カテゴリ:農業 の記事一覧

| |

2016-08-09 11:29

外国産のコメの値段

 外国産のコメがどのようにして日本に入ってきているのか調べてみた。


最初に日本のコメの生産から消費者までの流れの変遷はこうなっている。

2016-8-8コメの流通制度の変遷
ソース
http://www.maff.go.jp/j/study/ryutu_system/01/pdf/data8.pdf

平成20年の資料だが、現在も同じ。

昭和17年から平成7年までが食糧管理法、ただし昔ヤミ米と言っていた時代が長かった、そしてその後は自主流通米と言い換え。建前はともかく本音はいろいろ変化したと思う。

問題は1993年(平成5年)の平成のコメ騒動、これは昔ながらの食糧管理法下での出来事だった。
このとき緊急輸入として200万トン(最終的に250万トン)ものコメをタイから輸入
緊急輸入しておいて、コメは原則輸入しない、こんな理屈は通るわけもなく、同年12月にコメのミニマムアクセスによる無関税輸入を決定。(輸入は1995年から)
それが今日まで続いている。

なお平成のコメ騒動の時、輸入したタイ米が非常に不味かった、そんなことを記憶されている方もいると思う。
この経緯についてタイの食糧庁の係官から直接聞いた話がある。これは次回エントリーします。


さてそのコメのミニマムアクセスにより輸入はこうなっている。

2016-8-8コメの輸入制度
ソース
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kikaku/pdf/ref_data3.pdf


コメのミニマムアクセスによる輸入は最初42万トン/年から始まり、現在では77万トン/年である。

この資料で左側の部分、コメの関税が778%と書いてあるが、これは事実ではない
事実は、コメの関税は「%」ではなく、キログラム当たりいくらの従量税であり、現在は341円/㎏である。
極端なことを言って、たとえ1円/㎏の値段であっても(ダンピングしてきても)、国内に入れば342円/㎏になる。
コメは一粒たりとも輸入させない、こんな話があるのはこの制度のためである。

では778%と云う関税はどうして出てきたか、この数字を算出したとき、コメの海外相場が44円/㎏くらいだったので、それなら778%に相当する、こういう計算上の数字。今こんな税率が存在する訳ではない。お役人様の国民ダマクラカシ数字である。
なおその44円程度という価格も、多分おいしい主食用のコメも豚のエサ用のコメもゴチャマゼの数字ではないだろうか。

参考までに以下がコメの実行関税の表。
http://www.customs.go.jp/tariff/2016_6/data/j_10.htm

ここを見るとわかるが、コメの関税は原則402円/㎏、WTO協定で341円/㎏、そしてさらに特例で無税、この無税がミニマムアクセス分だ。

このミニマムアクセス輸入米はどのように消費されたのか、過去20年間のデータ

2016-8-8コメMA米の販売状況
ソース:上掲と同じ

ここで見るとわかるが、政府の国家貿易によるミニマムアクセス分のコメ(つまり関税ゼロのコメ)は大部分が飼料用や加工用。
その中で10万トン/年が主食用で、これがSBS方式となっている。
なお、ではその他の輸入米は無いのかと言えば、極めて高額の関税のためほとんど輸入はゼロの様である。


一寸余談
裏の桜さんから沖縄のコメの流通は他都道府県とは違うとのご指摘があった。
調べてみると現在の沖縄のコメ収穫量は3千トン/年程度、県内のコメ自給率は4%ほどである。
しかし沖縄では昭和30年代はコメは3万トン/年くらいは収穫できていた。またアメリカ占領時代は海外のコメが自由に買えたので、主にビルマ産米を食べていた。また沖縄の地酒泡盛はタイ米を使って醸造されている。
こんな事情があるので、沖縄のコメに関しては裏の事情がたくさんありそうだ。しかしこの件は調べても分からないので、疑問とだけ提起しておきます。


次にSBSの入札状況、これは27年度8回の入札の7回目

2016-8-8コメのSBS結果サンプル
ソース
http://www.maff.go.jp/j/seisan/boueki/nyusatu/n_sbsrice/pdf/27_sbs7.pdf

ここで外国からのコメ輸入はアメリカ・オーストラリア・インド・パキスタン・タイの5ヵ国から入っていることが分かる。
また政府の買いの値段と売りの値段両方同時に入札し、売買差額が政府に入る仕組み、この差額分が農家への補助金の源資なんだとか。
そして前回紹介したのだが、この入札が最近不調になっている。海外のコメ価格が上がり、国内のコメ価格が下がっているので、この売買差額がなくなり入札が不調なのだという。

今コメの値段は日本人が普通に食べる「コシヒカリ」のようなおいしいコメ、このようなものを比べると内外価格差は無い
しかし海外には味よりも安ければいい、こんなコメも沢山ある。そんなコメと日本のコシヒカリクラスを比べれば、当然日本のものは高いという話にもなる。これは比較すべきでない、グレード違いを比べたもの。そうみていいと思う。


最後に参考として、 田牧一郎 (田牧ファームズ代表)さんの論考が大変参考になります。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5562?page=1

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6540

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5006



次回は
・タイ米の話
・コメの調理法の話 を取り上げます。
  1. 農業
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-08-05 17:33

コメ造りにもっと光を

 参院選が終わって間もなく1ヵ月、結果はまあ良かったという所だが、私にはどうしても納得できないことがある。
それは一人区でも全体としては自民党が野党連合に勝ったのだが、自民党が一人区を落とした所が気になる。
コメどころばかりなのだ。

これが一人区の自民党と夜盗連合の色分け図。

2016-7-12一人区結果

野党が勝ったのは、福島、宮城、岩手、青森、新潟、山形・・・、皆コメどころばかりじゃないか。

実は今「コメどころ」では政府・自民党・安倍政権に対する不満が渦巻いている。
理由は・・・

コメの価格が2014年産米から暴落しているのだ。

私は農業に明るいわけではない。最近食品スーパーなどでコメが安く売られているなあ、そんな程度の知識なのだが、それでもコメ農家の危機的状況は聞こえてくる。

コメの価格がどうなったのか。wikiにはこんなページがある。
米価の変遷
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E4%BE%A1%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7

これでここ23年ほどの米価の推移を見てみたい、(単位:玄米60キロ(一俵)当たりの価格、詳細は上掲資料参照)

1993年(平成5年)  23、607円     平成コメ騒動の年、この年の全国の作況指数74
1994年(平成6年)  23,172円

2002年(平成14年) 17,129円
2003年(平成15年) 22,296円     この年の米価は異常に高かった、02年・04年が平常の価格
2004年(平成16年) 16,660円

2012年(平成24年) 14,973円     
2013年(平成25年) 13,778円
2014年(平成26年)  9,340円     14年産米(2014年9月頃から市場に)から32%の暴落
2015年(平成27年)  9,432円


平成のコメ騒動辺りからコメ価格は緩やかに下落、約20年かけて40%ほどの価格が下がってきた
今から20数年前、平成のコメ騒動の頃の話。日本は世界のコメ相場とはかけ離れたベラボーに高いコメを食べていると言われており、事実そうだった。そして食料安全保障という面でやむを得ない、そう信じてきた。
しかし2014年は同年産米が豊作で喜んだのも束の間、価格の暴落でまさに豊作貧乏状態

今改めてコメの値段を見てみると、平成のコメ騒動時代に比べて、コメの値段は半値以下、1994年の値段の約40%の値段である。

消費者は最近コメが安くなって有り難い、そう思っているだけだが、今コメ農家は大変である。
商売をやっている人ならわかりますよね。いきなり売り上げを3割カットされて成り立つような商売はありません。

参院選でコメどころの一人区での選挙結果は自民党が連敗状態。この背景にはこんなコメ農家の窮乏があることを理解しないといけないと思う。
しかし残念ながらこんなことはまったく報道されない。


所で目を海外に転ずると、コメの価格は日本とは全く違う動きをしている。
これはコメの国際価格推移グラフ

2016-8-5コメの国際価格推移
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pricenpq.html


コメの国際価格は変動が大きいが、最大の上昇は2008年のリーマンショック前の資源バブル時代。グラフにあるように大きく高騰したが、その後価格は以前の水準に比べれば高止まり状態。


さてこれからが問題。
このように日本では米価が大きく下落。しかし海外はコメの価格は上昇。
このため日本のコメは価格面で国際競争力を持ってきた。

残念ながらこの話は情報が少ないが、キャノングローバル戦略研究所 山下 一仁氏がこんなことを言っている。

2016-8-5コメの価格比較

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20150427_3072.html

ここでSBS方式というのは以下参照ください
http://gewerbe.exblog.jp/18845490

このグラフのように日米のコメ価格は遂に逆転しているのだ。

これはある意味日本にとって大きなチャンスかもしれない。日本が20年デフレに悩まされてきた。
その結果コメもついに値段でも国際競争力を持つようになってきた。今まで国際価格の10倍もの高いコメを食べているなどと言われてきたが、実はその裏でこんな事が起こっていたという事である。

ネットには例えばタイの高級米であるジャスミンライスは日本のコメよりったかく売られているなどという話もある。
http://matome.naver.jp/odai/2136512311115823401

農業を志す人にはすごいチャンスがやってきているようだ。
  1. 農業
  2. TB(0)
  3. CM(18)