2009-03-31 16:07

GMクライスラー破綻処理先送りの先に見えるもの

今日アメリカではGM、クライスラーへの追加支援策が発表されている。

表向きはクライスラーには1ヶ月の猶予、GMには2ヶ月の猶予を与え、

その間に抜本的な再建策を取りまとめるよう迫る内容だ。

 

しかし実際は連邦破産法11条による破綻処理をして再建を目指せと言うもので、

その為に強硬にこれに反対しているGMワゴナーCEOの首を切り、

さあ邪魔者の首を切ったから、後は破産処理をせよと迫るものだ。

 

 その内容は

<以下引用>

 

 

オバマ米大統領 GM、クライスラーへの追加支援声明へ

2009/03/30 22:04更新

 

記事本文

 

 【ワシントン=渡辺浩生】オバマ米大統領は30日午前(日本時間31日未明)、公的支援を受けて経営再建中の米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーへの追加支援策をめぐり声明を発表する。

 難航する全米自動車労働組合(UAW)や債権者との交渉期限を3月末から4月30日まで1カ月間延長し、この期限内に交渉がまとまらない場合、政府は両社に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を迫るとみられている。GMとクライスラーが破綻(はたん)すれば大量の失業者が発生する恐れもある

関連記事

記事本文の続き 一部の米メディアによると、追加支援はGMに対して当面経営に必要な運転資金を融資する。クライスラーには最大60億ドル(約5870億円)を融資する代わりに、基本合意しているイタリア大手の自動車メーカー、フィアットとの資本提携交渉を1カ月以内に正式合意するよう求める。

 政府の追加支援策発表前にGMのワゴナー会長兼最高経営責任者(CEO)が29日、辞任した。公的資金の追加投入と引き換えに、経営責任の明確化を迫る政府の要求に応じて引責辞任したとみられる。後任には、ヘンダーソン社長兼最高執行責任者(COO)が暫定としてCEOに就任した。

 

 ・・・・長いので以下省略・・・・

 

 

<引用終り>

 

しかしこれでGM、クライスラーが抜本的な再建策を出せるかと言えば・・・答えはNO!

自動車メーカーの建て直しには金だけでは不十分である。

 

本当に必要なのは

1) 工場・事務・技術部門を問わず生産性の向上(による人員削減)と人件費削減

2) 部品・材料などの調達コスト削減と在庫削減

  (ゴーン日産はこれで業績を立て直した)

3) 時代を先取りした魅力ある車の開発

4) 販売体制の改革での拡販

 

この4つがうまくバランスをとる事が建て直しには不可欠と思う。

しかし今までさんざん時間をかけていながら一向効果的な改善策を

打ち出せないGM、クライスラー自力で改善策をまとめるのは今では不可能と見る。

 

オバマ政権もこれが分かっているので、

クライスラーには1ヶ月以内にフィアットとの提携交渉をまとめることを支援の条件にしている。

 

だが上に書いた生産性の向上や販売体制立て直し、

新型車開発等には膨大なマンパワーが必要、

クライスラーの提携候補のフィアットだが、

2008年の自動車販売ランキングでやっとクライスラーを抜いて

(と言うかクライスラーが大きく落ちてきたので)11位になっただけ、

そのフィアットにクライスラーを助けるだけの人材を出す余裕があるのだろうか?、

(自分のところも火の車らしい)

 

参考までに昨年の新車販売ランキングは以下のようになっている。

 

 

 

そして問題はGM、破綻処理に反対し

「破綻すれば大量の失業者が出る」事を人質にして

支援を引き出してきたワゴナーCEOの首を切っただけでは事は終わらない。

 

ここまで業績を悪化させた経営責任を明確にし、徹底的に膿を出し切った上で

新しい血が必要だと思う。

つまりどこかと提携し、建て直しを図るしか方法は無いと見る。

それの出来るメーカーは世界中でそう何社も無い、上の表の中のどこかであろう。

 

ただGMの場合、ひとつのサンプルがある、

それはトヨタ・GMの合弁会社NUMMIの存在だ。

 

この会社はサンフランシスコ近くのカリフォルニア州フリーモント市にあり、

今から25年前に当時問題となった自動車摩擦の解決策として設立されたものだ。

現在でもカローラなどトヨタブランド車とポンティアックVibeと言うGMブランド車を製造しており、

ライバル同士が提携して成功させた稀有な例として知られている。

 

 

 NUMMI HPより

 

 

私は2~3日後に発表される3月の各社のアメリカでの自動車販売台数に注目している。

 

2月までの実績を見ると、各社とも販売台数を大幅に落としているが、

特にGM、クライスラーの落ち込みはひどく(前年比半減)、

このままではどんなに金をつぎ込んでも会社が成り立たない状態であることがはっきり現れている。

さて3月はどうか、それによってオバマ政権も決断せざるを得ないと思う。

 

そしてその時、日本のメーカーも問題の渦中に巻き込まれると思うのだが・・・。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2009-03-29 17:31

貨物機着陸失敗炎上事故>本当の原因を報道して欲しい

成田空港で3月23日朝、Fedexの貨物専用機が着陸に失敗炎上した。

丁度その時間はTVをつけていたので事故の一部始終を見ていたが、まさに衝撃的な事故であった。

もしあれが旅客機だったら、数百人の死者となる大惨事だったと思う。

私も以前タイからの帰りの飛行機が1時間ほど飛んだところで「故障しましたので引き返します」と言われ、バンコクまで引き返した経験がある。

無事に着陸するまでの緊張感は今でもありありと思い出す。

 

所でその後の報道を見てみると、事故直後こそ”気象の急変に対応怠るな”とか

”事故機のMD11型機は玉乗りと言われるくらい操縦が難しい”などと

どちらかと言えば事実も確認しない感情的な報道・意見があったものの、

その後はさっぱり報道がなくなっている。

 

大事故では有ったが犠牲者が機長と副操縦士の二人だけ、

その二人がアメリカ人だったので「日本・日本人には関係ない」と言うことでマスコミは事故を軽視していないだろうか。

 

しかし事故の起きた午前6時台という時間帯は主に東南アジアを中心に到着ラッシュの時間帯だ。

私も普段は成田は使用しないが、それでも何度かこの時間帯にタイからの到着便を使用しており、

もし自分の乗った飛行機がこんな事故にあえば100%助からない、

そう思うと人事とは思えない。

当日事故の前に9便の飛行機が到着しているが、

それに乗っていた人は皆さん一様に自分の乗った機体で起こらなかったことを感謝しているのではないか。

 

事故原因は詳しく調査されており、いずれ原因が公表されるだろう、

天候(ウィンド・シアと言うそうだ)、管制、機体、操縦、積荷など複雑に絡んだ原因となると想像している。

 

だがマスコミにはこれらの原因の奥に隠れた背景をしっかり報道して欲しい。

それは朝6時から事故の起きた6時48分の前までに9便が着陸していると言う超過密ダイヤであり、

大型機が離着陸出来る滑走路が一本しかない

世界の基準から大きく出遅れた空港が成田だと言うことだ。

 

成田は24時間空港として建設されたものの、現在は朝6時から夜11時までしか運用出来ないことになっている、

だからこんな過密ダイヤになってしまう。

 

東南アジアに旅した方なら誰でも経験すると思うが、日本に帰国するとき現地を出発するのが早くても夜の10時台、遅ければ深夜の午前1時とか2時になっている。

この理由は簡単、日本に到着する時間に制限があるのでそれに合わせている。

成田に6時台に到着する為には例えばタイの場合バンコク発は午後10時台の出発、

成田行きは午後10時から午前0時までの間に5便くらいが出発している。

これが過密ダイヤの原因だが、更に悪いのがこんな混んだ時間帯に

事故を起こしたFedex便のような貨物機までが到着していること。

 

日本の冬にタイから帰国するとき、飛行機が搭乗を終わってもなんだか分からないが

30分くらい出発しないことを経験することがある、

これは偏西風が強いときは到着が早すぎて成田の場合だと午前6時前に

到着してしまう為時間待ちをしている為だ。

偏西風の強いときは時速200キロを超える風が吹いている)

 

世界の空港では貨物便は深夜など旅客便の少ない時間帯を使用するのが当たり前で、

こんな時間帯なら機長が危険と判断したら少し待つとかが出来る、

しかし超ラッシュの時間帯では多少無理をしても着陸しようとするだろう、

こんな背景をきちんと報道して世界に通用する空港にしないと

今回のような事故の抜本的対策にならないのではないか。

 

欧米からアジアへの玄関口はシンガポール・香港・韓国の仁川など、成田とは比べ物にならない巨大な空港が沢山有る、

いまや成田はこれらの空港とのゲートウェイ競争では完全に立ち遅れで周回遅れ状態、

成田パッシングと言われている現実がある。

 

今回の事故でこんな成田パッシングが加速しないか心配している。

こんなところを是非しっかり報道して欲しいと思う。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2009-03-19 09:28

現代自動車がカンボジアに組立工場建設>でもその場所は?そして狙いは?

現代自動車がこの時期にカンボジアに組立工場を建設するそうだ。

未曾有の不況で、世界中の自動車メーカーが一斉に減産・新規投資の見直しを進める中、いかにも奇異に見える。

しかもその工場立地を聞くと耳を疑うようなところ、

では彼らの狙いは何か?

そこにはいかにも韓国らしい狙いが見えてくる。

 

ではまずはその報道から

 

<以下引用>

 

現代自がカンボジアに組立工場建設、現地紙報じる

3月1日14時42分配信 YONHAP NEWS


【ハノイ1日聯合ニュース】現代自動車がカンボジアに初の組立工場を建設すると、現地日刊紙のカンボジア・デイリーがこのほど報じた。
 同紙によると、現代自動車は現地の業者と合弁でカムコ(カンボジア・コリア)自動車を設立、首都プノンペンから南西150キロメートルの海岸に現代自の組立工場を建設することを決めた。すでにフン・セン首相から事業承認を得ており、建設には総額6000万ドルが投じられる。すぐに着工し、来年中盤には生産を開始する予定だ。カムコ自動車関係者は、最初は年間約1000台を組み立て、10年以内に年間3000台に増やすと説明した。
 

<引用終り>

 

 

 

これだけでは何ともよく分からない、

しかも現代自動車は1月29日にブラジル工場の建設計画の凍結、建設中のロシア工場の完成時期延期を発表したばかり。

 

誰が見ても変な話だが、その為か経済情報誌NNAベトナムの遠藤堂太氏が現地を調査、

それが週刊エコノミストに「建設計画の”虚実”」として掲載されている。

 

 

 

要点は

1) 工場予定地はコッコン(koh kong)と言うところで、タイ湾に面したところ、またタイとの国境から2キロの場所である。

しかしコッコンと言う所、およそ自動車の生産に適したところではない。

  (コッコンがどんな所かは後で詳しく述べる)

 

2) 予定地は現在整地完了したところ、まだ電気・水道などは無い。

 

3) しかし上記報道では”すぐに着工し、来年中盤には生産開始する”、

その規模は新聞報道では”最初は年間1000台、十年以内に年間3000台”となっている、

しかし遠藤氏によると”第1期事業で年間12000台(つまり月1000台)、第2期で年間36000台(つまり月3000台)、

恐らく遠藤氏の書いてあるものが正しいのではないか。 

 

4) 自動車の生産に必要な部品はカンボジアでは調達できない。

しかも人口の少ない土地での工場建設は奇異だ。

 

5) カンボジアにとって初めての自動車工場なので、「同業他社のカンボジア進出を認めない」などの恩典を要求しているとの噂がある。

 

 

 

ではその建設予定地がどんなところか?

 

タイとの国境の町コッコン(koh kong)と言っても、又反対側のタイの町ハットレック(hat lek)と言っても、恐らく知っている人は非常に少ないと思う。

タイ在住の人でも何人知っているだろうか?・・・

マリーンレジャー、魚釣り以外に何も無いところだ。

実は私も90キロほど手前のトラート迄しか行った事がない。

 

まずは地図を見て欲しい。

 

こんな所だ。

 

 

次に航空写真で現地周辺を見て欲しい。

 

コッコン一帯が深いジャングルで町らしいものがほとんど見えない。

 

実はこのあたりは非常に特殊な地形になっている。

写真の緑色のところ、急峻な山岳地帯で一帯は深いジャングル。

山と海の間のわずか幅数キロのところがタイ領でこれが約60キロ程突き出ている、

幅は狭い所で約2キロ程しかない。

カンボジア側の条件も同じで平地はほとんど無い。

 

一番近い大きな町が写真の一番下にあるコンポンソム(シアヌークビル)、ここはカンボジアで唯一の外洋貿易港であり、コンテナー取扱港である。

 

ここコンポンソム(シアヌークビル)からコッコンまでは直線距離で125キロほど、

しかし道路は大きく迂回するので250キロほどになる。

しかも約半分は道路が極端に悪く、数年前の情報では小型トラックがかろうじて通れる程度らしい。

(何時間かかるか分からないそうだ)

 

このためコンポンソムからコッコンまで行くには高速船(所要約4時間位らしい)しかないようだ。

 

 

 

カンボジアの道路事情はよく分からないが、

参考までに7年前のものだが、カンボジア一番の観光地アンコールワット周辺の国道6号線の写真、

 

のどかな風景ですねぇ、

でも国道6号線でさえこんなもの・・これがカンボジアの道路事情だった。

多分今でも田舎ではこんなものだろう。

 

 

こんな事情を見るとカンボジア側から大きなコンテナーを積んだトラックや

、完成車運搬トラックが入るのは当面不可能と見てよい。

又何よりも工場建設資材や機械類も運び込むのも無理と見る。

 

 

こんなことで一般的なコッコンへの行き方はタイのバンコクからであろう。

バンコクから国境のハットレックまで約400キロ、しかし途中のトラートまで320キロほどは片側2車線(またはそれ以上の)ハイウェイが整備されている。

トラート~ハットレック間の道路事情は知識が無いので説明できないが、そんなに悪くは無いと思う。

どなたかご存知の方が見えたらご教示いただきたい。

 

 

前置きが長くなったがここで現代自動車の狙いを見てみると、

 

狙いはずばり、全てをタイにおんぶした工場と言うことだ。

 

完成車の輸出はタイのレムチャバン港(約300キロ)、

部品は全てタイの日系自動車部品メーカー(主にタイ東部臨海工業地帯にある、約300キロ)、

ここにはトヨタ・ホンダ系を中心にほとんど全ての材料・部品が揃う。

建設資材も全てタイのものを使うつもりだろう。

そして人の往来もタイの空港を利用する。

 

つまり現代自動車のこの工場はタイの道路、港湾、空港、部品メーカーなど、

あらゆるタイのインフラに只乗りしたコバンザメ工場なのだ。

 

現代自動車のやることは、国境のゲートから工場までの約2キロの道路を舗装することだけ!。

まさにただ乗りである。

 

 

そして未曾有の不況で仕事が無くて困っている日系部品メーカーを取り込む絶好のチャンスととらえているのではないか。

そうでなければ全く自動車工場には不適当なところへ、この時期に工場を作る、この奇異な事象が説明できない。

 

そしてここを突破口にして日系メーカーの技術をパクル、

これが韓国メーカーが永年お手の物としてきたことなのだ。

 

もうすでに日系メーカーへの攻勢が始まっていないだろうか。

日系メーカーの皆さん、相手の手の内をよく読んで、くれぐれもハニートラップなどに引っ掛かりませぬようご用心を!

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2009-03-13 16:45

タイの空港での機内預け荷物盗難、手口が明らかに

空港での機内預け荷物の盗難はタイだけでなく何処でも発生している、

そして犯人が捕まりにくいのが特徴だが、タイの空港で珍しく犯人が逮捕された、

その新聞記事の紹介。

 

 

<以下バンコク週報からの引用>

 

バンコク週報 2009年3月9日

 

【社会】 03/09

機内預け荷物盗難、手口が明らかに
 機内預け荷物の窃盗を繰り返していたとして、2月末に3人の男が逮捕されたが、警察では他にも似たような窃盗団がいるとみて捜査を続けている。

 警察は、カタール人男性(57)による被害届けをもとに預け荷物盗難の捜査を開始。最終的には盗まれた携帯電話の「位置情報機能」を手がかりに犯人を割り出した。

 この男性は、バンコクを発った後にドーハで荷物を受け取った時、携帯電話や金の指輪などがなくなっていたことが判明したという。

 カタール航空の荷物ハンドリング業者としてスワンナプーム空港に出入りしていた犯人らは、チェックインした荷物を機内に積み込んだ後、犯行に及んでいた。3人は目星をつけたスーツケースの鍵を壊し、隠しやすい小さな貴重品だけを盗んでいたという。

 なお、同様の事件は多発しているとみられているが、航空会社が公にすることを躊躇するケースが多いことから、犯人の摘発が困難になっているとのことだ。

 警察では、(1)貴重品を預け荷物に入れないこと(2)壊しやすいソフトケースは使用しないこと――などを呼びかけている。

<引用終り>

 

 

この事件のポイントは

1) 頓馬な犯人が盗んだ携帯電話をそのまま使ったこと。

   タイの場合新しいシムカードに入れ替えれば新しい番号になる、

   これで全く足がつかなくなる、

   普通のタイ人ならこれは常識なので、すぐにシムカードを入れ替えてしまう、

   (シムカードはコンビニで売っている)

   だから携帯電話を紛失するとまず出てこない。

 

   余談だが日本の携帯でもタイのシムカードに入れ替えればタイで使えるものがある。

   (ソフトバンクモノなど)

   日本の携帯をローミングサービスでタイで使えるようにすると、

   タイからタイへの通話でも日本経由なのでべらぼうな料金を取られる、

   しかしシムカード入れ替えを行えばタイの電話料金・・・つまり非常に安い。

 

   更に余談だが、以前日本の携帯が本体が只だったことが有る、

   この時この携帯をタイに持ち込みタイ人に売っていたケースがある。

   (タイでなくてもほとんど世界中で使える)

   タイ人は高級な日本の携帯を自慢げに使っていた・・・

   多分かなりの台数が海外に流れたのではないか。

   本体価格ゼロなどと言う変な商売の失敗例であろう。

   

 

2) 新聞記事には無いが「目星をつけたスーツケース」とは

   セキュリティーチェックで仲間の空港職員がマークをつけたものではないかと思われる。

   帰国してスーツケースを見たとき、変なところにマークが有ったら要注意、

 

   またこの手法はタイ入国時にもやられることがある、

   これは税関で持ち込み品のチェックをするときの方法、

   航空機から降ろした荷物をバッゲージクレームに投入するところで

   何個かに1個印をつけることが有る。

   (重量の重いものがマークの対象になりやすいようだ。)

   このマークを見て税関職員が中を調べ、イチャモンをつけて税金を取ろうとする。

   最近このケースは少なくなったようだが、最近不景気なので復活するかも?

   以前は毎度毎度これをやられたのでマークがついていたらすぐ消すようにしていたが・・・

   

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(2)