2010-10-30 10:31

スパコン世界一は中国

昨年の事業仕分けでキャンペーンガール蓮舫議員から

「世界一になる理由は何があるんでしょうか」「二位では駄目なんでしょうか」といわれストップが掛かったスーパーコンピューター。

その後の猛反対で予算復活となったが、何故蓮舫議員が二位では駄目なんでしょうかと言った訳が分かった。

中国が今スパコン世界一になって軍事技術開発に使おうとしていることが鮮明になってきたのだ。

 

<以下WSJより引用>

中国の新スパコンが世界一に

 

 中国で最近完成したスーパーコンピューター(スパコン)が世界一の性能を誇るものとなるとみられており、同国の技術力の伸長ぶりを改めて印象づけている。米国の国際競争力と安全保障に警鐘を鳴らすものとなりそうだ。

イメージ NVIDIA

 

 このスパコンは、中国国防科学技術大学が設計したもので、天津のスーパーコンピューティングセンターに設置されており、28日に正式発表。チップを供給した米半導体メーカーのエヌビディアによると、演算性能は2.5ペタフロップス(1ペタフロップスは毎秒1000兆回の演算処理能力)。6月に世界一となった米オークリッジ国立研究所の「ジャガー」の性能を40%超上回る。第2位は中国の「星雲」。

 中国のスパコン開発の急速な進展はまったく予想外のことではないが、「経済力が西洋から東洋に移りつつあることを象徴する出来事」(ローレンス・リバーモア研究所のコンピューティング部門技術者トップのマーク・シーガー氏)と、大きなショックをもって受け止められている。

 日本が開発し2000年代初めに世界一となったスパコン「地球シミュレーター」はほぼすべての部品が日本製の単一マシンであるのに対し、中国製スパコンはインテルとエヌビディアのチップを使用した開放型。このためローレンス・バークリー研究所のホースト・サイモン副所長は「中国の新スパコン生産の方が地球シミュレーターよりはるかに重要だ」と語る。

<引用終り>

 

辛うじて生き残った日本のスパコン、然しその前途は多難である。

事業仕分けで生き残った物の予算を削られ、どうも稼動が遅れるらしい。

がんばれ、日本の星、スーパーコンピューター。

 

 

何故蓮舫議員が二位では駄目なんでしょうかと言ったのか。

その理由は中国様が開発しているから日本はイラネエ、そう感じるのだが・・・ ねえキャンペーンガールさん。

 

所で生き残った日本のスパコン、その愛称は京(ケイ)、英語ではK computerだそうだ。

前途多難だが早い完成が期待される。

 

  1. 科学技術
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2010-10-28 16:43

明日に責任を持たない人たち

特別会計の仕分けが賑やかに行なわれている。

そんな中でも「食料安定供給特会」はおかしな結論だ。

 

<以下FNNニュースより引用>

 

事業仕分け第3弾 政府備蓄米事業をめぐっては身内から政策の矛盾を指摘される場面も

 

特別会計を丸裸にする!」という、蓮舫行政刷新担当相の大号令で始まった事業仕分け第3弾。
・・・中略・・・
一般会計と違い、監視の目が届きにくい「特別会計」に、仕分けのメスが入った。
仕分け人の民主党・長島一由衆院議員は「10年前から、コメの消費が7~8%落ちているんですね。消費量が減った分、(備蓄量を)減らせば、大体7~8億円減るんじゃないか」とただすと、筒井信隆農水副大臣は「備蓄米は、食料安全保障を目的に設置されている制度です」と反論した。
紛糾したのは、備蓄米についてだった。
埼玉・日高市にある倉庫の中には、6メートル以上の高さにまで政府米が積み上げられていて、全体で5,800トンにもなる。
特別会計の「米管理勘定」から支出される備蓄米の管理費は、1万トンあたりおよそ1億円かかり、仕分け人は、現在の備蓄量100万トンを引き下げることで、経費削減できないかと探った。
しかし、筒井農水副大臣は「100万トンじゃ少ない! 安全保障としては、300万トンにすべきだという提起をして、インデックスにそう記載をしておりました」と反論した。
実は、民主党の「政策インデックス2009」には、「300万トンの備蓄体制を確立する」と明記されており、身内から政策の矛盾を指摘された形となった。
筒井農水副大臣は「財源の点だけから考えたら、(備蓄量を)ゼロにすればいいんですよ! だけど、そんなことしていいのかと。国民の...」と述べると、
・・・中略・・・
 
これに対し、筒井農水副大臣は「確かに経費はかかってますが、これを赤字の垂れ流しというふうに言わないでくださいよ! きちんとした、安全保障の役割を果たしてるんですから!」と反論。
また、蓮舫行政刷新担当相が、「大きな改革っていうのは、それは農水省にとって大きいけど、われわれにとって大きいかどうかわからない」と述べたのに対し、筒井農水副大臣は「農水省にとってではなくて、農家にとって大きいんです。ものすごく、大きいんです」と述べた。
結局、備蓄は継続するものの、「国庫負担を1~2割削減すべき」との結論を出した。
筒井農水副大臣は「今の、10~20%国庫負担を減らすという形は、厳密に出しますが、そうしたら運営自体ができなくなるというものですから、その点は、今後も主張させていただきますので、お願いします」と述べた。
政府の備蓄米が法的に制度化されたのは、「平成のコメ騒動」と言われた、1993年の大凶作がきっかけだった。
2001年には、過剰在庫により、100万トン前後にまで減らすことが、政府・自民党によって話し合われた。
2007年には、コメの価格下落を防ぐため、逆に100万トンまで買い増しされた。
備蓄米の量は、コメの価格、そして政治と、切っても切れない関係にある。

・・・以下略・・・

 

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00186890.html

<引用終り>

 

 

だらだらと長い文章なので詳細はリンク先を参照ください。

このコメ備蓄は引用文にもあるように1993年の平成の米騒動の結果できた物。

この時は緊急輸入としてタイ米を輸入したが大変不味かったので皆さん記憶されていると思う。

 

 

この米騒動、1993年は記録的な大凶作でコメの作況指数は全国平均で74

当時全国で1000万トンの需要に対し収穫量が800万トンを下回る異常事であった。

細川首相は9月に260万トンの緊急輸入を決定、タイ政府が要請にこたえ日本にタイ米を出荷してくれたのだが・・・

 

実は私がタイで仕事をするようになってからタイのコメ関係のお役人と話をする機会が有った。その折「タイのコメは美味しい、然し昔日本が輸入したタイ米はとても不味かった、何故か」と聞いてみた。

答えは「突然200数十万トンもの大量のコメを輸入するといわれても簡単に対応できるものではない。だから在庫の古米・古古米で食用には向かないもので良いので出してくれといわれたので輸出した。

あれを普通に食べれば不味いのは当たり前。」

こんな話であった。

悪く言えば豚のえさ並みのもの、しかし細川さんはそんな事は一言も言わなかった。

 

 

コメは主食にしている国が多いが世界での貿易量は非常に少ない、(それだけ自国内での消費が多いということ)

1993年当時世界の貿易量は全部で1200万トン程度、

そんな所に200万トン以上の量が割り込んできたのだから混乱するのは当たり前である

現在ではコメの貿易量は2000万トンくらいに増えている。

しかしそれでも国別輸入量は

フィリピン~約200万トン

マレーシア~約100万トン

こんな物である。

日本が緊急輸入した事がいかに大問題か分かると思う。

その結果コメの国際価格にも影響を与えている。

 

そんな事で決めたコメの備蓄制度、食料安全保障という面から非常に重要な制度。

民主党民主党の「政策インデックス2009」には、「300万トンの備蓄体制を確立する」としているのは其れなりに筋の通った話なのだ。

 

しかしこれを事業仕分けで備蓄量を減らす万一1993年のような凶作になったとき仕分け人は如何するつもりなのだろう

 

大きな改革っていうのは、それは農水省にとって大きいけど、われわれにとって大きいかどうかわからない このせりふこそ将来に何の責任も感じていない無責任大臣の発言である。

 

 

 

この1993年の大凶作は実はフィリピンのピナツボ火山の噴火(1991年6月)の影響である事がわかってきた。

噴火から2年後にその影響が出てきたわけである。

これは世界の気温のデータ。

ピナツボ火山の影響が出ている。

 

所で今年の4月にアイスランドで火山の噴火があった。

 

この影響がどうなるかは未だわからない。

しかしピナツボ火山の場合でも、1年半以上後になって大問題になった事を考えると、今こそ食糧安全保障という面でコメの備蓄を考えるときではないだろうか。

 

仕分け人は明日の事について責任をとるつもりは無い

そんな奴を大臣に頂いている不幸を今考えるときだと思う。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2010-10-26 11:29

鉄鋼メーカーの海外移転加速

日本の基幹産業である鉄鋼と自動車が海外に逃げ出している、こんな話を今年1月に「ウォール・ストリート・ジャーナルが社説でボロクソに・・」としてエントリーした。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1402294/

 

また「鉄鋼メーカーの海外展開加速」でもそれを紹介した

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1586078/

 

 

それがいよいよ現実に形になって現れてきた。

 

<以下Responseより引用>

JFE、タイ初となる溶融亜鉛鍍金ラインを新設

2010年10月23日(土) 08時45分 

  

JFEスチールは、タイ子会社が自動車用溶融亜鉛鍍金ライン(CGL)をタイ南東部ラヨン県ヘマラート・イースタンシーボード工業団地内に新設すると発表した。

CGLの新設はタイでは初めて。タイは日系を含めて多くの自動車メーカーが進出しており、東南アジア最大の自動車生産国となっている。今後も自動車メーカーの生産能力の増強、工場新設が相次いで計画されており、自動車用高級鋼板の需要拡大が見込まれる。

このため、CGLを新設して自動車向け溶融亜鉛鍍金鋼板を現地生産してコスト競争力を強化するとともに、タイで生産を拡大する自動車メーカーの現地調達ニーズに対応する。

新設する工場の溶融亜鉛鍍金鋼板の製造能力は年産40万t。2013年4月から操業開始する予定。

 

<引用終り>

 

 

記事には無いが総投資額約3億ドル(約240億円)であるという。

鉄鋼メーカーだけあってメッキ工場とはいえ巨大な物である。

その立地するイースタンシーボード工業団地とはこんな所。

 

この工業団地内にはマツダ・フォード合弁のAAT、GMタイがある。またスズキも今工場建設中ではなかったか。

 

そして此処がその予定地

 

こんな所に240億円もの巨額の投資をした鉄鋼会社が二年半後には稼動を始める。

溶融亜鉛メッキ鋼板といえば一般にはトタン板だが、自動車用の溶融亜鉛メッキ鋼板は合金化処理をした全く別物の鋼板。

そして日本の鉄鋼製造技術を代表するハイテクの塊で、現代の自動車には無くてはならない物。

 

とうとうこんな物まで海外で生産する時代になったわけだ。

タイとしては新しい時代が始まろうとしている。

では日本は如何するか・・・・・ 難しい時代である。 

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2010-10-25 16:21

北海道5区の補欠選挙結果

注目されていた北海道5区の補選で町村信孝氏が当選、自民党がやっと退潮から脱したかに報道されている。

 

だがこの結果、良く見てみると

 

得票数推移

 

            2010補選   2009衆院選   2005衆院選

自民党      125,636  151,448  173,947 

           (町村信孝

 

民主党        94,135   182、952   124,547

           (中前茂之)  (小林千代美)

 

その他        20,605     5,380    22,521 

                     (共産党立候補なし)

 

投票率           53.48%      76.32%        -

有権者総数      約44万5千人

 

この様になっている。

町村さん、頑張って民死党から一議席奪い返したのは良かったと思います。

がしかし自民党の得票数は2005年=約17万票、2009年=約15万票、2010年=約12.5万票と減ってきている。

今回の当選は自民党町村信孝が勝ったのではない。

民死党が政治と金の問題やら尖閣諸島問題など、数々の失政・売国政策を繰り返した結果転がり込んできた棚ボタなのだ。

 

一番の問題はこれだけ相手が失政したにもかかわらず、未だ9万4千の人が民死党を支持している事。

そして自民党に対しては国民は「最早自民党には厭きた自民党以外なら何処でも、どんなに腐敗した連中でもいい・・・」

こんな感情を持っていることをこの選挙結果は教えている。

 

今の日本は若者には仕事が無い。

企業は円高で海外との競争力が無い。

そして中国韓国ロシアとは領土問題で行き詰まり。

 

自民党は思い切って若返りと脱皮を図るべきだと思う。

折角民死党が自爆してくれても、それを得点に結び付けられないようでは全く駄目。

この選挙結果はそのような問題を自民党に突きつけている。

 

特に若者に仕事が無い、これが深刻だ

老人福祉も大切だが、今一番の急務が若者に仕事を作ること。

自民党がこれの明確なビジョン・方向性を打ちださなけれが明日は無いと知るべきだ。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2010-10-20 10:16

sonoraoneさんにお勧めの車を発見しました

sonoraoneさんがセカンドカーを検討しているそうで、色んな車が候補なのだそうですが、面白い車を見つけました。

こんな車はどないでしょう。

 

ツガイのキチガイ鳩や御縄、あ菅、柳腰賎獄で食傷気味なので、少しは清涼剤になるかと思いエントリーしました。

 

 

はじめにsonoさんの頭を悩ませている車たち

詳細は此処

http://sonoraone.iza.ne.jp/blog/entry/1797321/

 

こんなのから始まって

  本命はこれ

                        

 

 

これはポルシェ   これはダイハツコペン

                      

                      

流石国際人のsonoraoneさん、凄い車が並んでいる。

こんなところへ遅ればせながらと言う事で・・・ 

 

 

こんな車はどうでしょう

 

 

こんなに沢山有ります

 

何処にあるかと言うと今名古屋のど真ん中を走っています。

10月末まで「あいちトリエンナーレ」が名古屋で開催されていますが、この三輪自転車はベロタクシーという名前で会場間を結んでいます。

だから名古屋の人にはおなじみかも・・

 

 

あいちトリエンナーレ

http://aichitriennale.jp/

 

ベロタクシー

http://www.velotaxi-nagoya.jp/aichitriennale2010/

 

 

実は月1回名古屋の中心部に行く機会があり、行く度にチラッと見かけるのだが写真がとれない。

昨日も見かけたのだが、見たところはお巡りさんが駐車違反取締り中のところ。

流石に此処で車を止めるわけにも行かず、写真はネットで拾いました。

 

自転車好きのよもさんなら興味があるかもしれません。

街中ではこの色といい、目立つ事間違い無しです。

(尚設定が可笑しくなり、強調文字ばかりで恐縮です。修正に手こずっています。)

 

 

<追加>

kamosuke さんからこんな車はどうですかと紹介いただきました。

正直これなら私もほしい、ただし非売品だそうですが・・

 

私の家は小学校の近くなので、これなら絶対子どもには大人気だと思いますが・・・

  1. どうでもいい事
  2. TB(0)
  3. CM(19)

2010-10-18 18:15

台風13号は伊勢湾台風並みの巨大台風

今日15時現在、台風13号(欧米名:メーギー)がフィリッピンに上陸している。

所でどんな台風かというと

10月18日15時現在、

現在位置:フィリッピン ルソン島北部

中心気圧:910hPa

中心付近の最大風速:55m/s

最大瞬間風速:80m/s

 

 

首都マニラは直撃は免れたようだが強風域である。

そしてこの台風、上陸直前の午前9時の観測では中心気圧:885hPaが観測され、これは26年ぶりの低い気圧だそうである。

 

しかし日本での報道では、気象情報の中では猛烈な台風といっているがそれ以外では知らん顔。

日本式にいえば「伊勢湾台風並みの台風」なのにである。

 

 

しかしこの台風をトップニュースにしているところがある。

 

この様な巨大な台風の直撃を受ければ、相当な被害が出ているはずだ。

BBCは事態の深刻さが分かっているのでトップニュースにしたのだろう。

然し日本ではよその国のことだから関係ないという報道姿勢のようだ。

幸い首都マニラからは200~300キロ離れているようだが、多数の日本人も巻き込まれているのではないか。

 

そして台風はフィリッピンを通過してから進路を変え、香港方面に向かうようだ。

直撃の恐れもあるだけに日本人の無事を祈りたい。

特に最近の反日感情の高まりの中では不測の事態もありうる。

十分な注意をしてほしいと思う。

 

日本の新聞やテレビを見ていても、日本の報道姿勢は内向きの一語である。

重要な話はBBCやCNNを見なければ分からない

マスゴミは日本人が外国にも多数いることさえ忘れている、そんな一例である。

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2010-10-12 20:32

京都へ行ってきました

先日京都へ行ってきました。

義父の納骨の為東本願寺へ・・

 

抹香臭い話はここまでにして

先ずは何はともあれ京都といえば五重塔。

これは八坂の塔と言われる法観寺の五重塔。

(酔っ払っているのが良く分かる。五重塔が傾いている・・・泣)

 

 

 

 

食いしん坊にはこれが狙いの京都行き

祇園の湯豆腐料理店の湯豆腐の桶、電気ヒーター付

 

 

 これがその豆腐、湯豆腐も美味しかったが、そのまま食べても美味しい。

(写真を撮るより食べる方優先のこれが動かぬ証拠)

 

 吸い物

 

清水坂の小さなお寺の門前にて

 

京都は何時行っても新しい発見がある。

こんな物も若い頃に見ておけばよかったかなあ・・・・ 

  1. どうでもいい事
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2010-10-11 22:35

平和ボケ<続>

中国に拘束されていたフジタの社員高橋さんが釈放され、10日に記者会見が行なわれた。

 

これがその記者会見の内容

10月11日付の読売新聞の社会面

 

だがこの記事良く見てほしい。

「自らが撮影していたビデオを中国当局の取調べ中に見せられたところ、「〇〇〇区」であることを示す看板が録画され、同行していた現地法人の中国人社員が〇〇〇区であることを指摘した音声も録音されていたという。高橋さんは「〇〇〇区という意識で撮影はしていない。(中国人社員の声は)認識していなかった」と説明した。

 

この〇〇〇区と言うのはこんな所

 

 

 

実はこの読売の記事、ネットで検索してもなかなか出てこない。

産経の記事は肝心な事が書いてない。

 

事実らしき事が書かれているのは以下の記事。

内容はリンク先を見てください。

 

これは読売(上記記事)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101010-OYT1T00413.htm

 

これは日経

http://www.nikkei.com/news/article/g=96958A9C93819695E3E2E2E3988DE3E2E3E2E0E2E3E29191E3E2E2E2?n_cid=DSANY001

 

これは朝日

http://www.asahi.com/national/update/1010/TKY201010100133.html?ref=any

 

この記事、いずれも消されているわけではないがなかなか検索できない。

多分何かの制限が掛かっているのだろう。

 

ちなみに上記記事をこのブログでエントリーしようとしても禁止タグが有ると言う事でそのままではエントリーできない。

禁止タグとは〇〇〇区のようだ。

 

 

前回この件は平和ボケである事を指摘した。

この件で個人攻撃するのは本意ではない、しかしこの件で日本の失った物は余りにも大きい。大きすぎる。

これを取り戻すのに多くの人の命を危険に晒す事すら考えねばならないことを考えると、正に万死に値する行為と言わねばならない。

個人としても会社としてもだ。

 

そして日本の売国ミンス政権はやっと人質が帰ってきた、めでたしめでたしで幕を引くつもりのようである。

だが一番の悪、平和ボケはこんな馬鹿げた報道をするマスゴミである。

上記記事がそのままではブログにアップできない、こんな事実こそ政府からの圧力に迎合しているマスゴミの正体を示している。

 

日本を良くするためには、先ずマスゴミをぶっ潰す事から始めないといけない。

国民には平和ボケしているヒマは無い、これを痛感した次第。

 

 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2010-10-07 11:34

タイで日本人が覚せい剤所持で逮捕:続編

先週「タイで日本人が覚せい剤所持で逮捕」をエントリーした。

本日更に詳しい内容が分かったのでその続編を。

 

 

しかしこのオッタマゲタ話、日本の親会社はれっきとした東証1部上場会社だった。社名は千代田インテグレ。

そして逮捕された日本人は従業員450人を擁する現地会社の社長であった。

 

詳細については以下のブログに詳しいのでご覧ください。

http://gurigurimomonga.blogspot.com/2010/10/blog-post_06.html

 

日本人が麻薬・覚せい剤について甘いのは以前から良く言われている。

私もこの件では過去にエントリーしている。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1303502/

 

 

 

しかし覚せい剤を使用していたのが日系有力企業の社長となれば、日本人の社会的責任は当然問題となる。

だが日本ではこの問題、全く報道されていない。

 

一部で報道されたらしいのだが、記事は既に削除済み。

親会社のHPにお詫びコメントは有るものの詳細は全く分からない。(お詫びコメントは上記gurigurimomongaさんのブログを参照ください。)

 

 

 

だが日本人社長が犯した重罪である。

タイの日系企業はどこでもタイ人に事の経緯と日本人として如何するか、キチンと話さねばならないであろう。

タイ人は皆知っている、日本人が馬鹿なことをやった、俺んとこのボスは何ていうのだろう。

 

関係ない会社の話というには、現地会社の社長と言う地位は余りにも重い。

その為には事実は事実としてきちんと説明せねばならない。

だがその為の報道はと言えば全くほおっかむり状態。

そんな事では逆に日本人の信用を落とすことになる事さえ分かっていないのが今のマスゴミではないだろうか。

 

 

こんな事一つ一つの積み重ねが「お馬鹿な日本人」を作っていると思う。

麻薬・覚せい剤は使用・所持・購入・販売いずれも重罪である。

しかしそんな事を知らん顔して報道もしない、これも同様の重罪ではないだろうか。

 

 

 

最後に麻薬に関して海外では如何考えているか、その事例を一つ

 

一年前、2009年10月29日早朝、アメリカ東部デラウェア州ドーバー空軍基地にアフガンで戦死した18人の棺をオバマ大統領が出迎えに行った。

午前4時前のドーバー空軍基地、暗闇の到着したC-17輸送機

左端がオバマ大統領

星条旗に覆われた棺を異例の敬礼で出迎えるオバマ大統領

兵士15名と麻薬捜査官3名

 

麻薬・覚せい剤と言うのはこの様なことをしてまで撲滅したい物。

そのように見ることが出来る事例だと思う。

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2010-10-04 22:14

カネの亡者のやる事

タイの古都アユタヤ(世界遺産)はビルマとの戦争のため完膚なきまでに破壊され、今も無残な姿を晒している。

中でも目を引くのが首を落とされた仏像がずらりと並んでいること

 

 

実に無残な姿である。

 

 

だがこんな事をしたのが敬虔な仏教国であるビルマの軍隊。私がタイにいる間どうしても解けない謎だった。

「如何して敬虔な仏教徒、それもタイと同じ上座部仏教(小乗仏教)を信じる人たちがこんな酷い事が出来るのか

 

 

 

これは現在のビルマ(ミャンマー)の仏教徒

 

だが私にとってビルマの印象は水島上等兵と心優しいビルマの人々であった。

 

ビルマの竪琴

 

アユタヤで見た仏像の首を全て切り落とす凶暴なビルマ軍と、インパール作戦で敗走する日本兵に一碗の飯を差し出した心優しいビルマ人。

どうしても分からない謎であった。

 

 

最近この永年の謎がどうやら分かってきた。

 

ビルマ軍は仏像の中に黄金が隠されている。探せ。

こんな事で仏像を全て破壊したらしいのだ。

だがこんな噂、本当だったのか。

実はその証拠が最近発見された。

 

 

これはバンコクのワット・トライミットの黄金佛

高さ3メートル、重さ5.5トン、純度60%の金で鋳造された仏像、時価数百億円とも言われるもの。

仏像様式からスコータイ時代の物らしいが良く分からない。

 

この仏像は市内の廃寺の取り壊しの際、漆喰で出来た粗末な仏像を動かそうとしてクレーンで吊り上げたが、余りの重さに外に置き去りにされたもの。それが夜来の雨で漆喰に割れ目が出来、中からきらりとやまぶき色が・・ これがこの黄金佛発見の経緯。

この発見が1953年の事。

 

ビルマ軍の略奪から守るため漆喰で覆われていたらしい

 

これが黄金佛を覆っていた漆喰の仏像

 

カネの亡者になると信仰も何も有った物じゃない。

自分らが信仰する仏像の首を切り落とす事など何でもないのだ。

 

 

 

切り落とされた仏像の首は

これはアユタヤのワット・マハタートにある有名な仏像のクビ。

タイ人はこれを見てビルマはなんて酷い連中なのかと反ビルマ感情を心に焼き付けるのだが・・・

 

 

 

所でこのカオ何処かで見たことが有ると思ったら

注:この猿の映像はsonoraoneさんのブログより拝借しました

 

 

仏様は首を切られても尚、木の根の中でも人々の信仰を集めている。

 

カネの亡者(別名:売国奴)は今日めでたく「お縄」を頂戴し、今はさるとなって首を洗っている

 

 

 お縄のお友達はこんな連中

 

能天気にはしゃぎまくっている中に1人だけ覚めている奴がいる。

 

こいつこそ今回の尖閣諸島問題の中心人物

しめしめ、こんな馬鹿ども、ちょいと飴(カネ)をしゃぶらせればこっちの物。これで今年は尖閣いただき。

2~3年で沖縄はこっちの物

こう思っている。

 

これが今回の尖閣問題の根底に有ると思う。

 

 

カネに目が眩んだ140人の馬鹿ども、自分のクビが飛んでも気がつかないらしい。

 

こんな事をするから中国に舐められる。

 

目を北に転ずれば、オロシヤ国ではお飾り大統領が日本固有の領土である北方領土に来ると言う。

これまた60歳過ぎてもお袋のスネをかじるポッポ鳥が、モスクワでいい加減な事を喋ったツケである。

 

カネの亡者(別名:売国奴)は自分の信仰する仏像の首を切るようなことを平気でする。

もうこんな事は止めて、カネの亡者(別名:売国奴)は亡者の住む国(つまり地獄)へ強制送還すべきだろう。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)