2015-05-31 11:33

ハングル談義のコメント紹介

 韓国語の漢字廃止だとかハングルだとかいろいろエントリーした。
そこに皆さんから有意義なコメントを頂いたのだが、コメント欄に埋没してしまっては勿体ないので一部紹介させていただこうと思う。


最初にkazkさんからこんなコメント。

よもさんの所でも紹介しましたが

http://ci.nii.ac.jp/els/110006424360.pdf?id=ART0008430592&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1432858089&cp=

 まあ別にこの文書に価値があるわけじゃあありません、ここに出てくる年表を見て欲しいのです。ハングル専用論者という自民族優越主義に浸った愚か者の策動の歴史がわかります。決定したのはドラ娘の親父ですが歴史は長いのです。一朝一夕じゃありません。要は北にも南にも同じような馬鹿がいた。それだけのことです。

ここに今の韓国の中高で漢字漢文として教えられてる漢字のリストがありますが、これで完全にハングルが発音記号と分かりますよね。こんな使えねえもの400以上も憶えさせられる、小生なら気が狂いますね。漢字覚えるよりはるかに苦痛です。

・・・以下略、詳細は下記参照ください
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1115.html

<引用終り>

最初にkazkさんが「よもさんの所でも紹介しましたが」と言っている資料。

これは愛知学院大学准教授の文 嬉 眞と言う女性の論文。
韓国人らしくかなりバイアスのかかった論文で、中身はそれなりに注意して読まねばいけないがkazkさんが指摘している「ハングル専用論者という自民族優越主義に浸った愚か者の策動の歴史」、これは興味深い。
そしてそして自民族優越主義の長い、根の深い歴史を注意したい。
(だから福沢諭吉は脱亜論、なるほどである)

そして最後が漢字とハングルの対照リストが最後に載っている。
漢字1800に対しハングルは約400.そのリストの一端がこんなこの。

2015-5-30漢字ハングル対照表

よくハングルは放火と防火が区別できないと言われるが、これがその原因のハングルに対する漢字リスト。
一つのハングル=漢字の音読みに対し「方、防、房、放、邦、訪、芳、傍、倣」と9個の漢字が該当する。
更にすごい例がその少し下に有る。一つのハングルに対し漢字が32個該当する。
こんなモノを丸暗記しないと分からないのだが、kazkさん曰く「小生なら気が狂いますね。漢字覚えるよりはるかに苦痛です。 」との事。
全く同感、こんな言葉を覚えさせるなどもっての外である。

しかし呉善花さんは流石そんな問題の真相を見抜いている。
呉善花さんの「反日・愛国の由来」と言う本にはこんな事が書いてある。

韓国・朝鮮人は物事の事実より理念が優先する。だから韓国人の発表する数字が信用ならないのだと
こんなこんな理念優先なのでハングルの難しさ・問題点などには目もくれない。若し日本でこれを採用せよと言う話しが出たら、こんな表を示して「これでハングルだけで理解出来る筈が無いだろう」と言えばだれでも納得する。
しかし韓国ではハングルは自民族の作った世界一の文字。だからこれをぜひ採用するのが正しい。こんな理念が優先するのだ。



もう一つ、minaQさんちの鬼ころ美人さんがこんなコメントを寄せてくれた。
元記事はコレ
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1114.html

<以下引用>

あっちの6コマ漫画から解説するハングル事情、追記

同音異義語で表されるものがニホン語にもたくさんありますよね、明治の頃の旧仮名遣いには今では見慣れなくなったひらがながいくつか登場します。ニホン人がハングルをまとめたころがちょうどその時期だったせいでしょうか、旧仮名遣いに似た”旧ハングル”とも言える表記も存在していたようです
※柳寛順(引用者注:朝鮮の女性独立運動家)の表記は2種類あった

さて、ほぼ全ての韓国人は”短気で思慮が無い”ということはよく知られています、これは韓国人のひとから直接聞いた話ですが、”韓国人にジョークは通じないょ”ということです。これだけを聞くと”真面目な性格だから?”なんて思い違いをしそうですがこれがとんでもないことなんだそうです
ニホンには”シャレ”を言うというコミュニケーションがありますが、韓国人には同音なのに異義語しか無いので”シャレ”あるいは”駄酒落”(誰じゃ)というものが半分のひとにしか通じないというのです。普通に道を聞かれても”ダレジャ”と言っているようなものですからどちらも喧嘩腰になる...そうなるのを避けるために道を尋ねる方と教える方の上下関係をはっきりさせる必要がある...というんです。
落語にでてくる長屋のご隠居(旅行中の人(引用者注:越後の国のご隠居は現在旅行中)ではない)とクマさん八っつあんのやりとりのなかでご隠居が物知りふうに解説してくれるハナシ>>>これはほとんどのニホン人には理解できますが、韓国人には似たような文化がまったく存在していないという歴史もそのへんにあるようです。


大学新入生の場合國漢混用(限定混用)体文を読めない学生がほとんどであり、(大学)教養国語の時間に漢字語讀音学習資料集を別に提供する」とし、これ2〜30年前の大学生からは想像もできないこととした。
http://www.chogabje.com/board/view.asp?C_IDX=34314&C_CC=AZ

1969年、政府から法官(裁判官)採用試験を実施したが、受験資格は法科大学4年卒業者と同3年修了者であり、採用予定人員は80人であった。ここに應試した裁判官志望者数は3千2百人であった、試験結果合格した者の数は20名であった。
この結果に慌てた当局は、その翌年(1970年)、複数の選択肢出題(出題)にして、カットラインがない成績順に80人を選抜したいと言った(そのような方針と結果がどうなったか、私はその後、再認識興味を失った)。
以上の事実を分析すると、3万2千人台20人だから、160対1の割合になる。つまり、160人のうち書くべきことは、ただ1人であり、残りの159人は多使えないものだということだ。一つ法科大學で一回(回)の卒業生を100人にヒットした場合、その中0.6人がやっと書くことで、残りの99.4人使えないということだ。
http://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?id=90010&cpage=93&no=79703

<引用終り>

minaQさんちの鬼ころ美人さんは毎日現地事情に接しているだけにこんな事実は貴重です。
特に韓国人にはジョークは通じない、こんな所など韓国人とたとえすれ違うだけでもこの性格ではトラブルの元。
そして例え道を聞くのでも「道を尋ねる方と教える方の上下関係をはっきりさせる必要がある」、この話には正に絶句です。

そう言われてみれば韓国人が時折見せる傲慢さはこんな所にも原因がある、そう感じました。

更に裁判官がトンデモナイ連中だという事。これで韓国の裁判所ではトンデモ判決が良く出るのも分かりました。
裁判官がそもそも字が読めないからちょっと古い判例など記録がたとえあっても読めない、読めても理解できない
こんな事で憲法違反の国民情緒法優先判決が出るのも分かる気がします。

こんなモノを見ていると益々気が狂いそうですね・・・・・
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2015-05-27 22:18

タイの高速鉄道が決まったとの報道

 紆余曲折の末、タイの高速鉄道が日本の新幹線で決まったと報道されている。
嬉しい話である。
と言ってもこの話は高速鉄道だけではない。貨物用の路線もついているのだが日本では報道されない。
そんな事を纏めてみた。

尚参考までに今までのエントリーはこんなモノが有る。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1095.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1093.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1090.html
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1089.html


最初にバンコク週報の報道から

<以下引用>

タイ鉄道開発計画、日本との覚書を閣議が承認
27/05/2015
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=5703

タイ政府は5月26日の閣議で高速鉄道建設などのために日本との間で取り交わす覚書の内容を承認した。

覚書には、バンコク=チェンマイ間(635キロ)の高速鉄道建設、カンチャナブリ=バンコク=チャチュンサオ=アランヤプラテートを含む路線(574キロ)の複線鉄道建設などで日本側の協力を求めることが盛り込まれている。

このほか、ウィラチョン政府副報道官によれば、タイと日本は、メソット=ピサヌローク=コンケン=ムクダハンをつなぐ718キロの鉄道開発の実行可能性調査も共同で実施する予定という。

<引用終り>

所が日本の報道はと言えば、上掲記事の最初の高速鉄道の話ばかり
参考までにNHK様の報道では

<以下引用>

タイ高速鉄道 日本の新幹線技術活用検討へ
5月27日 0時05分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010092901000.html

日本とタイの両政府は、タイが建設を計画している高速鉄道について、日本の新幹線技術の活用を検討していくとする内容の覚書を交わすことが明らかになりました。
タイ政府は、首都バンコクから北部の観光都市チェンマイを結ぶおよそ700キロの路線で高速鉄道の導入を検討していて、日本に建設面や資金面での協力を求めてきました。これについて、太田国土交通大臣は27日、都内でタイのプラジン運輸相と会談し、今後の協力について覚書を交わすことにしています。NHKが事前に入手した覚書では、「日本とタイはバンコク・チェンマイ間の高速鉄道について日本の高速鉄道の技術と経験を活用し開発を進める」としていて、日本の新幹線技術の活用を検討していくことが明らかになりました。
タイでは、政府の予算不足から、鉄道のほとんどが単線で車両も電化されておらず、大量に速く乗客を輸送できる鉄道の整備が、さらなる経済成長に向けた課題になっています。このためタイ政府としては、最大の投資国である日本からの協力で高速鉄道の建設を進めたい考えですが、建設費は日本円でおよそ1兆5000億円に上るとされ、資金面で日本がどの程度協力するかなど、多くの懸案も残されています。こうしたことから、日本政府は来月にも現地調査を行うほか、タイ政府と緊密に協議を続け、建設に向けた計画を具体化させていくことにしています。

<引用終り>


さてではどのあたりにこの鉄道が敷設されるのだろうか

この図の左上、バンコクーチェンマイ線がその高速鉄道路線
2015-4-2タイの高速鉄道建設計画路線図no2

タイの首都バンコクとタイ第二の都市チェンマイを結ぶ高速鉄道、当初はタイ北部の観光に非常に有意義だろう。
しかしタイ北部はつい120年ほど前まではラーンナー王国と言ってタイ族ながら独立国。現在のチャクリー王朝に併合されたのは1894年なのだ。そして今でも隠然たる勢力を持つタクシンの出身地が此処。だからタイ北部とタイ東北部はタクシンの地盤である。
恐らくこの日本製新幹線はタイの統合・融和の象徴的なプロジェクトになる筈だ。
その意味でタイにとって極めて意義ある高速鉄道ではないかと思う。
バンコクとチェンマイが日帰り圏内になる。タイ北部の産業振興にとても有効な筈だ。


そしてもう一つの路線がコレ
上掲地図でバンコクから横に伸びる路線なのだが見にくいので別の地図を添付しました。
2015-4-5南部経済回廊図

この路線はタイの報道でカンチャナブリ⇔バンコク⇒チャチェンサオ⇔アランヤプラテート(サケオ県)となっている。
しかしこんな辺鄙なところにと思うのだが、狙いは全く違う。
この地図で分かるようにミャンマーのダウエーからタイのカンチャナブリ⇔バンコクを結ぶ路線で恐らく貨物輸送が大部分の筈だ。さらに将来カンボジアのプノンペン、そしてベトナムのホーチミンへとつながる予定なのだ。
インドシナ半島の東西回廊がコレで完成する。
肝心な事はマラッカ海峡を通らない物流ルートが完成する。この意義はとても大きいのだ。

麻生さんが言いだした自由と繁栄の弧がコレで一つ完成する訳だ。


最後にどうしても行っておきたい事。
この路線は恐らくバンコク⇔カンチャナブリが最初に開通すると思う。
そして同時にミャンマー側もダウエーまで開通するはずだ。
そうすると永年まともな物流ルートの無かったミャンマー(ビルマ)とタイが鉄道で結ばれる・・・、そうです、泰麺鉄道です。
オリジナルの泰麺鉄道とは若干ルートは変わったが泰麺鉄道にかわりはない。第三泰麺鉄道になるわけだ。

第三泰麺鉄道??? じゃあ第二泰麺鉄道も有るのか??? 有ったんです。と言う話しはまた別エントリーでアップします。

  1. タイ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2015-05-27 15:07

1970年

 韓国のハングル専用化が国民の文章理解力低下、そして事象の理解力低下を招いている事を書いてきた。
その原点を見てみるとどうしても1970年がターニングポイントになっている事に気が付く。
1970年に何が有ったんだろう。
そんな所を比較して見たい。

当時韓国は朴正煕大統領の独裁政権時代だった。(1963年-1979年)
1965年 日韓基本条約締結
1967年 韓国の公用語、国語教育へのハングル専用化決定(準備に5年、1972年施行予定)
1970年 ハングル専用化施行、(当初計画より2年前倒し)

そして
1960年代 日本文化の流入禁止
以下wikiに依れば
 朴正熙軍事政権下の1960年代に相次いで成立した文化関連諸法(放送法・総合有線放送法、公演法、映画振興法、音盤・ビデオ及びゲーム物に関する法律、外国刊行物輸入配布に関する法律)において制限された。なお「ここで注目すべきは、外国文化関連法律のどこにも日本文化はむろんのこと、特定の外国文化を指して文化規制を行うといった内容の条項は存在しないことである」

朴正煕大統領は親日と言われているがその正体は猛烈な反日、その証拠がこの日本文化流入禁止。
巧妙な事に法律の文言には日本とは書いてない。しかし実際は日本が対象であることは誰でも知っている。
朴正煕大統領は証拠を残さぬよう立ち回っていたのだ。
だから日韓基本条約も国内には公表してこなかった。

ハングルについても1948年に李承晩政権で公文書へのハングル使用などが決定されている。
だがこの法律、対象の公文書が何なのかも不明。教育をどうするかも不明。要するに単なるアドバルーンだった。

しかし朴正煕大統領の推進したことは教科書は全部ハングルだけ、そんな徹底的なものだった。
この政策はハングルを強要すると言うより、ハングルしか分からない人間を作る、そんな教育政策だったと言える
新聞などは80年代までは漢字ハングル交じり文だったが、読者が漢字が読めなくなってしまったため徐々に漢字を減らしてきた。そして現在では全部ハングルになってしまった。






さてその1970年代の韓国と日本を比較するとどうなるか。
これは1970年代のソウル

2015-5-271970年代のソウル
この当時はソウル市庁舎、日本統治時代の1926年10月完成。
現在は登録文化財(第52号)に指定されている。

2015-5-271970年代のソウル2

2015-5-271970年代のソウル3



参考までに1970年と言えば日本では万博、そこでこんな記録映画が有る



万博、懐かしいですね。あの頃は日本人がキラキラ輝いていた時代でした。



さて韓国の反日・愚民化政策、その結果がどうなったのか。
冒頭のソウル市庁舎の写真は今こうなっている。此れこそ韓国人の日本に対する考え方をズバリ表現したものだろう。

2015-1-31ソウル市役所新庁舎2

何とも悲しい事になってますね。
専門家は“日帝さえ特別な念を入れたソウルの心臓部に私たち自ら大きい間違いを犯した”と酷評しているそうだ。

未だに反日一本やりのクネたん。恐らく朴正煕のかけた呪縛に嵌ってしまっているのだろう。
今年は未だまだこれから大波乱が有りそうな、そんな気がします。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2015-05-25 18:48

文字の読めない国民の悲劇<ハングルの話

 ハングルと言うのは調べるほど困った文字の様だ。
韓国人は世界最高の文字と自画自賛しているが、呉善花さんの話では「日本語を知ると韓国語はなんとも面倒な言葉」なのだとか。


そんな事で一寸基本的な事を。ハングルの構造である。

2015-5-25ハングルの構造サンプル

此処では金さんの「金=kim」のハングルがk、i、mそれぞれに相当するハングルの構成要素(字母と言う)の組み合わせでハングル1文字になっている事を説明している。

全体ではこんなモノ(Wikiによる
2015-5-25ハングルの構造wiki

とまあこんなモノで、ハングルは表音文字と言われ、事実間違いではない。しかし正確には表音節文字である。
だからハングルの構成要素である字母が子音字母19、母音字母21であり、その組み合わせは理屈的には11172の組み合わせが出来る。しかし実際使われるのは半分以下で、Wikiに依れば日常の99%が表記できる範囲として2,350字程度らしい。

しかしこの2350文字としても、これは単に音を表わすだけで意味は無い。だから丸暗記する以外ないがほとんど不可能だろう。

尚ここでお断り。5月20日のエントリーのコメント欄である方からのコメントに対し「漢字1文字にハングル1文字が対応している」と書きましたが不正確でした。Kazkさんのご指摘で以下の様に描きなおすのが正確かと思います。
正しくは「漢字一文字の朝鮮式音読み(千年以上前の音読み)に対しハングル一文字が対応している」でした。
kazkさん有難うございました。
尚この件の事例として算、産、山はハングルは同じ、だからハングルを見て算なのか産なのか山なのか分からないと言った事が起こるようです。
此処から先は笑韓事例で色々有りますね。、

この様にハングルは日本ではひらがなの様なモノと言われますが、実は覚えるのはとても大変らしい。
小学校の子どもなどは最初にこのハングルが憶えられない子が約30%位はいるようで、その子たちは最初から文盲状態になると言われています。
そんな事で後程紹介するkazkさんのコメントで、戦前の話だが韓国の小学校で最初に日本語を教わった子は先ずカタカナを覚える。カタカナは約50文字覚えればいいのでカタカナでハングルにルビを振って覚えたと言う事例が紹介されていますが成程です。



さてそんなハングルが読めない事例としてminaQさんのブログで韓国の6コマ漫画から見たハングル事情が載っていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13182074.html
一寸その一端を紹介すると

あっちの6コマ漫画
テレビを見ながら毒づくおとーさんとむすめの会話
2015-5-25ハングルのマンガ1
うん?  TVセヲル号

2015-5-25ハングルのマンガ2
あれ、またやってる
うんざりしてうんざりだ

お金も8億だって
受け取るんだ!
もう少しなんとか...


そして以下がminaQさんの解説です。

さて手書きのハングルって解読不能っぽいじゃないですか

じつは韓国人のおとしよりにはホントに意味不明なんだそうです
・・・中略
ここで記号のようにしか見えないハングルにも悪筆があるのかといえばその答えはYESです。手書きとなればなおさらワカンナクなっちゃうのですが、じつは文字の書体によっても読んでもらえない場合があるんだそうです (明朝体とかゴシックっていうあれ(フォント)ですよ)
・・・中略・・・
ハングルというくくりのなかで同じような表記が同時に存在するというのも問題です
読めない書けない、機能性文盲だ。っというだけでは済まされない問題なのですね
これを”失読症”だとしてしまうには韓国人の発症率が高すぎるのです(30%以上)

たとえば生活に困ったのが”基礎受給申請”のために自治体の窓口に行くわけですよ、窓口ではいくつも書類を書かなきゃなりませんが、その段階でほとんどの”基礎受給申請者”は諦めて帰るんだそうです 名前を書く欄でさえ「ハングルで書く事」というのが分からないそうです(ハングルしか書けないけどハングルが何を意味するのか分からない
これね、今は教えなくなった”漢字混じり”の過去新聞記事が読めないっていうのとは別の問題なのです。
・・・中略

(このような読めない文字が有ると)
現代人の韓国人にとっては、”読み飛ばす対象”になっちゃうのですね

もちろん意味は通じませんよ こんなふうにワカンナイ解読不明の文字を彼らは日常的に読み飛ばすのです

それでも読んだ気になっているところにも問題があります、まんがのなかでおとーさんが、”またセヲル号か、うんざりだ”っというところがありますが、なににうんざりているのかというと、セヲル号という名前だけがあたまのなかでリフレインしてるからうんざりなのです、ものごとの本質を理解できないというのを”実質的文盲”と言い出していますが韓国人にはそれがわからないのです。わからないから”世界一優秀なハングル”っていうのを信じちゃうのです。これが愚民化政策の成功例と見るべきなのか、情に左右されやすい”韓国型感情論”としてしまうのかは今後の研究が待たれるところです。

<引用終り、詳細は上掲リンク先参照ください>

しかし読んでも意味不明、だから読み飛ばす。
だから頭の中でセヲル号、セヲル号と言う言葉だけがグルグル回っている・・・


これを読んで私もなるほどと納得しました。だから韓国人は一つの事に何時までもいつまでも執着するんだと。
従軍慰安婦問題でいくら証拠を突きつけても彼らには理解不能、その原因の一つがハングルと言う言葉に有ったと言えるようです。
そうか、言葉が通じないのか・・・



さてもう一つの例として、先のエントリーにkazkさんから貴重なコメントを頂いたので紹介したい。

ハングルの特殊性と漢字廃止についての考察
ブログ主様
ハングルは漢字一字に一個ではありません。ハングルは表音文字ですから一音節に一個です。そして漢字はどの漢字も一個で一音節が鉄則ですので同音の漢字はすべて同じハングルになります。以前、韓国人には防水と放水の区別がつかないと笑われたことがありますが、これは「防」「放」の音が一緒だからです。

だから単なる表音文字でもないんです。
ダカラタンナルヒョウオンモジデモナインデス。

この表記のタン、ヒョウ、オンについて縦積みに書いたような構造になります。この表記法がまた良くわかりません。北と南で違うし統一がとれたものではないようです。この表記法の統一を最初にやったのは朝鮮総督府だというのがお笑いの始まりなんですが、それはさておいて戦前の教育者の回想を読んだ時に、戦前半島の小学校では朝鮮語教育と日本語教育を同時にやりました。その時子どもたちは日本のカタ仮名を最初に憶えハングルにルビをふるということをやっていたといいます。子供の脳は大人のような論理性がありませんのでアルファベットやハングルのような組み合わせ文字より単一対応のほうが憶えが速いのです。だからこの教育を受けた連中は日本語に意味が分からなくても読むことは出来た(かな文字だけですが)と言われています。

日本語がそうなのですが発音が簡単なので漢字の音を単純化しました。その為もあり日本語の漢語は同音異義語の頻発です。日本語由来のことがが圧倒的に多い朝鮮語も当然そうなります。音の状況も似たようなもの、ここで同音異義語の多発が起こり、文章の意味が分からんということになります。これが最大の不幸だったはずです。

ハングル専用化の本当の目的は良くわかりませんが過去の歴史への遮断という効果の他に、日本人の韓国世論の把握遮断という効果はあったと思います。以前韓国人の手紙を読ませてもらったことがありますが韓国語なんてわかりませんよと言ったら、大丈夫漢字のルビがあるから、と言われ不思議な気分になりましたが、実際それで読むと8割方がわかるのです。なるほどこれなら筒抜けになるわな、と納得したものです。

確かにハングルには良い点もないわけではありません。上の新聞記事で카아타 大統領途ありますがこれは「カアタ」大統領のことで各ハングルの右側のトに似た部分が母音のAを表し左側が子音を表します。左側の子音の形は舌の位置と口の形を表すとか言って、だからハングルに発音できない言葉はないとか言います。これはもちろんウソで連中は come togetherを発音できません。朝鮮語に音がないからです。だから成年者で記号を見るのが苦痛ではないという変人は韓国語の習得は簡単だといいます。経験者に聞いたら3ヶ月位で物になる人がいるといいますから…(まあ日本語由来に言葉が多いことのほうが大きい気がしますが)

所で小生漢字廃止の影響は国民の知的レベルの低下に絶大な効果があったのだと確信しています。

小生は10年以上学習塾で国語の教師をやりました。その時に得た確信は子供の能力は8割型言語能力に比例する、ということです。そして言語能力と言葉の把握力はほぼ同じものであるということです。そして言葉の把握力はほとんど漢字の能力に関わります。

国語のテストなど本当は漢字の書き取り100個位やらせればそれでいいのだと思ってるくらいです。10年以上の教師生活で漢字ができず国語ができた生徒は1人しかいませんでした。不思議な子でしたが親が変態毎日の記者でしたね。やっぱり変態でした。

朝鮮語で漢字廃止をすればどうなるか。おそらく言葉を全て一個一個意味で憶えなければならないはずです。東亜の言葉でこんなことできっこありません。おそらくは言葉の単純化、幼稚化が進むはずです。高等な文章はおそらく読めないことになるでしょう。これは読書力の衰退を間違いなくまねきます。文章の理解力がどんどん落ちるということは事象の理解力が落ちるということです。

この状態で自分たちが優れてるなどという夜郎自大な感情を持ったらどうなるか。
今の韓国人になるわけです。

小生は両国の関係において日韓断交が最も良い解であると思ってますので日本におけるハングル使用の禁止を考えるべきだと思ってます。ああ、それと簡体字も…この2つは日本人の審美眼に合わないものと思ってます。
                               2015-05-23 19:07 URL kazk

<引用終り>


このkazkさんの話は実に色々興味深い。
本文で取り上げた「子どもがカタカナを覚えハングルにルビを振る」、これなんかも凄いが更にすごい話。
ハングルの手紙に漢字でルビを振る(振り漢字???)なんてのは正に奇想天外だが納得できる。
実は最初に漢字を廃止しようとした時、ハングルの後ろに括弧書きで漢字を書いてよい事になっていた。これなどは振り漢字と同じと言って良いだろう。

そしてkazkさんが指摘している「漢字廃止の影響は国民の知的レベルの低下に絶大な効果があった」、これは間違いありません。
そして知的レベルの向上を如何するか、それは国語のレベルアップこそ重要だと思っています。

そのいい例として「銀の匙」と言う話しが有ります。
中勘助の「銀の匙」という明治時代の子どもの事を書いた自伝的小説を橋本武と言う先生が教育に使った話。

「伝説の国語教師」と呼ばれている人がいる。神戸の灘校で50年間も国語を教え、各界で活躍する多くの教え子たちが「橋本先生の国語授業があったからこそ、ここまで出来た」と感謝する。こんな話である。
http://melma.com/backnumber_115_6202504/

実はこの銀の匙と言う本、つい最近手に入れて今読み始めた所。読んでみたらその感想などエントリーしたいと思いますが、橋本氏にやった事は一つのテーマを徹底的に教え込む。その一点だったのだと思う。

ハングルの話の正反対の事をやった事例として大変面白そうだ。


  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(22)

2015-05-24 07:55

文字の読めない国民の悲劇<続編

 韓国の人が漢字を捨ててしまい文字が読めなくなっている事の問題点をエントリーした。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1112.html
其れについて丁度いい事例が有る。少々読みにくいが・・・・。


最初にこれはシンシアリー氏のブログ、「韓国には、「建国記念日」が無い」
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11919278114.html

このブログにこんな記述があります。

<以下引用>

シンシアリーの持論の一つに、「臨時政府を正統性のある政府と認めているせいで、大韓民国の正統性そのものが危ない」というのがあります。

多分、次の本(あれば)で中国北朝鮮セットと韓国アメリカセットを説明する根幹の一つになるはずの、「北朝鮮と大韓民国は相手を国として認めていない」という問題がありまして。

北朝鮮が国(正統政府)になると韓国は違法団体になるし、韓国が国になると北朝鮮が違法団体になります。

基本的には北朝鮮も同じだとは思いますが、韓国は

朝鮮→大韓帝国→併合時代(日本統治時代)→大韓民国という歴史の事実を認めず、

朝鮮→大韓帝国→臨時政府→大韓民国という「反日(抗日)」の歴史を主張しています。

これがアダになるわけですね。

臨時政府というのは土地の国有化などを掲げた団体であり、どうみても共産主義者たちです。あれを「正しく」受け継いだのがキタとミナミのどちらなのかは一目瞭然。

何度も引用した韓国の憲法前文、そのもっとも初期のものを見ると、大韓民国の建国が1919年になっています。1919年に臨時政府が設立されたからです。

後で無理があると判断したのか、この記述は消え、今では「継承したのは抗日精神だけだ」というスタンスを取っている韓国ですが、今でも

臨時政府の法統(正統性などを受け継ぐという意味)を受け継ぐという記述が残っています。

・・・以下略、詳細は上掲リンク先参照ください・・・

<引用此処まで>


韓国の建国は1948年(昭和23年)8月13日。
しかしこの日は別に学校で教えられることもないそうだ。
その建国記念日の代わりに光復節(8月15日、この日に日本支配から復帰した)、開天節(10月3日、檀君神話による)が祝日になっているのだとか。


そしてシンシアリー氏が言及している韓国憲法前文に何が書いてあるか、読んでみると大変面白い。
wikiにこんな項目がある、「ハングル専用文と漢字ハングル混じり文」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E5%B0%82%E7%94%A8%E6%96%87%E3%81%A8%E6%BC%A2%E5%AD%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E6%B7%B7%E3%81%98%E3%82%8A%E6%96%87


さてここでこの憲法前文をハングル専用文、漢字ハングル交じり文、日本語訳を並べてみるとこうなる。
(上掲wikiより)

表記例[編集]
大韓民国憲法の前文。

ハングル専用文
전문
유구한 역사와 전통에 빛나는 우리 대한 국민은 3•1 운동으로 건립된 대한민국 임시 정부의 법통과 불의에 항거한 4•19 민주 이념을 계승하고, 조국의 민주 개혁과 평화적 통일의 사명에 입각하여 정의•인도와 동포애로써 민족의 단결을 공고히 하고, 모든 사회적 폐습과 불의를 타파하며, 자율과 조화를 바탕으로 자유 민주적 기본 질서를 더욱 확고히 하여 정치•경제•사회•문화의 모든 영역에 있어서 각인의 기회를 균등히 하고, 능력을 최고도로 발휘하게 하며, 자유와 권리에 따르는 책임과 의무를 완수하게 하여, 안으로는 국민 생활의 균등한 향상을 기하고 밖으로는 항구적인 세계 평화와 인류 공영에 이바지함으로써 우리들과 우리들의 자손의 안전과 자유와 행복을 영원히 확보할 것을 다짐하면서 1948년 7월 12일에 제정되고 8차에 걸쳐 개정된 헌법을 이제 국회의 의결을 거쳐 국민 투표에 의하여 개정한다.
1987년 10월 29일

漢字ハングル混じり文
前文
悠久한 歷史와 傳統에 빛나는 우리 大韓國民은 3•1 運動으로 建立된 大韓民國臨時政府의 法統과 不義에 抗拒한 4•19 民主理念을 繼承하고, 祖國의 民主改革과 平和的統一의 使命에 立脚하여 正義•人道와 同胞愛로써 民族의 團結을 鞏固히 하고, 모든 社會的弊習과 不義를 打破하며, 自律과 調和를 바탕으로 自由民主的基本秩序를 더욱 確固히 하여 政治•經濟•社會•文化의 모든 領域에 있어서 各人의 機會를 均等히 하고, 能力을 最高度로 發揮하게 하며, 自由와 權利에 따르는 責任과 義務를 完遂하게 하여, 안으로는 國民生活의 均等한 向上을 基하고 밖으로는 恒久的인 世界平和와 人類共榮에 이바지함으로써 우리들과 우리들의 子孫의 安全과 自由와 幸福을 永遠히 確保할 것을 다짐하면서 1948年 7月 12日에 制定되고 8次에 걸쳐 改正된 憲法을 이제 國會의 議決을 거쳐 國民投票에 依하여 改正한다.
1987年 10月 29日

日本語訳
前文
悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に立脚して正義・人道と同胞愛を基礎に民族の団結を鞏固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台とした自由民主的基本秩序をより確固にし、政治・経済・社会・文化のすべての領域に於いて各人の機会を均等にし、能力を最高度に発揮なされ、自由と権利による責任と義務を完遂するようにし、国内では国民生活の均等な向上を期し、外交では恒久的な世界平和と人類共栄に貢献することで我々と我々の子孫の安全と自由と幸福を永遠に確保することを確認しつつ、1948年7月12日に制定され8次に亘り改正された憲法を再度国会の議決を経って国民投票に依って改正する。
1987年 10月 29日

<引用終り>



私の取り上げたテーマは文字の読めない国民の悲劇なのだが、此処ではもう一つ、韓国は何時建国されたのかと言う可笑しな話が有る。韓国は国の成り立ちからして嘘ばかりと言う話しだ。
ココでは話がゴチャゴチャになるので文字を失った話は次回とし、このエントリーでは韓国が何時建国されたのかと言う話しから進めます。

前回エントリーで高々40年前の新聞すら読めなくなってしまったと書きました。漢字を捨ててしまったためです。
では全部ハングルで書いてあるモノが読めるかと言うと・・・
読めるけれど理解できるとは思えないのです。

韓国朝鮮語は李氏朝鮮時代は全部漢字表記で全て音読みだけでした。しかしその読み方はその当時の中国(清やその前の明)の読み方ではありません。イサベラ・バードが看破したように千年以上前の読み方で音読みしているのです。日本の漢字の音読みが呉音・漢音・唐音など有るようなものです。但し読み方は一つの漢字に一つの音だけ。
それが現在に続き、それをハングル表記しているだけなのです。

例えば上掲憲法前文の一行目に有る漢字、「法統、不義、抗拒」、これを「ほうとう、ふぎ、こうきょ」と書かれたら日本人でも理解不能でしょう。

つまり韓国人は例えば憲法前文など、幾らハングルで書いてあっても読めるが理解不能。
その結果出てくるものは「憲法前文?? そんな物知らん、それより反日だ」となるのだと思います。


読めても理解できない、これを機能的文盲と言うそうですがこのケースは正にそれでしょう。

韓国人は過去の記録はすべて「読めるが理解不能状態」または「全く読めない、当然理解できない」、こうなります。
これで韓国には憲法の上に国民情緒法と言う「文字にもならない法律」が厳然と存在するのも理解できます。

全く高々67年の国に70年以上前の事で1000年も恨む、こんな事を言われてもなあ・・・ウマ・シカ野郎め。
<続く>
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2015-05-20 15:45

文字の読めない国民の悲劇

 韓国の言動が異常を通り越して発狂状態なのだが、反面教師として、「では如何すべきか」を考えたい。
最初にネタとして韓国在住の産経の名物記者黒田さんの話から

<以下引用>

【緯度経度】アジアで反発するのは彼の国ばかり…誤解に思い込み 特異な韓国 
2015.05.19

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150519/frn1505191140001-n1.htm

 先にインドネシアで「バンドン会議60周年記念」の国際会議が開かれ安倍晋三首相が演説した。バンドン会議は第二次世界大戦後に独立したアジア・アフリカ諸国が反植民地主義や民族自決、世界平和などを掲げ1955年に開催した。インドネシアのスカルノ大統領、インドのネール首相、中国の周恩来首相、エジプトのナセル大統領が中心となり後の非同盟運動のきっかけになった。

 日本は60年前の会議にも招かれた縁があり今回、安倍首相が出席したが、韓国人にはこれが理解できなかったらしい。「日本は侵略国で韓国を支配した植民地主義の国だったはずなのに」というわけだ。

 知り合いの韓国マスコミのOBも首をかしげていたので「いや、東南アジアや中東、アフリカ諸国には、日本はアジアが欧州の植民地支配から解放されるきっかけを作ったと評価する声があるからだ」と説明したところ驚いた表情で「そんなはずはないだろう」という。

 「日本はアジアを侵略、占領した」というので「いや日本による占領は数年間で、アジア諸国にとっては欧州諸国による長期の植民地支配から解放されたことの方がはるかに重要だったからだ」と重ねて説明したが最後まで認めようとしなかった

 知識人に属する韓国人でもこの程度なので、多くの韓国人は「日本は今もアジアの国から恨まれている」と誤解し思い込んでいる。韓国が「アジア」というときは、イコール韓国と中国ということでほかの国は視野に入っていないのだ。

 いつもジコチュウで視野が狭いため、バンドン会議60周年会議で安倍首相の演説に過去の歴史に対し反省だけがあって謝罪が入っていないと批判したのは、参加もしていない韓国だけだった。

 先に日本の外務省が戦後日本の対外協力の実績を紹介した映像の広報資料を発表したときも、韓国だけがデタラメだといって非難している。とくに韓国のことを取り上げたわけでもないのに映像の一部に韓国の製鉄所や地下鉄、ダムなどの写真が入っているのを見て韓国だけが反発した。

 さすがに政府は何も言わなかったが、マスコミは準国営のKBSテレビや最大手の朝鮮日報が先頭に立って「韓国の経済発展は日本のおかげとはとんでもない!」「妄言だ!」と意地になって日本を非難した。

 アジアの他の国は何も言っていない。しかも実際は韓国が経済・技術援助をはじめ最も日本の影響を受けて発展したことは国際的には常識なのだ。

 韓国政府が日本との国交正常化(1965年)の際に、過去の支配に対する補償として受け取った対日請求権資金5億ドルだって、韓国の経済発展の基礎になったことは韓国政府発行の『請求権資金白書』(76年刊)に詳述されている。国交正常化50周年の今年、記念事業としてこの白書を日韓双方で復刻出版してはどうか。

 ことほど左様に韓国はアジアできわめて特異な国なのだ。18日にはインドのモディ首相が韓国を訪問するが、朴槿恵(パク・クネ)大統領はモディ首相と歴史談議をしてみてはどうだろう。インドは100年近く英国に植民地支配されたが「おたくの謝罪・反省・補償要求はどうなってますか?」と聞いてみればいい。今、世界で韓国だけが歴史にこだわった外交をしていることが分かるだろう。(ソウル 黒田勝弘)

<引用終り>


 どうしてこんなおかしな事が起こるのか日本人には理解不能。しかし最近私も気が付いた事がある。
韓国人は高々40年くらい前の新聞すら読めないのだと。だからそれより古い事など理解不能なのだと。


例えばここにシンシアリーさんのブログに有った写真を紹介しよう。
これは1976年11月4日の新聞。漢字ハングル交じりの記事だ。

<以下引用>
40年前から「アジア政策の主軸を日本とし、韓国の安保を保障」
2015-05-12 09:49:43
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12025636042.html

70~80年代のいくつかの記事を見ると、「反日」的な視点は同じですが、最近の記事とは決定的に違うところがあります。

それは、韓国が三角同盟(韓国、日本、アメリカ)の中にあるという認識です。やはり軍事政権だったからでしょうか。

今なら大騒ぎになっているであろう事案が、当時には「そんなもんだろう」という認識だったこともまた、垣間見ることができます。

この前、紹介した駐日米軍の出動問題もそうですが、今日の「対亜政策、日本を主軸に韓国安保保障」という記事(1976年11月4日東亜日報)もまた同じです。

いまなら、間違いなく蜜月だのなんだの、中国と仲良くすべきだとかなんとか、騒がれたでしょう。

2015-5-20minamichousennnoshinnbunn.jpg

・ジミー・カーター氏の米大統領当選で行政府及び議会を8年ぶりに掌握した米民主党政権は、慣行を含めた亜細亜政策で「より綿密な企画」のもとに平和を追求するだろうと専門家たちは話している

・対亜政策に関してカーターの選挙演説と民主党政策を分析した専門家たちは、カーター政府はアジア政策の主軸を日本との有効と協力に置き、韓国の安保は日本安保に関連することとして、また米の韓国に対する公約として充実に保障されるだろうと話した

当時、これが問題になったという記事は見当たりません。

韓国マスコミの表現を借りると、「今は韓国も国力が大きくなったから~」とか、「今は韓国の国としての格が~」という反論もあるでしょうけど、

戦時作戦統制権は相変わらずアメリカが持ってますし、地政学的状況は何も変わっていません。

少数の意見ではあるものの、韓国の一角で聞こえる「日米防衛協力指針の改正は韓国の安保のために悪いことではない」という主張。

それは、実は40年前から何も変わっていません。

<引用終り>


一体何がこの高々40年で変わってしまったのだろう。
此処で紹介している新聞記事は漢字とハングル混淆文である。
日本人ならハングルは読めなくてもかなりの部分は理解できる。しかし現代の韓国人にはこの新聞記事は理解不能。
実は韓国の国語から漢字が消えた歴史を見るとターニングポイントが1970年だったことが分かる。当時は朴正煕大統領の時代。そして1970年、韓国は国語から漢字全廃を強力に推進することにした。5年計画(実際は3年でやってしまった)で学校や官公庁から漢字全廃。

その頃から漢字が全く読めない世代が出来上がってしまった。そしてその世代が現在の韓国社会の中枢を占めている。
だからそんな世代の韓国人は精々40年ほど前のこんな新聞記事が読めないのだ。

韓国人は全く根も葉もない話を信じ込んで騒ぐ。従軍慰安婦問題なども当時の記録を見もせずに騒ぐ。
こんな国民性に大いに疑問を感じるのだが、その背景にはこんな事情が有ったという事だ。


そう考えると最近日本の駅などで案内板などの四カ国語表記が増えて問題になっている。日本語と英語だけでいいのに中国語(簡体字)とハングルが併記されており、実に見にくい(醜い)。
これは国土交通省の指導の結果だが、その裏には韓国人だけが漢字も読めず英語も分からない、そんな事情で文句を言ってきているのだと思う。

韓国の色んな問題の裏には漢字が全く読めない事があるんだと思う。
こんな連中とまともに付き合って良い事は一つもない。そう思っている。

この事は実に良い反面教師になっていると思うのだが、それは次回書いてみます。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2015-05-19 11:44

帰らざる河を渡ってしまった国

 ネットで韓国のトンデモ報道が問題になっている。
秋篠宮佳子内親王殿下を侮辱するものだ。
この件は私の取り上げるテーマにはし難いなあと思っていたが、コメント欄でも問い合わせも有り、とり上げる事にしました。

そのソースはこれです。(朝鮮語)
http://www.dailyjn.com/news/articleView.html?idxno=26478

全文訳はここがいいかと思います。
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3634.html

ソースの信ぴょう性などはシンシアリー氏のブログが分かりやすい。
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12027770364.html

以下シンシアリー氏のブログを引用

「天の意志を先に話すのが気になって黙っていたが、日本は潰れる!」で始まる記事で・・

イルカ関連の研究(?)によると日本には大地震が起きるからざまあみろ、

佳子姫(佳子さま)を慰安婦にするしかない、


・・・そういう内容の、「教師」を名乗った人が書いたコラム記事です。


<・・日本が滅びなければなら理由は数え切れないほど多い。最も根本的な理由から残忍(※)で邪悪なその習性まで、人類愛的な思想がなく、ただ自分だけあり、侵略蛮行の誤りも反省もない国。そして、その日本列島の中で血を分けて生きている非道な人種に対する判断と分析は、日本と日本人は「人類の敵」という点だった。・・>


<日本人の半数以上は謝罪は必要ないと思っているらしい。だから天罰は日本人全体に該当する>

<先祖を神とする連中に憐憫などない>

※「ジンイン」と書いてありましたが、多分「残忍(ザン・イン)」の誤字だと思います

コメント欄の依頼で確かめてみましたが、記事は本物です。

「デイリージャーナル」という、全羅道のローカルメディアだそうです。

<引用此処まで、詳細は上掲リンク先参照ください>

シンシアリー氏も流石に書いてある事をストレートには書きにくかったらしい。
原文(機械翻訳)はこう書いてある

「もし機会が来れば、私たちも
日本王室の佳子姫を
慰安婦に送るしかない。」


今回の報道と言い、少し前の韓国議会の安倍首相糾弾決議といい、言語道断の話が韓国には溢れている。
これはその安倍首相糾弾決議報道
http://www.sankei.com/world/news/150512/wor1505120050-n1.html

そして菅官房長官の「友好国の首相を名指し、非礼だ」 との反撃発言
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130042-n1.html

もうここまで来たら韓国とは友好などと言う段階は越えた。
韓国が帰らずの川を渡って行ってしまった。日本としてはどうぞお先に〇〇へと言うほかはない

多分韓国が渡った川はこの川だろう。

2015-5-18三途の川写真

この川の先には極楽か、それとも地獄か・・・

この川は恐ろしい山の先にある。そこにあるのは賽の河原とか色々・・・・

もはや韓国につける薬は無くなった。
日本人は即刻手を切るべきだ。特に経団連のアホダラ会長さんには良く考えてもらいたいものだ。


尚こんな事で韓国には反日の言論が満ち溢れており、さまざまな所で火を放っている。
数年前から日本全国で神社仏閣への放火事件が多発しているのもその証拠だろう。

この件はNINJA300さんのブログを参照ください。
「全国の神社・仏閣に放火や破壊テロ頻発」
http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1365.html#comments

NINJA300さんのブログのコメント欄には勝谷誠彦氏の推理も書いてあるので大いに参考になります。


今の日本は皇室はじめ要人の警備の強化と神社仏閣など貴重な建造物を守る活動が急務でしょう。
これは対象範囲が広いため全国民的活動で無いといけないと思います。

韓国のリッパート大使事件のような事が日本で起こる可能性も大きい、一刻も早い対策が必要です。
  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2015-05-16 11:46

根の深いアメリカの人種差別問題

 アメリカの人種差別問題がアチコチで問題になっている。
そりゃあ丸腰の黒人青年を銃殺しても無罪になる国だから、この問題の根は深い。

加瀬英明氏がアメリカの人種差別問題との関連で日本との戦争の問題で良い音を言っている。
マスゴミが決して報道しない真実が有ると思う。

又最近の報道では国連本部で開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、核軍縮を扱う主要委員会が12日に配布した最終文書の修正案で、被爆地の広島、長崎を訪問するよう各国指導者らに呼び掛けた文言が削除された。
こんな事が報道されている。

被爆地訪問の要請削除 NPT最終文書案、中国反対受け
http://www.sankei.com/world/news/150513/wor1505130045-n1.html


さてこんな話を聞くと何と中国は困った存在と誰でも思うが、私はこの裏にアメリカがいると思っている。
アメリカ様のご意向を受けて中国が動いている、そんな所だろう。

何はともあれ、加瀬英明氏の人種差別問題についての話、大変興味深いので全文引用します。
原文(頂門の一針)はこれ
http://melma.com/backnumber_108241_6207498/
加瀬英明氏のコラムはこれ
http://www.kase-hideaki.co.jp/magbbs/magbbs.cgi

<以下引用>

相変わらず米国の人種差別


       加瀬 英明

戦後70年の節目に、日米戦争の原因について考えたい。その1つが、人種差別にあった。

昭和天皇が敗戦の翌年に、対米戦争の原因について、つぎのように述べられている。

「この原因を尋ねれば、遠く(大正8年のパリ講和会議に)日本の主張した人種平等案は列国の容認する処(ところ)とならず、黄白の差別感は依然残存し加州移民拒否の如きは、日本国民を憤慨させるに充分なものであった。

かゝる国民的憤慨を背景として、軍が立ち上つた時に、之を抑へること容易な業(もの)ではない。(『昭和天皇独白録』)


平成12(2000)年に、拓殖大学が創立100周年を祝った。

今上天皇が記念式典に臨席された時のお言葉のなかで、「校歌には青年の海外雄飛の志とともに、『人種の色と地の境 我が立つ前に差別なし』と、うたわれています。当時、多くの学生が、この思いを胸に未知の世界へと、大学を後にしたことと、思われます」と、述べられた。

父・天皇の想いを、語られたにちがいない。

太平洋戦線で、アメリカのほとんどの部隊が日本人を蔑視して、投降する兵や、負傷兵を見境なく虐殺した。

そう聞かれると、驚く読者もおられようが、チャールズ・リンドバーグの『第二次大戦参戦記』(学研文庫)、マサチューセッツ工科大学(MIT)のジョン・ダワー教授の『容赦なき戦争(ウォア・ウィズアウト・マーシー)』(平凡社)をはじめとする、多くの著作に克明に描かれている。

アメリカ兵が沖縄戦で住民を虐殺したことが、イギリスの歴史作家M・ヘイスティグスの『日本との戦い1944―5年』(ハーパース、未訳)に、取りあげられている。

ノース・カロライナ大学のG・ホーン教授の新著『人種戦争(レイス・ウオア)』(6月に祥伝社から刊行)によれば、トルーマン大統領がホワイトハウスで「神は白人を土から創り、黒人(ニガー)を屑から創った。

その残りが、シナ人(チャイナマン)だ。神はシナ人(チャイナマン)とジャップが大嫌いだ。私もだ。人種差別だが、私は黒人(ニガー)はアフリカへ、黄色(イエローメン)のはアジアにいるべきだと強く主張する」と語った。

アメリカは日本について、まったく無知だった。そのよい例が、戦争中にアメリカ政府の委託によって、人類文化学者のルース・ベネディクトが、日本の国民性について研究した『菊と刀』である。

ベネディクトは日本語もできず、日本を訪れたこともないが、日系アメリカ人を拘禁した収容所をまわって調査し、西洋が内面の「罪の文化」であるのに対して、日本は外面だけを飾る「恥の文化」だと、結論づけた。

私の母方の祖母は、会津若松の武家の血を享けていたが、少年時代に祖母から「心に心を恥じる」とか、「自分の心を証人として生きなさい」と、教えられた。

日本でベネディクトの『菊と刀』を崇める向きが少なくない。自国について蒙昧なのだ。

アメリカの日本知らずは、今日も変わらない。

ベネディクトが似非(えせ)学者なら、日本にもその男版がいた。

私は有斐閣の昭和47年初版の『六法全書』を、所蔵している。我妻栄東京大学教授が編集代表として編纂したものだ。日本が独立を回復して20年後に刊行されたというのに、憲法篇の扉にアメリカ独立宣言文が、全文、英語と日本語で載っている。

「われわれは、次の真理を自明なものと考える。すなわち、すべての人間は、平等に造られている。彼らは、その造物主によって一定のゆずり渡すことのできない権利を与えられている‥‥」から、始まる。

アメリカ独立宣言は、アメリカ3代大統領となったトマス・ジェファーソンが起草したが、南部の荘園主で、奴隷主だった。「すべての人間」というのは、白人だけのことだ。

アメリカ独立宣言文は、鞭打たれる黒人たちの悲鳴を聞きながら、書かれたものだった。

<引用終り>


こんなアメリカ白人社会の奥深い心理を見ると、今回の安倍首相の上下両院での演説がいかに重要だったのか良く分かると思う。
だからこそ硫黄島の戦いの二人、スノーデン中将と栗林大将の孫新藤義孝国会議員を握手させる演出をしたのだと思う。

これから8月15日まで、いろいろこの関係の報道があると思うが、アメリカの奥深い所の想いを知ったうえで考える必要があると思う。
  1. 政治
  2. TB(0)
  3. CM(17)

2015-05-15 11:01

ネパール地震に思う事<続編

 ネパール地震で緊急支援が上手くいかず、指示する人もいない事をエントリーした。
しかし復興は容易ではなさそうだ。

 ネパールでは5世紀ごろから、ヒンズー教と仏教が混じり合う独自の文化が形成された。標高約1300メートルのカトマンズ盆地には、主に15~18世紀に建てられた歴史的建造物が残り、多くの観光客を魅了してきた。
その寺院など多くの建造物が倒壊し、元通りの修復は不可能との見方が強まっている。
産経の報道より)

所でその復興が難しい理由の良く分かる写真が4月30日の読売に掲載されていた。
寺院倒壊の瞬間
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20150430-118-OYTPT50161/search_list_%25E5%25AF%25BA%25E9%2599%25A2%25E5%2580%2592%25E5%25A3%258A%25E3%2581%25AE%25E7%259E%25AC%25E9%2596%2593_2015%252F04%252F30_

2015-5-1ネパールの寺院倒壊1
正に決定的写真と言って良いだろう。

2015-5-1ネパールの寺院倒壊3
物凄い土煙の中から浮かび上がってきた謎の影・・・
地震を悲しむブッダの姿かも・・・

元はこんな寺院だった
2015-5-1ネパールの寺院倒壊4倒壊前

もう一度この写真の白枠内を拡大してみたい
2015-5-1ネパールの寺院倒壊2

こんな風になっている。
2015-5-1ネパールの寺院倒壊拡大


こんな写真は私も初めて見た。
一見どっしりした寺院だが、躯体は粘土を固めたものが主だったらしい。地震の振動で壁がそのまま細かく破壊されている。
外側の漆喰で固めた部分だけがまるで皮がはがれたような状態、これを見るとこの建築方法のままで再建は不可能と分かる。これでは外観はそのまま再建したとしても内部構造は全く変えないとダメだろう。
再建には莫大なカネがかかることは容易に想像できる。



それにしてもネパールと言えばお釈迦様の生まれた土地がネパールだろ。2500年も前の話だ。
(釈迦生誕は諸説あるが、紀元前544年くらいが有力らしい)
2500年も前と言えば日本では弥生時代が始まったばかりの頃、そんな頃の人の教えが未だに生きている。

しかしそんな頃、立派な宗教者を輩出した国ネパール。そこがひとたび地震に見舞われれば立派な寺院が土くれの山になる・・・・。
一体どうしたんだろう・・・・・。問題のカギはネパールの民度を考えないといけないのかなあ。

参考までにこれが釈迦生誕の地、世界遺産ルンビニ、釈迦が産湯をつかったとされる池。
2015-5-15釈迦が産湯をつかったとされる池@ルンビニ

少し古いがルンビニを発掘したことがCNNで報道されている。
「紀元前6世紀の寺院跡発見、釈迦の生誕時期示す? ネパール」
http://www.cnn.co.jp/fringe/35040499-2.html
「信仰と伝説、考古学、科学が一致する希少な事例」だそうだ。



実は私もネパールについてはほとんど何も知らない。
20数年前、王様一族相手の殺人事件が有ったとか、イギリス軍は勇猛なグルカ兵を使っているが、このグルカ兵の出身地がネパールだとか・・・。最近は毛沢東を信奉するマオイストが跳梁跋扈しているだとか・・・。そんな程度で知っている事にならない。

ネパールの歴史も何やら良く分からないが、
1792年、中国・清朝に攻撃され敗北、清朝に5年ごとに朝貢する朝貢国になった。
1814年-1816年、ネパール・イギリス戦争に敗北。
これが切っ掛けになってイギリスはグルカ兵を傭兵として雇うようになり、今日に至っている。

とこんな事を見て行っても益々何が何だか分からない。そこでネパール大使館のHPから最近の歴史を見てみた。

<以下ネパール大使館HPより抜粋>

http://www.nepalembassyjapan.org/japanese/?p=219

ところが1950年代初頭になってにわかに民主化要求がわき起こり、この動きによってラナ家支配は終焉を迎えます。この民主化は思いもよらない人物により後押しされていましたが、それがシャハ家王トリブバン国王でした。ラナ家追放がなるとすぐに、トリブバン国王は国の最高実効権力者として返り咲きました。1959年には、トリブバン国王から王位を継承した息子、マヘンドラ国王が新憲法を発布し、国会議員選出のための最初の民主的選挙が実施されました。結果、ネパール国民会議派(Nepali Congress Party、ネパールコングレス党)が勝利し、そのリーダーであったビシュウェシュワル・プラサッド・コイララ(Bishweshwar Prasad Koirala、一般にB.P.コイララの呼称)内閣が発足し、氏が首相に就任しました。ところが1960年になって突然心変わりしたマヘンドラ国王は、議会を解散させ、最初の民主的内閣を罷免してしまったのです。
政党活動が禁止されたこの後、何年にもわたって闘争活動を継続した活動家達は、1990年になってついに義勇をもって奮い立ち、人民運動(People’s Movement)を開始するに至ります。
これに啓蒙された一般民衆を含む大衆が絶対王制に反対し、再度の民主化を要求するのを目の当たりにしたビレンドラ国王は、これを受入れて憲法の一部を修正し、自らが国家首長となり、首相が内閣を率いる複数政党による議会政治を打ち立てました。
1991年、ネパールで最初の議会選挙が実施されましたが、1996年になって共産党毛派(マオイスト)の一部が地下活動に走り、王制と新政府を相手に人民戦争を開始したのでした。そして2001年6月1日、あの恐ろしい悲劇が起こり、王族と近しい親類の大半が根絶やしになったのです。あの大虐殺事件はディペンドラ皇太子の行いであったとされており、一人で全員を射殺した後、彼自身の頭部を自分で打ち抜いたとされています。亡くなったビレンドラ国王の兄弟であるギャネンドラ氏とその家族だけが事件を免れたため、ギャネンドラ国王が即位することとなりました。
最初は既存政府を容認していたギャネンドラ新国王でしたが、すぐに議会を解散させ、統治権力を自分の手に握りました。しかしその結果、2006年4月には街頭での民衆による抗議行動と各地でのストライキが頻発し、最終的には19日間にも及ぶ外出禁止令にまで発展し、地下活動を継続していたマオイストと既成政党も、道に外れた王政に圧力をかけるために共闘の手を結び、もはや権力への執着は意味がないと悟ったギャネンドラ国王は態度を和らげるより他なく、とうとう議会制の復活を受入れたのでした。
しかしそれでも既成政党と一般大衆は納得せず、王政による統治と権力の濫用への嫌悪感から、2008年5月28日、ついに240年にわたって続いてきた王制を廃止し、民主連邦共和制を採用することを、先だって行われた選挙で選ばれた制憲議会により決議したのでした。
現在ではネパールは、大統領を国家元首とし、首相(総理大臣)が内閣を統括する国家形態となっています


<引用終り>

これを見てもさっぱり分からないと言うのが率直な所。wikiを見ると現在のネパールについて
「暫定憲法のもとで暫定政府が設けられている状況」であるとの事。詳細は下記参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB

まあ「暫定憲法のもとで暫定政府が設けられている状況」と言われては混乱も仕方ないのかもしれない。
それにしても今時どうしてこんな事になるのだろう。


答えのヒントになりそうなのが国民の識字率。wikiによれば
・ 識字率
15歳以上で読み書きできる人の割合は48.6%。
うち男性 62.7%
うち女性 34.9%(2001年国勢調査)

こんな風であると言う。

ネパールは政治面を見ると不安定などと言うモノではない、ムチャクチャだ。
そして今時と言っては失礼だが本家中国でも最早見事に捨て去られた毛沢東思想。それが生きているのだ。
(注:中国は今は社会主義国でもなくなった。唯一毛沢東思想が生きているのは一党独裁、これだけ)


ネパールの復興には外国が幾ら援助しても今の体制では駄目だろう。先ず国民の民度を上げる事から始めないと未来は開けないのではないだろうか。
  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2015-05-11 12:09

ネパール地震に思う事

 火事なら火を、水害なら水を持っていけ。
火事とか水害などの見舞いに行くとき、昔からこんな事が言われている。

これは災害にあった人がそのとき何が必要で、その援助に如何すべきかを言ったもの。実にうまく言い表している。
火事で何もかも失ったら、先ず暖かくなるものが必要。水害なら目の前に汚い水が溢れているのに飲み水が不足。だから飲み水が欲しい、こんな事を言い表しているモノだ。


指示する人がいない
今回のネパール地震で、各国から多数の救助隊が来た。しかし指示する人がいない、現地ではこんな声があると報道されている。

今回の地震の様な災害時の援助、それには色んなステップが有り、そのステップごとに必要なモノ・援助活動は異なっている。
最初の数日は先ず生存者の救出。だから救助犬を連れて行く。
それと並行して被災者への食糧と仮に暮らせるところ(テントなど)の提供、そして怪我人・病人の救助が必要だ。
次のステップは交通・通信・電気などのインフラの確保。
此れが一段落したらさて復興を如何するか、そんなステップで進めねばならない。

それともう一つ、こんな時の現地の事情。そこは何もない、砂漠のど真ん中同然の所なので救助隊は現地の人に迷惑をかけない装備が必要となる。水・食料や寝泊りする所まで全部自分たちで何とかする。此れでないと現地は救助隊のお世話をする人が必要になってしまう。

そんな所で丁度いい事例が有った。これは某国の救助隊。10名の救助隊だが持って行ったのはカップラーメンだけだそうだ。
これはminaQさんの所で見かけたもの
2015-5-9韓国救助隊はカップラーメンを持って
http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/13203354.html

写真の下の説明が凄い
>ネパール現地で韓国国民と観光客の被害状況の把握、負傷者サポート、国内帰国支援などのために派遣される政府迅速対応チームが27日午前、仁川(インチョン)国際空港から出国のための手続きを踏んでいる

韓国チームは現地ネパールの救援に行ったのではなかった。ネパールにいる韓国人の支援の為に行ったらしい。

ネパールにそんなに韓国人がいるの? 
レコードチャイナに興味深い記事が有った。

http://www.recordchina.co.jp/a108162.html
ネパール大地震、貧しい農村で被災した若い女性たちは人身売買のターゲットに―英紙
配信日時:2015年5月6日 11時16分

2015年5月5日、英紙ガーディアンは、ネパールで起きた大地震で被災した若い女性たちが人身売買のターゲットになっていると報じた。
同紙によると、7000人以上の死者が出ているほか、貧しい農村地帯に住んでいた数十万人が家も持ち物も失っている。それらの地域に住む若い女性や少女らは、これまでも人身売買のターゲットとなっており、韓国などで売春婦として働かされてきた。

・・・以下略

<引用終り>

なるほど、女衒が一杯ネパールに居た訳だ。そして救援隊と言いながら現地の救援に来たわけではなく、現地にいる自国民の援助が本当の目的だった。
だから追加の支援部隊を出そうとしたら早速「来なくてよい」と断られたのも納得。
こんな事では指示命令系統も無茶苦茶だろう。だから自分らの食べるカップラーメンだけを持ってやってきた。
幾らなんでも素手では何も出来ない。こんなのが海外救援隊の特に中韓の実態ではないだろうか。
(そのラーメンも水道が無く、ガスコンロも瓦礫の下に現地では多分食べられなかったのではないか)


こんな状況なのでネパール政府は国際緊急援助隊の活動は5月4日にはほぼ終了と発表した。
しかし日本にはさらなる援助を要請してきている。だから日本の自衛隊は第二次の医療支援部隊を7日には出発させた。
日本の救援活動は現地が今必要としている所を救援する。此れが大事なんだと思う。


日本の救助隊は隊員一人一人の義務感や責任感がしっかりしている。その上に全体を統率する指揮官や指揮組織、そして情報・通信や補給と言った全体の仕組みづくりが上手くいっているのだ。

こんな所が現地ネパール政府に認められ、他の国の緊急援助隊には帰って貰った後でも日本には支援要請を継続する。
こんな事が起こっているのだと思う。

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(14)