2011-08-31 22:58

防災の日に貝塚を見に行く

 最近津波や高潮が来たとき如何しようと言うことがしばしば話題に上る。

私はそんなとき、貝塚のある所より上なら良いよ、大丈夫だ。

そんな事を家族や仲間と話すことがある。

 

 

どうして貝塚なの? 

では貝塚って何処にあるの?

 

 

そんな事で明日が防災の日なので、昔の記憶を辿って半世紀ぶり(いやもっと昔だったかな・・・歳が分かる!)に地元の貝塚を見に行ってきた。

実は私は中学生時代は考古学少年、貝塚や古窯址を探してアチコチさまよったものだった。

最近気候変動の事が気になるのだが、その関係で昔の気候など調べていて面白い事に気がついた。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1648626/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1652791/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1652852/

 

このエントリーで紹介している貝塚は地下深くから発見されたのだが、普通貝塚は現在の海岸線よりかなり内陸よりから発見される。

その理由が縄文海進である。

縄文海進がどの程度かと言うと

 

 このグラフは今から9000年前以降の海面の高さの変化を示す物。

海面の高さは今から2万年位前は今より120メーター以上低かった。それが徐々に海面が高くなり、今から約7000年くらい前は今と同じレベル。

しかしその後も上昇を続け今から6000年位前のピークは今より海面は5メーターくらい高かった。

コレを縄文海進と呼んでいる。

だから貝塚はその高い海面にあわせて、今の海岸線より内陸側にあるのだ。

 

東京周辺の縄文海進の図

 

この様に昔の東京湾は今よりはるかに深く内陸に食い込んでいた。

この様なところは高潮や津波の被害を受けやすいし、元々海だったところに泥が滞積して出来た地層(沖積層という)なので、地盤は極めて軟弱、そして地震だと液状化現象もおきやすい。

 

上の図では分かりにくいので、コレに貝塚の分布図を加えるとこうなる。

注:この図は松山義章著 「貝が語る縄文海進」より借用

 

 

東京近郊にお住まいの方には、幸手や栗橋あたりまでが昔は海だった・・・俄かには信じがたい話だと思う。

だがここで分かるように、縄文時代海だった所の周辺に貝塚が分布している。

そしてその海だったところが災害の危険の多い地域だと言う事。

 

 

長い話になったが、以上の理由で貝塚のあるところなら大丈夫と言えるわけだ。

 

 

 

 

さて今日私の町の貝塚を見に行った。

西宮貝塚と言うのだが、小さな小さな貝塚である。

 

貝塚のあるところの遠景

池の向こうの住宅の間にある。

 

 

狭い路地から更にこんな狭い路地(農道?)を入る。

尚貝塚のある事の表示・案内板の類いは何も無い。

知らない人には全く分からない所だ。

 

 

通路に貝殻が落ちている。

これはこの地方では今は生息していないハイガイ

(今ではハイガイは九州の有明海辺りにしか居ない、温暖な海に住む貝だ)

 

こんな貝がいたことが縄文時代が現在より温暖だった証拠

 

 

こんな物も・・さざえ

 

 

 

そしてこの西宮貝塚から海岸方向を見ると

 

実は写真がヘタクソで分かりにくいが、貝塚のあるところは台地状のところ、其処から4,5メーターの崖が有って、その下はまっ平らな所。

昔はこんな所はみんな田んぼだったが、今では工場や住宅が立ち並んでいる。

 

そしてこんな平らな所は住宅を建てるには便利だが、地盤が悪く地震や台風による高潮などの被害を受けやすいのである。

 

 

 

そしてこの写真の方向の約1キロ先には第2次大戦中日本海軍の飛行機(艦上攻撃機天山と偵察機彩雲)を作っていた工場があった。

そして其処は昭和19年12月の東南海地震(M7.9 一説ではM8.2)で甚大な被害を受けた。

この大震災、大戦末期と言う事で軍事機密とされ、良く分からない事が多い。

 

それで最近NHKが「封印された大震災~愛知・半田」なる番組を報道し、コレをドイツ在住の丸山光三さんが紹介している。

http://marco-germany.iza.ne.jp/blog/entry/2398700/

 

この件についての私の考えを丸山さんのブログにコメントで残してあるのでご参照ください。

 

尚NHKのこの番組はコメントにある様に、この大震災を知るものとしては、極めていやらしい報道の仕方と感じています。

がその話は今回は取り上げないこととします。

 

こんな事で津波で逃げろとなったときの目安の一つが貝塚だったというわけだ。

 

最後に貝塚が何処にあるか全く分からないとの質問を受けるので、その時は江戸時代より前から存在する古いお寺や神社のあるところなら同じだと言っています。

  1. 歴史
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2011-08-29 22:33

日本が大嫌いな国

 最近どうもおかしなニュースを耳にする。

日本大嫌いの国が日本を貶すために暗躍している話だ。

 

その一例にyuyuuさんがこんな話をエントリーしている。

 

やはり日本を植民地支配する計画らしい。

2011/08/29 09:36

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2421639

 

この中に韓国の進歩的新聞「ハンギョレ」の論説委員ハン・スンドンの書いた一文がある。

要点だけ紹介すると

 

<以下引用>

そうして両国が報復措置に出て、ついには韓国と日本が独島問題で断交して、戦雲まで漂う、そんな事態にまでいっそ進んだ方がいいだろう

(注:原文和訳のまま)

詳細は上記リンク先参照ください。

 

 

<引用終り>

 

酔っ払いが酒の席で適当に喋った事ではない。

韓国の一流紙(だったかな?)の論説委員が紙面に書いたことである。そして日本のライブドアのホームページに掲載されている事なのである。

 

日本と戦争しようぜ、こう言っているのだ。

 

 

 

 

話は変わって、こんなニュースもある。

 

露朝首脳 対日包囲網を画策か

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/525167/

 

<以下要点だけ引用>

 

 8月24日、ウランウデ(ロシア連邦ブリヤート共和国)で、露朝首脳会談が行われた。金正日氏がロシアを訪れたのは9年ぶりのことだ。今回の露朝首脳会談の隠れたテーマは、対日包囲網の形成だと筆者は見ている

・・・以下略、詳細は上記リンク先参照ください。

 

<引用終り>

 

 

日本人は皆平和ボケしているので、隣の国がこんな事を考えているとは想像も出来ない。

だが事実なのである。

 

他にも半島の国(南北とも)がらみの胡散臭い、或いはきな臭い話が色々ある。

 

残念なのは日本の新聞・テレビはすべて特亜諸国に乗っ取られている事

これはひとり蛆テレビだけではない。

犬アッチいKe放送とか、豚BSとか侮日とか・・・

 

一人一人が目を覚まして蛆虫つぶしをしないといけない事態である。

困った事ではある。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2011-08-28 15:37

タクシンは来日したけれど<その地下水脈の話

 タクシンが来日した。しかし一体何をしにきたのか良く分からない。

それを考える上でキーになるのがカンボジア、フンセン首相である。

タクシンは来日前日にカンボジアでフンセンと会っているらしい。(直前に中止したとの話もあり、詳細不明)

 

 

いずれにしても、タクシンが日本に来るにあたって何かフンセンと話し合わねばならない重要な事があったようだ

ではその重要な事は何か。

私には其処に半島の影があるように感じるのだ。

 

 

以前のエントリーでカンボジアと韓国の関係について書いた。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2347021/#cmt

 

そこでカンボジアに進出した外国企業数にふれた

 

 

 

カンボジアに進出した外国企業数(2009年10月現在)

 

1) 中国      3,366社

2) 韓国      1,601社

3)シンガポール  1,102社

4)マレーシア    1,047社

5) タイ         986社

6) ベトナム      520社

中国企業は主にアパレル関係が多いようだ)

・・・日系企業は何処に???・・・

 

 

この韓国企業の異常な多さ、不思議と思えないだろうか。

 

内戦で混乱したカンボジアは1992年~93年、国連カンボジア暫定統治機構により内戦終結、平和への歩みを始めた。

日本の明石康氏の尽力が大きいが、日本人も2名の殉職者を出すなど血も流してきた、その結果の平和である。

しかしその後もポルポト派の抵抗が続き、ようやく本当の平和がやってきたのは1996年、1998年のポルポト派の投降以後である。

カンボジアの平和はベトナムよりだったフンセン首相の所に、中国北朝鮮よりのポルポト派が合流した事で達成された。

そしてポルポト派がカンボジア政府に合流してから、それまで全く無縁だった韓国北朝鮮カンボジアに入ってくるようになったのである。

 

 

つまりカンボジアには未だにポルポト派が生きているのである。

それを説明する前に先ず現首相フンセンについて。

 

フンセンの略歴については以下参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2281171/

 

フンセンとは

・ 若くしてポルポト派の将校だった。

  ポルポト派が大虐殺をはじめた75年から77年頃まではポルポト派所属

 

・ その後ベトナムに亡命し、ヘンサムリン政権(ベトナムの傀儡政権)下で27歳で外務大臣

 

・ 93年の国連統治下での総選挙の結果第2首相に

  (第1首相がラナリット殿下、世界で例の無い二人首相制)

 

・ 96年にはポルポト派の中の大勢力 イエン・サリ派を取り込み

  投降したイエン・サリをVIP待遇で処遇

  イエン・サリ派の軍隊約5千人はカンボジア軍に編入

    カンボジア軍内最強の精鋭部隊との事)

 

・ 97年 軍事クーデターでラナリット殿下追放

 

・ 98年 総選挙で勝利、コレにより名実ともにカンボジアのトップ

 

 

こんな経歴で、根っからの社会主義者

そして政権に就いた経緯から従来ベトナムよりであったが、ポルポト派を取り込んで中国北朝鮮とも人脈が出来た

 

この辺りもう少し説明すると、カンボジアシアヌーク国王は「国王でありながら社会主義者、自身の主張は王制社会主義」である。そしてその思想から毛沢東周恩来金日成との付き合いが深い

(そんな事で2004年に退位した後、癌治療のため北京で入院中と聞く。)

 

 

そして今度はポルポト派、コレも極端な原始共産主義政策で200万とも言われるカンボジア国民を殺戮した。

ポルポト派は毛沢東思想の実践を目指しており、その関係で中国北朝鮮を何度も訪問している

そしてポルポト自身、そして幹部にもシアヌーク国王との姻戚関係がある。

特に有名なのがポルポト派ナンバー2イエン・サリの妻イエン・シリトである。

 

ポルポト派幹部は投降後も首都プノンペンでVIP待遇で暮らしていたらしい。

 

しかし国際社会の大虐殺に対する責任論から、投降後10年も経って2007年に逮捕され、現在裁判中である。

 

 

1996年に撮影されたイエンサリ

(投降する前年である)

 

右端がイエンサリ、左端はメイド、中央は?

多分これがイエン・シリトでは無いか。

このイエン・シリトが後述する市民の党機関紙に投稿した人物である。

 

 

この二人、あれだけの大虐殺を行ないながらノウノウとしていられたのは、その中国北朝鮮との人脈の為が大きいと思う。

 

 

 

冒頭挙げた韓国企業の大量進出にはこのポルポト派の中国北朝鮮人脈が生きていた、そして韓国北朝鮮には地下水脈が繋がっており、それが僅か10年ほどでの大量進出に繋がったのだと思う。

 

 

そしてコレからが日本との関係。

今回タクシンが日本に来るに当たって暗躍したのが石井一である。

 

石井一

 

そして石井一は北朝鮮とズブズブの関係にあることが良く知られている。

 

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2404505/

 

 

そして奸直人が市民の党への献金問題で暴かれたように、奸直人も北朝鮮人脈に繋がっている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110717/crm11071722180012-n1.htm

 

 

 

この間の事情は自民党西田議員の話が分かりやすい。

 

 

 

 

 

今回のタクシン来日は

タクシン(大富豪の社会主義者)⇒カンボジア首相のフンセン(ポルポト派人脈)⇒北朝鮮⇒日本の民主党⇒奸直人

こんな図式が描けるのだと思う。

 

さてそこで何が語られたか???

 

 

長い話にお付き合いいただき有難うございます。

とても分かりにくい話でしたが、最後に口直し。

カンボジアには北朝鮮政府直営の平壌レストランがある。

主な顧客は韓国人。

其処の北朝鮮喜び組の美女を紹介しよう。

 

可愛い子ですね。

でもこんな平壌レストラン、私は行ったことが無いので写真を見るだけ、残念。

と言う事で今回の長い話を終わります。

 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2011-08-27 22:27

NHK、この狼藉者

 

この話はyuyuuさん、裏の桜さんのエントリーで知りました。

 

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2419229/

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2419323/

 

 

全く呆れた話ですが、この話は日本の天皇の事は世界中どの国でも「天皇」または「エンペラー」と言うのですが、韓国だけが「日王」と言っている事を知らないと良く分からない。

 

韓国は天皇では位が高すぎると思っているのか日王といっている。

勿論こんな言い方は中国でさえしない、韓国だけである。

 

 

所でこんな言い方誰が言っているのか、NHKのホームページを見てみたら分かった。

http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/pre/01/index.html

 

 

ここでチーフ・ディレクターの柴田岳志が番組内容を説明している。

 

<それを引用すると>

 

ストーリー

平安末期、海の一族・伊勢平氏は瀬戸内の海賊退治によって貴族社会にその存在を示していた。清盛は養父・忠盛のもとで一人前の武士となるように育てられ、「人の絆」の大切さを学ぶ。また清盛は船上での生活で先見性や判断力を身につけ、外国商人や海賊たちと渡り合う中でたくましい男として成長していく。
京に上ると清盛は個性的な仲間と出会う。ライバルとなる源義朝(よしとも)、後に歌人・西行となる文武に秀でた佐藤義清(のりきよ)、そして繊細・奔放(ほんぽう)な少年から日本一の権力者「大天狗」へと変貌(へんぼう)を遂げる雅仁親王(まさひとしんのう/後白河天皇・上皇・法皇)。若き清盛は彼らとともに世の中を見つめ、それぞれの夢を語り合った。
時は戦乱の世を迎える。王家(天皇家)の後継争いに始まった保元・平治の乱。そこで清盛が見たのは、子が親を兄が弟を殺す地獄絵図だった。
 

 

・・・以下略、詳細は上記リンク先参照ください・・・

 <引用終り>

 

 

この柴田岳志というヤツが天皇家の事を王家などと言っている。

 

所でこの柴田岳志というアホ、「坂の上の雲」でも演出をしている

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E9%9B%B2_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

 

 

 

そしてこの赤枠で囲った2009年12月20日放送分について、清谷信一氏がこんな問題点を指摘されている。

 

http://kiyotani.at.webry.info/200912/article_7.html

 

 

<以下要点だけ引用>

  やっぱりNHK! 「坂の上の雲」独自の「視点」を加える

 作成日時 : 2009/12/21 18:38  

 

 さて、昨日のNHKドラマ「坂の上の雲」をご覧になった方は多いのではないでしょうか。
 
 舞台は日清戦争です。正岡子規が従軍するわけですが、戦は終わっている。ところが、正岡子規らが同行している隊の曹長が住民の物資を徴用と称して取りあげます。無論住民は「わしら飢え死にする」と抗議します
 それを曹長は子規に向かって、ありゃ、「日本の兵隊さんありがとう」と言っているのだといいます

 原作は原作、ドラマはドラマです。
 ですから原作にないシーンが入るのはありでしょう。また原作にない登場人物がでてくることもあるでしょう。ですが、このようなシーンを挿入する必要があったでしょうか。

 実際問題として当時の日本軍の軍規は厳しく、また「文明国」と認めれたいがために、国際法規は遵守していたはずです。義和団の乱の時も日本軍だけが略奪しなかったというのは有名な話です。

 当時このようなことがなされていたのでしょうか。

 しかも戦闘が終わった後に。

 もしかすると、そういうことがあり得たかも知れません。無かったことは証明できません。ですが、それを口実にしてこのような原作の意図をねじ曲げる演出が許されるのでしょうか

 

・・・以下略、詳細は上記リンク先参照ください・・・

 <引用終り>

 

何でもない事のようだが、こんな事で歴史観をゆがめている丁度良い事例である。

これで愚民国家日本の完成と言っていいだろう。

 

 

NHKよ、お前らは其処までして歴史を捏造し、日本国民を愚弄したいのか。

それなら「日本放送協会」等と言うたいそうな名前をやめろ。

日本嘘つき放送協会とか反日捏造放送狂会とかが良いだろう。

これは1人柴田岳志だけの問題ではない。

NHKは頭のテッペンから骨の髄まで腐っている良い証拠だ。

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2011-08-23 22:25

タクシンが来日したけれど

 タイのタクシン元首相が22日やってきた。

国外逃亡中の犯罪者をどういう根拠で受け入れたのか知らないが、ミンス政権内にも犯罪者と思しき連中がゴロゴロしているので、同じ仲間なのか。

 

そしてここにも能天気な主張を展開している記者殿が居る。

 

<以下引用>

 

 

タイ新政権 国民和解で安定取り戻せ
配信元:
2011/08/23 08:08更新


記事本文【主張】

 先月のタイ総選挙で圧勝したタクシン元首相派「タイ貢献党」のインラック氏(44)が首相に就任した。同国初の女性宰相である。

 タクシン派と反タクシン派の対立が続く中での新政権発足だが、インラック首相自ら「国民和解に全力を注ぐ」と決意表明したように、まずは国内の安定に取り組んでほしい。経済的つながりの深い日本への影響も小さくないからだ。

 

 タイミングを合わせたように22日、実兄のタクシン元首相が来日した。東日本大震災の被災地訪問などを予定しているが、バンコクでは反タクシン派が日本政府のビザ発給に抗議した。元首相には慎重な言動を求めたい。

 

 タイ貢献党を中心とした6党連立の新政権は、その内部に難題を抱えている。汚職罪で禁錮2年の刑が確定し、海外で事実上の亡命生活を送るタクシン元首相が貢献党の実質的なオーナーなのだ。

 全35閣僚中、国防相、外相など主要ポストを含む約20閣僚はタクシン一族により抜擢(ばってき)された。政治経験が皆無の新首相に対して「操り人形」との見方さえある。

 

 タクシン元首相はこの10年間、タイ政治の中心にあった。実業界での成功をひっさげて首相に就任すると、経済発展の恩恵を受けない農村住民や貧困層への利益誘導政策で圧倒的支持を得た

 一方で、軍や官僚など既得権益層の反感を買い、2006年の軍クーデターで失脚した。反タクシン派のアピシット政権下でバンコク都心を占拠したタクシン派を軍が強制排除し、90人以上が死亡した昨年3月の大惨事につながっている。

 

 過去5回の総選挙でタクシン派がすべて勝利した事実は確かに重い。だからといって、妹が兄に安易に恩赦などを与えては国内外で強い反発を受けるのは必至だ。

 インラック首相が公約の第一に掲げた最低賃金の引き上げは支持基盤を満足させるだろう。だが、一方で経済界は「企業経営の悪化を招く」と反発している。

 

 王室や軍との信頼関係をどう構築するかも大きな課題だ。

 タイへの海外投資の3分の1以上は日本からだ。日本にとってタイは重要な生産拠点であり、市場でもある。震災後の日本経済浮上のためにも、女性首相の手による「微笑(ほほえみ)の国」(タイの別称)の復活を期待したい。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/524316/

 

<引用終り>

 

 

 

この記者殿、最初から何にも知らない事を暴露している。

 

タイミングを合わせたように22日、実兄のタクシン元首相が来日した

 

タイミングを合わせたのではなく、国王から信任してもらった翌日、早速スラポン外相が日本大使を訪問し要請したのである。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2403465/

 

外相の初仕事がタクシンの日本訪問だった、そういう事だ。

でなければ犯罪者のタクシンが日本に入国できるわけが無いだろ、

この記者、最初から何にも知らない事を白状しているアホ記者だ。

 

 

 

日本政府のビザ発給に抗議した

これは日本の与党民死党にゴロツキが居て、何を貰ったのか知らないがタクシンの来日を画策している。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2404505/

 

 

こんな事は記者なら当たり前で知っている事。

何故そんな事を書かないのか理解に苦しむ。

何にも知らないアホ読者にはこんな事を書けばいいだろう、そんな腹のうちがミエミエだ。

 

 

経済発展の恩恵を受けない農村住民や貧困層への利益誘導政策で圧倒的支持を得た

 

これはタイの複雑な歴史を知らないと分からない。

タクシンの支持層はタイ北部、タイ東北部の貧しい農民達である。

 

タイ北部は以前はランナー・タイ王朝、タイ東北部はランサーン王朝(現在のラオスとタイ東北部:紆余曲折あり)だった

だからこの地方はバンコクを中心としたタイ中部とは対立意識があるし言葉も違う。

北部は北部方言(チェンマイ語)、東北部はイサーン方言(イサーン語、ラオ語=ラオスと同じ言葉)である。

そしてタイ人なら分かるが顔も違うのだ。

(私でも70%くらいは分かる)

 

 

そして経済的に北部、東北部とも主な産業は農業、大変貧しい地方である。

特筆すべきは貧しい農民はなんと税金を払っていないのである。

これはタイの税制を理解しないと分からないが、タイの税制は間接税が約6割、直接税が約4割、その直接税も企業からとるもの(法人税など)、企業に勤める人から取る個人所得税などであり、農民などは全く税金を払っていない。

(注:付加価値税・消費税は別)

 

又タイには住民登録制度が無いので、住民税や所得税など取ろうにも誰が何処にいるのか、そのデータが無いのである。

(注:日本の戸籍にあたるものはある。しかしそこに住んでいるかどうかは別物で有る事は日本と同じ)

(注:多数の農民から税金を取らなければ国家として成り立たない。それでコメから税収を得ているのだが、それはタイ独自の複雑なコメ流通制度によっている。このことが農民の被害者意識の遠因の一つ。

 

そんな事で貧しい農民には国家とはカネをばら撒いてくれる物、そんな意識がある。

タクシンは其処につけ込んでカネをばら撒いて票を稼いでいる、コレがタクシンが選挙で勝てる理由だ。

 

だからタイで国民和解などと簡単に言うが、事は根が深い。長い年月の掛かる難しい話なのだ。

 

しかしこんな事、新聞記者なら知っているべきこと。

いい加減な記事を書き散らせば良いと言う意識丸出しだと思う。

 

 

この記事は裏の桜さんのブログで取り上げていたので知った。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2413648/

 

 

タイを知る者として、あまりにもお粗末な記事なので少し論評してみた。

国民を騙すのもいい加減にしてくれ、こう言いたいものである。

 

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2011-08-22 10:23

お台場を報道せず<全マスゴミの日本人に対する挑戦だ

 昨日のお台場でのフジテレビ報道姿勢の抗議集会、

トンでもない事だが大手マスゴミは全く報道していない。

 (遅ればせですが、本文末にユーチューブの動画を添付します)

 

僅かに見つけたのはこんなデタラメ報道報道。

 

<以下スポニチより引用>

 

フジは韓流偏向報道やめろ!」台場で400人がデモ 

 

  フジテレビが韓流ブームに偏向していると抗議しようと、インターネット上で呼びかけあって集まった約4000人が21日、東京・台場でデモ行進を行った。台場ではフジ主催の屋外イベント「お台場合衆国2011」が開催中。家族連れでにぎわった会場は、100人以上の警察官が警備にあたった。列は日の丸を掲げ、フジ社屋前で「偏向報道をやめろ!」「日本を返せ!」などと絶叫。代表者が抗議文を局側に渡そうとする際、警備員ともみ合いになる場面もあった。

 小学4年の長女を連れてきていた春日部市の主婦(44)は「子供は怖がるし、身の危険も感じた。せっかく楽しみにしてきたのに残念」と話した。  

 

(本文) 記事配信日時

[ 2011年8月22日 06:00

 

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/22/kiji/K20110822001460780.html

 

<引用終り>

 

 

 

しかしこの記事、見出しを見ると400人のデモ、

本文を見ると4000人のデモ。

これは勿論何処かで指摘すれば単純なミスと謝るだろう。

訂正文が後日小さく出るかもしれない、

しかしコレは間違いなく故意落球である。

 

スポニチも情報操作をしているのだ。

全マスゴミが報道しなければ日本の愚民どもには分かるまい、そうタカをくくっているのだ。

 

特に春日部市の主婦の話など恐らく作文だろう。

デタラメ報道もここまで来てしまったのだ。

(尚このデモ、主催者発表は参加者6000人、だがもっと多いように感じた)

 

 

 

 

 

 

 

この問題、何処か一箇所くらい骨のある報道があるかと思ったのだが・・・

僅かにJ-CAST ニュースだけがこんな報道だ。

 

<以下引用>

 

 

 

  • J-CASTニュース
 

韓流偏重「なぜ抗議されなきゃ?」 フジ、文書受取り拒否の高姿勢

2011/8/21 17:19
 
   フジテレビの「韓流偏重」に抗議するデモは、日の丸やプラカードを掲げた参加者で埋め尽くされた。動画サイトによる生中継には、デモ開始前から2万人の視聴者が集まり、ツイッターでも刻々とコメントが寄せられる。

   人数は、主催団体代表に聞いたところ約6000人。「これほど大勢集まるとは」と驚くほどだ。フジテレビ前に着いたデモ隊は、口々に抗議の声を上げた。

韓国テレビ局記者「気になる」と憂慮

デモ隊の列は長時間途切れることはなかった 
デモ隊の列は長時間途切れることはなかった
 

 

   2011年8月21日午後。東京・お台場の青海北ふ頭公園に長蛇の列を作ったのは、フジテレビの抗議デモに参加する人たちだ。主催者がマイクで「多くの人が集まってくれてありがたいです」と感謝すると、拍手が沸き起こった。

   集合場所にはメディアの姿も見られた。その一つ、韓国テレビ局SBSの記者に聞くと、「今回の動きは気になる」と憂慮していた。

   13時半過ぎ、デモ隊はフジテレビに向けて歩き出した。

「フジテレビは韓流をごり押しするな」
「我々は韓国のドラマなんか見たくないぞ」

とシュプレヒコールを上げる。

・・・以下略・・・

詳細は下記参照ください

http://www.j-cast.com/2011/08/21104905.html?p=all

 

 

 

このデモ、日本の市民運動史上画期的なことがある

 

第一は 抗議の対象が政府でも政治家でも無い、テレビ局だということ。

恐らく世界の歴史を紐解いてもマスコミの報道内容に対する抗議運動、例が無いのではないか。

新しい市民運動の形が出来た、ネット社会がそれを可能にした点で大きな意義がある。

 

第二は 全大手マスゴミが全く報道しない事で対抗した。

新聞・テレビもこのデモは全く無視、

 

驚いた事にCNNやBBCも今の所報道していないらしい、どう対処して良いか分からないのか、それともここまでポチ袋を配ったヤツが居るのか・・・

 

新しい日本を創るためには何処がガンか、どいつが悪さをしているか良く分かったことが今回のお台場の一番の意義。

だがこのままで終りでは売国ウジ虫どもの思うツボ。

追求、抗議の手を緩めてはならない。

 

 

<8/23 追加・・ユーチューブの動画>

 

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2011-08-18 18:17

タクシン元タイ首相が日本にやってくる<タイの方が正論を言っています

 タクシン元タイ首相の日本訪問について、こんな報道が有った。

タイの方がマトモである。

 

 

 

<以下バンコク週報より引用>

 

【政治】 08/17
元首相の日本訪問で外相の責任追及  
 
 スラポン外相がタクシン元首相の入国を許可するよう日本側に求めたことについて、最大野党・民主党のアピシット党首(前首相)は8月16日、「有罪が確定していながら国外逃亡を続け刑に服しようとしない元首相のために政府が特別の配慮を払うことはまちがっている」として、外相を告発する考えを明らかにした。

 

 元首相は在任中に妻(当時)の国有地購入において職権を乱用としたとして2008年に禁固2年の有罪が確定している。

 アピシット党首は、「インラック政権は、判決に基づき法に従って元首相を帰国、服役させることを求められている」と訴えた。

 民主党では現在、法律専門家が外相などへの法的措置を検討している。  
 
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=12676

 

<引用終り>

 

 

全く当たり前の事である。

日本政府は如何してこんなマトモなことが言えないのか。

 

日本のこんな体たらくでは

「ダイヤモンドに目が眩み・・・」の金色夜叉(カネ色ミンスと読む・・by石井一)と同じではないか。

 

 

そして在タイ日本大使館からはこんな情報が

 

 

<以下引用>

タクシン元首相の訪日に対する抗議動向に関する注意喚起(2011年8月17日現在) 

~大使館からのお知らせ~

2011.8.17

タクシン元首相の訪日に対する抗議動向に関する注意喚起
(2011年8月17日現在)

  1. 8月下旬、タクシン元首相が東日本大震災の被災地を訪問するなどの目的で訪日する予定となっています。現在、同訪日に反対するタイ人グループが、18日(木)午前9時30分及び19日(金)時間未定の両日にわたり、日本大使館前で集合し、タクシン元首相に査証(ビザ)を発給した日本政府に対する抗議行動を行うべくフェースブック上で賛同者を募っています。
  2. 現時点で、同抗議行動の内容・規模(人数)などは判明していませんが、抗議行動賛同者の数が多くなれば、当館及びその周辺では交通の混乱等も予想されます。
  3. つきましては、抗議行動が行われる当日に大使館への来館を予定されている方は、大使館及びその周辺の状況に十分注意を払ってください。

<引用終り>

 

 

 

 

そして18日のデモの様子

 

人数はさほど多くない、50名程だとの話だ。

 

 

タイの混乱はまだまだ続く、タイは何処へ行くのだろうか。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2011-08-16 14:28

タクシン元タイ首相が日本にやってくる<続編

 タクシン元タイ首相がやってくるのだが、その話を誰が日本で画策したのか分かってきた。

 

<以下外務省HPより>

副大臣会見記録(要旨)(平成23年8月)

副大臣会見記録(平成23年8月4日(木曜日)16時50分~ 於:本省会見室)

タクシン・タイ元首相訪日計画

【共同通信 下江記者】タイのタクシン元首相(の訪日について)、昨日、石井民主党副代表が官房長官に「是非に認めてくれ」ということだったのですが外務省として、これについて、どのような対応をとっていくのか。いわゆる例外規定、政治判断という声が党側からあったのですが、どう対応されますか。

 

【高橋副大臣】これは、官房長官の会見でもあったのではないかと思いますが、その報道があることは承知をしております。私もたまたま官房長官がいたときに、石井先生が出ておいでになりましたので、そのような話だったのかなと後で分かりましたけれども、ただ、これについては、同人の側から、訪日についてまだ何らの申請や連絡をいただいておりません。ですので、現段階でどうこうということを今言える状態にないというのが現状でございます。

 

【共同通信 下江記者】そうすると、石井副代表は「本人(タクシン元首相)は来たがっている」と言っていると記者団に説明していました。では、本人(タクシン元首相)から申請があれば認めるということになるのですか。

 

【高橋副大臣】ご存知かと思いますが、タクシン元首相は今、タイのパスポートをお持ちではございません。その辺も含めて協議をしなければならないと思います。だから、今の段階で仮定の質問にはお答えできませんけれども、我々とすれば、当然、申請があったら協議はしなければなりませんが、今の段階で全くご連絡はいただいておりませんので、今の段階で答える状態にはございません

 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/fuku/f_1108.html

 

詳細は上記リンク先参照ください

<引用終り>

 

外務省は分かっている、タイのパスポートも持っていない人間を入国を許可する事など基本的には出来ない、コレが当たり前なのだ。

増してや彼は有罪判決を受け、国外逃亡中の身。

いくらタイ政府の要請でも、「それならタイ国として特赦をするなりして身分をハッキリすべき。入国させるかどうかはそれから決める。

こう言うべきなのである。

 

 

所で裏で動いている民死党副代表の石井一とはこんなヤツだ。

 

この貧相な顔が石井一である。

 

そして石井一のHPには

 

元は自民党田中派、汚沢一郎と行動を共にしてきた男である。

 

そして石井一は

・ 大震災直後に震災対策副本部長でありながら、フィリッピンでゴルフ三昧していた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110506/stt11050610250003-n1.htm

 

 

更に呆れた事には

・ 1991年には全国日朝友好促進議員連盟訪朝団の総団長として北朝鮮訪問

・ 1997年10月23日 金正日総書記推戴の祝賀宴に来賓として出席 (朝鮮会館)

・ 2010年5月26日 朝鮮総聯第22回全体大会に来賓として出席 (東京朝鮮文化会館)

 

この様に北朝鮮とはズブズブのヤツなのだ。

 

他にも暴言などは幾らでもある。詳細はコレを参照ください。

 

 

元々タクシンはカンボジアのフンセンと繋がっており、フンセンは北朝鮮と繋がっている。

カンボジアのフンセン政権内部にはポルポト派が健在で、ポルポト派は北朝鮮と関係が深い。

(この件は別の機会に紹介します)

 

残念ながら日本の政府内部には北朝鮮派が巣食っている。

今回のタクシン問題の深層(真相)もこの辺りに有りそうだ。

注意せねばならない。

先ず手始めは「入国を許可した法的根拠をハッキリさせろ」という事からだろう。

 

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2011-08-15 16:30

タクシン元タイ首相が日本にやってくる<国外逃亡中の犯罪者である

 タイの新政権が正式に発足したのが8月10日。

早速初仕事がこんな事である。

 

<以下バンコク週報より引用>

 

政治】 08/13
タイ外相、元首相の日本入国を要請 
 
 スラポン新外相は8月11日、駐タイ日本大使と会談し、この中で国外逃亡中のタクシン元首相の日本入国を許可するよう求めたという。

 元首相は22-28日にかけ日本を訪れ、宮城県内の被災地を訪れるとともに、講義を行う意向と伝えられている。

 日本の入国管理法では、懲役・禁固1年以上の有罪が確定した外国人の入国は原則禁止となっているが、例外規定もあり、スラポン外相はこの例外規定の適用を求めたものという。

 タクシン元首相は在任中の職権乱用で禁固2年の有罪が確定している。
 

http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=12655

 

 

そして日本政府は何と弱腰(!!)な事に、国外逃亡中の刑事犯を受け入れるというのである。

 

 

<以下引用>

タクシン・元タイ首相:日本、入国許可

 政府は12日、汚職事件で禁錮2年の実刑判決を受けたタイのタクシン元首相の入国を特別に許可する方針を決めた。タクシン氏の来日は、東日本大震災の復興支援が主な目的で22日

 

 

から約1週間を予定。タイでは9日にタクシン氏の実妹のインラック新首相の政権が発足しており、日本政府は「新政権との関係を考えれば、入国を認めるべきだ」(高官)と判断した。

 日本滞在中は講演や記者会見のほか、国会議員などと会合を行う。25、26日には宮城県名取市や気仙沼市の被災地を訪れる。【西田進一郎、石川淳一】

毎日新聞 2011年8月13日 東京朝刊

 

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110813ddm002030063000c.html

 

 

 

 

そして今日ビザを発行した。

 

<以下産経の記事>

タクシン元首相の入国許可 きょうビザ発給

産経新聞 8月15日(月)11時37分配信

 枝野幸男官房長官は15日午前の記者会見で、汚職罪で実刑判決が確定したまま海外逃亡を続け、来日を希望しているタイのタクシン元首相の入国を特別に許可したことを明らかにした。在ドバイ総領事が15日、査証を発給した。

 タイ政府側が日本政府側に対し(1)東日本大震災の被災者支援が目的であり、日本とタイの2国間関係の増進につながる(2)タクシン元首相のいかなる国への渡航も禁止しない-などと要請。枝野氏は「諸般の事情を総合的に検討した」と述べた。

 タクシン氏はインラック首相の実兄で、22~28日の日程で訪日する予定だ。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110815-00000515-san-pol

 

 

 

タクシンの狙いはハッキリしている。

日本に入国を認めてもらうことが出来た。

この実績を元にタイでの復権を勝ち取ろうというものだ

 

そしてタクシンのことである。日本の要人に山吹色の手土産を用意した事は間違いない。

 

近い内に日本のマスゴミのタクシン・マンセー・キャンペーンが始まるのは間違いないだろう。

狙いは山吹色のお菓子のオコボレである。

新聞・TVの報道振りを見ていれば、何処にそのオコボレが廻ったか分かろうというモノだ。

 

マスゴミのヘタレ振りの丁度いい試験紙になりそうである。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2011-08-15 15:52

タイの新政権

 タイの新政権が発足した。初の女性首相であるインラック首相誕生である。

私も先々週タイに行っていたのだが、この新政権誕生、不思議な事にタイ人は極めて冷静と言うか冷ややかに見ている。

 

国外逃亡中のタクシン元首相の妹の首相就任、最低賃金の大幅引き上げを約束して当選した事もあり、先ずはお手並み拝見と言った所だろうか。

 

 

 

その例として以下はバンコク週報の記事

内閣人事を国王陛下がご承認

 タイ貢献党がまとめた新内閣人事案が8月9日、国王陛下によって承認された。

 新閣僚は10日午後5時30分から、陛下がご入院中のシリラート病院で陛下を迎えて執り行われる就任宣誓式に臨む。

 一方、インラック首相は、「仕事のできる内閣」を目指すと述べていたが、一部の人選には関係者から疑問の声もあがっている。

 外相に決まったスラポン・タイ貢献党副党首に関しては、下院外交委員会の委員長を務めたことはあるものの、外交手腕は未知数で、元外交官などを差し置いて選ばれたことに外務省幹部らは当惑しているという。

 天然資源環境相を務めることになったプリチャ・タイ貢献党議員についても、環境問題などにかかわったことがなく、適材適所とは言い難いとの指摘が出ている。

 

 

http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=12644

 

あっさりした記事である。

何せインラック首相、政治経験ゼロなのでどんな事をするのか予測がつかないのだ。

 

 

 

そして注目されているのが経済政策

<以下日経より引用>

 

財務・商業相に非議員起用 タイ新政権

2011/8/10 20:40

 【バンコク=高橋徹】タイのインラック首相率いる新政権が10日、正式に発足する。新閣僚36人は同日夕、プミポン国王の前で宣誓式に臨む。新内閣では財務相にティラチャイ前タイ証券取引委員会(SEC)事務局長、副首相兼商業相にキティラット元タイ証券取引所(SET)所長といった非議員を起用。国防相には、軍出身でタクシン政権で副国防相を務めたユタサック氏が就き、2006年のクーデターでタクシン氏を追放した軍との関係修復を目指す。昨年3~5月の大規模な反政府デモを主導したタクシン派の政治団体「反独裁民主統一戦線」(UDD)幹部は入閣しなかった。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E2E2E7EB8DE3E2E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

 

<引用終り>

 

 

インラック新首相が兄タクシン元首相の操り人形であることは誰でも分かる。

しかし最低賃金全国一律300バーツ等と言う政策を約束して当選したのだが、こんな無茶苦茶な政策を実施すれば狂乱物価・インフレになるのは歴史が証明している。

 

その為に登用した非議員の経済閣僚、流石タクシンであろう。

既にインラック新首相は公約の最低賃金引き上げ等の経済政策は検討審議に時間がかかるので半年待って欲しいと言い出したようだ。

 

だが最低賃金は例年毎年1月分から改定されている。

(その為に毎年12月には答申されている)

さらに大卒者の最低賃金月額1万5千バーツやコメの買い取り価格アップは10月~11月に実施されると噂されているが果たしてやれるのだろうか。

 

 

タクシン派の票田はタイ北部(中心都市:チェンマイ)、タイ東北部(中心都市:ナコーンラチャーシマー)だ。

其処の貧しい農民が支持基盤なのだが、この貧しい人たちは実は税金を払っていない国民。

彼らにとって国とは、何かを恵んでくれる存在と思っている。

そんな連中相手にバラマキで議席を獲得したタクシン派、いまタイ人はインラック(裏のタクシン)が何をするか見守っている所である。

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(2)