心がないと「売国」の意味は理解できませんから。


正にご指摘の通りだと思います。
そして特に愛国心が無ければ「売国」の意味は理解できない。
これが今の世界の最大の問題なんです。
国家と言うモノを不要と思い、国境を取り払おうとする。グローバリズムですね。
朝日を含めこの連中には自分の国とよその国の区別がつかない。
だから日本が損をしてもチョーセンが儲かるんなら別にいいじゃないか。
此れが今は韓国に亡命したバカ宮元朝日新聞主筆なんかの考えている事です。

日本の敵はグローバリズム。
しかしヨーロッパ、とくにドイツがコレの問題に気が付きはじめました。
特にウクライナ問題でその思いが確信に変わったと思います。
  1. 2014-09-05 07:21
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する