2009-06-30 16:46

GM、トヨタとの合弁解消へ

 
  
 

 

トヨタとGMの米加州合弁工場、先行きに暗雲-GMが撤退決定

6月30日(ブルームバーグ):トヨタ自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)が25年前に立ち上げた米カリフォルニア州の合弁事業が解消される。経営破たんしたGMが29日、同州フレモントにある同工場の持ち分を処分すると発表、その将来に暗雲がたちこめている。

GMのフリッツ・ヘンダーソン最高経営責任者(CEO)が4月、合弁工場のニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(NUMMI)で組み立てられている唯一の同社車種「ポンティアック・バイブ」の生産打ち切り方針を発表して以来、両社は同工場の経営方針を検討していた。

 

・・中略・・

 

選択肢

事情に詳しい関係者2人によると、NUMMIの組み立てラインのフル稼働を継続するために検討されていた選択肢には、トヨタのハイブリッド車プリウス」をベースとする1車種をGMに供給して同工場で生産しGMモデルとして販売する案が含まれていた。計画が非公開であることを理由に関係者らが匿名を条件に明らかにしたところでは、同案は8月にトヨタの豊田章男社長とGMのヘンダーソンCEOとの会談で協議される可能性がある。

業界紙オートモーティブ・ニュースによると、GMは同工場を半分所有しているものの、6月27日までの生産の76%はトヨタの車種だった。

 

<引用終り>

 

 

 

 

25年続いたGMとトヨタの合弁事業だがGMが撤退するようだ。

トヨタは今現在の持ち駒の中で人気抜群のプリウスを共同生産の中に入れるなど、

この事業継続に積極的だったようだが、GMが降りた形となっている。

 

何故GMはトヨタとの提携を解消するのか?

私はそこにUAWの影があるように思える。

つまりUAWにとってトヨタの存在は目の上のたんこぶ、

出来ればそんな奴とは一緒にやりたくないのが本音であろう。

 

 

 

ここに気になる記事がある、

5月9日の記事だがウォールストリートジャーナルから

 

題してToyota's Clunker (ポンコツ車) 

 

「トヨタはポンコツ」と米メディアが窮状詳報

2009/05/09 10:44更新

記事本文

google_ad_section_start

 8日に発表したトヨタ自動車の2009年3月期決算が71年ぶりの営業赤字に転落したことについて、同日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は「トヨタのポンコツ車」と題した記事で、米ビッグスリー(大手3社)に比べて収益基盤の強固なトヨタでさえも、世界的な自動車不況に苦しむ現状を詳しく伝えた。

 

記事本文の続き 同紙は「ビッグスリーを追い詰めたトヨタが最近は米市場でも弱さが目立つ」と指摘。4月の新車販売でフォード・モーターに1年2カ月ぶりに2位の座を奪われたことを例に挙げた。ニューヨーク・タイムズ紙(同)は、同年1~3月期のトヨタの最終損失が約7600億円で、ゼネラル・モーターズ(GM)の約60億ドル(約5900億円)よりも巨額に上ったことを「破綻(はたん)寸前のライバルより多い」と驚きを持って伝えた。(共同) 

 

経済のことを多少でも知っている人なら、トヨタは今回思い切って膿を出し切ってしまおうとしていることは明白、

WSJの記者に分からないはずは無い

そこにこんな冷やかし半分の記事を出すのは、 何らかの政治的意図があると見ていいだろう。

 

オバマさん どう見てもあなたは間違っている!

こう見えるのは私だけではないと思う。

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-06-30 14:37

GMタイ・・貧すれば鈍すとは正にこのことか?

GMが連邦破産法11条を申請して1ヶ月たったが、タイの子会社GMタイランドのHPにこんな写真が掲載されている。

私はアニメの世界はよく分からないが、人気アニメ「トランスフォーマー」に登場するものとのこと。

 

もはや何の頼りになるものとて無く、アニメ頼りと言ったところか、

 

昔の人は貧すれば鈍すといったが、正にその通りだろう。

でも鬱陶しい梅雨空には一服の清涼剤か??

 

 

 

はるか宇宙からシボレーが世界を救いに戻って来てくれる??

 

 

 

この車はシボレー オプトラ

韓国のGM大宇が開発設計、GMタイで組立

 

 

この車はシボレー アヴェオ(AVEO)・・日本ではなじみが無いが・・・

GM大宇で生産 韓国名ジェントラ

 

 

 

とうとうGMも落ちるところまで落ち、小型車は韓国・中国で開発生産するようだ。

しかしこれでは「あの国のあの法則」ズバリではないか!

 

国にしろ企業にしろ韓国・朝鮮と組んで勝ったことは、歴史上そして今日に至るまで皆無なのだと言う。

 

以下人気ブログ「ご隠居さん」の「こりあうおっちんぐ」から引用

 

あの国のあの法則

 

  《絶対法則》

第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

第二法則 第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

第四法則 第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

第六法則 第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

 

 

 なおこの法則、詳しいことは以下のところを参照ください。

 http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/housoku.html

 

GM救済劇は労働貴族UAWの言いたい放題をオバマがのんでしまって幕、

その結果がとうとうアニメ頼りの小型車開発となったようだ。

第二の倒産劇までのカウントダウンはすでに始まっている。 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2009-06-13 16:06

タイの葬式

しばらく更新できなかった。

実は親しくしていた人の不幸が有り、緊急入院やら葬儀やらで

全く時間が取れなかった為、今日になってしまった。

55歳・・若すぎる死・・・これ以上は書けないのでご容赦を。

 

 

所で葬儀について、同じ仏教国なのだがタイと日本では色々違うところが有る。

そんな所を書いてみたい。

 

まずタイと日本の葬式で同じところ、

 

1) セレモニーは通夜と葬儀に分かれている、

2) 会場はお寺、

3) 僧侶の読経で通夜・葬儀が進行

   (タイは上座部仏教(小乗仏教)で経典は全く違うが感じは同じ)

4) 遺体は火葬(荼毘)

   つまり大筋は同じといって良い

 

 

ではどんな違いがあるか

1) 通夜は1日ではなく2日から4日行うことが多い

   これは遠方からの親族、弔問客を待つ意味があるようだ

   日本でも通夜の客に食事を出したりするがタイでも同じ、

   しかし何日にもなるので勤務先の会社などがスポンサーになって

   食事を提供したりする。

 

2) 葬儀後火葬にするが、火葬場は寺に付属で設置されている

   (境内の一角の小さなお堂で、いやに高い煙突がついているのがそれ)

    

   

これが火葬場・・・タイ東北部(イサーン)の例 以下同じ

 

 

3) 火葬場までの葬列には音楽隊が先頭についてにぎやかに送る

 

   

 

これは日本では決して見られない光景

(アメリカのデキシーランドジャズの起源もこんなものと何かで見たような気が・・・) 

 

  

 

   

 

遺族が続く

 

   

 

僧侶の後ろに見える車は?   

 

 

   

 

棺を載せた霊柩車(?)は普通の1トンピックアップトラック

 

 

 

4) 最後にタイ人は墓を作らない、しかし華僑は中国式の墓を作るがその紹介は別の機会に、

   

 

(番外編)

それからあんな暑い国で、葬儀までに相当な日数がかかるので

遺体が傷むのが心配、

(以下不快な内容なので読み飛ばしてください)

日本と同じでドライアイスを入れたり、クーラーつきの棺おけ(!)を使ったりするが、

大きな違いは死亡するとすぐに遺体の腹を割いて内臓を取り出して処分してしまう事

(この仕事、タイ人の間でももっともいやな仕事のひとつとされている)

 

 

以上がタイのお葬式、

何処でも同じですね。

 

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(2)