2012-07-31 16:42

タイのバラマキ政権の結果

  タイのバンコク週報に興味深い記事がある。

「汚職指数が悪化 予算の多くが政治家らの懐に」と言う記事。

内容はこんなモノ

 

 

7月21日付バンコク週報1面記事より

 

バンコク週報の記事は今は有料化され読めないので記事をコピーしたのだが・・・・

賄賂が30%~35%とは何とも恐れ入った数字である。

 

タイでの賄賂は一般に政府発注の公共工事の発注額に応じ、受注企業が政府当局者や入札担当者に賄賂として支払っている。

タイではこれはコミッション(手数料)といい、発注に便宜を図った手数料であり、別に可笑しなものでないと受け取る側は理解している。

GDPの2.2%~2.5%が賄賂、こんな事をしていたら国がおかしくなるのは当たり前だ。

しかもこの記事の後半で1999年にはこの数字が11%~15%だった、

それが大幅増加していると指摘されている。

では何が原因でこんな無茶苦茶な数字になったのか。

 

 

 

思い当たることがある。

タイの政権は2001年からタクシン政権になった。

タクシン自身は2006年4月に退陣しているが、その後も傀儡政権を後ろで操っており、2006年9月のクーデターからの1年強と2008年12月~2011年6月までのアピシット政権以外はタクシン傀儡政権である。

現在のインラック首相もタクシンの妹であり、主要な政権運営はタクシンが毎日指示を出していると言われている。

 

そしてタクシンは賄賂を30%とっていることは以前から囁かれていたことだ。

この件は以下参照下さい。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1689295/

 

タクシン政権誕生して10年以上、やっとその問題点が公表されたわけである。

 

こんな事で得た莫大な金はどこへ行ったのか?

勿論私腹を肥やすのに使われたのだがそれだけではない。

選挙民の歓心を買うためにアチコチにばらまかれたのである。

 

タクシン派が選挙に強い、民主的な選挙と言われるもので勝てるのはこの多額のバラマキ金をエサに愚民を釣り上げているためである。

 

だがそんな多額の賄賂を捻り出すことがどうしてできるのか?

日本人の常識では無理だ。

方法はただ一つ、常識はずれの手抜き工事である。

 

その一つの例、タイでは7月31日完了で新しくできたスワンナプーム空港の滑走路補修工事が行われてきた。

2本ある滑走路の内長い方、4000メートル滑走路を全面閉鎖し、全長の約半分くらいの舗装をやり直す工事である。

当然相当数の旅客便が遅れたり別空港に着陸を余儀なくされたりした。

 

この空港の開港は2006年9月だから5年ちょっとで舗装やり直し、日本では信じられない手抜き工事だが、3割も3割5分も賄賂を取られればこんな事も起こる。

 

更に今回私も類似の事例を目にした。

タイ東部の工業団地のある地区と貿易港であるレムチャバン港を結ぶ高速道路、

これも2006年頃出来たのだが、今回通ってみると道路がガタガタである。

 

これはその道路の写真

 

黄色丸印内が路面にできた穴、

路面はもっと酷いところが一杯、ここは程度の良いところなのだが、大型車が路面の穴ぼこを嫌がって路肩部分に車輪を乗せて走っている、だから危なくて写真を撮りに行けなかった。

 

実は大きく写っているトレーラーも本当は左車輪を路肩に乗せて走りたかったらしい、私がウロウロしているので仕方なく走行車線真ん中を走っている。

 

写真の奥に写っている赤丸印の車が右側車線の路肩に片側車輪を乗せて走っている。

こんな走り方をしなければならない路面の痛み方なのだ。

 

これが出来て6年くらいの新しい道路である。

知らないドライバーが夜間高速で突っ込んだらパンクや事故は間違いないところだろう。

こんな事をして作った裏金が政治家に回り、その一部が庶民にばら撒かれているわけだ。

 

政治家がばら撒く僅かな金に尻尾を振って1票を投じた人、その結果がこんな損失を与えている事には残念ながら気が付いていない。

タイ人は何時になったらこんな事に気が付くのだろうか。

 

 

そういえば日本でも九州で未曾有の水害が発生したが、そこでもダムが完成したところは水害を免れ、ダムをストップさせられた所ではダムさえ有ったら水害はなかったのにと言う事例があった。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120719/plt1207191540006-n1.htm

 

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

しかしうっかり1票、がっかり4年では済まない話、そう思います。

 

タイに行ってみて、日本のミンス政権の問題と全く同じ現象を見てきました。

その一端です。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-07-31 12:02

停電の無い国に帰ってきました

  昨日夕方タイから帰ってきました。

率直なところ日本は暑いですね。タイの方が涼しかった・・・

でも日本は停電が無い、良い事です。

日本では当たり前に停電しない電気がある、

タイに暮らしてみるとホント当たり前に電気の有ることは有りがたい。

 

 

タイでは外出中にトンデモナイ豪雨の中で停電に遭遇しました。

30メートルくらい前を走る車のテールランプが見えないくらいの大雨、

そして多分落雷が原因と思われる停電。

道路の信号が消えた中でも運転手は慣れたもの、平気で走っている。

とは言うものの流石に早すぎるのはダメなのでゆっくり走れと言っていたのだが・・・

 

 

所がガソリンが無くなったので給油にガソリンスタンドに立ち寄ると、停電のため給油不可。

 ガソリンスタンドの給油ポンプも料金メーターも電気で動いているんですね。

考えてみれば当たり前なのですが、停電してみるまで気が付かないこと。

仕方がないなあ、それなら先のガソリンスタンドへ行けばいいだろうというと運転手君はダメだという。

見たら燃料のメーターはエンプティー、スッカラカンなのだ。

運転手はどこでガス欠するか分からないので電気が来るまでここで待っていると言って動かない・・・

おいおい! これではいつ帰れるか分からない、日が暮れちゃうぞ。

第一此処にいても併設のコンビニも停電で物が買えない、飲み物もない中で待っていても仕方ないだろ。

 

そこでガソリンスタンドの兄ちゃんに何処なら電気が来ているか聞いてもらう、結果10キロほど先のスタンドは電気が来ている事が分かったが運転手はそこまでたどり着く前にガス欠するかもしれないと言い出す。

こんな時は私の方が車には明るいので、メーターを見て10キロ位ならガソリンはあるから走れと指示。やっと停電していないガソリンスタンドで給油できた。

 

 

日本に帰ってきて一番感じたこと、

停電の無い国は有りがたい国ですねえ。こんな良い国を貶すアホがいるが、そんな奴には停電当たり前の国でしばらく暮らしてみるといいと思った次第。

 

尚この話の後日談。

運転手君には後でしっかり言い聞かせたこと、

「スッカラカンになってから給油は絶対ダメだろ、まだ残量が2割や3割の所で給油しても怒らないから給油しろ。」

そんな事を運転手君と現地のマネジメントに言い聞かせました。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-07-23 15:47

明日からまたタイへ

  明日からまたタイに行くことになりました。

帰国は今の所来週月曜日の予定。

それまでコメントいただいても返事が遅れそうですが、

ご了承いただきたくよろしくお願いします。

 

この時期は日本とタイは気候がほとんど同じなので、

着る物の心配が要らないのがいい所です。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-07-21 22:51

スズキのインド工場の暴動<続編です

  スズキのインド工場暴動について詳細が分かってきた。

現地会社の人事部長が死亡したことは前回も書いたが、その死因が報道されている。

何と暴徒に両手・両足を折られ、事務所に放火されたので逃げ出すことができず死亡したのだとか。

 

 

私はインドには行ったことがないのだが、あまりにもむごい話で記事を引用するのもはばかられるような話。

 

詳しくは以下参照ください。   むごい話です。合掌。

http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_481226?mod=WSJWhatsNews

 

 

さて前回のエントリーでもこんな時には「陰で騒動を煽っている左翼扇動部隊が必ず存在する」と指摘した。

 

今回のスズキのケースが如何なのかは分からないが、私がタイで経験した事を少しご紹介したい。

 

タイの場合、東洋のデトロイトと称されるくらい自動車関連の企業が集まっている。

巨大な工業団地があり、その工業団地内だけで自動車が作れるだけの部品メーカーがそろっている。

 

そんな所では吸い寄せられるようにいろんな業者が集まってくる。

例えば工場用の工具類の商社だとか、作業服の業者だとか・・・

そして労働組合もあちこちから未組織労働者を組織化しようとやってくる。

タイではアメリカUAW系と言われていたが)からも労働者の組織化と待遇改善を狙ってオルグがやってきた。

 

アメリカから来たから自由主義的かと言うとそうではない。

極めて戦闘的な極左扇動工作員である。

だからこの連中に洗脳されるとトンデモナイ過激分子が出来上がる。

 

 

ではスズキのケースは如何なんだろうか。

少なくとも両手・両足を折られている、これは故意に折ったのであろう。

こんな事をするのはインドにもあるのだろうか。

シナやイスラムではこんな事もあるらしいのだが・・・

 

まだよく分からないが極めて過激な扇動者が絡んでいることだけは間違いない。

スズキの苦労はまだまだ続く。早く解決してほしいものだ。

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-07-21 13:25

温暖化対策会議:14年に日本で初開催<日本も舐められたもの

 クライメイトゲート事件以来すっかり世界中の信用を失ったIPCC

所がこの温暖化対策会議を日本で開催するという。

 

 

<以下毎日新聞より引用> 

 

 

温暖化対策会議:14年に日本で初開催

毎日新聞 2012年07月20日 12時19分

 

 国連気候変動に関する政府間パネルIPCC)が14年秋にまとめる第5次報告書の総会が同年3月、日本で初めて開かれることが固まった。細野豪志環境相が20日の閣議後の記者会見で明らかにした。環境省は首都圏で開催地の選定を始めた。

 

 総会で採択されるのは、作成が進む複数の報告書の中で最も注目される第2作業部会に関するもの。約100カ国から計500人程度の研究者や政府関係者が集まり、温暖化がもたらす農業や健康への影響などが盛り込まれる。

 

 7月9日にIPCCのパチャウリ議長から細野環境相に開催要請文書が届き、受け入れを決めた。

 

 IPCCは88年設立。これまでに4回の報告書を作成し、温暖化対策に関する各国の政策や国際交渉に影響を与えてきた。【藤野基文】

 

http://mainichi.jp/select/news/20120720k0000e040232000c.html

 

<引用終り>

 

 

 

地球温暖化などと言う壮大な詐欺

日本はこの為に20兆円といわれる莫大な金を払ってきた。

そこにノコノコやってくるのが国連温暖化詐欺師グループ

 

どの面下げてやってくるのか。

多分世界中で嫌われ、開催地の当てがない、それでお人好しの日本を選んだのだろう。

日本も舐められたものである。

 

だがこの会議が開催される2014年頃には地球寒冷化がますますはっきりしているだろう。

IPCCの詐欺師グループにはこの総会でIPCC解散、そして自分たちは日本にやってくるときは王様扱い、帰るときは乞食同然となって帰って行ってもらいたいものである。

 

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-07-20 15:24

スズキのインド工場の暴動<対岸の火事ではない

  スズキのインド工場で暴動が発生し、現地人管理者(人事部長とか)が死亡、日本人も2名負傷するなど深刻な被害が出ている。

 

<以下ロイターより引用>

 

 

マルチ・スズキ工場が暴動で停止、1人死亡・邦人2人負傷

2012年 07月 19日 16:41 JST 

 

 

[ムンバイ/東京 19日 ロイター] スズキのインド子会社であるマルチ・スズキは18日、インド北部のマネサール工場で労働者による暴動が発生し、自動車生産を停止したと明らかにした。

 

マルチ・スズキによると、同工場では従業員の規律問題をめぐって労組が行っていた抗議行動が暴動に発展し、マネジャーや幹部を含む少なくとも90人が負傷して病院に搬送された。工場の施設も放火された。

 

広報担当者によると、現在は警察当局が事態の収拾に当たっている。

 

日本のスズキの広報担当者によると、現地作業員1人が死亡した。このほか、日本人駐在員2人が殴られて負傷し、入院中だが、命に別条はないという。

 

マルチ・スズキの広報担当者は、暴動が発生したマネサール工場の操業を19日も停止することを明らかにした。

 

現地の警察当局によると、約90人の労働者が逮捕された。罪名は殺人、殺人未遂、放火。

 

マルチ・スズキは18日遅く声明を発表し、暴動が起きた経緯について「問題を友好的に解決するため、シニアマネジメントのメンバーが労組側と協議していたが、協議中、労働者がシニアマネジメントのメンバーやマネジャーらを暴行した」と説明した。

それに対し、マルチ・スズキの労組委員長は、事前に準備された労働者や労組を締め付ける活動が暴動や工場閉鎖に発展したとして、会社幹部を非難。「幹部の指示で警備員によって門が閉じられ、警備員が凶器を使って労働者に激しく殴りかかった。彼らは一部の幹部や警察と共に多くの労働者に暴行を加え、殴られた労働者は重傷を負って病院に運ばれた。警備員は会社の施設を破壊し、工場の一部に火を放った」とする声明を発表した。 

 

 

・・・以下略・・・

 

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86I02R20120719?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

 

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86I02R20120719?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

 

<引用終り>

 

この件は日経の記事がよくわかるのですが、コピーできないので以下参照ください。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC1900J_Z10C12A7000000/

 

 

こんな話には陰で騒動を煽っている左翼扇動部隊が必ず存在する。

その連中は決して表には出てこないが、労働組合側が要求したことなどはほとんど全部この影の扇動者が吹き込んだもの。

インドの場合は経済の発展で左翼連中の勢力が弱ってきたので、その対策として日系企業の大手スズキに活動家を送り込んできたと言われている。

 

 

 

日本でもいますね。おかしな蛆虫が。

日本の場合、今は脱原発、オスプレイ反対が彼らのターゲット。

 

 

 

そして

 

 

【脱原発】官邸前デモは左翼の労働組合組織・全労連などに導かれている-英独のメディアが注目

 

 

こんな事を報じているのが何と「赤旗」、

流石に赤旗だけは売国マスゴミには染まらなかったのか・・・

 

<以下赤旗より引用>

 

 

英独のメディア

日本の運動に注目 “原発反対 世界に影響”

 

【ロンドン=小玉純一】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は16日、最近、日本で広がる原発反対の運動について「本気の力を出し始めた」として、「世界第3の経済大国のエネルギー政策、したがって原発部門の世界的動向に対して、非常に大きな影響を与えうる」と論評しました。

 同紙は最近の一連のデモを「数十年間で日本最大の抗議行動が相次ぎ、それぞれ数万人が参加している」「首都で最大の反原発イベントとNHKが述べた」と報じました。

 同紙は「最近のデモが1960年代以来、政治問題を街頭に持ち込むことが少ない国での根本的変化を示していると、主催者や参加者がみなしている」と紹介。官邸前デモについては、「ソーシャルメディアによって組織された新しい活動家集団」や「左翼の労働組合組織・全労連」を含む「連携によって導かれている」と報じました。

・・・以下略・・・

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-07-18/2012071801_02_1.html

 

<引用終り>

 

 

 

まさか、まさか、私が赤旗の記事を引用しようとは・・・・・

青天の霹靂であります。雪が降るかもしれません・・・(爆笑)

 

ことほど左様に今日の脱原発騒動の根は深い。

多分事の発端を作った空き缶・枝野を処罰できない今の政権が一番の癌なのだと思う。

そういえば枝野も革マル派だったなあ・・・、納得。

日本の迷走はいつまで続くやら・・・

 

 

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-07-19 22:38

タイの滝

  暑いですね、梅雨が明けたと思ったらいきなり猛暑日。

此れでは堪りませんので、せめて写真で涼でもと言う事で・・・、

タイ人の好きな滝での水浴びの写真。

 

タイ人は海で泳ぐのはあまり好まない、しかし滝は大好きである。

 

 

最初はこれ。

タイ北部の田舎の滝

 

 

みんな嬉しそうですね。

でもどんなところかと言うと

 

水は泥水、そしてさほど広いところではない。

しかし田舎の人たちには格好の行楽地らしい。

 

 

 

今度はきれいな水の滝。

これはタイ東部、カンボジアとの国境に近いチャンタブリのプリューの滝

滝を中心に公園のようになっている。

滝の落ち口の上はこんな風。

 

大きな魚がいっぱいいる。

この魚、人を怖がらない。

子どもが持っている草のようなものは魚のエサ、公園の入り口で売っている。

 

水に入ると魚がエサをくれと寄ってくる。

エサをやらないと足を突っつきに来る、だからとても面白い。

 

 

 

滝の下の方はこんな風。

 

 

此処にも魚が沢山いる。

 

それからタイ人は水着を持っていない。

水から上がって1時間もウロウロしていれば服は大体乾いてしまう。

だから水着不要。

便利なものである。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-07-18 08:40

熱中症

  梅雨が明けたと思ったら途端に猛暑日、今日も暑くなりそうです。

昨日たまたま地区の自治会長の方と話をする機会があり、暑いですねえ、こんな時は高齢者の方は熱中症が心配ですねと言った話をしていて、タイ時代に熱中症になりかけたことを思い出した。

 

 

タイでは日本の昨日のような猛暑日は珍しくない。

ゴルフ場では日本人はこんな時は朝早くスタートし、一番暑い時間帯は避けるのだが、好きな連中はそんな事はお構いなし。

私もその仲間なので、その時も炎天下でゴルフをしていた。

 

ゴルフも後半、13番辺りに来た頃体調がおかしくなった。

暑いからフーフー言いながら歩いているのだが何時もより体が重い。

そうこうしている内、今まで汗だくになっていたのが「汗が出なくなった」。

丁度近くに茶店があったのでそこに飛び込んで休憩。

一緒に回っていた仲間もそこで休憩しようという事で後ろの組をパスさせた。

 

どんな状態かと言うと

顔が真っ赤になっていた・・・多分体温が高くなっていたのだろう。」

汗が出なくなっていた。」

水を飲もうとしても飲めない、無理に飲もうとしても気分が悪く、吐きそうになる」

 

結局30分位休んで、ゴルフはそこでオシマイ。

 

家に帰って休憩したら体調が戻ったので問題なかったが、あとで考えれば何もなかったのが運が良かっただけ、一つ間違えば熱中症でひどい目にあっている所だった。

 

今日も暑い日です。

熱中症になりかけると汗が出なくなります。

そんな時は点滴しないと大変なので皆様もご注意を。

 

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-07-17 07:17

自動車産業支援を表明<フランスの話です

 日本ではあまり大きく報道されていないが、フランスの大手自動車メーカー「プジョー・シトロエングループ」が人員削減や工場閉鎖など経営再建策を発表し、それに対しフランス政府が支援に乗り出すという報道がある。

 

実は個人的にプジョー・シトロエンと言う車は好きな車である。

(但し買ったことはない・・・)

特に昔のシトロエンなどは実に独特のデザイン、メカもよく言えば独特、悪く言えば独善的で実に面白い。

 

これは10年前にベトナム・ハノイの街角で見かけたシトロエン・トラクシオンアバ

(トラクシオンアバン=前輪駆動)

 

 

 

さて、思い出話はここまで、本題は

 

<以下WSJより引用> 

 

25日に自動車産業支援策発表=仏財務相

2012年 7月 16日  12:19 JST

 

 【パリ】フランスのモスコビシ財務相は15日、ニュース専門テレビ局i-Teleなどとのインタビューで、同国政府が25日に自動車販売促進策など仏自動車産業に対する支援計画を発表すると表明した。

  

 オランド大統領は14日、同国自動車大手プジョー・シトロエン・グループ (PSA)が12日に8000人の人員削減とパリ郊外のオルネー工場の閉鎖などからなる経営再建計画を発表したことについて、「受け入れられず、再交渉すべきだ」と強く批判した。

 

 モスコビシ氏は、プジョーは民間会社ではあるが、政府は同社経営陣に対し再建計画を修正するよう迫る手段を持っていると述べた。ただ、政府がプジョーの株式取得を検討しているのかどうかなど、それ以上の詳細については明らかにしなかった。

 

 プジョーの発表は、フランス中に衝撃を与え、仏産業が全体的に競争力の低下や欧州の債務危機で打撃を被り、困難に直面していることを浮き彫りにした。

 

 モスコビシ氏はまた、フランス政府の見通しでは今年の成長率は0.3%となっていることを指摘し、今年リセッション(景気後退)に突入するとは思わないと述べた。さらに、「フランス経済は強固であり、今後もそうだろう」と強調した。

 

http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_478447?mod=WSJ3items

 

<引用終り>

 

 自動車は全世界で熾烈な生存競争をしている。

これは昨年の自動車世界販売台数。

世界新車販売台数ランキング2011
順位(昨年)自動車メーカー国籍販売台数
1(2)GM米国903 万台
2(3)VW独国816 万台
3(1)トヨタ自動車日本795 万台
4(4)日産・ルノー日仏739 万台
5(5)現代自動車韓国660 万台
6(6)フォード米国570 万台
7(7)フィアット・クライスラー伊米389 万台
8(8)プジョー・シトロエン仏国355 万台
9(9)ホンダ日本310 万台
10(10)スズキ日本250 万台

※日経新聞(2012年2月4日7面)

 

 

世界ランキング第8位のプジョー・シトロエングループと言えども生き残りは簡単ではない。

 

そしてこれからが言いたいこと、

世界規模で競争している自動車、この企業のかじ取りは政治家などが横槍を入れて立て直し出来るほど簡単なものではない。

ましてや左翼政権は雇用の確保のために横槍を入れるのだが、クルマメーカーにとって最大の課題は世界のユーザーに受け入れられる「安くて良い車を作ること」。

雇用の確保を優先すれば、この大前提が崩れる。

 

プジョー・シトロエングループの問題はこれからEU全体の大問題に発展する可能性がある。

今後とも注意深く見守っていきたい。

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-07-14 20:41

バイク用レインウエア

 千葉県にいる息子が3日間休暇が取れたと言って帰ってきた。

息子は今バイクに凝っているので、首都高~東名を深夜ぶっとばして早朝5時半頃帰ってくる。

私も昔身に覚えがあるので無茶するな位しか言えないが、内心は心配ではある。

 

 

所でこの梅雨時、まして今九州地方は大変な豪雨であるが息子はレインウエアも持たずに走ってきた。

今の大型バイクはカウルがついているので、高速道路などを走っている分にはあまり濡れないようだ。だから本人は少々の雨なら平気だと言っている。

 

 

これが息子の車と全く同じものの模型(本人曰く、ひとつ前のモデルだとか)

私がタイに行ったとき見つけて手に入れて持ってきたもの。日本では売っていないようだ。

 

 

こんな梅雨時に、幾ら少々の雨ならあまり濡れないので平気だと言ってもこれはダメ。

こんな時期にレインウエアなしという事は

「憂いあれど 備えなし」状態、

これは仕事であれ、遊びであれ一番いけない事、と先ずはお説教。

言っているだけでは埒があかない、そこで一昨日息子と名古屋のバイク用品屋に行ってきた。

 

今はレインウエアと言っても良いモノがあるのですね。

私がバイクに乗っていた大昔はバイク用のレインウエアなど無し。

雨が降ったら普通の雨合羽を着て乗るか、濡れて走るかだった。

 

最近のレインウエアはしっかりしていて水も浸み込まない。

サイズも色々あるがこれは大きすぎると「バタバタ」して困るので最適なものが選べる。いい時代になったものだ。

 

私はバイク用品屋など入るのは何十年ぶりだろう。

物珍しいので中をウロウロ、何を買うわけではないが久しぶりに楽しいひと時だった。

 

今朝息子から電話があった。昨夜出発して明け方住居に着いた、雨は案の定静岡県に入るころから降り出して沼津あたりからは土砂降り。

レインウエアが無かったら大変だったと言っていた。

 

心配があるなら、ちゃんとそれなりの備えをするもの。

憂いあれど 備えなし」 矢張りこれではダメですね。

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)