2012-08-31 14:26

小沢一郎の売国講演を聞き直す

  今日、小沢一郎の韓国での売国講演を全部聞きなおしてみた。

いやあ、精神衛生上とても悪いですねえ、

若し心臓や血圧、など心配な方は、ここの動画はスルーしていただいた方がいいかもしれません。

それくらい腹が立ちます。

 

最初にダイジェスト版。

これはyuyuuさんがアップされているもの。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2821878/

 

 

 

以下はこの動画の全部。

 

http://www.youtube.com/watch?v=xOhxYH9Uyuc

http://www.youtube.com/watch?v=YPLj86CyUkQ

http://www.youtube.com/watch?v=mDBXwgOTLGg

http://www.youtube.com/watch?v=i5wiTy7OsE8

http://www.youtube.com/watch?v=R8T_eSSKPi8

 

さて中でも腹が立つのがこの部分

小沢一郎の講演内容で特に日本人を侮辱している点は以下の通り。

  • 「日本人は自分で考えることができない。自分で決めることもできない。自分で責任を取ることができない。よって自立心がないと決めつけた。」

 

そしてこの部分だけ動画を見ていただくとわかるが、わざわざ書き出して聴衆に分からせようとしている。

 

 

 

私はハングルは読めないので、この内容が違っていたらどなたかご教授いただけるとありがたいです。

 

 

いずれにしてもこの講演、これは2009年12月のものだが、こんな事を言うようでは李明博に対しては何を喋ったか分かろうというもの。

 

李明博が唐突に天皇の訪韓謝罪云々と言っているのは、こんな伏線があったという事の様だ。

 

しかし無茶苦茶腹が立つ、

汚沢は早くお縄にしてブタ箱へ放り込み、そこから故郷に強制送還するべきでしょう。

 

 

尚最初にお縄は東大江上教授の騎馬民族征服説を得々と語っている。

これは昭和30年頃いろいろ言われた話だが、当初から疑問視された学説。

昭和40年頃からは誰も見向きもしないインチキ学説であることが定説になっている。

今頃こんな話をするようではお縄のおつむの程度が知れる話だ。

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-08-30 13:44

「首相になれば独島放棄」 小沢氏が09年に李大統領に語る

  小沢一郎が韓国李明博大統領と会ったときこんな事を言ったと報道されている。

 

最初に元記事の日本語版

 

 

<以下東亜日報から引用>

 

「首相になれば独島放棄」 小沢氏が09年に李大統領に語る

 

AUGUST 30, 2012 08:34

 

日本政界の実力者である小沢一郎民主党代表が2009年12月に来韓して李明博イ・ミョンバク)大統領と会談した際、「条件付きの独島(トクト・日本名竹島)の領有権放棄」の用意を表明していたことが明らかになった。

小沢氏と李大統領の会談に関わった外交筋によると、当時政権与党民主党幹事長だった小沢氏は、「韓日関係の改善のためには韓国人の恨みを癒してあげなければならない」とし、「そのためには独島問題の解決が最優先だ」と強調したという。

 

また小沢氏は、独島問題の解決策に関連して、「日本が領有権の主張を中断して韓国の領有権を認めなければならない」として「(自分が)首相になればそうする」と李大統領に話した。その上で、「日本の独島領有権主張は漁業と関係がある」とし、領有権を放棄する前提条件として島根県漁民たちに独島周辺海域での漁獲活動を保証することを要求したと、同筋は伝えた。

 

非公式での発言ではあるが、日本の主要政治家が独島領有権の放棄用意を表明したのは大変異例のことだ。

 

さらに小沢氏は、また自身が首相になれば、日本王が百済系であることを日本王室の担当機関である宮内庁を通じて正式に発表するとし、韓国併合100年になる2010年に日本王の韓国訪問を推進したいと話したという。

 

李大統領は、小沢氏の発言に反応を示さなかったとされる。

 
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2012083091278
 
<引用終り>
 
所でこの話は産経も報じているが微妙に違う。
 
<以下産経より引用>
 
小沢氏「竹島領有権放棄を李大統領に伝える」 韓国紙報道
2012/08/30 11:51
 【ソウル=加藤達也】30日付の韓国紙、東亜日報は「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が2009年12月、民主党幹事長として訪韓した際、李明博大統領との会談で、自身が首相となれば竹島韓国名・独島)の領有権を放棄すると発言していたと報じた。会談に携わった外交筋の話としている。
 
 報道によると小沢氏は李大統領に「日韓関係改善のためには韓国人の恨みを慰めなくてはいけない」として「(そのためには)竹島問題解決が最優先だ」と強調。そのうえで「日本が領有権主張を中断し、韓国の領有権を認めなければならない」との持論を展開。「(自身が)首相になればそうする」と明言したという。小沢氏はまた、日本側の竹島領有権主張の目的について「漁業に関連している」とし、竹島の領有権放棄の代わりに竹島周辺海域での日本漁船の活動の保障を要求したとしている。
 
<引用終り>
 
竹島領有権放棄については産経もちゃんと報じている。
しかし最後の天皇陛下の訪韓については全く触れてない。
悪沢(汚沢・お縄でも可)が天皇陛下の事を自分は天皇陛下と言ったが東亜日報が日本王と書いたのか、それとも汚沢が自分で日本王と言ったのか不明である。
 
 
 
韓国は今発狂状態である。
その発狂の火をつけたのはレームダック大統領の李明博
竹島強硬上陸は問題行動だが、その後の天皇陛下侮辱発言こそ問題。
なんちゅう事を喋るんだ、日本人は皆呆れ返った・・・
しかし別に天皇陛下の訪韓など話題にもなっていない中で何故こんな発言???
誰もが不思議だったと思う。
 
 
 
しかも発言内容は本当はこんなだったようだ。
報道では

「(天皇陛下は)韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方に真の謝罪をするべきだ」

 しかし、この報道は、発言が余りに下品なので穏当な表現に脚色されたものだと言う。

 

李明博大統領の本当の表現は

「日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、

重罪人に相応しく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。

重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話しだ、

そんな馬鹿な話しは通用しない、それなら入国は許さないぞ」と、言ったのだという。

 

 

これまた何ちゅうことを言うんだと思うのだが、

この東亜日報報道が正しいなら、李明博としては別に何も問題はない。汚沢と約束したことを喋っただけだという事だ。

2009年当時政権与党の幹事長だった汚沢一郎と話したのである。

普通こんな時の話は国と国の正式な話に準ずると考えるのが当たり前。

 

 

汚沢はこの韓国訪問時、韓国人を前にして日本の若者はダメだ、だから韓国の若者の血を入れなければいけないなどと言ったと報道され、大いにあきれ返ったものだった。

しかし呆れた話はまだ有ったのだ。

 

此れでも平気で韓国マンセーをする、或いは汚沢マンセーをするとしたら、そんな人は日本人ではないから故郷に帰ってもらわねばならない。

 

そうではないだろうか。

 

汚沢は政治家として失格、そう言って離婚した和子夫人は矢張り人を見る目が有ったという事ではないか。

 

しかしこの件で益々汚沢一味の悪辣ぶりがはっきりしてきたことは確かである。

汚沢を首相にしなくて良かった、今はそんな思いである。

 

 

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2012-08-27 17:56

ロシアの歴史家、司法当局にレーニンを罪を訴える

  ロシアから興味深いニュースが聞こえてきた。レーニンの所業を再評価しようというものである

 

 

<以下引用>

 

ロシアの歴史家、司法当局にレーニンを罪を訴える

 25.08.2012, 01:36

 

 

ロシア科学アカデミーのロシア史研究所の学芸員、ウラジーミル・ラブロフ氏は、連邦犯罪捜査委員会のアレクサンドル・バストルイキン委員長に対し、レーニンの過激主義的性質の存否をめぐり、レーニンの所業を点検するよう求めた。

 「レーニン主義の礎石は、社会階層間の反目を引き起こすこと、人々の社会的な帰属への認識が完全でないことを公知せしめることであった。レーニン主義とは畢竟、目的の効果的達成のためにはどんな手段を用いることも容認されるというイデオロギーであった」学芸員の言葉を引用しながら、通信社「インターファクス」が伝えた。彼の意見によれば、レーニンの唱導した「社会的差別主義と大量殺戮」は「時効なき」犯罪を構成するものである。ラブロフ氏は、レーニンは臆面もなくテロリズムを正当化するにとどまらず、具体的にテロ行為を指揮し、パルチザン戦法を練り上げていた。たとえば「恐ろしい強制収容所を創設し、赤色テロ政令を発した。つまり、国家的なテロリズムを主導したのだ」。

   ウラジーミル・レーニンは世界的に有名な革命家で、ロシアにおける1917年10月革命の主要な組織者の一人。ソビエト政権の多くの反対者たちは、レーニンを血まみれの暴君だと見なしている。

 

http://japanese.ruvr.ru/2012_08_25/rekishika-shihoutoukyoku-ni-reenin-wo-tsumi-wo-uttaeru/

 

<引用終り>

 

レーニンがどれくらいの人を殺したのか、ロシア革命による死者は約900万人であるという。

900万人と言ってもピンと来ないかもしれないが、WW2での日本の死者が軍人・民間合わせて約300万人である。

いかにすごい虐殺が行われたか分かる。

 

此れがその大虐殺の犯人

 

さて、貧相な顔は良く似ているが、こいつは誰だ。

                    

 

でそのレーニンだが、マルクス・レーニン主義を未だに信奉している連中がいる。

日教組である。

彼らはそのお題目に未だにマルクス・レーニン主義を掲げ、それを撤回していない。

今問題になっている大津市中学生いじめ自殺問題も奥に潜むのは日教組教育、そこにこそ問題があるのだ。

 

そしてその日教組がミンスの支持基盤で、日教組出身者がミンスの輿石である。

 

今回のネズミ大統領による竹島不法上陸、今上天皇陛下への侮辱発言で日本の東京裁判史観が問い直されている。

 

マルクス・レーニン主義もこの際過去のウミを出すべく、大いに見直すべきだろう。

ロシアがレーニンの悪業を見直し始めている、日本も過去を見直すことが未来につながる。

 

矢張り日本再生は教育再生が出発点、そうではないだろうか。

 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2012-08-26 21:57

タイ人の安全感覚

 タイで生活してみて日本の感覚では考えられない事がいろいろある。

安全面でそんな気が付いたことを書いてみたい。

 

 

 

・ アパートの入り口ドアのカギは二つ以上が当たり前。

アパートは以前の住人が必ず複製キーを作っている、だからそのキーは信用できない。入居する人が自分で南京錠を別に買ってきて取り付ける。

 

尚入り口ドアの内側に鉄格子のドアが有る場合がある。その時はそれも含めると鍵は3個。

寝室が別の場合、その部屋用の鍵がある。

 

 

・ 夜は基本的に一人では歩かない。

特に女性は絶対に一人歩きをしない。

繁華街などでも夜9時を過ぎたら危険だと考えられている。

だから夜9時過ぎると潮が引くように人が少なくなる。

 

男でも夜遅く食事をして帰るとき、わずかな距離でも乗り物に乗ることを強く勧められる。

 

従業員の女性が残業で遅くに帰るときは、必ず通勤バスのバス停まで誰かに迎えに来てもらう。(お父さん、彼氏などなど)

これはバス停から自宅まで数百メーターでもそう、それ以上ならバイクになる。

 

こんな事情でバイクタクシーが繁盛している。

 

尚タイ人は繁華街などでカップルが仲良く歩いているのをよく見かける。

タイは男の子と女の子の仲がいいなあ・・・

そう思っていたが実はこの男の子、女の子の用心棒の兄弟や彼氏たちである事が多いようだ。

 

 

・ タクシーは夜一人で乗るのは危険・・特に女性

タイのタクシーは普通の乗用車のタクシー(主にバンコク)、日本で言うオート三輪のタクシー(バンコクにもあるが、田舎の町はこれが多い。サムローとかトゥクトゥクと言う)、乗り合いタクシー(1トンピックアップトラックの荷台にイスを並べたもの)、バイクタクシーなどがある。

 

以上の内一人で乗るのが危険と考えられているのが乗用車のタクシー、

危険の理由は「勝手にトンデモナイ所へ走っていかれても逃げられない」からである。

同じところに行くのならオート三輪(サムロー)の方が安全なのはいざと言うとき逃げられるから、そう考えられている。

 

 

・ 事故を起こしたら運転手は逃げる

事故を起こして、運転手に責任がある場合、運転手は逃げることが多い。

 

逃げた運転手を住まいのアパートで捕まえようとしても間違いなくモヌケの殻。

タイ人は逃げ足が速いのだ。

タイ人は極端に荷物が少ない、だから逃げるのは早い。

 

こんな事があるのでアパートの家賃は前払いで、しかも2,3日支払いが遅れると荷物を放り出して締め出されてしまう。

 

 

・ タイには日本式の住民登録はない。

だからどこにだれが住んでいるか、調べる方法が無い。

こんな事で犯罪者はその時うまく逃げてしまえばあとは大丈夫

(タイも戸籍はある。だが日本と同じでそこに住んでいるかどうかは別)

 

犯罪者はタイの場合一旦逃げてしまえが大丈夫、だから犯罪が減らない。

 

 

尚タイの犯罪事情は以下参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2603522/

 

ここでタイで殺人事件が多い理由として挙げている事は是非海外に行く方は知っておいてほしい。

 

タイ人の言うタイで人殺しが多い理由。

 

1) 刑罰が軽い・・・宗教的な問題で、死んだ人は生き返らない。それより今生きている人を重視する考え方が有る。

 

2) 刑務所に入っても2,3年で出てこられる・・・日本で言う保釈、また何か有ると恩赦がある。

これにも宗教的な背景が有る。

刑務所に入っている人を恩赦などで救い出すと、仏教で言う「タンブン」で功徳を積んだことになり、来世に良いことが有る。

 

3) 刑務所が一杯・・・ 早く出所させないと次が収容できない。

 

こんな理由で簡単に出所できるので、人殺しなど平気でやってしまう。

 

 

日本とは違うタイの安全上の留意点、参考になればと思います。 

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-08-24 14:04

女性の海外一人旅

 今月は海外で事件に巻き込まれ死去した日本人女性の話が続いた。

一つは内戦状態のシリア北部アレッポで日本人ジャーナリスト、山本美香さんが銃撃を受けて死去。

 

その前に ルーマニアの首都ブカレストで女子大生、益野友利香さんが空港に着いた直後殺害されたというものであった。

 

無念の死を遂げられた二人の女性の方のご冥福を祈りたい。合掌。

 

所でブカレストの事件、益野友利香さんは一人旅、初めて行くブカレストに深夜到着、更にそこから列車で200キロ(3時間)離れた町に向かうスケジュールだったとか。

そんな話で私は7,8年前、タイに向かう深夜便であった若い一人旅の女性の事を思い出した。

海外での安全を考える意味でどんな話だったのか、少し書いてみたい。

 

尚益野友利香さんはインターンシップ(就業体験)でルーマニアに向かっていたそうで、この手配をしたのはNPO団体「アイセック」だとか。

この「アイセック」に大いに問題がありそうだが、この件は言及しません。

 

 

 

 

私がタイに向かう深夜便であった女性の話。

 

その日私は緊急打ち合わせのため早朝名古屋空港着(まだセントレアが開港する前の話です)、そのまま会社までタクシーで会社へ、会社で午後まで会議、その後またタクシーで名古屋駅へ、そこから新幹線やら関空特急を乗り継いで関空へ、関空を19時過ぎのフライトでタイに向かうというスケジュールでした。

タイ到着は午後11時の予定、

 

その機内で隣の席が若い女性でした。

なかなかの美人で年のころは20代前半、そんな感じなので別に話しかけたりはしませんでしたが何となく楽しいフライト。

(影の声:本当かなあ、スケベ人間が話もしない?、こいつは信じられん・・)

 

タイ到着の1時間位前になるとCAがタイの出入国カードを配ってくれる。

それを記入していると隣の席の女性がこんな事を聞いてきた、

「すみません、ここはどのように書けばいいでしょうか」

見るとタイでの住所はどこかとの質問欄、Address in Thailand と書いてあるところ。

私がこれはタイで宿泊するところなのでホテルの名前を書けばいいですよ。

ホテルじゃなく知人などの家ならそう書けばいいですよ、

現に私はこんな風に書いてますよ、そう言っても困ったような顔をしている。

 

どうしたんですかと聞くと「どこに泊まるのかわからない」という。

友達から聞いていないんですか、泊まるホテルの名前を。

それならどこか適当なホテルの名前を書いても大丈夫ですよ、ここに何が書いてあるか確認しませんから、と言ったのだが・・・

 

所がそれでも困ったような顔をしている。それで聞いてみると

「実はホテルの予約をしてない、まあ行けば何とかなると思って飛行機に乗った。友達などがいるわけではないが、何となくタイが面白そうだから行くことにした。」

こんな話である。

泊まる所は如何するのと聞くと「タクシーに乗って、どこか適当なホテルに連れて行ってもらえばいいと思っている」、こんな事を言う。

 

おいおい!深夜11時に空港に着くフライトだよ。

そんな時間に適当なタクシーに乗ったら命がいくつあっても足りないよ。

第一言葉はどうするの、電話は掛けれるのと聞いてもタイ語どころか英語もおぼつかない。

電話の掛け方も勿論知らない。

 

 

仕方がないのでタイの安全についてお説教。

タイは一般に安全と言われるのは他の国との比較での話、日本と比べたら犯罪件数は桁違いに多い。

特に女性は性犯罪に巻き込まれるケースが多い、タクシーなどは特に危ない。

最近も日本人女性が殺されたばかり。

タイ人女性でも夜9時以降は危険なのでタクシーにも乗らない、勿論一人歩きなどしない。

町を見るとタイでは女の人が男と仲良く歩いているのをよく見るが、実はこれは用心棒代わりの兄弟や男友達。それくらい危険だよ。

 

空港で客待ちしているタクシーに女性が一人で乗ったら、しかも何処に行くか分からない女性だったら、生きて帰れる保証なんか絶対にない。

 

それでも空港についてしまうので、こんな手位しか考えられないと言って教えたのは・・

良いのは明るくなるまで空港内にいて、それから行動する。

もし今夜行動するなら

・ タイの1ホテルをガイドブックで探し、そこに予約なしだがと言って飛び込む。

・ もしそこが満室なら、そこのフロントで次の良いホテルを紹介してもらいそこに行く。

・ その1ホテルまでは空港内でリムジンを手配し、それに乗ってゆく。

少々高いがこれならまず安全。

勿論行く先はバンコクの〇〇ホテルと事前に言っておく。

 

こんな厄介な話をしている間に飛行機は着陸態勢に入ってしまった。

私は気にはなったがそれ以上構ってもいられないので、あとはその女の子に気をつけなよと言って別れるしか無かった。

 

 

勿論その後どうなったか知る由もない。

しかし今の女の子は元気がいいというか、無鉄砲と言うか、我々には信じられないことを平気でやるようだ。

この女性も良い旅だったらいいがなあ、そんな思いである。

 

さて、一般論として、

一人旅をする女性の中にもしっかりした人は多い。

しかしタイであった日本人の中にもこんな感じで一人でタイにやってきて、夜の巷に沈んでいる女性をよく見かける。

 

日本を出発するときはそれなりに夢と希望を持って出たと思う。

しかし外国で待っていたのは日本では想像もつかない厳しい現実、

そうではないだろうか。

 

最近話題にしたある女性はNYでゴーゴーダンサーをしていたなどと言っていた。

その人の話ではNYで(10年以上前だが)一晩に200ドル~300ドル稼げたらしい、

ダンサーだけで稼げるカネではないので夜の商売もやっていたのかもしれない。

その女性はその後ストリップなどをしながら放浪したのだという。

 

こんな所に落ちてゆく人が結構いるのではないか。

 

若い女性が海外に飛び出す、大変良い事である。

しかし海外には日本では想像もつかない危険が待っていることも事実、

しかもそれは声高に語られることもない。

元気な御嬢さん方、その元気はそのままで、もう少し慎重さも持ち合わせてくださいね。

 

海外で悲惨な事件に巻き込まれた悲しい話で、こんな事を思い出しました。

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2012-08-23 15:05

カルトなどと話合いの場についてはいけない

  昨日8月22日、野田首相が反原発市民グループと面会したと報道されている。

アカヒ新聞の報道では話し合いは平行線だとか。

 

 

こんな話は大体無意味なのである。

理由は反原発団体には何の責任も権限も将来像もない

未来に責任を持っていないのである

従って何を言っても納得しない。原発反対、ただそれだけ。

 

こんなのは話し合いにはならない、連中は声高に自分の主張を述べるだけ。

原発を無くしてどうするか、そんな事は返答など出来る筈がない。

話し合いは平行線、当たり前である。

 

 

 

 

首相は右に写っている空き缶が元首相として是非とゴリ押ししたので、党内勢力争いの為妥協したのだと思う。

 

 

 

所でこの首相面会、私には一人見覚えのある顔がある。

この御仁である。

 

 

この御仁、Misao Redwolfなる名前だが、あちこちに出没している。

大体日本の首相に面会するのにこの服装、基地外部落の住人ではないか。

 

この御仁については前回エントリー参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2802789/allcmt/#C2632261

 

 

 

そしてこんな経歴の持ち主である。

 

 

Misao Redwolf / イラストレーター・デザイナー

広島市生まれ。セツ・モードセミナー中退。
幼少の頃から絵を描き始め、中学時代には雑誌『STUDIO VOICE』などに、ペンネームにて作品が掲載される。
セツ・モードセミナー在学中はバンド活動のかたわら、小泉今日子チェッカーズなどのアクセサリーや コスチュームのデザイン製作に関わる。
90年に渡米移住と同時に断筆。ニューヨークのイースト・ビレッジに魅せられ、ゴーゴー・ダンサーとして生活を始める。 その後イギリスイタリア・日本をストリップをしながら放浪。 帰国後99年より再び絵を描き始め、イラストレーターとして東京をベースに活動をはじめる。主にファッション関係の仕事のほか、 タトゥーのデザインも手掛ける。
スピリチュアリティ、スーパー・ナチュラル・パワー、シャーマニズムなどのスピリットや、 精神としてのロック・ミュージックを根底に抱きつつ、 ポップかつカジュアルな作品を描き続けている。

 

 

職業に貴賤はない。駕籠に乗る人、かつぐ人、そのまた草鞋を作る人である。

しかしアメリカに行ってゴーゴー・ダンサーをしていた、イギリスイタリア・日本をストリップをしながら放浪、こんな人である。

こんな人が日本の未来を左右するようなことを首相に文句を言う、こんな異常な事があるだろうか。

野豚は絶対やってはならない事をしてしまった、そうではないだろうか。

 

この人にとっては日本人がみんなストリップをしながら放浪すればいいとでも思っているのだろうか。

 

無意味である、全く無意味な話し合い、

マスゴミ諸君、こういう記事を唾棄すべき駄文と言うんだよ。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-08-22 22:55

この人は誰・・・8月22日追記あり

8月22日、一部追記し再掲。

 このエントリーで取り上げた市民活動家Misao何とかと言う御仁、

今日8月22日、首相官邸での野豚との話し合いにも顔を出していたようだ。

もう少しわかりやすい写真も含め再度アップする。

一部不快な写真もあえてアップするのでご了承いただきたい。

 

 

 

<以下本文>

 裏の桜さんのエントリーに「ミンス政権を作り出したモノ」と言うのがある。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2802456/

 

ここでこんなモノを取り上げられている。

 

 

いくらツィッターとは言え「エゲツナイ!」

更にこの人の事が裏の桜さんのエントリーで話題になっている。

詳細は上記リンク先参照ください、全く呆れた話ではあります。

 

 

所でこのMisao Redwolfなる御仁はどんなのかと思ったら、首相官邸前デモの仕掛け人の一人だった。

 

これがMisao Redwolfと言う人物

 

http://silmarilnecktie.wordpress.com/2012/07/06/%E3%80%8C%E7%BE%A4%E8%A1%86%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%8Dmisao-redwolf%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%82/

 

これは6月29日のものらしい

 

こんなのもあった、此れもMisao Redwolfだ。

 http://www.youtube.com/watch?v=YbKFXiT3AQc

 

これは6月11日のもの。

 

 <追加>此れでは分かり難いのでこんな写真も

 http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2012/06/vlcsnap-2012-06-30-18h41m50s161.jpg&imgrefurl=http://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/misao-redwolf&h=360&w=640&sz=28&tbnid=GJYMgW4RrfbW8M:&tbnh=54&tbnw=96&zoom=1&usg=__a9K0jArCG_GSjreHLSzEvFKGaZE=&docid=0KOqG62uw7oVrM&sa=X&ei=AN00UL7eOub3mAXb_YCABA&ved=0CEsQ9QEwAg&dur=25

 

 

所でこんなモノもある。

 

 

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2513.html

 

これは7月1日の大飯原発再稼働反対デモ、このネエちゃんが乗っているのは何とち〇こ神輿。

こいつはいくらなんでも写真は載せたくないので、詳細はリンク先参照ください。

 

<追加>

品位を疑われる画像だがあえて掲載する。ご了承を。

 

 

所でこのちんこ神輿に乗ってるネエちゃん、一体誰だ?

体つき、右手を上げるしぐさ、顔つき、髪型・・・

それに某一郎君と同様マスクご愛用である。

 

何処かで見たことがあると思うのは私だけだろうか。

(カゲの声・・・おっぱいの形だけでも分かるくらい・・・スケベ人間短足:拝)

よく見ると上掲のMisao Redwolfによく似ているけど如何なんだろう。

 

<追加>

2枚目の写真には「タトゥー」が写っている。

しかしこれは昔ながらの入れ墨ではない、タトゥーシールで簡単に取れるもの。

他の写真にないのはそんな理由である。

 

 

首相官邸前デモの正体はこんな奴だったという事である。

 

こんな奴に騙されて毎週金曜日の夜集まった善男善女、

これはどこかの新興宗教と同じではないだろうか。

最早言う事はない。

 

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。

 

<追加>

そして8月22日、首相官邸での話し合いにも顔を出している。

 

 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012082201001363.html

 

こんな連中は新興宗教と同じ、脱原発に対し何を言っても理解しない。

脱原発と言えば全て許されると思っている。

何か言えば火病を起こすだけ、カルト狂団である。

 

南無阿弥陀仏 反原発 南無阿弥陀仏 反原発 ・・・ 

・・・愚や愚や 汝を如何せん・・・

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2012-08-21 10:33

エネルギー問題

  昨日のエントリー「20日の新聞社説が面白い」に八目山人さんから貴重な情報をいただいた。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2805578/allcmt/#C2630173

 

チャンネル桜でエネルギー問題を討論しているのだが大変有意義な内容。

私もびっくりなので、それを紹介したい。

八目山人さん、どうもありがとうございました。

 

最初に動画はこれ。

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=bSjp4zF6IdY&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=7&feature=plcp

 

詳細は上掲動画を見ていただきたいのだが、ここで最初に元三井物産の小野章昌氏が説明している石油の産出量のピークが2017年と言うのは衝撃的である。

 

 

ピークオイルと言う話は随分前からいろいろ言われているが、このデータは出所も含め大変衝撃的。

オイオイ! 2017年と言えば5年先だぞ、

子どもたちの未来なんてもんじゃない話ではないか。

 

そう言うとアメリカの天然ガスがあるだろうという話だが、小野氏はこんなデータを示している。

 

 

アメリカに潤沢にシェールガスがあるような報道がされているが、真相はシェールガス以外の天然ガスは2009年をピークに減少している、それを何とかシェールガスで補っているのが実情だという。

 

 

更に政府は三つの選択肢を提示して原発の将来比率をどうこう言っているが、此れも正しくアホダラ教、それを小野氏も指摘している。

 

 

此処で再生可能電力30%~35%を前提としているが、これは全く不可能。

夢物語である。

それをドイツスペインが証明している。

 

 

どんな無理な数字かはこれを見れば分かるだろう。

 

それからコジェネ15%も無茶苦茶だが、最後の省エネで1割、節約で1割の合計2割など無茶苦茶の限りである。

現在でも日本の省エネは世界一、これ以上省エネ、節約せよとは工場の稼働を止めろ、新しい仕事をさせるわけにはいかんという事だ。

勿論企業が無くなれば雇用もなくなる。

日本人はどこかに出ていけ、それがこの話の根底だ

 

尚この話はyuyuuさんも取り上げている。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2805798/

 

 

 

最後にこの石油産出のピークが近いという話の良い実例がイギリスにある。

北海油田だ。

 

イギリスは苦労して北海油田を開発した。

(多くの犠牲者も出している)

やっと軌道に乗ったと思ったらあれよあれよと言う間に生産量激減。

いまや枯渇への道まっしぐらである。

 

少々古いが産油量のデータはこんなモノ

 

イギリス京都議定書当時は北海油田からの石油で正に日の昇る国だった。

しかし2000年がピーク、その後は坂道を転がり落ちるがごとく産油量は減り続けている。

悲惨な話である。

 

もう一つ、これは今回のエントリーには余談だがイギリスが温暖化詐欺に加担し、未だにあいまいな態度をとり続けている原因がこの北海油田枯渇問題が根底にある。

 

嘘でも何でもいい、とにかく石油依存を減らさないといけない。

そう言う事である。

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-08-20 18:38

穀物価格が心配なレベル

  大豆、トウモロコシなど穀物価格が高騰している。

最初にNHKの報道から。

 

<以下引用>

 

農水省 穀物高騰の動向を注視

8月19日 4時22分

 

トウモロコシや大豆といった穀物の世界的な価格上昇を受け、農林水産省は、国内での食品の生産や価格に影響する懸念があるとして、関係国からの情報収集を強化するなどして今後の動向を注視することにしています。

 

記録的な干ばつで、世界有数の農業生産国のアメリカでは、トウモロコシや大豆の生産量が例年より大きく減少する見込みです。

このため、トウモロコシや大豆の先物価格は、代表的な指標で、この2か月余りの間にトウモロコシは40%以上、大豆は30%前後、それぞれ値上がりして歴史的な水準にまで高騰し、これに連動する形で、小麦も40%以上値上がりしています

農林水産省は、こうした状況が続けば、トウモロコシや大豆のほとんどを輸入に依存している日本としては、餌として多くの穀物が必要になる牛や豚など、幅広い食品の生産コストが上昇する懸念があるとして警戒感を強めています。

このため、農林水産省は、主要な穀物の生産国の作柄や世界的な需要動向などについて、関係国からの情報収集を強化して動向を注視するとともに、今後の状況によっては、食料の安全保障の問題として、国際的な枠組みで扱うことも検討するなどして対応していく方針です。

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120819/t10014373961000.html

 

<引用終り>

 

 

 

どの程度の価格高騰かと言うと

これはコメ、小麦、大豆、トウモロコシの国際価格の推移。

この表にあるように2008年の穀物価格急騰の後も最近じりじり値を上げてきた、。

そして大豆、トウモロコシは過去最高価格となるまで高騰、小麦もじりじり値を上げている。

但しコメだけはその動きとは関係なさそうである。

 

 

 

此処によいニュースがある。

日本の今年のコメの作況指数予測が発表されている。

それに依れば全国平均で102のやや良であるという。

http://www.japan-rice.com/main.htm

 

 

もう一つコメの価格安定要因、タイ政府がタクシン派になったことでポピュリズム政策からコメの価格を値上げした。その為コメが売れなくなり、タイでは在庫が満杯状態になってきたことがあげられる。

 

<以下newsclipより引用>

 

タイの上半期コメ輸出量45%減、価格競争で苦戦

2012/7/26 (13:47)

 

【タイ】タイ・コメ輸出業者協会によると、上半期のタイのコメ輸出量は前年同期比45・4%減の345・3万トン、輸出額は33・6%減の714・4億バーツだった。1トン当たりの価格がインド産、ベトナム産より100ドル以上高く、市場シェアを急激に失った。輸出先の上位5カ国はナイジェリア(81・8万トン)、インドネシア(28・1万トン)、イラク(22・6万トン)、米国(16・3万トン)、南アフリカ(14・9万トン)。

 

 タイの通年のコメ輸出量は前年比39%減の650万トンと予想され、輸出量世界一の座をインドに明け渡し、ベトナムにも抜かれ、3位に転落する見通し。

 

<引用終り>

 

 

多分穀物価格の上昇で肉だとか豆腐だとかが値上がりする。

困った話ではあるが、2008年のような全穀物が狂乱物価になるような事態は避けられそう。

コメの価格が今のところ安定しているのが大きい。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-08-20 16:31

20日の新聞社説が面白い

  8月20日の新聞各社の原発についての社説が大変面白い。

そこで読売と東京新聞の社説を並べてみた。

読んでいくと無茶苦茶腹が立つがこれが現実である。

まあ ご一読を。

 

 

<以下引用>

 

最初にこれは読売新聞

 

原発ゼロ発言 無責任な楽観論を振りまくな(8月20日付・読売社説)

 

 成長戦略として原子力発電所の輸出を推進する担当閣僚が自ら、早期の「原発ゼロ」を主張するのは、あまりに無責任と言えよう。

 

 枝野経済産業相が、日本メーカーによる原発建設が内定しているベトナムを訪れ、原発の新規導入に必要な制度作りなどに協力することで合意した。

 

 枝野氏は記者団に、日本は原子力の安全技術で国際貢献する責任がある、などと強調した。

 

 ところが、ベトナム訪問前には、日本の原発比率を「できるだけ早くゼロにした方がいいと思う」と発言していた。原発を他国には売るが、自国は早くゼロにするというのだろうか。これでは国際的な信用は得られまい。

 

 日本が脱原発を決めれば原子力の技術者は育たず、ベトナムなどへの安全面の貢献も続かない。枝野氏は矛盾だらけの「原発ゼロ発言」を撤回すべきである。

 

 政府は2030年の原発比率について「0%」「15%」「20~25%」という三つの選択肢を示している。このうち、「0%」が最も非現実的なのは明らかだ。

 

 政府の試算によると、国内総生産が約50兆円減少するなど、日本経済への打撃は甚大だ。

 

 民間の見通しも厳しい。経団連は、失業者が200万人も増えると警告している。電力多消費産業の鉄鋼業界は、電気料金が最大で約2倍に上がることから、「廃業勧告に等しい」と訴えた。

 

 野田首相は「0%」とした場合の課題やその克服策の検討を関係閣僚に指示している。原発ゼロを正当化する“理論武装”が狙いとすれば、看過できない。

 

 懸念されるのは、経済界の悲痛な声をよそに、原発ゼロでも何とかなるとする安易な考えが、政権内に出ていることである。

 

 特に、電力安定供給と産業振興に責任を負う枝野氏が、楽観論を振りまいているのは問題だ。

 

 枝野氏は「0%」を実現可能な選択肢としたうえで、「やり方を間違えなければ、むしろ経済にプラスだと思う」などと述べた。原発の代わりに再生可能エネルギーを導入すれば、内需拡大につながるはず、というのだ。

 

 現実はそれほど甘くはない。再生エネで先行したドイツでは電気料金の上昇で家計負担が急増し、太陽光パネルのメーカーが安い中国製に押されて倒産するなど、悪影響が顕在化している。

 

 国の浮沈にかかわるエネルギー戦略を、不確実な期待を根拠に決めるのは、極めて危険である。

 

(2012年8月20日01時32分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120819-OYT1T01006.htm

 

 

 

 

これは東京新聞

 

【社説】 夏の節電 見据えよう「原発ゼロ    

2012年8月20日

 

 東京電力の原発事故から二度目の夏。節電が定着し、ピーク需要が事故以前に比べ一千万キロワットも下がっている。関西電力以外の原発はすべて止まったままだ。原発ゼロ社会を見据える好機としたい。

 

 事故の前年、二〇一〇年夏の東電のピークは五千九百九十九万キロワットに達した。今夏は七月二十七日の五千三十八万キロワットが最大で、五千万キロワットを超えたのはこの一日だけだ。それ以外は猛暑日でも四千九百万キロワット前後と、供給能力の八~九割に収まっている。

 

 電力消費は企業活動が本格化する九月に向かって増える傾向にあり、楽観は禁物だが、昨夏から続く一千万キロワット規模の節電は揺らいでいない。工場や商店、家庭を問わず、エアコン、冷蔵庫の設定温度を調整して冷やしすぎに気をつける。こまめに消灯する。地道な省エネの積み重ねが、原発十基分にも相当する節電を支えている。

 

 東電の供給地域は首都圏を中心に一都八県。事故直後には計画停電が実施された。放射性物質が飛び散り、除染作業を強いられた地域も少なくない。こうした体験が節電文化を育んだというべきだ。

 現在、日本の原発は再稼働した関電の大飯原発を除き、すべて止まっている。管内にトヨタ自動車を抱える中部電力は、需要に対する供給余力を示す予備率が一時7%前後にまで下がったが、なお余裕を残している。原発ゼロ社会に等しい今の日本の姿であり、原発に頼らない社会に向けた実験の真っただ中にあるようにさえ映る。

 

 経済界は危機感を募らせているのだろう。経団連米倉弘昌会長は、三〇年の原発依存度として政府が示した「0%」「15%」「20~25%」の選択肢を牽制(けんせい)した。依存度を下げれば代替する天然ガスなどの調達費がかさんで電気料金が高くなり、企業の海外進出、雇用悪化を招くとの批判だ。

 

 コストばかりに目を奪われる経営者の域を出ていない高放射線量によって十六万人もの福島県民が故郷を追われた「人間の被害」の視点も抜け落ちている。燃料が高いのなら、電力業界や商社とともに中東、マレーシアなどよりも三~四割安い米国シェールガスの輸入を実現する。それをリードするのが経団連の役割だ。

 

 今、求められるのは長崎市長が訴えた「放射能に脅かされない社会」ではないのか。限りなく原発ゼロの今を直視しながら、国民一人一人がエネルギーの将来をじっくり考える。残りの夏をその機会に充ててみてはどうだろう。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012082002000129.html

 

<引用終り>

 

 

無責任な楽観論を振りまくな、

 

これは読売の社説では枝野の事を指摘しているように見えるが、全政治家そしてマスゴミすべてが対象である。

 

今世間この夏が乗り切れるのだから原発はいらないなどと言った妄想がまかり通っている。

その妄想の最たるものが東京新聞の社説。

こんなのは小学生の作文以下なのだが、そんな事が全く分かっていないのだ。

 

その反論の一例。

コストばかりに目を奪われる経営者の域を出ていない

これこそ世の中の仕組みを知らない妄想の最たるものである。

 

確かにコスト以外にも企業が留意することはたくさんある。

製造業ならお客さんに満足してもらえる商品作りとか、環境に配慮とか、働く人の健康問題とか、株主への配当であるとか、幾らでもある。

 

だが企業活動全ての根源は「儲かっている事」、つまり「コストで優位に立っている事」。この一言に尽きる。

企業は儲からなければ存続できない、従業員に給料も払えないし、良いものなど造りようがない。これが企業経営の大前提である。

 

今名門企業シャープが苦しんでいる。

原因は?  簡単である、コストで競争力を失ったのだ。

 

この社説士はいかにももっともらしい事を言っているが、こんなシングルイシューで人を騙す、どこかの新興宗教と何ら変わりない

こんなのが社説を書く新聞、日本のマスゴミも困った存在に落ちぶれたものである。

尾羽打ち枯らした新聞の戯言、そうではないだろうか。

 

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(20)