2009-02-24 23:33

GMは破産以外に生きる道が無い>だから日本も対策を

タイでは2月17日GMタイ工場が790人の人員整理をすることが報道された、

確かGMタイ工場は従業員2000人程度と記憶していたので手元の資料を見てみた、

数年前の資料だが、従業員数は時間給労働者(現場の作業者)~2384名、

月給制労働者(スタッフ・管理監督者)~550名となっている、合計2900名ほどだ。

この中から790名の人員削減は約27%になる。

790名の内訳は希望退職700名、解雇90名と言う、

 

前回GMタイ工場が12月・1月と工場をストップすることをエントリーしたが事態はさらに深刻だ、

1月の販売台数は前年同月比56%減と現地では報道されている。

 

一方GMのほかの子会社はと言えば、スウェーデンのサーブは破綻、

ドイツのオペルはドイツ政府から18億ユーロの公的支援を要請したが足らず、

更に33億ユーロ(約3900億円)の追加支援を要請していることが先週20日明らかになった。

 

そして本家GMだが現在は政府に再建計画を提出し、政府の判断待ち状態、まさに俎板の上の鯉状態、

しかしGMの問題のひとつにそのでたらめとも言える販売戦略がある。

 

2月2日NHKで放送されたNHKスペシャル「アメリカ発 世界自動車危機」はそこをうまく報道している、

内容は大島信三氏のブログ:金融商品に頼ったGMの失敗に詳しい、

大島氏は肝心な部分を実に分かりやすく纏めている、ご一読いただきたい。

 

私なりに見たGMの問題点、

1) 販売面

  証券化というウォール街の悪魔が作り出した商品を使って、

  本来そんな高級車を買えない人に売りつけ、

  架空の消費を作り出した、

  GMAC(GMのローン会社)の場合ローンの審査をきつくすると(これが正常な姿)

  これまで購入していた人の約40%が対象外、つまり架空消費。

 

  このことは単に低所得者層が買った、こんな単純なものではない、

  低所得者層が分不相応な生活をすることで生活の価値観まで変わってしまった、

  住宅(サブプライムローン)でも車でも、うまく誤魔化せば1年や2年はいい想いが出来ると・・・

 

  車ではないが住宅の場合、差し押さえられた住宅の10%~20%は頭金ゼロ

  なんと金利すら一度も払っていないという、

  それでも差し押さえまでには最低1年はかかるそうで、

  つまり1年は只で高級住宅に住めるのだと言う。

  <不動産経済ファンドレビュー2008/04/05参照>

  車も多分同じであろう。

  

2) 車の企画・設計

  どんな車を作るか、これは車のユーザーがどんな人かを綿密に調べターゲットにする、

  だがそんな(高価な)高級車が買えない筈の低所得者層が買うのではどう企画すればよいか、

  誰が考えてもそんな企画が成り立たないことは明白だ、

  だからGMの車は見てくれだけ、中身は旧態然とした車になってしまった。

 

  こんな事を10年もしてきたのだ、GMの技術陣はみんな馬鹿になっている、

  そんな連中に今急に新しい車を作れといっても出来るだろうか?

 

  話しはすこし脱線するがアカデミー賞(日本の映画が認められたことは素晴らしい)について、

  この授賞式にプリウスなどのハイブリッド車で乗りつける俳優が多く話題となっている、

  これもGMの販売戦略を見ると納得が行く、

  つまりGMの高級車は低所得層が乗るのでステータスシンボルにならないのだ。

 

3) 経営

  経営者はこんなでたらめな売り方をすればどうなるか分かるはず、

  昨年は全米で190万台の車がローンが払えず差し押さえられている、

  それには目をつぶってとにかく儲かればよいとしか頭に無かった、

  そして自分の高額所得に目がくらみ、わが身の保身に汲々とする金の亡者となってしまった。

 

  経営層が金の亡者なら中間層も金の亡者、

  だからUAWがとんでもない労働条件を持ち出してもそれを呑んでしまった。

  その結果がトヨタやホンダなどより3~4割高い人件費となっている。

  そしてUAWは一度つかんだ好条件、簡単には放さない、

 

  GMはタイでも同じ経営をしている、

  私は数年前或るGMタイの現地人マネージャー(日本の課長級に相当)と話をする機会があった、

  若いそのマネージャー氏曰く、

  マネージャーとして採用されると全員乗用車(新車!)を会社から与えられる、

  これは勿論社用だけでなく個人用として使ってよい

  ・・・これは他社ではありえない好条件だった・・・

 

  こんな所にもGMの金の亡者体質が現れていると感じた。

 

 

GMとは、

経営者は金の亡者、ユーザーは借金漬けで踏み倒し常習犯、

従業員は良い車をつくろうなどという考えは薬にしたくとも無い、こんな会社なのだ。 

 

だがこれはGM一企業の問題ではなく、アメリカ全体が病んでいることを忘れてはならない。

拝金主義が横行し、額に汗して働くことを忘れ、自分たちが身の丈を忘れ過剰消費した、

そのつけを証券化という悪魔の生み出した商品にして世界中にばら撒いた。

日本もそのつけを払わされているわけだ。

 

そんな中でのGM再建、

そのためにはまずアメリカの人がGMの価値を認めその車を買うこと、

そのためにはGMがトップから末端の一作業者に至るまで必死でよい車を作っていることを見せねばならない。

 

これは私の考えだが3月上旬、2月の全米での車の売れ行きがまとまる、

その時GM(及びビッグスリー)の月間販売台数はトヨタやホンダとは大きくかけ離れた数字になると見ている、

 

車が売れなければいくら金をつぎ込んでも再建不可能、

そんな当り前の結論が出るように思える。

 

だがしかしGMは70年以上世界ナンバーワンの企業として世界に君臨してきた。

もはや倒産確実だが倒産すればその影響は計り知れない、

日本もその大波をかぶること間違いない、

さてではどうするか? これは難問である。

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-02-22 15:28

日産マーチ生産を海外へ移行の波紋<続編3>

日産マーチの生産工場が国内から海外の変わるとき、

そこで働く日本人はどう変わるか?

 

新しい生産ラインを作るのだから、当然工程を設計し機械などを据え付けるのは・・かなり現地調達もあるだろうが、

まあ大同小異と言える、

 

しかしここからが大違い、

現地での生産をうまく立ち上げる為には、現地人への教育・ノウハウの提供がどうしても必要だ。

つまり日本人が一生懸命働くことが、結果的に日本の仕事を減らす事に直結している。

今まで自分たちがやってきたことを海外の人に教える、つまり自分たちには帰ってもやる仕事がなくなることを意味している。

それでも頑張る為には

「今までやったことは海外に教える、でも心配するな、日本ではさらに新しいことを始めるから」

こんな考え方が必要だ。

 

今日本ではこの様な時期に賃上げを要求している労働組合がある、

自動車総連傘下の各自動車労組は2月18日賃上げの要求書を会社側に提出、

その金額はトヨタ~4000円、日産~一万円だと言う、

 

だが組合の諸君は分かっているだろうか?

そのようなノー天気な組合に愛想をつかした会社が海外に活路を求めようとしている・・

その象徴が日産マーチの海外生産だということを、

 

この様な時代の日本人にまず必要なこと、

それは絶えず新しい製品・技術・工法を作り出す創造性を持つこと、

組織として或いは経営者・管理者として創造性を育てるしくみを作ることがまず挙げられる。

 

この様なことは言うは易く行うが難し、

特に悪平等主義の蔓延した学校教育で毒された人には至難の業だろう、

通知表も無いような学校教育の改善に大阪の橋下さんが苦労しているようだが、

道は遠いが一歩ずつ進めなければならないと思う。

 

そんな中で誰にでも出来る改善のポイントがある、

それは「自分の考えていることを正しい日本語で正しく話すこと」

正しい日本語とは”辞書にある言葉”と言い換えても良い、

正しく話すとは”主語・述語”をきちんと話すこと、

(話し言葉でなく、書き言葉で話すこと)

実はこんなことが今の日本人は大変苦手、

こんな事から1人1人が努力していかないとこの新しい時代を乗り切るのは難しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-02-18 17:28

日産マーチ生産を海外へ移行の波紋<続編2>

新型日産マーチの生産をタイに移行する計画は、以前から慎重に進めてきたものであることを続編1で書いた。

ではそこでまず問題となるのは何か?

 

誰でも考える国内工場の問題について日産

現行モデルを生産する追浜工場では新しい車を生産し、仕事量を確保する、としている。

それはそうだろう、

 

部品メーカーの仕事量についてはコメントは無い、

しかしほとんどの部品はタイで現地調達されると思われる、

(メーカーは大部分が日系部品メーカー)

だから当然日本の仕事は減る、これも当然だろう。

部品メーカーは従来型の製品から新しい製品への脱皮が必要だが、

これについては別の機会に述べてみたい。

 

 

しかしそんなことよりもっと身近な問題がある。

それは車の品質などの情報がユーザー・販売店から生産ラインや部品メーカーまで迅速に届くかと言うことだ。

 

従来の車の海外生産では国内にマザー工場があり、そこで品質などいろんな技術情報や改良項目を管理している。

特に市場での問題点やユーザーからの苦情などは、

その迅速な対応が日本メーカーの良い点のひとつである。

 

国内にマザー工場があれば、そこで情報を受け止め改善、

それを海外の工場へ展開することが出来る。

 また海外工場の製造工程で何か不具合があれば

マザー工場の工程と比べ何が問題か解析できる。

 

この様なマザー工場の役割がこれからはタイの工場がになうことになる。

日産のタイ工場”サイアム日産”の実力が試されるときだ。

しかしこの様なマザー工場だが他のメーカーはどうか?

実はホンダは昨年9月から販売開始した新型シティで、

タイホンダにこのマザー工場の役割を与えている。

シティはホンダフィットベースの4ドアセダンで海外専用車)

 

この様に従来日本がやってきたことが順次海外に移転するとき、

そこの働く人はどう変わるのか?

次回はそれを考えて見たい。

<続く>

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-02-13 17:17

日産マーチ生産を海外へ移行の波紋<続編1>

日産が2万人の人員削減を含む収益改善策実施を発表した。

前回のエントリーで日本市場向けのマーチを海外(タイ)で生産し輸入することの日本への衝撃について考えてみた。

しかしどうも一連のこの話、日産の発表が政治的過ぎるようだ。

 

具体的に見てみると

1) 12月15日 日産ゴーン社長の毎日新聞などに対する発言

   日本政府に自動車業界に対し欧州並みの資金繰り援助を

 

しかしこれで日本政府が動かないと見るや

2) 1月15日 再度毎日新聞などに対する 1月16日ゴーン社長の発言 

   自動車業界の窮状を無視してはならない

   欧州並みの資金繰り援助を

   又あらゆる手段で円相場を妥当な水準にする必要がある

   

   このままでは企業は生産を海外に持っていかざるを得ない

 

   世界の自動車業界の苦境は全て業界外の金融危機が原因

   米ビッグスリーの危機も経営上の失敗とするのは誤解

   (つまり日産の危機も経営の・・つまり自分の失敗ではない)

 

そして

3) 1月16日 日経新聞がマーチの海外への生産移行を掲載

 

さらに

4) 2月9日 3月期の決算見通しを発表

   営業赤字1800億円となる予想と

   人員削減全世界で2万人(全従業員の8.5%相当)

 

この様になっている。

つまり日産の(ゴーン社長の)言い分は

・ 自社の(つまりゴーン社長の)責任ではない

  だから救済を!

 

・ このままでは人員削減や生産の海外移転を進めねばならない!

 

さて本当にそうなのか、マーチの海外生産移行をもう少し見てみよう。

 

話は今から4年以上前2004年11月にさかのぼる。

この年2004年、日産はタイの子会社サイアム日産への出資比率を25%から75%に引き上げ完全子会社化した。

(実はこの計画、通貨危機後の2001年に一度ご破算になったが)

そしてこの年サイアム日産の工場増設し年産20万台とする計画をタイ政府の投資奨励委員会(BOI)に申請している。

(投資規模は100億バーツ・・当時の為替レートで約270億円)

(この年産20万台が今回発表されたタイ工場でのマーチ生産による台数である)

 

さらに2008年始めには当時始まったタイのエコカー計画の承認を得て工場拡大を始めた。

 

そして2008年9月にはタイでの日産マーチ生産が現地では報道され始めている。

 

つまりマーチのタイでの生産は日産が以前から進めてきた海外生産計画の一環であった。

国内での報道には衝撃を伴う為、丁度良いタイミングとして発表したと思われる。

 

では2万人もの人員削減の中で主力車種の海外生産への移行をどう見るかあらためて考えて見たい。

<続く>

 

 

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)