カテゴリ:社会一般iza の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

2013-09-26 20:50

今年のコメの出来は

  今日は仲間との会合、話題は今年のコメの出来。

今年はどうも当地方は豊作の様だ。

一反で平年8俵位の所で10俵もとれた、そんな話が聞こえてくる。

でも高温障害で白くなって味が落ちたのが有るよ、と言ったのは先ほどまでコンバインに乗っていた友人。

量は多いのだが高温障害もあるようだ。

 

 

収穫を待つイネ、今日は抜けるような青空

 

 

 

コメが豊作なのは良い事なのだが、今年の新米は去年産のコメより少し安いらしい。稲作農家はブツブツだが消費者は歓迎だろう。

 

まだデフレ傾向が完全に止まったわけではないようだ。

さてそこに消費税の増税が迫っている。

折角20年もの間寝込んでいた病人がやっと治りかけた所に冷や水をぶっかけることになるのだが・・・

 

安倍さん、考え直すのは今だよ!。

 

 

目下流浪の民をやっています。

エキサイトのエントリーはこちら

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-09-18 14:28

中秋の名月<よもぎねこさんのエントリーから

  明日は旧暦の8月15日、中秋の名月である。

この日は日本でも月見の習慣が有る。

 

月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月

・・・百人一首 詠み人知らづ

 

この月が何月の月を歌っているかと言うと、「歌の中に月が8回出てくるから8月の月」だそうだ。

がしかし私的には

 

矢張りこれでしょう、月より団子です。

 

とまあ、柄にもない事を言いだしたのはこの中秋の名月、中国、韓国では中秋節(中国)とか秋夕(チュソク、韓国)といって旧正月と並ぶ大祭日。

そして例によってこれも韓国起源説が喧しい。

 

所でよもぎねこさんの古いブログにこの中秋節パクリ話を取り上げたものが有り、そこに出てくるイラストやコメントなどが大変面白い。

 

今イザブログが消滅しそうなのだが、こんな興味深いモノは貴重な財産だと思う。

そこで消滅前にパクってみようと考えた次第。

よもぎねこさんご了承を。

 

尚北海道在住のよもぎねこさんだが、北海道の言葉でパクるとは「取り換える」と言う意味。

何処かのニダ族お得意のパクリなど、インテリジェンス溢れたよもぎねこさんには縁が無い。念のため。

 

そのエントリーとは以下のモノ

http://yomogineko.iza.ne.jp/blog/entry/711283/

 

<以下引用>

 

【中韓】 中秋(秋夕)は中国の文化?~新羅の僧が唐に伝えたのが起源★2[09/08]

 

1 :蚯蚓φ ★:2008/09/09(火) 07:53:44 ID:???

http://www.allthatnews.co.kr/news/photo/200809/11067_10462_2834.jpg 

秋夕(チュソク)節で人口大移動が行われる中国に世界は耳目を集中する。そして、秋夕の文化が中 
国の文化であると考え、中国も文化の源泉地である韓国人にその人数の数字を強調して圧力を加えて 
いる。 

中秋を迎え、こんなことを考えている私たち国民がまず真実を知らなければならない立場に置かれて 
いる。中国学者シュンペイが発表した中秋の資料を見れば唐以前の中国には秋夕文化はなかった。唐 
以後に秋夕節を行う風習ができた、と古文献は証明する。 

唐初期と中期『芸文類聚』と『初学期』をよく見ても民間の歳時風俗の項目に8月十五夜の秋夕は言及 
されていない。一方、唐へ来た僧侶、圓仁(ウォンイン)が書いた入唐求法巡礼行記を見れば8月の十 
五夜にお寺と民間で餠や食べ物を調えて節日を祝った場所は新羅だったと記録している。新羅の中秋 
節が新羅の僧侶によって唐に渡ったと伝えているのだ。 

‘隋書’の東夷伝を見れば、新羅の王が8月十五夜に音楽を演奏して弓術大会を開き、‘旧唐書’の 
東夷伝でも新羅ではこの日を重要と考えて、食べ物を施して弓を射るなどの大会をした、という記録 
を見ても、当時の唐で秋夕を祝ったのではなく、新羅が先に祝ったということだ。 

特に東北工程で韓国の歴史を中国の歴史に変身させようとする意図を見せる中、これに先だち私たち 
固有の文化を中国の文化として奪おうとする動きがあったという事実が衝撃的だ。中国は旧盆の名節 
を自分の文化にするために、私たちが知らないうちに2005年には41万人が越える中国人の署名を集めた。 

チョン・ヨンギュ(啓明大学大学院)文学博士は「根がない木に他の木を組み合わせることができない 
ように、自らの固有の伝統文化を忘れてしまった民族には、無条件に受け入れたり、文化の植民地に 
転落するしかない」と彼の著書で明らかにしている。 

カン・ソヒョン記者 

ソース:allthatnews(韓国語)中秋、中国の文化持ちこんだこと? 
http://www.allthatnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=11067 

 

 

・・・中略
 中国の皆さんも関心をお持ちのようです。 楽しいイラストまで貼ってあります

 

 

 
よもさんのエントリーはまだまだ続くのだが、そこでのコメントにこのイラストに描いてある言葉の意味が解説されている。
 
<以下コメントから引用>
Commented by 無駄話 さん

こんばんわ。よもぎねこさんのブログを見るつもりで現れたのがこの内容なので,一瞬,間違えたのかと思いました。
2チャンネルはずいぶん難しいことも解説できる方々が参加しているんですねえ。

実は偶然ですがこの入唐求法巡礼行記については少し追加できることを知っています。円仁は唐代末期の10年間を唐の寺院をめぐり歩いてそれを日記に書き残しました。この書物の研究者として有名な人物がアメリカの日本大使として知られているエドウィン ライシャワーさんです。
彼はこの日記の解説書を出版しております。ずいぶん前に古書店で偶然にライシャワーの本(日本語訳)ということで手に取ってみて,その前文を読んで買ってしまいました。
この本は唐代末期の仏教が衰えた状態や唐の社会の様子が詳しく書かれている歴史的に貴重な旅行記だそうです。たしか,岩波文庫からも解説が出版されていたように思います。「じっとう ぐほう じゅんれい こうき」と読むそうです。かれは円仁を「えんじん」と読んでいます。

 
 

2008/09/10 05:05

 

Commented by 丸山光三 さん

TBのリクエストに答えて、訳を、
[中秋节是我们的]>>中秋節は我々のものだ。
[爸爸,月饼要怎么吃呀?]>>パパ、ゲッペイはどうやって食べるの?
[傻孩子,月饼当然是炸了吃]>>馬鹿だねこの子は、ゲッペイは他人のものをせしめて食べるんだよ。

「炸」は、声調によって意味が変わります。二声なら「油で揚げる」です。普通に使用するのは「油で揚げる」ほうです。例、「炸油条」(ヨウテイアオを揚げる)、「炸醤麺」(ジャージャン麺)。

また「炸」には、四声なら「割れる」、「爆破する」、「激怒する」、「騒動が起こる」、などの派生的な意味がありますが、そこに引っ掛けるニュアンスもあるのかもしれません。

しかし、「炸」には口語的に「他人のものを強奪する」という使用法もありますから、このシーンでは、これが実にぴったりですね。

 
 

2008/09/10 05:36

 

Commented by ご隠居 さん

 入唐求法巡礼行記ですが私は「にっとうぐほうじゅんれいこうき」と読んでいました。この読み方は呉音、唐音入交りで統一がありませんが仏教はあまりそこいらが厳格ではありませんからね。

明治後に入ったキリスト教などは坊主読みと言われた呉音を嫌って学校名でも「関西」を「かんせい」と「明星」を「めいせい」と発音させていますからね。

 

2008/09/10 07:46

 

<引用終り>

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2013-09-15 22:38

武人の心

  嫌韓流家元ご隠居さんのブログにこんなエントリーが有る。

 

「古朝鮮から受け継いできた剣の芸術」 大韓剣法協会総裁が伝統剣法書を著す 

http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/3185031/

 

 

そこにこんな面白い写真が・・・

 

 

韓国が剣道は韓国起源だと言って騒ぐ話の元になっている写真の一つ。

抜けば錆散る赤イワシ!!!

 

 

注:アカイワシ=赤イワシ=赤鰯です。岡山県の赤磐市とは関係ありません。(これは何と申してよいものやら・・・)

 

赤鰯とは辞書に依れば

1 塩漬けにし、または干して、油脂が酸化し赤茶けた鰯。

赤く錆びた「なまくらな刀」のたとえ

「きさまたちの赤鰯で、なに、切れるものか」〈滑・膝栗毛・四〉

 

 

注釈が長くなった。

この写真、誰が見ても笑える。

 

こんな錆びだらけの刀、よくもまあ持ち出したモノだが・・・

しかしそれはそれとして、良く見ると刀を持っている手に注目、小指が締まってないのだ。

日本の武道なら必ず小指を締めろと言うはず。形だけ真似るとこんなモノと言ういい証拠ではある。

 

 

その小指を締めると言っても分かり難いのだが、丁度そんな所を解説してくれた方がいるのでちょっと拝借。

 

以下「整体院からくさ」さんのブログより拝借

http://www.seitai-karakusa.com/%E5%8F%A4%E6%AD%A6%E9%81%93/%E5%B0%8F%E6%8C%87%E3%82%92%E7%B7%A0%E3%82%81%E3%82%8B/

 

 

 刀を振る時には「小指を締める」と言います。

 先ずは小指をしっかりと握り込めということなのですが、なかなか難しいのかもしれません。

 

 ふり慣れていない人の動きを見ていると、おそらく人差し指辺りで柄を握っているので、切り下ろした時に手首が伸びてしまっているところを見かけます。

 

こういう状態です。

 

 腕が床と水平になる位置に来た時に、刀も腕と水平に近くなっています。

刀の重さでそのうち手首を痛めそうです。

 

…そういえば、昔手首を痛めたなぁ。

ちょっと懐かしく思いました。

 

完璧な例…とは言えないのですが、小指で支えるとこんな感じになります。

 

 

人差し指はほとんど柄に触れているだけで、中指から小指を締めています。

 

<以下略 詳細は上記リンク先参照ください>

 

 

とまあ長々と前口上を述べてきたがこんな事に興味が有るのは実はご先祖様の書いたものを見たらこんな事が書いてあったため。

どんなものかと言うと

 

 

これは槍術の秘伝書で文禄3年(1594年)5月の日付のモノ。

槍術なので「杖之固在小指」と書いてあるが、剣も同じだと思う。

よほど重要と見えて「口伝」となっている。

 

 

 

韓国のパクリは呆れる他はないが、こんな400年以上前の武術の秘伝書にその極意が書いてある。

日本には韓国とは比較にならない文化が有った証拠である。

 

 

尚この古文書の最後にはこんなモノが

 

 

韓国にはこんな心など薬にしたくも無いだろうなあ、そう思う次第。

 

武術は心である。

それは武器が刀から鉄砲にかわり、今では大砲やミサイルだが武人の心は変わらないと思う。

 

最後に日本刀がどんなに切れるのか、そんな映像を

 

 

あの赤イワシでこんな事をしたらどうなるだろう・・・(笑)

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2013-09-14 17:28

イプシロン打ち上げ成功 惑星観測衛星を予定軌道に投入

イプシロン打ち上げ成功 惑星観測衛星を予定軌道に投入
 
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日午後2時、新型の固体燃料ロケット「イプシロン」を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約1時間後、搭載していた惑星観測衛星「スプリントA」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。
 
トピックス「イプシロン」
 イプシロンは、8月27日には発射直前にシステムが機体の異常を誤検知して打ち上げを中止。JAXAが打ち上げの「再挑戦」に向けて総点検を続けてきた。
 
 14日の打ち上げは当初、午後1時45分の予定だったが「警戒区域に船舶が入り込む可能性が出た」(JAXA)として、直前に打ち上げ時間を同2時に変更。3連休の初日とあって町内には多くの見学者が集まり、打ち上げを見守った。無事に発射され、空に向かって飛び立つ白い機体に、大きな歓声が上がった。
http://www.asahi.com/tech_science/update/0914/SEB201309140009.html
 
 
 
イプシロン、やりました。
この前の打ち上げ直前の中断延期は東京オリンピック招致の為に神様がちょっと待てと仰ったのかも。
正にオリンピック招致成功の盛大な祝砲になりました。
 
この固体燃料ロケット、固体燃料そのものが世界中の垂涎の的、何せこのまま即ミサイル転用できるのですから。
おまけにパソコン2台で管理できる簡単さ、多分これからいろんな国が技術を盗みに来るでしょう。
しっかりガードを固め、さらなる発展を期したいですね。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-09-08 08:17

祝! 東京オリンピック2020

  祝! 東京オリンピック招致成功。

今日明日は九月九日、重陽の節句である。

目出度い事の重なる日、東京の、日本の、そして世界にとって目出度い日となる。

 

この招致成功は何が招致成功の要因だったか、これからそんな話が出てくるだろう。

イギリス在住のtna6310147さんから面白い話が聞こえてきた。

興味深い話なのでそれを紹介したい。

 

<以下引用>

 

・・・前段一部略・・・

ただ、オリンピック誘致の最後での妨害工作を叩き伏せた(?)のは、どうやら安倍総理だったようです。 BBCは開催地決定セレモニーを中継し、どうして東京に決まったか、イスタンブールは落ちたか、マドリッドは予選敗退したか、、、に付いて分析してましたが(←暇だな、、、)、福島原発の汚水問題に付いて、安倍総理がIOC委員に話をして対策を約束した事が、IOCに安心感を与えた、、、と、分析してました。

 

IOCはソチ・オリンピックやリオ・オリンピックの資金不足やインフラ整備の遅れにイライラいたらしく、今回の東京の選択は「一番確実だから」というのが理由のようです。問題を持ち込まれたくないようですね。東京オリンピックは既に20社以上のスポンサーの確約があり、東京自体が必要なインフラが揃っていますので、まあ、それにプラスαをするとしても、マドリッドやイスタンブールの空手形の約束よりは確実。そこが選択のポイントだったようです。

 

となると、平昌のオリンピックは恐ろしい事になりそうな、、、。まあ、それはお隣の問題。対南朝鮮外交の基本「見ざる、聞かざる、関わらず」で、、、。選手の人達もマトモな宿舎なんか用意する訳ないんですから、オリンピックはすっ飛ばして、それぞれの競技の世界選手権に集中した方がいいと思いますが、、、。

 

・・・以下略・・・

http://tna6310147.iza.ne.jp/blog/entry/3179288/

 

<引用終り>

 

ここでtna6310147さんが引用しているBBCニュースは多分こんなモノ

http://www.bbc.co.uk/sport/0/olympics/24002795

 

 

 

しかし流石BBC、冷静に分析している。

ロシアのソチにして、ブラジルのリオにしても、本当にオリンピックが出来るのか危ぶまれている。

そういう意味では日本なら絶対安心だ。そういう安心感が世界中にあるのだろう。

未開のニダ族国が散々妨害工作をしてきたが、そいつは丁度いい。

ニダ族国で何か「平昌」とか言うところでオリンピックをやるらしいが、口から出まかせで招致したことがバレている。

日本が支援を断る丁度いい理由が出来た。

「日本がオリンピック招致をしたときは散々妨害した、その口で助けてくれと言われてもねえ」。

ニダ族国に嫌われると良い事が起こるのが世界の絶対法則。

今回その法則が発動した良い例になったわけだ。

 

何はともあれ日本再生、大きな弾みがつくことになった。

アベノミクスには正に追い風である。

 

良き哉、良き哉!

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-08-19 22:35

権兵衛峠

  権兵衛峠と言う名前を聞いた事が有るだろうか。

昨日ルート361は19なる珍エントリーをしたのだが、その国道の向かう先が権兵衛峠。この峠は昔から一度は走ってみたいと思っていたのだが何時も通行不能。

そんな事で私には見果てぬ夢(笑)の酷道だった。

 

 

ざっとどんな所かと言うと

 

長野県の木曽福島から伊那谷の方に抜ける峠道。峠の海抜は1522メーター。

私が若い頃何度か行こうとしたが、その頃は何時も通行不可能だった。

 

しかし2年ほど前、木曽路を通りかかった時地元の人からこんな話を聞いた。

「木曽谷から伊那谷へは今まで中央道の恵那山トンネル経由、またはその隣の清内路峠しか越える道が無かった。でも最近権兵衛峠が通れるようになったのでとても便利になった」、そんな話だった。

あの凄まじい難所、昔を知る身には是非とも通ってみたい所だった。

丁度「ルート361が19」なる面白い話が有ったので是非にという事で行ってみた。

 

 

木曽福島からは宮ノ越までは19号線、ここで右折し伊那方面へ

 

しばらく走るとこんなモノ

 

姥神トンネル手前はあまりにも山が急峻なので勾配をゆるくするためのループ橋

 

そして権兵衛峠道路は姥神トンネル、権兵衛トンネルと抜けると伊那谷に出る。

これは権兵衛トンネルの伊那谷側出口。

 

 

権兵衛トンネル、全長4467M、標高:伊那側~1062M、木曽側~1162M。

尚権兵衛峠の旧道は標高1522M、此処から更に500M、この急峻な山を登っていた。

 

その旧道がどんなものだったか。

これは2006年2月の開通直後、ある方が撮影したR361の旧道、開通したばかりのR361新道(権兵衛峠道路)から見たもの。

 

こんな道が此処から更に標高差500メーター以上登ってゆく。勿論大型車は通行不可。冬は通行止め。梅雨時や台風などが来れば通行止め。

私が何度か行こうとした頃は地図上は通行不可の印が付いていた。

旧道が条件が良くても1時間30分かかる所が30分で通れる様になったのだとか。

 

 

ちょっとここで木曽谷と中山道の話を。

地図で見ると分かるが、木曽谷はとても狭く険しい。隣の伊那谷は広々とした所で、現在は中央自動車道もここを通っている。

そして昔、平安時代頃はここは東山道と言われ、そのルートは岐阜県の中津川から恵那山の神坂峠(標高1595M)を通っていた。ほぼ現在の中央自動車道のルートと同じだった。

 

どうして中山道が現在のルートになったのか? そしてJR中央線まで同じルートなのはなぜか?

 

 

これは一般的な木曽谷風景

木曽路の南の端に近い三留野の宿、そこにかかる桃介橋。

 

木曽谷は急峻な山がそのまま谷底の木曽川に落ちている。

その川に沿ったわずかな平地に街道を作った。そして少し平地が有ったらそこが宿場町。

だから木曽路の風景はどこでもこんなモノ

 

島崎藤村の有名な小説「夜明け前」の冒頭、「木曽路はすべて山の中である」と言うのはこの川沿いの山裾の道、それはそのまま山の中にある道、それで木曽路はすべて山の中と言った、そんな背景が有る。

 

しかし川沿いの道は険しいモノの急な上り坂は少ない。荷物を持った旅人には長い急坂の無いのが一番、これが中山道が木曽谷を通った理由。

鉄道も全く理由は同じ。そこで中山道と中央線がほぼ並行している訳だ。

 

しかし江戸時代、中山道は参勤交代の大名行列などが通り繁栄した。しかし狭い谷、少ない人口ではコメなどは到底足りない。その為隣の伊那谷からコメを運ぶために開いたのが権兵衛峠街道。

多いときには1日千頭もの牛馬がこの急峻な峠を越えたのだとか。

 

さてでは権兵衛峠を越えたらどんな景色か?

これは権兵衛トンネルを出て数キロ下った所。

 

明るい景色である。

山に囲まれ、暗い印象のある木曽谷とは全く違う表情を見せる伊那谷。

すでに稲が実り始めており、遠くに見えるのは南アルプスの山々。

素晴らしいですね。

 

 

2006年2月4日、長年の夢がかなってこの道路が開通。

総事業費700億円のこの大事業、大変な難工事だったようだが地元の人にとっては木曽谷と伊那谷の新しい時代を開くものになったのだとか。

この開通式当日、是非ともこの道を走りたいと言う車が押し掛け、この道路は伊那谷の交差点から木曽谷国道19号交差点までクルマが数珠つなぎになった。

木曽福島の人がクルマで東京に行くのにこれを使えば簡単に中央自動車道に乗れる。伊那の人が新幹線に乗るのに木曽福島に出ればそこから中央線で名古屋に出て新幹線。

全く新しい世界が開けたようだ。

 

コンクリートが人のために役に立つ、いや人の生活の未来を拓くものになる、そんないい事例だったようだ。

暑い暑い中を走ってきたが、何か素晴らしいものを見たような、そんな小さな旅だった。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-08-10 22:59

盆である

  盆である。正確には「月遅れの盆=お盆」だがまあいいや。兎に角盆だ。

6日、9日、そして15日と供養の続く日々だが、先人のやってきたことを偲ぶ日でもある。

私は自分の家の仏壇と家人の家の仏壇と両方抱えているので、今月は両方の墓参りやら供養やらで何やら難しい月でもある。

何せ宗旨も違うので・・・  まあ、そんな事は置いといて。

 

 

 

最初にこんな動画

 

 

これはイラクに派遣された自衛隊の活動がどんな風に現地の人に受け入れられたかが分かる動画。

 

実はアセアン各国で日本軍の話を聞くとこの自衛隊の活動と同じ話がいろいろ聞こえてくる。

大東亜戦争で戦地に赴いた人はもうほとんどいない。でもこんな話は何時までも語り継ぎたいものだ。

日本はアセアン諸国を侵略し、悪事の限りを尽くしたかのような事を言う人がいる。しかし事実は全く違う。

そんな事が分かる話である。

 

 

 

 

所で話はガラッと変わってプライベートの話だが、今ご先祖様の書いた古いモノを整理している。

そんな中にこんなモノが

 

 

 

奥付を見ると文禄3年と書いてあるから関ヶ原の戦いの前になる。そんな頃の武術の秘伝書の一部。

武人のたしなみの一端が分かるのではないか。

 

盆なのでご先祖様を祀ってその心を考えたい。

そんな事を考えている

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-08-08 21:58

緊急地震速報、良い訓練だったじゃないか

  今日は白昼の緊急地震速報の誤報、大いに驚いた。

しかし原因は兎も角として「予告なし、地震避難訓練」と思えばいい訓練だった。

新しいシステム、思いもよらぬ所に問題が隠れている、そんな事を思い知らされた事件だった。

 

 

この件、機械だからトラブルはつきもの、そんな風には考えたくないが、現実こんな事は必ず起こる。

システムの精度向上には避けて通れない事ではないか。

 

日本のいろんなシステムはみんなこんな事例を乗り越えてきた。

合言葉は「再発防止」である。

 

飛行機だって悲惨な事故を教訓にそれを乗り越えてきた。

新幹線だって新幹線そのものでなくてもいろんな事故の再発防止を織り込んで今日が有る。

 

今回のケース、

我々は「丁度いい訓練だった、有難う」、そう言って笑い飛ばそう。

でも気象庁などの担当の方には、折角の「世界に誇る素晴らしいシステム、これを機会にしっかり再発防止、頼むよ。」

 

そしてマスゴミ諸氏には揚げ足とって気象庁なんか叩くなよ、

これを機会に緊急地震速報がもっとうまく伝わるような、そんな報道を考えろよ。

そんな風に考えてほしいものだ。

 

 

昔の人はこんなものを見て地震に立ち向かった。

 

これは鯰絵と言う。地震を引き起こす犯人(犯鯰?)の大鯰を懲らしめている所。

こんなユーモアが今の人にも必要ではないだろうか。

 

余談・・・ここからは小さい字で

大鯰をシバキあげているのは「吉原(新吉原)の花魁」です。

江戸の人たちはこんな所でもユーモア精神一杯ですね。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-08-07 17:09

タイの空母と護衛艦いずも

  ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が進水した。

やっと日本に相応しい良い護衛艦が出来た、大変喜ばしい事である。

と言っても進水してから艤装を進めるので、就役は2015年になる。

しかし貴重な一歩になると思う。

 

 

実はこの一見空母に見えるヘリコプター護衛艦は本艦が3艦目、

その前に一回り小さい護衛艦「ひゅうが」「いせ」が就航就役している

 

 

手前がヘリコプター護衛艦の1番艦「ひゅうが」、

奥が今回進水した「いずも」である。(但しこの写真は合成写真です)

 

私が何故この護衛艦に注目するかと言えば、この「いずも」は従来の護衛艦と比較しても輸送機能、補給機能、医療機能が高まっているからである。

 

たとえば、「ひゅうが」型では、船体の横から車両などが乗り入れるためのサイド・ランプ(舷側歩板[げんそくほばん])は、入口の大きさの制限からジープ程度の小型車両くらいしか入れないものだったのだけれど、「いずも」には、右舷中央部に輸送艦「おおすみ」型が装備しているものと同等のサイド・ランプが装備され、これによって、陸自の73式大型トラックを約50両が搭載可能な他、空自のパトリオット部隊も輸送可能だといわれている。

 

また、国際援助や邦人救出の際の人員輸送も考慮され、およそ400名程度の人員が収容可能な居住設備や食堂などを備えているのに加え、自衛艦として最も高度な医療能力を持っていることで知られている「ましゅう」型補給艦と同じく、手術室、集中治療室、レントゲン室、歯科治療室と約35床の医療用ベッドを備えている

 

何故こんな昨日機能に注目するか、それはこんなタイでの経験からだ。

 

もう一昔前になる、2000年6月海上自衛隊の艦隊がタイ国に親善訪問にやってきた。その時旗艦「くらま」で艦上レセプションが有りそこに出席したことがある、

その時自衛官の方といろいろ話をした中にタイの空母「チャクリナルエベト」の話が有った。

 

これが空母「チャクリナルエベト」 基準排水量1万トン、総排水量11,485トンである(世界最小の空母らしい)

 

この空母、スペイン製で就役3年目、しかし当時はまだ実際運用するところまで行っていなかった。

自衛官の方はこの空母の中まで見せてもらってきたと言う。

そして「あの空母は未だ実際に使用していませんね。だからドンガラだけ、張子の虎と言われても仕方ないでしょう。

しかしあの空母が有ると無いでは大違い。もし万一の事が有ればあの空母がどれだけ役に立つか。それを考えると我が日本にはあのようなものは有りません。色んな災害救援など大いに役に立つのです。是非とも欲しい機材です。」

 

その時訪問した自衛艦は護衛艦「くらま」、基準排水量5200トン、ヘリコプター3機を搭載していた。

 

くらま

 

発展途上国タイでも小さいながらも空母を持っている。

日本もその国力に相応しいものを持ち、それなりの貢献をするべきだ。

自衛官の方はそんな思いを語っていたのが印象に残っている。

 

その4年後、タイはスマトラ島沖地震・インド洋大津波に襲われた。

その時この空母「チャクリナルエベト」が大活躍したと後で聞いてなるほどと思った。

 

東日本大地震とあの大津波に襲われた時、若しこんな護衛艦が出来ていたらどれだけの人の命が助かっただろう。

しかし此れからの事を考えれば是非とも日本に必要な護衛艦である。

 

尚蛇足だが上掲のタイの空母「チャクリナルエベト」、艦首がスキージャンプになっている。搭載する機体はヘリコプターと中古のAV8Sマタドール(ハリアーである)と言う垂直離着陸戦闘機6機である。しかし現在ではこのAV8Sはお蔵入り状態、ヘリ空母として運用されている。

固定翼機はこれだけ持っていても運用は難しい、そんないい見本になっているようだ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-08-06 21:36

八ツ場ダムの完成時期を2019年度に先送り 国交省、事業費は現行維持

 八ツ場ダムの完成時期を2019年度に先送り 国交省、事業費は現行維持

 
産経新聞2013/08/06 17:42
 
 国土交通省は6日、群馬県八ツ場ダムの完成時期を当初予定の2015年度から19年度に先送りすることを明らかにした。民主党政権時のダム事業見直しによる遅れが背景にある。関係都県の同意を得た後に、基本計画を変更する。
 
 事業費は約4600億円と現行の基本計画のままとした。設計の精査や工法の工夫によるコスト縮減で増額を避けた。関係都県からは、建設遅れに伴う負担増に難色を示す声が出ていた。
 
 八ツ場ダムも対象となっている特定多目的ダム法は、基本計画を変更する場合、建設費用の一部を負担する関係都道府県議会の同意を必要としている。
 
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/674873/
 
<引用終り>
 
 
 オイ! 前原とやら、こんな結果を招いたのはお前さんのせいだぜ。
昔ならサムライは当然腹を切った。
お前さんは腹切るのは痛いからいやだ、多分そう言うだろう。
別に腹切らなくても幾らでも死ねる。
そうだ!いい方法がある。
腹の減ったニシキヘビの檻の中に入ってみろ、見事に絞め殺してくれるぞ。
 
 
 
政治家が責任をとらなくなってからもう随分長い月日がたったような気がする。
 
自分の判断が間違っていた、そうなったら潔く責任をとる、これが上に立つものの当たり前ではないだろうか。
何時からこんな無責任な口だけ番長を国会に送り込んでしまったのか?
 
だがこんなアホを国会に送り込んだ国民みんなが責任を感じるべきだろう。
ウッカリ一票の付けはここまで重かったのだと。
 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-07-28 22:01

日本の識字率は本当に100%なのだろうか

  今発売中のニューズウィークに興味深い記事が有った。

「どこに消えたのか アメリカンドリーム」というその記事、勿論アメリカの事を言っている。

しかし日本にとっても他人事でない内容を含んでいる。その中でも教育の問題は深刻だ。

幸い阿修羅さんがその記事をアップされているので、それを引用させていただき何が気になるのか考えたい。

阿修羅さんの記事

http://www.asyura2.com/13/hasan81/msg/382.html

 

 

<以下引用>

 

『ニューズウィーク日本版』2013年7月30日号  P.44~47

 

「どこに消えたかアメリカンドリーム

 

社会:均等な機会と個人の努力によつて成功できるはずのアメリカで所得格差が固定化している理由は

 

 ニーアル・ファーガソン(ハーバード大学歴史学部教授)

 

・・・中略(大幅に)・・・

 

 それは教育の弱体化だ。生徒1人当たりへの支出額が実質的に3倍になつているにもかかわらず、アメリカの中等教育は弱体化している。

 シンクタンクの外交問題評議会によれば、17~24歳の国民の4分の3が、身体的条件を満たしていない、犯罪歴がある、あるいは教育レベルが不十分という理由で軍の入隊資格を満たしていない。国際比較では現在、15歳の数学力でアメリカは真ん中あたりだし、OECD経済協力開発機構)による国際学習到達度調査(PISA)の最近の結果も惨憺たるものだ。

 

実力主義社会はどこへ

 

 だが真の問題は、裕福な子供と貧しい子供の格差だ。

 アメリカでは4~5歳の時点で既に、最貧困層の家庭に育った子は、最富裕層の家庭の子に比べて学力に21.6カ月の遅れがある(カナダの場合は1.・6カ月)。

 日常生活に必要な読み書きができない15歳の割合は、カナダの10.3%に対しアメリカは17.6%。社会的な階級が最も高いグループの家庭の子は、最下層グループの家庭の子に比べて大学進学率が2倍だ。

 

・・・以下略・・・

 

<引用此処まで>

 

大幅に省略しましたので、全文は上掲リンク先参照ください。

 

日常生活に必要な読み書きができない15歳が17,6%、衝撃的な数字である。

 

こんなモノを見て韓国の状況を思い出した。

韓国の親日派ブロガー、シンシアリー氏のブログにこんなのが有る。

 

韓国の文盲率は?

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11440561095.html

 

此処で実質文盲率なる考え方で見ているが、そのデータは凄いものが有る。

 

<以下引用>

この実質文盲率の結果は、意外なものでした。

韓国教育開発院が発刊した'2004年韓国教育人的資源指標'を見ると、

町内会公告文を見て「町内会が誰の家で開かれるのか」が把握できる水準の、生活情報文書解読に脆弱な人(1段階)が全体の38%

・(自身がまだ知らないでいる)新しい職業や技術に必要な情報を本を通じて理解できない人(2段階)も全体国民の37.8%にも及ぶ

・大学を卒業した高学歴者の文書読解能力も、調査対象となる経済協力開発機構(OECD) 22ヶ国の中で最下位であった、と・・

 

<引用終り>

 

アメリカが酷いなあとか、韓国ってそんなんだったんだ・・・こう思うのはその通りだが・・・

どっこい、日本だってそんな見方で見ると識字率100%だなどと安閑とはしておられない。

 

私の家人は永年教師だった、長女は今中学校の教師をしている。

毎日子どもたちを見ていて、特に落ちこぼれ、お客さんと言われる子どもたちの問題が深刻であることをよく聞いている。

 

日本だって上掲のアメリカの基準で見たら識字率100%だなどと言えない。

韓国式でもあそこまで酷くは無いとおもうが、では100%問題ないかと言えば決してそうでは無い。

 

そしてもっと厄介な事、それは社会が高度化してきた現在、こんな文書読解能力のない人が社会に出てもやれる仕事が無いのだ

 

そんな事で以前八目山人さんからいただいたコメントを思い出した。

こんな内容だった。

 

>Commented by 八目山人 さん
私が小学生の頃の話です。
遠い親戚に智恵遅れの男の人と、聾唖者の女の人がいました。
男の人は馬の世話を任されていて、いつも馬は肥えていて毛艶が良かった。
女の人は田植えの時、私の家に手伝いに来て、健常者に負けない勢いで苗を植えていた。
二人とも40代で亡くなった。
昔はどこも百姓だったので何も問題がなかった。

 

詳細は以下エントリー参照ください

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2584353/

 

この八目山人さんが仰っている事は正にその通り、昔は知恵おくれの人でもやれる仕事が有り、真面目にやっていればそれで良かった。

だが今は違う。

 

昔と比べ何倍も何倍も努力せねばいけない時代、それがこの競争社会である。

競争相手は向上心にあふれた発展途上国、そんな事を意識しないといけない時代なのだ。

 

考えさせられる話である。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2013-07-27 17:34

こんな良い話も当地方では知る人とて少なく

  さいたま市南浦和駅での女性救出の話、海外でもすごい反響が有る。

これはCNNの報道。

 

CNNのキャスターは冒頭「日本からのアメージング ストーリー」として紹介、最後に「恐らく、日本だけで起こりうること」と伝えている。

http://www.cnn.co.jp/video/11364.html

 

 

このニュース、偶然居合わせた読売新聞の記者の写真が全世界に拡散され、大きな反響を呼んでいる。

 

これはその反響を伝える読売の記事

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130726-OYT1T00376.htm

 

詳細は上掲記事を見ていただきたいが、アメリカイギリスイタリアだけでなく、中国ロシア、タイなどからも称賛する声が届いている。

 

 

がしかし、私は愛知県在住、当地方は中国日日新聞(別名中日新聞)と朝鮮日日新聞(別名アカヒ新聞もとい朝日新聞)がメジャーな新聞で読売はマイナーな存在。

だからこんな良い話は当地方では知る人も少ない、どこか外国の話なのだ。

 

はてさて、如何したものでしょうかねえ・・・・・

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-07-10 17:53

アシアナ航空の事故ーその4、前回エントリーは事実誤認有り、お詫びします

 アシアナ航空機の着陸失敗事故についてエントリーしてきた。

しかし「その2」と「その3」については私も間違いだと思われます。

 

此処に今までわかっている事を纏め、誤認記事をアップしたことをお詫びします。

尚本件はボルトさんからもご指摘いただきました。ボルトさんどうも有り難うございました。

 

最初に私が着水と間違えた映像

 

 

この映像が何処で撮られたか、先ずはサンフランシスコ空港の航空写真

 

 

この空港は4本の滑走路が十字型に配置されている。左上から右下にあるのが長い方の滑走路。長さは3600mと3200m。アシアナ機は手前側の3200メーター滑走路の着陸しようとしていた。

最初の映像が撮影されたのは多分滑走路対岸の赤丸印近辺ではないか。

 

参考までにこの赤丸印の所で撮影された写真はこんなもの。

 

動画の撮影場所は正確には分からないが、こんな護岸が写っているので似たような所だと思います。(余談だが絶好の撮影ポイント)

 

そして矢張り最初に衝突したのは護岸でした

 

これはUSA TODAYの報道。

岸壁の傷などを調べてもここが最初に接触したところ。

尚画像左下に誘導灯が伸びているのが見えるが、これの損傷はないとの事。

 

色んな報道には誘導灯に接触し左エンジン脱落したとの話もあるが、そんな形跡は見つからない

 

滑走路の破片等の散乱状況

 

次が機体の最終停止位置

 

fuselageとは飛行機の胴体の事。

他に左エンジンが脱落しているが記載なし、滑走路に転がっている筈なのだが・・・

 

尚これはwikiではこうなっています

 

 

こんな風です。

結論として

1)  海面に接触していれば当然誘導灯を破壊するはずだがそのような痕跡が無い⇒最初に岸壁に衝突したのは間違いない。

 

2)  ランディングギヤーがどうなっているか不明だが、岸壁に衝突以後胴体着陸になっている。車輪が出ていれば本来真っ先に接地するはずだがどうなっているか分からない。⇒車輪が正常なら例え機体尾部が接触しても制動出来る筈で胴体着陸とはおかしい。

 

 

以上の様な事です。

胴体着陸による煙を水と誤認しました。

前のエントリー、アシアナ航空事故ーその2、その3は間違いでした。

お詫びして訂正します。

又ご指摘いただいたボルトさんにも重ねて感謝申し上げます。

 

 

所で如何しても消えない謎が残っています。

 

第一は何故胴体着陸になったのか

この便に乗っていたサムスンの幹部は事故直後「胴体着陸した」とツィッターに投稿しています。どうしてわかったのか? 多分ファースト・ビジネスクラスが操縦席のすぐ後ろなので、機長たちが出てきてそう言ったんでしょう。

操縦士は胴体着陸が分かっていたのです。

 

 

第二は居眠り運転並のうっかりミスだという事です。

操縦席からの着陸時の写真を見てください。

 

 

これは最初の空港の航空写真で右端に青いアンダーラインが引いてあるところから撮った着陸する時の操縦席からの写真です。

 

こんな風に見える所で大幅に高度が低かったら、計器など関係なく一目で異常が分かる筈。

自動車事故なら真っ先に酔っ払いを疑う事例でしょう。

 

 

第三に左エンジンが脱落している、そしてランディングギア(主脚)がどうなっているか分からない事です。

エンジンは極めて大きく重い、取り付けも頑丈そのものです。胴体着陸したとしても簡単に外れるようなことは滅多にありません。

それに主脚もこんな大きな機体を支えるのでデッカイです。一つの脚に前後3個の車輪が2列、それが左右の脚ですから大きなものです。

まあボーイング777のような大きな旅客機が丸ごと胴体着陸するなんてことは前代未聞。何が起こってもおかしくないのですが・・・

 

 

 

最後にどうも報道管制の様な事が有るようです。

最新鋭の大型旅客機、それが胴体着陸したのですから無理は有りませんが、例えば上掲の疑問の3番目に書いた左エンジン、ランディングギアーは色んな所を見ても動画も写真も見当たりません。

 

 

そしてこれはこの事故が経営的な問題を含んでいる事の理由の一つ、このフライトの飛行ルートです。

 

 

韓国インチョン空港からサンフランシスコまでのルートは大圏航路を通るのが最短。

その大圏航路は上掲地図の点線のルート。

しかしフライト計画では一旦日本上空を通過し、太平洋に出てから大圏航路を通る計画だった。

しかし実際は最初から北朝鮮沖を通る大圏航路を飛んでいる。

北朝鮮の近くは色々問題が有る、またその先はロシア上空である。その為一旦日本上空を飛んで太平洋に出てから大圏航路を飛ぶようなルートを計画したはずなのだ。

しかし実際の航路は上掲図の点線、最短ルートを飛んでいる。

勿論燃料費節約にはこれが最適なのだが・・・

 

これで思い出すのが大韓航空機撃墜事件

この時も燃料節約の為ソ連領空を飛んで撃墜された、1983年の事だがその頃の体質は変わらないように見える。

 

このアシアナ航空には乗客の半分は中国人が乗っていた。アシアナ機は安いのだ。

その安い価格で採算を合わせるため無茶苦茶な事をしたのではないか。

 

これは間もなく明るみに出る筈だ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-07-09 11:21

アシアナ航空の事故ーその3

 お詫び、 このエントリーは事実誤認でした。

訂正版をアシアナ航空事故ーその4でまとめました。

お詫びして訂正します。

尚このエントリーは私への戒めの為そのまま残します。

ご了承いただきますようお願いします。

 

 

  アシアナ航空の事故は色々情報が分かってきたが、どうも報道がおかしい。

例えば今日の読売新聞記事。

 

 

こんな記事である。

この図では正常より低い高度で侵入したので岸壁に衝突、こうなっている。

衝突の7秒前に「速度上げろ」と指示したとか。

 

 

しかし昨日の「アシアナ航空の事故ーその2」で指摘したように「岸壁に衝突する前に海に接触しているのだ。

 

これが岸壁に衝突した瞬間、大きく跳ね上がっている。

飛行機の後ろには水面を走ってきたときの水煙が残っています。

 

 

そしてこれが最初に水しぶきが見えた所

大きく機首を上げている。そして尾部が水面に接触し、ここから水しぶきを上げながら走っていく。

これは上掲岸壁に衝突画像より10秒前だ。つまり岸壁衝突の9秒前には海面に接触している。

此処から岸壁へ衝突まで平均200キロで飛行したとすると岸壁の500メーター位手前に着水したことになる。

上の衝突時の画像の場所とこの場所を駐機中の飛行機の位置と比べてみてください。滑走路よりはるか手前で海に接触している事が分かります。

尚飛行機に詳しい方の意見を聞きたいのだが、こんな機首上げをすれば失速間違いなしと思うのだが如何だろう。

 

そしてこれはユーチューブに有った事故の動画、少々見にくいが水しぶきを上げて走っているのが分かります。

 

 

裏の桜さんに鮮明な動画のユーチューブ版を教えてもらいましたので、これも貼り付けます。 

 

 (この動画が私がアシアナ航空の事故ーその2で写真を掲載したものの原本です。CNNで放送されたものです。)

 

 

こんな事はずぶの素人の私でさえ分かります。

このアシアナ航空214便は空港への侵入を間違え、大きく手前の海に向かって着陸しようとしていた

それに気が付き機首上げしようとしたが上昇できなかった。

こんな所が事実ではないかと。

 

読売新聞の図はこう書くべきだったと思います。

 

 

恐らくアシアナ航空、韓国政府などが凄まじいロビー活動を始めているでしょう。

そんな事が分かる話です。

 

もう一つ、私には何とも不可解なのがランディングギア(着陸装置)がどうなっているか分からない事。

前輪は脱落して滑走路に転がっていたようです。

しかし頑丈な主脚が見当たりません。

 

この写真はアシアナ航空のボーイング777-200型機、主脚はこんな大きなもの。

777-200型機は双発とは言えジャンボジェット機に近い大きな機体なので主脚もデッカイもの。どこに行ったんでしょうね。

 

上掲の事故の瞬間の映像でも不鮮明ながらランディングギヤが分かりません。

また助かった乗客にサムスンの幹部がいて、事故直後「今胴体着陸した」とツィッターに投稿しています。

勘繰れば(あくまで私の勘繰りですが)速度が落ちて失速警報が鳴りだした、少しでも抵抗を減らすように脚を引っ込めた、だから大きな主脚が見当たらない、そんな事が有るかもしれません。

 

まだまだこれからいろんなことが明るみに出ると思います。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-07-08 22:37

頑張れ、日本のテレビ

  パナソニックの発売した新型テレビに対し、民放各社がCM拒否を決めたことが報道されている。

 

 

<以下日経新聞より引用>

 

新型テレビ巡りパナソニックのCM放映拒否 民放各局 

2013/7/7 0:02

 

 テレビの電源を入れると放送番組とインターネットのサイトなどが画面に一緒に表示されるのは、関係業界で定めた技術ルールに違反するとして、民放各局がパナソニックの新型テレビのCM放映を拒否していることが6日、分かった。大手広告主のCMを各局がさないのは異例。

 

 放送関係者らによると、問題のテレビは4月発売の「スマートビエラ」シリーズ。テレビをつけると放送中の番組の下と右にサイトやネット動画などが並び、リモコン操作で簡単にアクセスできるようにする機能がある。しかし家電メーカーや放送局でつくる電波産業会の運用規定は、視聴者が番組とネット情報を混同しないような表示方法を推奨。放送局が共同で策定したガイドラインは「テレビ起動時、テレビ映像を画面全体に表示するのが望ましい」と明記している。パナソニックは「スマートテレビは新しい分野のサービスで放送、通信の新たなルールづくりが進められている段階にある。コメントは差し控えたい」とコメントした。〔共同〕

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0603H_W3A700C1TJC000/

 

<引用終り>

 

同じ内容は産経でも報道されている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130707/trd13070700490000-n1.htm

 

 

 

さてこのテレビ、どんなものかをパナソニックのCMで見てみると。

 

テレビをつけた時、地上波であろうと衛星であろうとネットであろうと好きなものを選択できる。実に素晴らしい考え方ではないか!

 

だが民放各社はこの考え方が気に入らないようだ。

テレビをつけたら痴情波(ん? 違ったかな)が先ず映る、これが民放各社の言い分らしい。

 

しかし今の痴情波はろくでもないモノばかり、こんなテレビが出来てくれれば大変結構な事だ。ついでにCMになったら自動的に他の映像に代わるようになったらもっと素晴らしい。

NHKが絶対入らないテレビだったら・・・

素晴らしい!!!、その上もっと素晴らしい!!!、早速買いに飛んでいきます。

 

 

パナソニックは圧力に負けないでほしい、ついでに家電各社、それから自動車各社もパナソニック頑張れで「CM拒否」に参加してはどうか。

効果が有ると思うのだが・・・

 

 

さてこの記事を見て考えさせられた。

日本の家電が韓国・サムスンにしてやられたのは、こんな新技術にブレーキを掛ける連中の存在である。

民放各社の話に「うん それも一理ある」、こう感じた皆さん。そんな考え方が日本の企業の足を引っ張り、韓国・中国のパクリをゆるし、日本衰退へと向かっていったのです。

もう一度よく考えてみてほしい事例ではないでしょうか。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2013-07-08 17:05

アシアナ航空の事故ーその2

 お詫び、 このエントリーの内容は事実誤認でした。

訂正版をアシアナ航空の事故ーその4でまとめました。

お詫びして訂正します。

尚このエントリーは私への戒めの為、このまま残すことにします。 

宜しくお願い致します。

 

 

 アシアナ航空の事故の状況が大変良く分かる画像がCNNに有った。

事故を考えるうえで大変参考になるので時間ごとに見てみたい。

 

尚元画像はCNN、以下参照ください。

http://edition.cnn.com/video/data/2.0/video/us/2013/07/07/vo-plane-sf-plane-crash-on-cam.courtesy-fred-hayes.html

 

注:7/9 着陸速度に誤りが有ったので訂正、それと衝突時をゼロにした時間を追記しました

 

 

1)超低空で飛ぶアシアナ機、中央の機体は関係なし、画面右側がアシアナ機

(岸壁に衝突の16秒前、機首はそんなに上を向いていない)

 

2)海面すれすれ、大きく機首を上げている

(岸壁に衝突の13秒前)

 

3)海面に接触

 

4)水煙が上がる

(岸壁に衝突の11秒前)

 

5)水煙を上げて進む

(岸壁に衝突の8秒前)

 

6)ここで何かが光った、ここまでに最初に海面に接触してから8秒かかっている。

一般論だが旅客機の着陸速度は時速200キロ位、(時速200キロ=秒速56メーター)

訂正します 着陸速度は時速253キロ必要、秒速に直すと70m/秒です

(岸壁に衝突の2秒前)

 

7)岸壁に衝突した瞬間、機体が大きく跳ね上がっている

(この時点を「ゼロ」秒とする)

 

8)土煙を上げて進む、まだ機体は上を向いたまま

(衝突の2秒後)

 

9)此処で滑走路に入り、土煙が止まる

(衝突の6秒後)

 

10)黒煙が出だした

(衝突の13秒後)

 

こんなモノです。

アシアナ航空の発表では滑走路手前の岸壁に衝突と言っていますが、事実はこんなモノ

滑走路手前11秒くらいの所から海面に接触していますから、滑走路の数百メーター位(4~5百メーター位か?)手前に降りてしまったことになります。

 

事故原因は色々あるでしょうが、真っ先に考えられるのは操縦ミス。

さてどんなことが公表されるのでしょうか。

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-07-07 22:13

アシアナ航空の事故

  サンフランシスコで韓国のアシアナ航空が事故を起しました。

しかし私も飛行機の乗る身として大変衝撃を受けたことが有ります。

それがこの写真。

 

 

NHKのテレビから撮った写真なので不鮮明ですが、事故直後乗客がとった写真です。

 

7月8日、この場面の鮮明な写真が有ったので追加します。

 

 

何が衝撃か??

乗客が大きなバッグを持って避難しています

飛行機事故は避難は一秒を争うモノ。だから飛行機は着陸するときは視界確保の為窓の日よけを全開させる決まりになっていますし、大きな荷物は機内持ち込みを制限しています。また必ず上の棚に収納させるようにしています。

 

こんな大きな荷物をもって避難しようとしたら・・・

他の乗客の避難の邪魔になります。人殺しと言っても良いかもしれません。

こんな危険行為は絶対にやってはいけないし、乗務員は絶対止めるべきです。

 

しかしこの乗客は何か平気な感じでバッグをガラガラ引っ張っています。

こんな事が許容される航空会社、それが韓国アシアナ航空です。

危険極まりない。

これで韓国の航空会社がどんなものか、良く分かったと思います

(・・・あ~ぁ やだやだ・・・)

 

 

 

おまけにもう一つ、乗客の避難を誘導すべき客室乗務員の姿が見えません。

勿論機内にいるのかもしれませんが、私には1996年6月の福岡空港でのガルーダインドネシア航空機の離陸失敗事故を思い出させます。

この時本来乗客の避難を誘導すべき客室乗務員が真っ先に逃げ出し、大問題になりました。

 

 

この件は思い出が有ります。

この事故の時私はタイに居ました。翌日早朝(5時半頃だったかな)ホテルをチェックアウトしようとしてキャッシャーの前に並んだ、そこへ突然CA(キャビンアテンダント=スチュワーデス)の服装をした女性2~3人が何も言わずに割り込んできました

私も少々むっとしたのですが、その女にCAかと聞いてみました。そうだと言うのでどこの航空会社かと聞くとガルーダだと言う、そのままサンキューも言わずにすっ飛んで行きました。あとで他にも聞いてみたらガルーダの事故の応援で日本に行ったらしいことが分かりました。

航空会社によってはこんな乗務員がいる、それを思い知らされた一件でした。

 

(注:この件についてはその後いろいろ調べてみました、そしてわかった事。インドネシアではCAは英語が必須、そしてガルーダは国営でコネでの入手入社が一般的。その為CAは良いとこの御嬢さんがなっている。しかし彼女たちは生まれてこの方他人を世話したことなど無い、お茶出しや食事の世話などメイドの仕事、クルマの運転すらしたことが無い連中です(その人専用の運転手がいるため)。こんな連中なので日なんで人の世話をするなど当然できる筈がない、そんな事情でした。)

 

 

安全はタダじゃない、そう思います。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2013-06-14 21:10

雨乞い

  雨が降りませんね。

 

今は少々雨が降らなくても普通に生活できるので気が付きませんが、最近の少雨傾向、昔なら水争いで死人が出る騒ぎになりそうな状況です。

 

 

雨乞い

 

この写真はネットで見つけた香川県の雨乞いの写真。

でも私が子どもの頃の雨乞いもこんなモノだった。

 

いよいよ雨が降らない・・ 雨乞いをしなければ・・ こんな事が決まると・・

使者が三重県の多度大社に行くことになる、雨乞いのご祈祷を受ける、

使者が夕方帰ってくると地区の小高い丘の上の祠の前に祭壇を準備、

使者が持ち帰った御札さんを供えて雨乞いのご祈祷、

そしてこの写真の様に火をたく。

当地方では「菜種ガラ」を燃やす。物凄い火が立ち上る。

 

 

私の子どもの頃の思い出だが、今雨乞いしたいのは誰だろう。

いずれにしてもこの雨の少ない傾向、このまま推移すればトンデモナイ渇水が来るかもしれない。

まあ水の有難味が分かるのは良い事だと思う。

それにしても今年の水不足、心配な状況ではある。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-05-05 17:17

復興の狼煙と加曾利貝塚

  復興の狼煙と加曾利貝塚、何やら三題話みたいだがこれにモノレールをつければ正に三題話。

 

昨日千葉市の加曾利貝塚に行ってきた。

加曾利貝塚は日本の縄文中期の代表的貝塚で以前から一度は行ってみたいと思っていたところ。

 

千葉みなと近くのホテルに宿をとったので貝塚まではモノレールで空中散歩。

 

千葉市モノレール

 

空中をふわふわガタガタと行くのはなかなか乙なもの。

 

 

そして目的地は加曾利貝塚。

加曾利貝塚は縄文中期を代表する巨大貝塚で、加曾利貝塚のE地点で発見された土器は加曾利E式といわれ、縄文式土器の典型ともなっている。

 

復元された竪穴式住居前で子どもたちが縄文時代の衣装を着せてもらい写真を

 

お父さんカメラマンもここではニコニコ顔。

 

 

さてもう一つのサプライズがこれ、モノレールに乗っていて、ふと気が付いた社内のポスター。

 

 

復興の狼煙については2011年にエントリーしたことが有る。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2246789/

 

この考え方、私は非常に良い考え方と思っているのだが、震災から2年、ここ千葉市でこのポスターを見るとは思わなかった。

 

上掲の写真は反射して見にくいが、ポスターはこんなモノ

 

 

そしてポスターの右側に書いてある言葉は

 

一緒に悲しむよりも、あなたの仕事を一生懸命やって欲しい。

それが沿岸を、岩手を元気にする力になると思うから。

 

 

「被災地じゃねえ 正念場だ」 この言葉も良いが、恐らくこのポスターはモノレールの会社が自主的に掲示しているモノではないだろうか。

そして震災から2年が過ぎても東北を応援している証しとしてポスターを車内に掲示し続けているのだろう。

何となく心温まる話。

 

「被災地じゃねえ 正念場だ」 良い言葉です。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-05-05 11:56

靖国の神札

  連休に家族で東京に行き、靖国を参拝した。

東京上野の国立西洋美術館のラファエロ展を見に行くのが目的だったが、東京で合流した長男が靖国に行きたいと言うので、ラファエロ展の後で靖国を参拝することにした。

 

 

私にとっても17年ぶりの靖国神社だった。

前回行った時は亡母が「元気なうちにどうしても行っておきたい、連れて行ってくれ」と言うので行ったのだった。

母の弟(昭和20年戦死)がそこにいるからである。

 

 

特別の行事が有る日ではないが、参拝の方で一杯であった。

長男曰く、何度も靖国に来ているが、こんなに人がいるのは初めてだとか。

 

若い人が多い。

そして皆さん黙って列を作り、神前で柏手を打って参拝している。

日本に来た外国人ジャーナリストが、テレビで見るバラエティーなどの浮かれた日本人とは全く違う日本人が此処にいる、そんな言い方をするのもナルホドと思える。

 

 

 

そしてこれが手に入ったので私には有りがたかった。

特亜除けに絶大なご利益のあるお神札

 

 

参拝の後で遊就館を見たのだが、それはまた別の機会に。

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-04-27 22:58

今年の桜は早い、遅い??

  今年の桜は早かった、特に東京などは平年より2週間も早い。

私は愛知県に住んでいるのだが、愛知県より東京の方が遥かに早かった。

所でその桜、その後北上していくのだが、北上のペースが遅い。

福島・仙台辺りでは平年並みなのだが、満開の桜に積雪。

 

さてその桜、今は秋田・青森あたりなのだが、ちょっとこの桜前線図を

これは4月24日発表のモノ

 

 

 

そしてこれは4月24日発表と4月10日発表のモノの比較図

 

特徴的なところ。

4月10日発表のモノより24日発表のモノの方が明らかに遅れている。

そして4月24日発表のモノでは北海道中部で桜前線が「つ」の字を描いて曲がっている。赤い線

気象庁説明では、普通海岸より内陸の方が気温が低いので桜前線は内陸側が遅れる方向に曲がる。4月10日・20日の青い線の様に。

所が北海道では海流が冷たいので逆に海岸寄りが気温が低い。それで内陸側が桜前線が速くなり、結果として赤い線の様に「つ」の字になった。

こんな説明である。

 

では海面の水温がどうなっているか。

これは4月26日の海水面温度

 

 

日本周辺の海は水温に凄い差がある事が分かる。そういえば中学校で黒潮と親潮、暖流と寒流の話を習ったけれどここまで違うとは・・・

 

しかしこんな事は例年の事で別に今始まった事ではない。

平年との水温差がどうなっているか

 

これは同日の水面温度の平年との差

 

データ引用元

http://www.data.kishou.go.jp/db/kaikyo/daily/sst_jp.html

 

日本周辺の海水温度の平年との差を見ると、1度とか2度ではあるが低い所が多い。

東日本沖に一部だけある平年より高い部分は日本から離れていく方向なのだろう。

そしてこの冷たい海水の影響が桜前線にブレーキをかけているようだ。

気象庁4月10日に予測したより北海道辺りの海水が冷たい、そう言う事の様である。

 

気象庁4月25日発表の3か月予報では暖かい傾向になっていたが、4月26日発表の1か月予報では特に1周目は気温はかなり低くなる予報が出ている。

何かかなり異常な事が観測されているような感じなのだが、これからの発表に注意したい。

特に気になるのが農業への影響だが・・・

 

今年の桜は何か日本人に言いたいことが有るのかもしれない。

まさか「特亜に騙されるなよ」ではないだろうが。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2013-04-23 21:43

黒部の太陽DVDを買う

  もう何十年も映画館では映画を見ていない。映画嫌いと言うより、映画に興味が無い。

そんな私だが昨日映画のDVDを買ってきた。黒部の太陽、石原裕次郎である。

 

実は昨日名古屋の玉音堂に行ってきた。5月の連休に東京・上野の国立西洋美術館のラファエロ展を家族で見に行く、そのチケットを買うためだった。

名古屋の玉音堂・・・昔風に言えばレコード屋だ。

今はレコードではなく、CD・DVDの店である。

チケットを買って、何気なく店内を見渡すと「黒部の太陽、3月20日解禁」というポスターが有る。

店の人に在庫が有るかと聞くと有ると言う。

早速買ってしまった・・・衝動買い。

 

黒部の太陽は石原裕次郎の代表作だが、私は内容は知っているが見たことは無い。

そしてこの時知ったのだが、この映画は(日本映画の代表作の一つなのだが)故人の意向でビデオ・DVDにはなっていないのだと言う・・・勿体ない。

それが長年の封印が解け、先月解禁になったのだ。

 

昨年原発問題で、昔は電力確保の為水力発電所の建設で大変苦労した、その代表が黒四ダムの建設、それが映画になっていると話題にした。

 

黒四ダム・黒部の太陽については裏の桜さんのこのエントリー参照ください。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2643392/

 

私は昨年の関西電力の電力不足騒ぎで関西の人は映画にまでなった黒四ダムの話、そこまでして電力を確保しようとした事をすっかり忘れている。非常に情けないと思った。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2652764/allcmt/

 

昨年夏の電力危機、関西の人は原発2基を稼働させたから問題ないと思っている。

実際は他から融通してもらったのが沢山ある。

以下参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2862596/

 

そんな事で電力確保に苦心惨憺した先人の苦労、そんな事を偲ぶ一つのいい例がこの映画。一見の価値のある映画です、是非どうぞ。

でもこのDVD、4725円は高いです。

 

三船敏郎も石原裕次郎も皆黄泉の国の人。時の流れの速さを感じます。

それにしても裕チャン、若いですねえ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-04-23 10:06

ボーイング787改修開始は良いニュースなのだが

  787バッテリー改修、ANAとJALが着手

 
 全日本空輸と日本航空は22日、出火トラブルなどで1月から運航を停止している米ボーイングの主力中型機「787」のバッテリー改修作業を始めた。
 
 国土交通省は今週中にも運航再開を認める見込みで、両社は6月にも営業運航を始める方針だ。
 
 全日空は国内外の7空港に計17機、日航は3空港に計7機を駐機させている。22日は全日空が羽田や岡山など国内4空港で、日航が羽田と成田の2空港で、それぞれ改修を始めた。1機当たり5日~1週間かかり、全日空は全機を終えるのに1~2か月かかるという。
 
 日航の大西賢会長は22日、読売新聞の取材に対し、「改修後、機体の全般的な安全性確認に1週間かけ、乗員の習熟訓練も入念に行う」と述べ、6月1日にも営業運航を始めたい考えを示した。
 
(2013年4月22日20時24分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130422-OYT1T01101.htm
 
<引用終り>
 
 
 ボーイング787は機体の三分の一は日本製、だからこの件は大変気になっていた。私の住む町にも787の機体を作る工場がある。改修開始、運行再開近しは大変良い話なのだ。
 
しかし私にはどうにもこの話、腑に落ちない。
普通のトラブルなら原因が何か、どの部品のどんな所が問題か、そんな事など解明は当たり前である。
それでなくては対策など出来ないのだ。
しかし今回のバッテリー焼損事故、これが分からないのだ。
 
最初にトラブルの状況を振り返ってみたい。
 
これはトラブル当日(1月16日)の飛行経路
事態がよくよく切羽詰っていたと判断されたのであろう。
着陸後滑走路上から誘導路まで来たところで非常脱出シュートで乗客を脱出させている。
この場所なら万一火災が発生しても他の飛行機の邪魔にならないベストの位置。
機長の冷静な判断が称賛されるべき所だと思う。
 
 
当該機は朝一番の便である。そして離陸後15分で異常発生、離陸36分後には高松空港に緊急着陸している。
 
朝一番の飛行機なのだから当然始業点検をしているし記録もある。
それが離陸後15分でトラブル発生、その結果どうなったかと言うと
 
 
こんな状況だった。
機長が緊急着陸を決断したのは正しかった、よくぞ無事に済んだと思う。
 
 
そこで私が気になる事。
こんなトラブルが起こった時、真っ先にやることが有る。
それは再現テストである。
どんな事が起こったらこんなバッテリー焼損が起こるのか、
離陸から36分後には緊急着陸している、そんな短時間で起こることは何か。
こんな事を同じバッテリーを何個でも燃やしてみて、どうしたらこんな状況が起こるのか確認している筈だ。
しかしこんな報道が全くない。
 
更におかしな事、
最新鋭のハイテク機のトラブルなのに、問題の報道が2月下旬以降さっぱり無い。
一説ではトラブル原因の部品はK国・〇〇社製と言われているが、これも続報が無い。
何か大きな問題が隠されているように感じるのだが如何だろう。
 
 
私もタイから帰る時、約1時間飛んでから機体トラブルで引き返したのに乗り合わせた経験が有る。
 その時は深夜午前1時ころ離陸した便だった。ほとんどの人が寝静まった時機長が「機長です、トラブルが発生したので今からバンコクまで引き返します」、そうアナウンスした。今でもあの時の事はまるで昨日の事の様に覚えている。
バンコクまで戻って機体が停止したとき、乗客は全員拍手。
こんな経験は後にも先にもこの一度だけ。
 
空の安全の為にも事実をキチンと報道してほしい。
787機は三分の一は日本製なのだから。
 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-04-15 18:39

3月の自殺者数速報値

  3月の自殺者数速報値が発表されています。

嬉しい事に単月で2500人を割り込んでいよいよ年間3万人割れが確実になってきています。

 

 

3月の速報値は2433人です。

何故私が3月の数字にこだわるか、例年自殺者数は3月から5月がピーク。

そして3月で2500人を割れば、年間で3万人割れはほぼ間違いないと考えるからです。

(単純計算ですが、2500人×12ヶ月=3万人/年)

 

先月「就活自殺?」なる珍語に関してエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/3038051/

 

 

そこでも取り上げたこのグラフ、もう一度見てください。

 

これで分かるように1998年3月、突如ポンと跳ね上がり、そのままずっと年間3万人越え。昨年やっとその3万人の大台を割り込んだのである。

(2012年~27、858人、2011年~30、651人)

そして上掲グラフを見ると分かるように98年3月にポンと跳ね上がるまで、自殺者は月度のピークでも2500人を超えることは無かったのである。

 

だから3月単月で2500人以下になったという事は日本が15年続いた失われた時代から抜け出した証拠と考えても良いからである。

(注:それでも日本の自殺者数は多い、しかし新しい時代の第一歩ととらえていただきたい)

 

今年が日本の歴史に残るターニングポイントの年、その表れが一つ出てきた、そう思えるのです。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-03-24 22:35

海自飛行艇 印へ輸出 <追記あり>

  嬉しい話を聞いた。日本が誇る救難飛行艇US-2がインドに輸出されるのだと言う。

 

最初に飛行艇とはどんなものか、この動画を見てください。

船に翼を付けたような飛行機。

極めて特殊な飛行機だが、第二次大戦での日本の2式大艇(2式大型飛行艇)のDNAを引き継ぐ世界で最も優れた性能の飛行艇だ。

 

特に波高3メーターの荒天でも離着水できる優れもの。

動画で極めて短い距離で離水出来る所が良く分かります。

 

追記:バックもできるんです・・・

 

 

<以下引用>

 

 

海自飛行艇 印へ輸出 中国牽制、政府手続き着手

 

2013.3.24 06:54   [自衛隊]

 

 政府が、海上自衛隊に配備している水陸両用の救難飛行艇「US-2」をインドに輸出するための手続きに着手したことが23日、分かった。インドは日本側に救難活動や海賊対策でUS-2を導入する方針を伝えてきており、製造元は現地事務所を設け、インド政府との交渉に入った。日本にとり輸出による生産増で1機当たりの製造コストを下げ、自衛隊の調達費を低減させるメリットがある。

 

 US-2は機体から特殊な装甲や電波などによる敵味方識別装置を外せば「武器」とは認定されないが、自衛隊が運用する航空機だとして輸出はタブー視されてきた。だが、一昨年12月の武器輸出三原則の緩和で「平和貢献・国際協力」に合致するものであれば「武器」も輸出を容認したことに伴い、政府はタブーを取り払い、防衛産業の発展と防衛費の効率化を図る。

 

 輸出にあたり、製造元の「新明和工業」(兵庫県)は防衛省以外に納入するための「民間転用」の手続きをとる必要がある。その一環として、防衛省が著作権を持つ仕様書やデータなどの資料の開示を求める申請を順次行っており、防衛省も開示に応じている。

 

 インド政府は3年ほど前から日本政府にUS-2を購入したいとの意向を伝えていた。昨年6月に海自とインド海軍が相模湾で初めて共同訓練を行った際、海自はUS-2も投入、インド海軍幹部は性能の高さを直接確認したという。

 

 インド政府はUS-2について救難活動に加え、海賊対策に転用することも検討している。インド洋での航行の安全性が高まれば、中東から日本に原油を運ぶ海上交通路(シーレーン)の安定にもつながり、日本にとっても意義は大きい。

 

政府高官によると、タイやインドネシア、ブルネイなどもUS-2導入に関心を示している。インドに加え、これらの東南アジア諸国連合ASEAN)各国と同じ装備を保有し、技術交流や共同訓練を活発化させれば、「高圧的な海洋進出を拡大させる中国への牽制(けんせい)にもなる」(高官)との効果も指摘される。

 

                   ◇

 

【用語解説】US-2

 

 海難事故の救助を目的とした救難飛行艇で、海上自衛隊は平成18年度から配備。湖での離着水が中心のロシアやカナダの飛行艇とは違い、波高3メートルの荒海でも着水できる世界唯一の飛行艇とされる。航続距離は4700キロメートルで巡航速度は480キロ。

 

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130324/plc13032406580005-n2.htm

 

<引用終り>

 

 

 

飛行艇は日本の得意分野である。

需要が少ないので今はロシア・カナダ位しか作っていないが、第二次大戦中でも日本の2式大艇が性能は世界一だった。

今でも性能については世界一である。

 

インドで使われるようになれば他のアセアン諸国でも使おうと言う機運が出てくる。

良い話である。

 

 

<追記>

 

メーカーのHPによい図があったので紹介したい。

 

これはUS-2の運用方法の図

 

そしてこれは運用実績

 

http://www.shinmaywa.co.jp/guide/us2_rescue.htm

 

今までの出動回数が940回以上、救助人数920名以上が多いのか少ないのか。

いずれにしてもこんな活動をしている事、寡聞にして私は目にしたことが無い。

 

しかし流石海洋大国だと思う。

そしてその救助した人は日本人だけではない筈だと思うのだが・・・ 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(9)

2013-03-13 12:36

追悼式典サボりの空しい言い訳

  東日本大震災の追悼式典に中国韓国が欠席した。

中国は日本が台湾を国として扱ったことへの反発で、それは良くないとはいえ一応理屈はついている。

 

しかし韓国は理由もなく欠席した。

外交儀礼として、隣国として実に無礼な話である。

 

この件についてはご隠居さんが詳しく書かれている。

http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/3023027/

 

しかしこの無礼な話、今日の読売にはこの当の張本人・駐日本国韓国大使・シン・ガクスが一文を寄稿している。

 

 

「雨天の友こそ真の友」、何と耳の心地よい、そして空しい言葉だろう。

この大使閣下、ツイッターでその言い訳をしている。

 

 

 

と言うNHKの報道は多分これ。

 

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130312/t10013132071000.html

 

日本にいて、大使を務めている。

3.11がどんな日か位分かっている。だから態々読売新聞に寄稿しているのだ。

空しい言い訳である。

 

中国が欠席、それじゃオイラも・・・

テヘッ これは不味い事になったなあ・・・

まあFAXを捨ててしまった事にでもしておくか・・・

オラ 知らなかったもんね、

確認しない日本のせいだもんね・・・ 

 

 

まあこんな所だろう。

下心は此奴とおんなじと思える。

 

 

 

 

だが日本には此奴らと同じ連中がいる。

中日新聞・東京新聞である。

 

この新聞はこの追悼式典への韓国不参加を一切伝えていないのだ。

 

これが中日新聞3月13日の2面の記事、韓国の話は無い

 

 

他の新聞と同じように中国不参加の話は記事にしている。

しかしそこに他の新聞は書いている韓国不参加の話は書いていない。

中日・東京新聞には「韓国に都合の悪い事は報道しない自由」しか存在しないようだ。

 

本当の日本を取り戻す、その為には先ず獅子身中のウジ虫どもを退治しないといけない、

そのウジムシは今身の周りに沢山いる、そうでは無いだろうか。

 

 

 

尚私は11日・12日・今日と毎日早朝にコンビニで新聞各紙を買ってきて記事の内容をチェックしている。

 

そんな中で中日新聞の報道ぶりはひときわ目立つ。可笑しいのだ。

 

例えば大震災追悼式典での天皇陛下のお言葉について、新聞各紙はその全文を報道している。

例えば

読売・・・3月12日朝刊2面

朝日・・・  々  朝刊4面

日経・・・  〃  朝刊46面

中日・・・全文掲載なし、1面の追悼式典記事の最後にわずか5行だけ書いてあった。

 

何と書いてあったのか? 短い文なので引用すると

 ”天皇陛下は、さまざまな困難に耐えながら生活する被災者らに向けて「これからも常に見守り、この苦しみを少しでも分かち合っていくことが大切だとの思いを新たにしています」と述べられた。”

これだけである。

 

だが天皇陛下のお言葉全文をも見直して欲しい。

陛下の仰っている事はこんな短い言葉で言いつくせるような内容ではないし、この報道はホンの断片を切り取ったもので真実を伝えるものではないのだ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2013-03-11 15:37

中日・東京新聞の反原発キャンペーン

  今日3月11日の新聞各紙の報道ぶりが見たくて早朝からコンビニで新聞を買ってきた。

自宅にあるものも含め、読売・朝日・日経・中日の各新聞である。

中でも中日新聞の反原発キャンペーンがとりわけ目を引いた。

「震災関連死」というのは行政も認め、各新聞なども報道している。

しかし中日新聞だけは(多分東京新聞も同じ)違う。

わざわざ震災関連死をさらに細分化し、原発関連死と言う項目を作り報道している。

 

さすが中日新聞政治部長高田昌也は民主党のフランケン岡田克也の実弟だけの事は有る。

 

(注:姓が高田なのは母方の実家の跡を継いだためとか)

 

 

詳細は以下参照ください。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031190070031.html

 

 

 

中日・東京新聞の基地外ぶりは安倍内閣発足でピークに達しているが、それにしてもこの反原発極左キャンペーン、尋常ではない。

やはり不買運動で倒産させるしかないだろう。

 

中日新聞は新聞の原点に戻って、大震災の中、手書きで新聞を発行した石巻日日新聞の報道姿勢を見習う事をぜひお勧めしたい。

 

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2013-01-25 23:42

1月25日に起こった事

  寒いですね。テレビでは気象予報士が年に一度か二度の寒気がやって来ると騒いでます。

 

所で今日1月25日、この日日本の最低気温が記録されました。

1902年(明治35年)の事です。

-41℃、北海道旭川で観測されたこの気温、100年以上たった今も日本の最低気温として記録されています。

 

さてそんな最低気温の話ですが、何か風が吹けば桶屋が儲かる様な話なのですが・・・

 

 

同じ1902年(明治35年)1月25日、日本の歴史に残る悲劇が発生しました。

青森県の八甲田山を雪中行軍訓練中の日本陸軍第8師団歩兵第5連隊八甲田山で冬季に雪中行軍の訓練中に遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)。

 

この件は以下参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E9%9B%AA%E4%B8%AD%E8%A1%8C%E8%BB%8D%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

またガンダムさんのこのエントリーは要点が良く分かるので是非参考にしてください。

http://gundam01.iza.ne.jp/blog/entry/2806209/

 

この当時はロシアとの戦争が避けられない、その為如何するかが問題となっていました。

その為企画された雪中行軍での悲劇だったのですが、この件が当時の日本軍内部に与えた衝撃は凄まじいモノでした。

若しこんな極寒時にロシアに戦争を仕掛けられたら・・・ 日本軍の貧弱な耐寒装備ではひとたまりもない。

これが日本軍の共通の危機意識となりました。

・・・・ この事はその後独ソ戦で証明されました ・・・

 

さてこの後如何したか、日本軍は必死で耐寒仕様の装備を研究し始めました。

勿論一朝一夕でできるものではありませんが、色んな武器、装備に寒冷地仕様が取り入れられました。

 

実はこんな話を私が知っているのは、私の父がシベリア出兵(1918年~1922年)に参加し、その時この旭川のマイナス41度の話、八甲田山雪中行軍の話を色々聞いてきたからです。

この寒さの一例として言っていた話、ランプの油があまりの寒さに凍り、火が消えてしまったことが有った、そんな信じられない話をしていました。

 

 

さて本題はここから。

日本軍はその後も兵器や装備に寒冷地試験を徹底しました。もしロシアと戦争になった時寒さで鉄砲が打てないのでは困る。こんな事です。

 

そして軍需用の光学機器を作っていた日本工学(現ニコン)は双眼鏡などのヘリコイドが凍結しないような特殊な油を開発しました。

 

そして時は流れます。

 

 

戦後日本工学(現ニコン)はカメラを作り始めます。

名前はニコンと名づけました。

勿論カメラメーカーとしては当時は後発メーカー、しかし今まで培ってきた寒冷地対策技術はチャンとカメラにも織り込んでありました。

 

丁度そこに勃発したのが朝鮮戦争(1950年~1953年)。

アメリカから元気のいいカメラマンが沢山やってきました。

そして朝鮮半島北部の前線に来てみるとそこは極寒の地でした。

フィルムはかたくなって割れてしまうし、カメラは凍りついて動かない。

しかしそこで唯一動作可能なカメラレンズが有りました。

ニコンニッコールレンズでした。

今につながるニコン神話の始まりです。

 

 

 

ダンカンの写真集とダンカンの写真。

 

日本のモノづくりが世界に認められる、最初の事例がこの写真集とカメラレンズ

未だホンダもソニーも無い時代の話でした。

 

 

そして多分ニコンの人も知らないニコン神話の原点、それが1902年1月25日、青森県八甲田山で起こった悲劇と北海道旭川で記録されたマイナス41℃。

この記憶が日本の戦後の発展の基礎にあったのではないかと思っています。

 

その証拠の一つの事例。

日本のカーメーカーは北海道に広大なテストコースを持っています。

2005年のデータですがカーメーカーやタイヤメーカー、部品メーカーなど26コース。

例えばトヨタは士別市に930ヘクタールのテストコース、日産は陸別町に705ヘクタールのテストコース、ホンダは鷹栖町に532ヘクタールのテストコースを持っています。

勿論テスト内容は色々ですが、そこに寒冷地対策試験がある事は当然です。

 

1902年(明治35年)の極寒の記録と悲劇。それから100年以上たっています。

時移り人代わる、しかしこの話は連綿と受け継がれ日本のモノづくりの原点の一つとなっている。

 

今日はそんな意味で貴重な日だと思っています。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(15)

2013-01-22 23:06

放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論

  「放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論 」

こんな西田昌司氏の話をyuyuuさんがエントリーしている。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2983901/

 

この話、非常にいい話なので日経の記事をそのまま紹介したい。

放射脳に汚染されて毎日不安だ、放射能怖いと思っている方には是非とも読んでいただきたい話である。

 

 

尚最初に「しきい値」とか「閾値(いきち)」という難しい言葉が出てくるので、(そもそも漢字が難しい)先にそいつから紹介します。

 

しきい値、または閾値

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%84%E5%80%A4

 

LNT(しきい値なし直線)仮説について ・・・引用者注:とても良く分かる解説

http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/lnt.html

 

 

 

<以下日経より引用>

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50651160W3A110C1000000/?df=4

 

 

 

放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論 

2013/1/17 7:00

 

(2013年1月13日 Forbes.com)

 

 昨年12月、極めて重要な報告書が粛々と発表された。そこに結論として書かれているのは、原子力科学の専門家が長年にわたり主張してきたことだ。――つまり、約0.1シーベルト(Sv)または10 rem以下の放射線の被曝(ひばく)は大した問題ではない。

 

 「しきい値無し直線仮説(Linear Non-Threshold : LNT仮説)」は0.1Sv(10 rem)以下の被曝には当てはまらないが、世界中の自然放射線量はこの範囲にある。そればかりか、この低線量域は、原子力、医学的治療、そして福島のように原発事故で被害を受けた地域にとって最も重要な意味を持つ。

 

 

 

 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が提出した。低線量の被曝の影響は非常に不確かなものであるため、UNSCARとしては「低線量の被曝と大人数を掛け合わせて、自然放射線量と同等以下のレベルで漸増的な被曝によって健康被害を受ける人数を推定することは勧めない」と述べている。

 

 この手法はチェルノブイリ以来広く行われてきたことであり、福島では今も採用されている

 

■福島事故で「健康への影響無し」

 

 報告書により、世界はようやく正気に戻り、人体に害を与えないことに無駄な時間を費やすのをやめ、実際に悪影響を及ぼす問題、そして本当に注意を必要とする人々に目を向けるようになるかもしれない。例えば津波によって引き起こされたインフラや経済への打撃、あるいは福島周辺の真のホットスポットの除染。さらには、人体に影響を与えない程度の放射線量しか浴びていないのに、被曝の恐怖に怯えて暮らし、まさにそうした不安に心身をさいなまれている何万人という日本人をケアするといったことだ。また、日本政府においては真剣に原発再稼働の準備を始めたり、国際原子力機関IAEA)や米国政府からの改善案に耳を傾けることだ。

 

 この報告書によって、低線量の被曝が個人と大規模な集団の健康に及ぼす影響について言えること、言えないことがはっきりするだろう。

 

 自然放射線量が2.5ミリSv(250 ミリrem)から3.5ミリSv(350 ミリrem)に上昇しても、発がん率は上昇せず、認識できるような公衆衛生上の影響は何も起きない。同じように、自然放射線量が2.5ミリSv(250 ミリrem)から1ミリSv( 100 ミリrem)に低下しても発がん率は低下せず、公衆衛生上の問題に一切影響を与えない。

 

 重要なのは、通常の議論は短期間(一度)に強烈な放射線に被曝することを想定しており、同じ量を1年といった長い期間をかけて被曝した場合、影響はさらに小さくなることだ。つまり毎月0.1Sv(10 rem)を被曝すれば影響はあるかもしれないが、年間で同じ0.1Svを受けた場合は、慢性にせよ、急性にせよ認識できるような影響は一切ない。

 

 さらにUNSCEARは、一昨年の福島の原発事故による識別可能な人体への影響はなかったとしている。「影響無し」としているのだ。

 

 日本人は再び国産の食品を口にできる。放射線による汚染が軽微で、米国・コロラド州やブラジルといった世界各地の自然放射線並みのレベルにとどまっていれば、避難地域への帰宅も始められる。

 

■浪費される膨大な資金

 

 現在、表土や落ち葉の除去に費されている膨大なムダな資金(ニューヨーク・タイムズの記事参照)は、深刻な汚染状況にある福島原発付近での最新技術を使った除染に集中投資すればよい。

 

 0.1Sv(10 rem)以下の被曝に誤ってLNT仮説を当てはめたことによる経済的・心理的負担は、ただでさえストレスを感じていた日本国民には著しく有害で、今後もそれを続けることは犯罪行為といえる。

 

 LNT仮説を要約すると、あらゆる放射線は命にかかわる有害なもので、被曝線量がどれほど低くても人体に有害な影響を与えるとする考え方だ。被曝量が2倍なら発がん率も2倍になる、と。第二次世界大戦後にヘルマン・マラーが提唱し、UNSCEARを含む国際機関が採用したが、その有効性が最も発揮されたのは冷戦中に核兵器実験を中断させるための交渉の切り札として使われたときだ。世界に放射能への恐怖が広がったのは、その副作用である(記事「マラーはウソをついたのか?」参照)。

 

 当然ながら、年間0.1Sv(年10 rem)以下では被曝量が2倍になっても発がん率は2倍にならない。人体への影響はまったくない。数百万人にのぼる原子力作業従事者を50年にわたって綿密に調査した結果、一般人の平均と比べて被曝量は数倍から10倍だったが、がんによる死亡率は変わらなかった。米国のニューメキシコ州とワイオミング州の人々の年間被曝量はロサンゼルスの住人の2倍だが、発がん率はむしろ低い。LNT仮説が正しければ、こうしたことは起こりえない。

 

 地球上のどこを見ても、被曝量が年間0.1Sv (年10 rem)以下のケースで、LNT仮説を裏づけるような識別できる影響が出ている集団はない。自然放射線量が年間0.1Sv(10 rem/年)を超える中東、ブラジル、フランスでさえそうだ。

 

 議論されることはほとんどないが、LNT仮説は人体の器官とペトリ皿で培養した細胞に低い線量を照射した際に機能する生物の免疫機構や生物学的な治癒にかかる時間を考慮していない。

 

国連総会で承認された報告書

 

 UNSCEARは世界各国の専門家で構成される独立機関として1995年から定期的に会合を開いている。原爆の生存者、チェルノブイリ原発事故の影響、産業界で起きた放射線による事故、医療現場での放射線治療の研究を通じて放射能への人類の理解を促進するとともに、放射性物質による発がん性が低いことも明らかにしてきた。

 

 専門家の多くは長年、何もしないことが害悪になる重大な問題について、結論を先延ばししたり、言葉を濁すようなことはやめようとしてきた。今回の報告書は好ましい変化だ。報告書は国連総会で承認されたので、今後は世界中の国々が独自の放射能安全策を策定するのに参考にするだろう。

 

 

■日本に与える重大な影響

 

 これはLNT仮説を誤用して、特に食品について福島事故への過剰反応ともいうべき基準見直しを実施した日本にとって特に重要だ。

 

 世界的に認められた食品中の放射能レベルは1キログラムあたり1000ベクレル(米国の場合は同1200ベクレル/キログラム)だ。大部分はセシウム137とストロンチウム90が占めるが、こうした基準値はIAEAUNSCEARのような組織が数十年にわたる研究にもとづいて設定している。福島の事故後、国民の放射能への不安が高まっていることがメディアで報じられたため、日本政府は不安を静めようと基準値を従来の半分に抑えた。だが不安が静まらなかったため、基準をさらに引き下げて国際基準の10分の1にした。

 

 放射能は思っていた以上に危険である、国内の食品は有毒だと伝えれば、国民が安心すると思ったのだろうか。彼らは正気だったのか?

 

 この結果、国民は日々口にしている食品にさらに不安になるという意図しない影響が生じ、安全な食品は危険なカテゴリーに入れられ、食品輸出は抑制され、経済的・社会的損害はさらに広がった。

 

 通常であれば安全な食品が、突然、出荷制限の対象になった。青森県産の野生キノコ類は、1キロあたり120ベクレルの放射性セシウムが検出されたため出荷が制限された。このセシウムは福島事故とは一切関係がなく、世界中の人々が食べている食品に含まれているのと同じタイプであり、事故以前はまったく問題にされなかった。(記事「日本の規制値は厳しすぎる」を参照)

 

 日本人はいわれ無き制裁を加えられるべきではない。だがこのような最近の動きやUNSCEARの報告書からは、日本人が制裁を受けているのは明らかだ。食品の放射性物質の基準値を引き下げる理由はなかった。半減期の短い放射性核種が既に崩壊してしまったことを思えば、なおさらだ。誤った前提の一つは、日本人が汚染された食品しか摂取できないというもので、これはとんでもない見当違いだ。国際的な基準値は確固たる根拠にもとづいて設定されており、それを引き下げることは日本の農家や消費者をさらに痛めつける以外、何の役にも立たない。

 

 UNSCEARのウォルフガング・ワイス委員長は、事故のあった原発の周辺地域の住民、労働者、子供たちには、放射能による健康への影響は一切観察されていない、と述べている。これは世界保健機関(WHO)や東京大学が既に発表した研究成果とも一致している。原発周辺地域の住人が被曝した放射線量は非常に低く、識別できるような健康被害が生じることはまったく考えられない。

 

 日本政府は様々な失敗を犯したが、福島県で速やかに避難を実施し、汚染された食品や飲料水が消費されるのを正しく防いだ。これは旧ソ連政府が意図的に市民から情報を隠したチェルノブイリ事故とは対照的だ。

 

 

 ヨウ素の放射性同位体で半減期の短い「ヨウ素131」の食物摂取は、子供や若者の甲状腺で吸収されると甲状腺がんを引き起こすリスクがあることで知られているが、これがチェルノブイリ事故が一般市民に及ぼした唯一の重大な放射線による健康被害だ。旧ソ当局が情報を公開し、迅速に行動していれば、この被害は防げたはずだったが、もちろん彼らは一般大衆のことなど大して気にしていなかったのだ。

 

 日本ではこうしたことは起こらない。半減期がわずか8日のヨウ素131は事故後の数カ月で崩壊してしまい、大量に摂取した例は1人も報告されていない。

 

■日本人は恐怖ではなく真実に基づき行動を

 

 報告書によると、福島原発では非常事態に対応していた6人の作業員が0.25Sv(25 rem)を超える放射線を浴び、170人が0.1~0.25Sv(10 ~ 25 rem)を被曝した。このうち健康に悪影響が出た者はなく、おそらく今後も影響は出ないだろう。福島原発で亡くなった6人の死因は、がれきに押しつぶされたり、海に流されるといった事故で、放射能とは一切関係なかった。

 

 確かに0.1Sv (10 rem)を超える放射線の被曝は健康に影響を与え、それは統計的に1Sv (100 rem)に達するまで増加する。ただこの比較的高い線量域についても、十分に大きな母集団でない限り、影響は観察しにくい。それほどの規模の放射能事件、すなわち大勢が0.1~1Sv (10 ~100rem)の放射能を浴びたのは、第二次大戦中の原爆投下だけである。

 

 放射線の影響が明らかになりはじめるのは、1Sv (100 rem)以上の高線量を急激に浴びたときだが、そうした状況ですら、考え得る他の要素を排除しない限り、放射能を明白な原因と断定することはできない、とUNSCEARは説く。

 

 こうした見方が放射性廃棄物の処分にどれほど重大な意味を持つかは、別の機会に譲ろう。

 

 結局のところ、放射能への恐怖ではなく真実にもとづいて行動するように変わらなければ、われわれは日本、ベラルーシ、ウクライナの人々に責務を果たしたことにならないうえ、今後も見当違いのことに時間とカネを費やすことになるだろう。反核運動家や陰謀説が好きな人々は今回の国連の報告書を受け入れないだろうが、彼らはどのみち国連が嫌いなのだ。

 

by James Conca, Contributor

 

<引用終り>

 

冒頭にも書きましたが大変良い話。

少しでも多くの人にこの事実を知っていただきたいと思います。

特に国連総会で承認された報告書である事。

疑り深い人でもこれで納得できるのではないでしょうか。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2013-01-20 21:43

2012年自殺者数3万人以下に、これこそ日本再生が始まった証拠

  2012年の自殺者数が警察庁の速報値で年間3万人を切った事が分かった。

 

 

大変うれしい話である。

実はこの自殺者数の話、1998年3月に突如ポンと跳ね上がり、その後関係者のいろんな努力にもかかわらずそのまま年3万人以上で15年も推移してきた。

 

そして私はこの問題が解決すればきっと日本は再生できる、そう思っていた。

しかし何故突如ポンと跳ね上がったのか、それは全く分からなかった。

 

自殺は別に一人一人の個人が誰かに強要されてするものではない。しかしこんな統計で明らかに有意差がある、そこには日本人一人一人の心の中に入り込んで死を決意させるほどの何か、そんなモノが必ずある筈だ

 

 

 

2012年に3万人を下回ったことが分かるとNHKなどはこんなへんちきりんな事を言っている。

曰く・・ NHKテレビは、日本の自殺者急減は政府と民間団体が自殺予防のためのさまざまな対策を推進してきたことが効果を上げたものと報じた。

(この話はご隠居さんの以下のブログから拝借しました)

http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/2981222/

 

ご隠居さんどうも有り難うございました。

 

 

しかし実際は如何なんだろうか。

この原因を見るためには自殺者が急増した15年前に遡って原因を考えないと分からない。

では長期推移はどうなっているか。

 

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html

 

この推移グラフをよく見ると自殺者数は毎年3月~5月がピーク、そして1998年より前には多いときでも月2500人まで達していない。

しかし1998年3月、突如・・・正に突如ポンと跳ね上がり、その後一度も」この傾向は変わっていない。

1998年に多くの人が命を絶とうと思い詰めるような何かが起こっているのである。

 

その原因をyuyuuさんのブログで知ることが出来た。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2124804/

 

このブログで紹介されているグラフ

このグラフは上掲ブログから引用したもので少々古いが、このグラフが一番わかりやすい。

そして上掲ブログでkazkさんが良い情報をコメントで紹介している。

これを見ると1998年(平成10年)に何が有ったのかわかる。

 

 

1998年から平均給料が下がり始めたのだ

自殺者が突如急増し、さっぱり原因がつかめなかった。

その原因はこれだった、デフレが原因だったのである。

 

では2012年に何が起こったか。

誰でも分かるのは2012年12月、ついにあの民死党から政権を奪還した、それは良く分かる。

だがデフレ脱却は如何なのか?

2012年2月14日、日銀は金融政策決定会合で消費者物価(CPI)の前年比上昇率1%を「中長期的な物価安定の目途」として公表。

遂に日銀がデフレ脱却の為インフレ目標を明示する、大きな金融政策の変更が有ったのだ。

安倍内閣が発足し、この目標が低すぎることに注目が集まっている。

しかし2012年2月は金融政策がインフレ目標を掲げたことには大きな意味が有る。

そして15年にわたって人々を苦しめてきたデフレ景気後退からの脱却に希望が出てきたことが自殺者の数字にはっきり表れている、そう理解すべきなのだ

 

そして今一度15年前の問題に目を戻してみよう。

15年前、当時は橋本内閣だった。

自民党内閣じゃないか、そう言いたい所だがちょっと待って欲しい。

橋本内閣は「自社さ連立政権」である。

この内閣は「与党責任者会議」なるモノを設けたが自民党だけの賛成では決定できない仕組みだった。

自民党が表の顔になったとしても「社・さ」の賛同を得なければ何も決まらない仕組み、こうなっていた。

そしてこの当時の「さきがけ」のメンバーを見ると鳩山由紀夫・管直人・前原誠司・げ玄葉光一郎・枝野幸男・荒井聰・小沢鋭仁などがおり、実質2009年のミンス党の母体と言っても良い。

 

民主党の日本破壊政策はこんな風に日本を破壊し、その結果が15年も続いたデフレ、そして多くの人たちが将来に絶望して自ら命を絶った。

 

私にはこんな風に読めるのだ。

 

そして遂に自殺者数が年間で3万人を下回ってきた。

人々の心の中に将来に対する光が見えてきた証拠ではないか。

そして安倍内閣誕生である。

 

国民一人一人が将来に希望が持てる社会、それはこれからの一人一人の努力にかかっていると思う。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2013-01-01 18:35

氷漬けの牛

 新年あけましておめでとうございます。

拙いブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

 

いよいよ今年こそ日本再生、久しぶりに希望或る新年を迎えられたこと、実に素晴らしい事です。

経済の再生が第一ですが、戦後レジームからの脱却、腐敗しきったマスゴミの大掃除など課題は多いですが着実に進むことを期待したいです。

 

 

 

所で私は毎年新年は愛知県岡崎市の岩津天満宮に初詣に行くのが恒例です。

行くのは早朝、真っ暗なうちに出発し日の出前に参拝。

 

これは本殿前の願掛け牛。

 

 

他の牛は願掛け撫で牛で参詣者が撫でていくのだが、この牛は願掛け水かけ牛。

寒い中、氷漬けで頑張ってます。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-12-26 16:30

38豪雪の再来を心配されているが

  北陸・東北・北海道で低温と豪雪が続いている。

一部では38豪雪の再来を懸念する声も上がっているようだ。

 

安倍さんは流石に分かっている。

未だ総理大臣に指名されたわけでもない25日、自民党に豪雪対策本部を作っている。

今日26日組閣後の初閣議で当然何らかの話があるのではないか。

 

 

私は38豪雪直前の12月末に新潟県にいた。危うく豪雪に巻き込まれる直前に新潟から出てきた。そんな事でこの豪雪、結構記憶が有る。

と言っても本当の豪雪の大変さを体験したわけではない、あまり大きなことは言えないのだが・・・

 

 

私の乗った急行は新潟は定時に出発出来たものの結局東京には8時間遅れで到着。

印象に残っているのは食堂車も売店も食べるものはすべて売り切れ、食べるモノが無くなると誰でも不機嫌になってくる。

あの時の列車内の異様な雰囲気は忘れられないモノだった。

 

38豪雪での新潟県長岡市内の様子

 

 

凄い雪ですね。

 

 

所でこんな雪がもし今降ったとしたら決定的に違う事が有る。

それは食料・燃料など生活に必要なものが、この当時と比べて「極端に在庫が少ない」のである。

 

38豪雪直前に新潟県村上市の農家に泊めていただいた。そしてそこでの生活を色々見せてもらった。雪で閉じ込められることを前提に野菜類や漬物、勿論米・味噌。そして大切な燃料なども1ヶ月や2ヶ月は平気なくらい備蓄を持っていた。

 

しかし現在は全く違う。どんな田舎でもコンビニなどが有るのでほとんど備蓄と言う考えが無い。

これは個人だけでなく商店・コンビニでも同じである。

特に最近のコンビニやスーパーなどは物流改善が進んで殆ど在庫なし状態。

こんな事で現代の日本は極端に豪雪災害に弱い構造になっている訳だ。

 

38豪雪どころか、それよりはるかに少ない雪でも大災害になる。

 

もう一つ困った話、小泉改革で公共事業を切った、更に民主党政権で事業仕訳で公共事業を切った。

雪国では公共事業を請け負っていた土建屋さんは冬は除雪が仕事だった。

しかし夏の公共事業が無ければ業者・作業員は何処かに行ってしまうしかない。

大雪が降っても圧倒的に業者・人手・機械力全て足りない。勿論予算もレンホー一味がみんな切ってばら撒いてしまった。

 

安倍新内閣は早速難題に対処せねばならない。

力量がいきなり問われることになる。

日本再生の為、是非頑張ってほしいものだ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-12-07 21:52

タイのオバケと日本のオバケ

  タイ人はオバケが好きである。タイのテレビ番組を見ていると毎日どこかのテレビでオバケの出るドラマをやっている。

オバケが主人公の頭をポコンと叩いて驚かせたりするところを楽しそうに見ている。

 

 

しかしその一方でタイ人はオバケを怖がる。

話してみると真剣に怖がっている事が分かる、何故だろう。

タイは仏教国と言われるが、その仏教・バラモン教より以前からタイ族の中で信仰されてきた精霊信仰、それがピー(タイ語で精霊・オバケ)信仰だ。

 

そしてピーはどこにでもいるのでそれを鎮めるためこんなモノを置いている。

 

 

ピーを祀る祠(サーン・プラ・プーム)

 

 

そしてタイ人が恐れるオバケ、これは「ガスー」という。

昼間は人の形をしているが夜になると頭だけがフワフワ飛び出す。

その時内臓だけがぞろぞろくっついてくるのだとか・・・

このガスー、死肉や排せつ物などを食うのだそうである。

 

 

 

所で日本でも最近変なオバケが・・・ いや魑魅魍魎が闊歩している。

頭が放射脳の人だけにみえる放射能怖いオバケだ。

 

 

夏の夜の怪談ならご愛嬌だが、放射脳の人にはこんなコワいコワいオバケが見えるようだ。

 

そして「福島産の〇〇ですが放射線検査済みのものです、どうぞお召し上がりください」などと言おうものなら、「なにっ! お前俺を殺す気か!」と怒り出す。

 

 

実は最近関東地方某県に住む知人と会ったときこんな会話をした。

私「どう? 最近元気でやってますか?」

彼「いやあ、東京は今放射能で大変なんですよ」

私「東京で放射能?? 何か問題でも起こったの?」

彼「原発からどんどん放射能が出てるでしょう、何を食べたら良いのかわかりませんからねえ、毎日戦々恐々です。」

 

念のために言えば、彼は某超有名大学を出て超一流会社に勤めたエンジニア。何年か前に定年退職した人間である。

 

だからこんな放射線量のグラフなど、知識は私などよりよく知っているかもしれない。

 

放射能怖いオバケ信者はカルトである。

理屈で何を言っても話がかみ合う事は無い。

オバケを怖がっている人にオバケなんかいないよ、そう言っても、そして証拠を見せても俺に恥をかかせるのかと怒るばかりである。

 

 

そして今、

脱原発だとか、卒原発だとか、即時廃炉だとか色んなことを言っている。

10年以内に全原発廃炉、20年代に原発ゼロ、実に色々だ。

だがそれに向けた具体的な道筋は全く示されない。

発電所などの巨大なものを作る工事を知っている人ならだれでも分かっている、さあやろう、そう声がかかっても設計から発注・工事などなど5年や10年は実行計画なのである。

 

 

おまけに日本の原発廃止をもろ手を挙げて歓迎するのが中国韓国ロシアである。どの国も日本の技術者が欲しくて仕方ない、現にいまでも原発技術者には誘惑の手が一杯伸びていると聞く。

 

3年前まんまと引っかかった詐欺フェスト、またまたそれの繰り返しではないか。 

 

日本のオバケは夏の夜のお遊びでオシマイ。

これからはオバケに頼らない、自分たちの足で歩く時代にしたいものだ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-11-01 19:36

正倉院展

  今日は奈良の国立博物館で開催されている正倉院展に行ってきた。

朝4時起床、久しぶりの一番電車。新幹線で京都へ、そこから近鉄で奈良まで。

 

 

9時開場の所15分ほど早く着いたのだが、既に長蛇の列。

 

これは9時になって開場した直後で行列が動き出した所、

だがこんなに並んでいた。

 

 

目当てはこれ。

瑠璃杯

 

 

ペルシャ産の素晴らしいガラス器、こんな青い色はコバルトの色なのだが、コバルトは当時ペルシャでしか産しない貴重品。

 

当時こんな瑠璃色がいかに貴重であったか、今日では想像もつかないだろう。

 

 

こんな素晴らしいものが伝世品として残っている。

本国のペルシャでも伝世品は無い、遺跡で発見されるものはあるが腐食が進んでいるので、こんな美しいものは皆無。

 

しかし日本ではこの価値を認め、大切に保管してきた。

これが日本の素晴らしい所だ。

 

 

 

早朝出発なので早めの昼食。

博物館内のレストランでこんなモノを食べた。

 

桃谷樓の薬膳弁当

 

体にいい野菜類を使った弁当がうたい文句。

しかし大変おいしかった。 薬膳弁当1200円。

 

 

さて大変面白い正倉院展だったがこんな事も。

展示を見ていると、近くにやってきたオバちゃん(おばあちゃん)3人組が傍若無人で大声で話をする。

五月蠅い。

強い大阪弁なのだが、あんな汚い大阪弁を聞くのは初めてというくらい汚い。

早々にその連中から離れたのだが・・・

 

正倉院展を見終わってトイレの前で又そのオバちゃん(おばあちゃん)に出会った。

そのオバちゃんが仲間を呼ぶのに大声で◇◇◇◇、朝鮮語だった。

もう一人の仲間が合流したら日本語で話し始めたので多分在日の人だろう。

 

日本の生活が長かったら、日本人の習慣に合わせればいいのだが、そうはいかないのだろう。

最後で不愉快な思いをしてしまった。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2012-10-19 06:51

橋下氏VS朝日全面戦争を応援する

  橋下大阪市長の出自を問題にした週刊朝日の記事に対し橋下氏が親会社の朝日新聞を含め喧嘩を始めている。

 

 

昨日も動きがあったようだ。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5159887.html

 

詳細は上掲リンク先を見ていただきたいが、ここでこんな事を

 

 

 

> 今回、橋下市長は「週刊朝日」を発行する「朝日新聞出版」だけではなく、親会社である「朝日新聞社」の取材も拒否する姿勢です。朝日新聞側は、「朝日新聞出版」とは「編集権が別だ」と主張しますが・・・
 「確かに子会社ではあるが、編集権は全く別であります。事前に記事の内容を我々がチェックすることは全くありません」(朝日新聞の記者)

 「役員とか編集長まで調べるつもりはないが、そういう考えをとっていないというなら、『週刊朝日』に対して、株主としてどういう態度をとるんですか?そういう考え方も出さないんでしょ?そんなんだったら不法団体がトンネル会社作って何でもかんでもいろんなことするのと一緒。『週刊朝日』の考え方は違うのなら、出資引きあげたらいいだけの話じゃないですか」(大阪市 橋下徹 市長)

 これに対し、週刊朝日側は午後9時ごろ、「不適切な記述が複数あった」とした上で、「差別を是認したり助長したりする意図は毛頭ありませんが、不適切な記述をしたことについて深刻に受け止めています」と謝罪のコメントを発表。次号で「おわび」を掲載するとしています。朝日新聞出版の広報によりますと、連載を継続するかは決まっていないといいます。

 橋下市長はツイッターの書込みを次々更新。週刊朝日の編集長から直接会って話をしたいと申し入れがあったことを明らかにし、「公で血の論理を展開した以上は言論市場の場で議論すべき」として、公開の場での議論を求めています。(18日23:16)

 

・・・引用此処まで・・・

 

 

朝日新聞は戦前・戦中は鬼畜米英を煽り、戦後はアメリカ様々、そしていつの間にか容共、ソ連・中共マンセーだった。

朝日新聞の北朝鮮楽園報道に騙されて北にわたった人も多数いる。

文化大革命マンセーをしたことも、カンボジアのポルポトの大虐殺を無視したことも。

数え上げればキリがない。

そして今、気が狂ったとしか言えないような橋下叩き。

 

 

私は橋下市長の政治手法には疑問を感じているが、彼の目の前の腐敗に対しての喧嘩手法は評価している。

世の中を変えていくためには先ず目の前の腐った幹を切り倒さねばならない。

その為には毒には毒で対抗する、橋下市長にはそれが今求められている。

 

頑張れ! 橋下徹

 

 

第一こんなスケベ婆に負けるわけにはいかんだろう。

此奴は週刊朝日のコラム委員なんだそうだ。

 

北原みのり・・・バイブババアである。

 

 

見苦しい映像を紹介しまして恐縮です

 

しかし朝日新聞は子会社だから知らんなどと言う理屈は成り立ちません。

責任は重大です。

それを橋下市長は「そんなんだったら不法団体がトンネル会社作って、何でもかんでもいろんなことするのと一緒」と言っているが正論である。

 

日本の再出発の為にはマスゴミの大掃除、先ずはこれからです。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2012-10-07 18:59

山車祭り

 愛知県半田市の五年に一度の祭りです。

 

 

 

市中引き回しの山車

 

 

山車にはこんな彫刻が

 

こんなモノです。

観客は多分40万人位ではないかと。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-10-06 22:06

大衆迎合主義では失敗する

  今日私は中学時代のクラス会だった。

久しぶりに会うとみんなそれなりに歳を重ね、話題も体がどうこうの健康の話が中心。

そんな中で老母の介護をしている友人もいた。友人の母堂は中学時代から知っている人だが、今満百歳とか、介護も大変だと言う。

 

 

所でそんな中で一人だけ若々しく元気な女性がいた。自営業で今も現役の女性。

彼女とは同じ町に住んでいるので、数年に一度は何かの機会に顔を合わせるのだが元気なものだ。

中学時代から割合仲が良かったせいか、いつ顔を合わせても結構本音で話ができる。

 

 

そんな彼女と今日はこんな話をした。

 

(私) どう? 今の商売上手くいってる?

 

(彼女) やっと軌道に乗ったから大丈夫。でも今は息子が中心でやってるけど日曜でも夜中でも働くことが有って大変。

会社の経営はねえ・・・ 私が嫁ぎ先の親から商売を引き継いだら大赤字で借金だらけ、それで商売替えして何とか今になった。

一時は家屋敷全部人手に渡すところだったよ。

 

(私) 従業員には真面目に働きなさいと言うけど経営者は違うもんね。

 

(彼女) そう、 人を蹴飛ばしても何とか人の先を行かないと儲けはないもんね。

一つ間違えば自分がつぶされてしまう。

商売は何時も競争だもんね、

絶えず競争でライバルを何とか出し抜かないと儲からない。

ちょっと油断すると直ぐライバルにしてやられてしまう。

 

こんな事は言っても理解してもらえないけど、倒産しそうになったとき従業員に毎月の給料を払うの、ホント苦しいよ。

自分たちの給料がゼロでも従業員にはきちんと払わねばならないからね。

 

(私) 皆がこれは良いと言って賛成してくれることをやってはダメだろう?

 

(彼女) そう、 何か始めるとき、みんなが良いという事はもうその時点で手遅れ。

だから新しい事をやろうとするのは勇気がいるよ。

私もそれが一番苦しかった。

 

この後も彼女の苦労話が続いたのだが、それはちょっと置いといて・・・

 

「何か始めるとき、みんなが良いという事は、もうその時点で手遅れ」

これは商売をする人には当たり前の話だが良い考え方だ。

所で最近の政治の世界ではエネルギー問題などの世にアンケート結果で政策の方向を決定しようとする動きがある。

大衆迎合主義、ポピュリズムだ。

 

例えばエネルギー問題など20年、30年先を見て決めるべきもの。

それを不特定多数のアンケートで決めようとする。不特定多数の人は将来の結果には責任は持ってない。

今の自分だけの損得しか考えられないのに、将来の事を判断させようとする。

困った風潮である。

 

そんな人にこの言葉を考えてみろと言いたい。

何か始めるとき、みんなが良いという事は、もうその時点で手遅れ

今の政治家にこそこんな考えが必要なのだが、如何だろう。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-09-30 18:16

難病患者を罵倒<ウジテレビの電波芸者です

  安倍さんが自民党の新総裁に選出されたら途端に始まったマスゴミの安倍叩き。

しかしこいつだけは見逃せない。

 

 

この動画は裏の桜さんがブログで紹介しているもの。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2881371/

 

・・・追記・・・

上掲動画は案の定削除されたが、以下は削除されていないと思うので追加。

 

それにしても不愉快な話、同じ動画が別ソースで見つけられたので是非見てください。

無茶苦茶腹が立ちますが・・・・

 

かしこの話、潰瘍性大腸炎の患者を知りあいに持つ身としては絶対に許せない。

この潰瘍性大腸炎がどんな病気か、これを参照ください。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/62

 

潰瘍性大腸炎は厚生省指定の難病で、日本には約10万人位の患者がいる。

しかし普通の難病と違い、単なる腹痛と勘違いされやすい。

 

この難病を上掲のウジテレビ「とくダネ」の電波芸者・田中雅子が「1年でおなか痛くてやめちゃった」と言い、アホ電波芸者の小倉智昭が「子どもみたいだったもんね」と言っている。

難病に苦しむ人を愚弄する最低の人間である。

いや人間の形をしているが正しく「人非人」そのものだ。

 

裏の桜さんのエントリーにコメントでこんな事を書いた。

 

私の親戚にこの病気に苦しむ女性がいます。
本人もどのように苦しいのかほとんど言いません。
しかし色々聞いてみると並の苦しみではない、
発作が起こるとトイレの前に張り付きになる、家事もできないし、食事の支度さえできない事がある。5分ともたない、外出などもってのほか、ちょっと油断すれば衣類を汚したりと、実に苦しい病気。

結局彼女の義母は長年住み慣れた田舎の住まいを処分し、彼女の家のすぐ近くに引っ越して家事の手伝いをせざるを得なかった、
こんな病気です。
こんな病気を「ポンポン痛いだけで云々」などと言うのは正に人非人、

・・・以下略・・・

 

 

この病気はこのように発作が起こったらトイレに通いっぱなし。

子どもなら学校でいじめの対象になってしまうし、会社などではトンデモナイ怠け者扱いされてしまう。

いやそれどころか電車などでも通学・通勤さえ困難になる。

車通勤でもそう簡単にトイレなど手近には無い。

 

安倍さんが首相を降りた時などは恐らく国会の審議など出席不可能な状態、ましてや海外に出かけるなどとても出来なかったのだろう。

 

 

 

しかも病気が病気なので本人も言いたがらない。

周りもなかなか理解しがたいのだ。

裏の桜さんの所に書いた事例のように、周りの家族全員が相当の犠牲を払ってサポートしないといけないのだ。

 

幸い最近良い薬が出来た、安倍さんの事例は難病に苦しむ人たちには正に闇夜に明かりのともる話。

それだけにそんな難病に苦しむ人を罵倒する、ウジテレビ・人非人の田中雅子・小倉智昭の罪は非常に重い。

早くクビになってほしいものだ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(16)

2012-09-10 16:32

エネルギー問題をもっと考えませんか

  昨日JR東海葛西会長のエネルギー問題についての危機感あふれる話をエントリーしました。

その話の関係でいろいろ調べている内、大変興味深いHPを見つけました。

エネルギー問題について非常に良く分かる内容ですが、何せ量が膨大です。

しかし是非皆さんにも知っていただきたいのでご紹介します。

 

 

中には私もビックリの内容も沢山あります。

最初にHPの紹介から。

 

 

引用元:http://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/index.html

 

このHPは個人の開設したものだそうです。

こういったものには信憑性が疑問なものが有るのですが、このHPはソースを全て公開していまして、読者が検証できるようになっています。

最初のグラフはエネルギートータルでどれくらい使用できるか、それをまとめています。現在がほぼピーク、此れから利用できるエネルギーはどんどん減っていくことを表しています。

 

 

詳しく見てみます。

まず最初に衝撃的なのはこのグラフ。

 

 

世界の産油量のグラフです。

HPではピーク・オイルは2005年だった、こう言っています。

と言いながらこのグラフでは2008年に小さなピークが有るので、このグラフによればピークは2008年となるのですが、各種集計では2005年がピークだった、こんな事です。

 

実は先月「エネルギー問題」をエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2806421/

 

此処では石油の生産見通しはピークが2017年と書きましたが、これは今後の新しい油田などの予測分を加算した数字。

今の所、産出量は2005年~2008年でピークだった、どうもそんな事のようです。

 

株屋さんの世界でも株価のピークや底値も、後になって「あぁ、あれがピークだったんだ」と分かるそうですが、正にそれでしょう。

今がピークと言うのはそれほど分かり難いという事だと思います。

 

もう随分前からピーク・オイルと言われ、それが何時なんだと言われたものですが、こんな事が事実の様です。

私も固い頭を打ちのめされた感じです・・・(泣・泣・泣・・・トホホ)

 

 

そしてさらに衝撃的、

先日「これから原発16基を作る国」をエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2835771/

 

世界最大の油田を持つ国、サウジアラビアが原発16基を作る。

これはサウジアラビアの石油が先が見えた筈だと書いたんですが、そんな事も載っています。

何とサウジアラビアの石油埋蔵量が言われている量より40%も少ない可能性がある、それをウィキリークスがすっぱ抜いた、そんな話です。

この件は次回エントリーします。

 

そしてもう一つ衝撃的な話。

エネルギーが先細りの中で人口が増えてゆく。

一人あたりのエネルギーの使用可能量は2050年には現在の半分になる、

そんな話です。

 

上のグラフの説明にはこう書いてあります。

世界人口が増加する一方で、世界のエネルギー供給量は減少するので、一人あたりのエネルギーの割当は、現在の1.7 toe/人・年(toeは石油換算トンのこと)から、2050年では0.9 toe/人・年となり、現在の半分になる。(訳者註2008年の主要国の年間の一人当たりエネルギー消費量は、石油換算トン(toe/人・年)で、日本3.88、カナダ8.0、アメリカ7.50ロシア4.8、韓国4.7、フランス4.16、ドイツ4.08イギリス3.40中国1.6である。出典は電気事業連合会の原子力・エネルギー図面集など。現在が一人あたりエネルギーのピークであり、2015年あたりから急激に下がり出す。)

 

日本は今反原発狂騒曲で騒いでいるが、事はそんな生易しいものではないようだ。

 

そんな事でこの件、私なりにもう少し考えてみたいと思う。

 

皆さんも是非上記HP覗いてみてください。

 

 

 

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(9)

2012-09-08 20:55

オスプレイ騒ぎ

  沖縄に配属予定のオスプレイ同型機がアメリカで不時着したと言って騒いでいる連中がいる。

日本のマスゴミ連中もその急先鋒だ。

しかしこのオスプレイ騒ぎ、反原発と全く同じで全く理屈の通らない騒ぎだ。

 

その報道ぶり。

 

米、オスプレイが市街地に緊急着陸

 

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5126515.html

 

このタイトルからだけ見ると何かとんでもないところに緊急着陸したかのように見える。

 

こんな所である。

 

こうやって見ると何かとんでもない所の様だが・・・

 

少し離れた画像はこうなっている。

 

流石アメリカである。

日本では考えられない広い空地、危険の未然防止のためこんな所に着陸したのだ。

 

この件はよもぎねこさんが詳しく紹介しているので、詳しくはここを参照ください。

http://yomo-uni.iza.ne.jp/blog/entry/2846789/

 

 

 

所で動力を使う乗り物には大まかに分けて3種類がある。

1) 水の上を走るもの・・・つまり船

2) 地面の上を走るもの・・・鉄道や自動車

3) 空中を飛ぶもの・・・飛行機など

 

この三種類の内、船とか自動車はエンジンが止まればその場で動けなくなる。だからそのまま死につながるわけではない。だが飛行機は飛行中エンジンが止まればそのまま死につながる。

私は永年自動車関連の仕事をしてきたが、取引先の関係で航空機関連の仕事も何度か垣間見る機会があった。

安全に関しては自動車とはケタ違いの事をやっているのを何度も見てきた。

 

飛行機の原則は危ないと思ったら兎に角地上に降りること。この一語なのである。

危険なら飛ばさない、これが徹底している、当たり前のことだ。

 

冒頭のオスプレイ、無理に飛んで万一市街地に落ちたりすれば大変、

だから無理をしなかった、多分飛行ルート上に何ヶ所か決めてある緊急着陸用の広場なのだろう。

そう見ればこの話、何も異常でも何でもないのだ。

 

 

話は変わるが此処からは私の経験。

タイから日本に向かう飛行機が故障し、引き返すのに乗り合わせたことがある。

バンコク空港を深夜離陸し1時間位飛んだ時だった、時刻は午前1時ころ。

タイ・ラオス・ベトナムを通過し、南シナ海に入るころだった。

勿論殆どの人が寝ている時、突然機長がアナウンス。

が故障したので今からバンコクに引き返します」との事。

 

すぐシートベルト着用サインが出て、そのまま何の情報もなし。

CAも着席してしまうので、どうなったのですかと聞くこともできずに約1時間半。

機内を見渡しても誰も寝ていないが、誰も無言。

やっとバンコク空港に着陸し、機体が無事停止するとお客さん全員が大拍手。

私も着陸したとき拍手したのは初めての経験だった。

 

飛行機は何かあったらとにかく地上に降りること、そんな当たり前のことを痛感した思い出である。

 

 

冒頭のオスプレイの件。

反対派は何でもイチャモンしかつけない。

曰く、エンジンが片方止まったら危険だろう。

 ⇒左右のエンジンはシャフトでつながっているので片肺飛行は問題ないと知ると

曰く、エンジンが両方止まったら危険だろう。

 

こんな話である。

 

現代の航空機で全エンジンが停止して無事で済む航空機はない。

最近の例では2009年1月のニューヨーク、ハドソン川の奇跡と言われるエアバスA320の不時着事故。

バードストライクと言って鳥を吸い込んで両方のエンジン停止。

離陸の5分後にはハドソン川に不時着した。

 

航空機を知る人はいずれもこの非常時によくぞ市街地にも墜落せず、うまく川に着水したと称賛している。

エンジンが全部止まったらこう言う事である。

助かれば奇跡なのだ。

 

始めに戻ってオスプレイの事故、

反対派は何が何でも反対なのだが、若し全エンジンが止まったらオスプレイでなくても墜落する。助かったら奇跡なのだ。

 

オスプレイ反対派は新興宗教と同じ、何を言っても反対なのだ。

理屈ではない。

だからいくら説明してもこの話は堂々巡り。

もう不毛な議論はやめて日本の将来を考えましょう。

中国は日本のごたごたを舌なめずりして眺めてますよ。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-08-24 14:04

女性の海外一人旅

 今月は海外で事件に巻き込まれ死去した日本人女性の話が続いた。

一つは内戦状態のシリア北部アレッポで日本人ジャーナリスト、山本美香さんが銃撃を受けて死去。

 

その前に ルーマニアの首都ブカレストで女子大生、益野友利香さんが空港に着いた直後殺害されたというものであった。

 

無念の死を遂げられた二人の女性の方のご冥福を祈りたい。合掌。

 

所でブカレストの事件、益野友利香さんは一人旅、初めて行くブカレストに深夜到着、更にそこから列車で200キロ(3時間)離れた町に向かうスケジュールだったとか。

そんな話で私は7,8年前、タイに向かう深夜便であった若い一人旅の女性の事を思い出した。

海外での安全を考える意味でどんな話だったのか、少し書いてみたい。

 

尚益野友利香さんはインターンシップ(就業体験)でルーマニアに向かっていたそうで、この手配をしたのはNPO団体「アイセック」だとか。

この「アイセック」に大いに問題がありそうだが、この件は言及しません。

 

 

 

 

私がタイに向かう深夜便であった女性の話。

 

その日私は緊急打ち合わせのため早朝名古屋空港着(まだセントレアが開港する前の話です)、そのまま会社までタクシーで会社へ、会社で午後まで会議、その後またタクシーで名古屋駅へ、そこから新幹線やら関空特急を乗り継いで関空へ、関空を19時過ぎのフライトでタイに向かうというスケジュールでした。

タイ到着は午後11時の予定、

 

その機内で隣の席が若い女性でした。

なかなかの美人で年のころは20代前半、そんな感じなので別に話しかけたりはしませんでしたが何となく楽しいフライト。

(影の声:本当かなあ、スケベ人間が話もしない?、こいつは信じられん・・)

 

タイ到着の1時間位前になるとCAがタイの出入国カードを配ってくれる。

それを記入していると隣の席の女性がこんな事を聞いてきた、

「すみません、ここはどのように書けばいいでしょうか」

見るとタイでの住所はどこかとの質問欄、Address in Thailand と書いてあるところ。

私がこれはタイで宿泊するところなのでホテルの名前を書けばいいですよ。

ホテルじゃなく知人などの家ならそう書けばいいですよ、

現に私はこんな風に書いてますよ、そう言っても困ったような顔をしている。

 

どうしたんですかと聞くと「どこに泊まるのかわからない」という。

友達から聞いていないんですか、泊まるホテルの名前を。

それならどこか適当なホテルの名前を書いても大丈夫ですよ、ここに何が書いてあるか確認しませんから、と言ったのだが・・・

 

所がそれでも困ったような顔をしている。それで聞いてみると

「実はホテルの予約をしてない、まあ行けば何とかなると思って飛行機に乗った。友達などがいるわけではないが、何となくタイが面白そうだから行くことにした。」

こんな話である。

泊まる所は如何するのと聞くと「タクシーに乗って、どこか適当なホテルに連れて行ってもらえばいいと思っている」、こんな事を言う。

 

おいおい!深夜11時に空港に着くフライトだよ。

そんな時間に適当なタクシーに乗ったら命がいくつあっても足りないよ。

第一言葉はどうするの、電話は掛けれるのと聞いてもタイ語どころか英語もおぼつかない。

電話の掛け方も勿論知らない。

 

 

仕方がないのでタイの安全についてお説教。

タイは一般に安全と言われるのは他の国との比較での話、日本と比べたら犯罪件数は桁違いに多い。

特に女性は性犯罪に巻き込まれるケースが多い、タクシーなどは特に危ない。

最近も日本人女性が殺されたばかり。

タイ人女性でも夜9時以降は危険なのでタクシーにも乗らない、勿論一人歩きなどしない。

町を見るとタイでは女の人が男と仲良く歩いているのをよく見るが、実はこれは用心棒代わりの兄弟や男友達。それくらい危険だよ。

 

空港で客待ちしているタクシーに女性が一人で乗ったら、しかも何処に行くか分からない女性だったら、生きて帰れる保証なんか絶対にない。

 

それでも空港についてしまうので、こんな手位しか考えられないと言って教えたのは・・

良いのは明るくなるまで空港内にいて、それから行動する。

もし今夜行動するなら

・ タイの1ホテルをガイドブックで探し、そこに予約なしだがと言って飛び込む。

・ もしそこが満室なら、そこのフロントで次の良いホテルを紹介してもらいそこに行く。

・ その1ホテルまでは空港内でリムジンを手配し、それに乗ってゆく。

少々高いがこれならまず安全。

勿論行く先はバンコクの〇〇ホテルと事前に言っておく。

 

こんな厄介な話をしている間に飛行機は着陸態勢に入ってしまった。

私は気にはなったがそれ以上構ってもいられないので、あとはその女の子に気をつけなよと言って別れるしか無かった。

 

 

勿論その後どうなったか知る由もない。

しかし今の女の子は元気がいいというか、無鉄砲と言うか、我々には信じられないことを平気でやるようだ。

この女性も良い旅だったらいいがなあ、そんな思いである。

 

さて、一般論として、

一人旅をする女性の中にもしっかりした人は多い。

しかしタイであった日本人の中にもこんな感じで一人でタイにやってきて、夜の巷に沈んでいる女性をよく見かける。

 

日本を出発するときはそれなりに夢と希望を持って出たと思う。

しかし外国で待っていたのは日本では想像もつかない厳しい現実、

そうではないだろうか。

 

最近話題にしたある女性はNYでゴーゴーダンサーをしていたなどと言っていた。

その人の話ではNYで(10年以上前だが)一晩に200ドル~300ドル稼げたらしい、

ダンサーだけで稼げるカネではないので夜の商売もやっていたのかもしれない。

その女性はその後ストリップなどをしながら放浪したのだという。

 

こんな所に落ちてゆく人が結構いるのではないか。

 

若い女性が海外に飛び出す、大変良い事である。

しかし海外には日本では想像もつかない危険が待っていることも事実、

しかもそれは声高に語られることもない。

元気な御嬢さん方、その元気はそのままで、もう少し慎重さも持ち合わせてくださいね。

 

海外で悲惨な事件に巻き込まれた悲しい話で、こんな事を思い出しました。

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2012-08-22 22:55

この人は誰・・・8月22日追記あり

8月22日、一部追記し再掲。

 このエントリーで取り上げた市民活動家Misao何とかと言う御仁、

今日8月22日、首相官邸での野豚との話し合いにも顔を出していたようだ。

もう少しわかりやすい写真も含め再度アップする。

一部不快な写真もあえてアップするのでご了承いただきたい。

 

 

 

<以下本文>

 裏の桜さんのエントリーに「ミンス政権を作り出したモノ」と言うのがある。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2802456/

 

ここでこんなモノを取り上げられている。

 

 

いくらツィッターとは言え「エゲツナイ!」

更にこの人の事が裏の桜さんのエントリーで話題になっている。

詳細は上記リンク先参照ください、全く呆れた話ではあります。

 

 

所でこのMisao Redwolfなる御仁はどんなのかと思ったら、首相官邸前デモの仕掛け人の一人だった。

 

これがMisao Redwolfと言う人物

 

http://silmarilnecktie.wordpress.com/2012/07/06/%E3%80%8C%E7%BE%A4%E8%A1%86%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%8Dmisao-redwolf%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%82/

 

これは6月29日のものらしい

 

こんなのもあった、此れもMisao Redwolfだ。

 http://www.youtube.com/watch?v=YbKFXiT3AQc

 

これは6月11日のもの。

 

 <追加>此れでは分かり難いのでこんな写真も

 http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://iwj.co.jp/wj/open/wp-content/uploads/2012/06/vlcsnap-2012-06-30-18h41m50s161.jpg&imgrefurl=http://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/misao-redwolf&h=360&w=640&sz=28&tbnid=GJYMgW4RrfbW8M:&tbnh=54&tbnw=96&zoom=1&usg=__a9K0jArCG_GSjreHLSzEvFKGaZE=&docid=0KOqG62uw7oVrM&sa=X&ei=AN00UL7eOub3mAXb_YCABA&ved=0CEsQ9QEwAg&dur=25

 

 

所でこんなモノもある。

 

 

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2513.html

 

これは7月1日の大飯原発再稼働反対デモ、このネエちゃんが乗っているのは何とち〇こ神輿。

こいつはいくらなんでも写真は載せたくないので、詳細はリンク先参照ください。

 

<追加>

品位を疑われる画像だがあえて掲載する。ご了承を。

 

 

所でこのちんこ神輿に乗ってるネエちゃん、一体誰だ?

体つき、右手を上げるしぐさ、顔つき、髪型・・・

それに某一郎君と同様マスクご愛用である。

 

何処かで見たことがあると思うのは私だけだろうか。

(カゲの声・・・おっぱいの形だけでも分かるくらい・・・スケベ人間短足:拝)

よく見ると上掲のMisao Redwolfによく似ているけど如何なんだろう。

 

<追加>

2枚目の写真には「タトゥー」が写っている。

しかしこれは昔ながらの入れ墨ではない、タトゥーシールで簡単に取れるもの。

他の写真にないのはそんな理由である。

 

 

首相官邸前デモの正体はこんな奴だったという事である。

 

こんな奴に騙されて毎週金曜日の夜集まった善男善女、

これはどこかの新興宗教と同じではないだろうか。

最早言う事はない。

 

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。

 

<追加>

そして8月22日、首相官邸での話し合いにも顔を出している。

 

 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012082201001363.html

 

こんな連中は新興宗教と同じ、脱原発に対し何を言っても理解しない。

脱原発と言えば全て許されると思っている。

何か言えば火病を起こすだけ、カルト狂団である。

 

南無阿弥陀仏 反原発 南無阿弥陀仏 反原発 ・・・ 

・・・愚や愚や 汝を如何せん・・・

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2012-08-20 18:38

穀物価格が心配なレベル

  大豆、トウモロコシなど穀物価格が高騰している。

最初にNHKの報道から。

 

<以下引用>

 

農水省 穀物高騰の動向を注視

8月19日 4時22分

 

トウモロコシや大豆といった穀物の世界的な価格上昇を受け、農林水産省は、国内での食品の生産や価格に影響する懸念があるとして、関係国からの情報収集を強化するなどして今後の動向を注視することにしています。

 

記録的な干ばつで、世界有数の農業生産国のアメリカでは、トウモロコシや大豆の生産量が例年より大きく減少する見込みです。

このため、トウモロコシや大豆の先物価格は、代表的な指標で、この2か月余りの間にトウモロコシは40%以上、大豆は30%前後、それぞれ値上がりして歴史的な水準にまで高騰し、これに連動する形で、小麦も40%以上値上がりしています

農林水産省は、こうした状況が続けば、トウモロコシや大豆のほとんどを輸入に依存している日本としては、餌として多くの穀物が必要になる牛や豚など、幅広い食品の生産コストが上昇する懸念があるとして警戒感を強めています。

このため、農林水産省は、主要な穀物の生産国の作柄や世界的な需要動向などについて、関係国からの情報収集を強化して動向を注視するとともに、今後の状況によっては、食料の安全保障の問題として、国際的な枠組みで扱うことも検討するなどして対応していく方針です。

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120819/t10014373961000.html

 

<引用終り>

 

 

 

どの程度の価格高騰かと言うと

これはコメ、小麦、大豆、トウモロコシの国際価格の推移。

この表にあるように2008年の穀物価格急騰の後も最近じりじり値を上げてきた、。

そして大豆、トウモロコシは過去最高価格となるまで高騰、小麦もじりじり値を上げている。

但しコメだけはその動きとは関係なさそうである。

 

 

 

此処によいニュースがある。

日本の今年のコメの作況指数予測が発表されている。

それに依れば全国平均で102のやや良であるという。

http://www.japan-rice.com/main.htm

 

 

もう一つコメの価格安定要因、タイ政府がタクシン派になったことでポピュリズム政策からコメの価格を値上げした。その為コメが売れなくなり、タイでは在庫が満杯状態になってきたことがあげられる。

 

<以下newsclipより引用>

 

タイの上半期コメ輸出量45%減、価格競争で苦戦

2012/7/26 (13:47)

 

【タイ】タイ・コメ輸出業者協会によると、上半期のタイのコメ輸出量は前年同期比45・4%減の345・3万トン、輸出額は33・6%減の714・4億バーツだった。1トン当たりの価格がインド産、ベトナム産より100ドル以上高く、市場シェアを急激に失った。輸出先の上位5カ国はナイジェリア(81・8万トン)、インドネシア(28・1万トン)、イラク(22・6万トン)、米国(16・3万トン)、南アフリカ(14・9万トン)。

 

 タイの通年のコメ輸出量は前年比39%減の650万トンと予想され、輸出量世界一の座をインドに明け渡し、ベトナムにも抜かれ、3位に転落する見通し。

 

<引用終り>

 

 

多分穀物価格の上昇で肉だとか豆腐だとかが値上がりする。

困った話ではあるが、2008年のような全穀物が狂乱物価になるような事態は避けられそう。

コメの価格が今のところ安定しているのが大きい。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-08-13 23:13

護衛艦くらま

  今日朝早く長男が盆で帰宅した。

長男との四方山話の中で以前海上自衛隊の護衛艦くらまを訪問した事がある、

そんな話を色々したのだった。

きっかけは高速で走って来る途中のガソリン補給の話から。

 

話のテーマはいざと言うときのために何をしたらいいか。

 

最初にどうして護衛艦くらまを訪問したことがあるかについて、

 

10年以上前だがタイに海上自衛隊の艦隊が親善訪問のため寄港したことがある。

寄港したのはパタヤの少し南サタヒップ軍港。

護衛艦3隻の艦隊で、旗艦が護衛艦くらま。

そのくらまで艦上レセプションがあり、私も招待されたので参加。

そこで自衛官の方と親しく話をする機会があり、大変貴重な経験をした。

 

護衛艦くらま

 

くらまは基準排水量5200トン、ヘリコプター3機を搭載する護衛艦である。

レセプションはヘリ用甲板と格納庫を使って行われた。

 

 

そこで特に印象に残ったことが二つ。

一つ目はくらまが停泊した直ぐ近くにタイ海軍自慢の軽空母「チャクリーナルエベト」が停泊しており、自衛官の方は早速そこを訪問、中を色々見せてもらったと言っていた。

 

自衛官の方の話が印象に残っている。

「あの空母は現在はまだ稼働できない状態だが、それでも大きな抑止力だ。

若し万一何かあれば、それが自然災害でも大きな力になる」こう言っていた。

そしてその何年か後、インド洋大津波の時この空母が非常に役に立ったそうである。

 

二つ目は自衛隊の艦艇の食糧・燃料の補給について。

自衛隊の決まりとして、自衛艦は食料や燃料がフルの7割になったら補給することになっているのだとか。

この為親善訪問とはいえしょっちゅう補給していなければいけない。

タイはそんなに遠くないので簡単に来られるかと言うとそうではない。

燃料などが7割以上になるよう途中寄港し補給せねばならないので大変だ。

 

私はこの話に大いに感銘を受けた。

燃料などが何時なんどきでも7割以上確保されている、これなら何かあっても直ぐ出動できるわけだ。

現に東日本大震災でも自衛隊は直ぐ出動できた、その背後には普段のこんな心構えと活動があったという事だ。

 

こんな話である。

勿論車の燃料でも、会社のいろんな在庫管理でも残り7割で補給、これはいくらなんでも無駄。

しかし一般的な範囲内で燃料にしても在庫にしてもしっかり管理するのは当たり前。

しかしそれは簡単ではない。

 

普段こんな話はなかなかしないのだが、燃料の補給の話からこんな経験談を話したのだった。

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-08-02 18:02

日本食を食べたがるタイ人

  タイ人スタッフを飯を食べに連れて行くことがある。

主に出先で昼飯になった時などだが、こんな時タイ人が日本食を食べたがることが良くある。

 

日本食と言っても大層なものではない、ラーメン位である。

最近8番らーめんがタイでもアチコチに店を出しているのだが、こんな所がタイ人が行きたがるところ。

 

まあ日本人と行けば奢ってもらえるという下心位かと気にも留めなかったのだが、最近どうももっと別の理由が有りそうなことに気が付いた。

 

8番らーめんなどは客は殆どタイ人である。

メニューは日本語も書いてあるが全部写真つき、だから字が読めなくても何なのか分かる。

 

8番らーめんのメニュー

 

2~3人のスタッフを連れて行くと彼らが盛んに聞きたがるのが日本の食文化。

皿小鉢の類でも、割り箸などでもタイのものとは全く違い清潔そのもの。

そしてチップは不要。

タイ人はそんな日本食文化が非常に興味があるらしい。

 

 

 

丁度こんなニュースがあった。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120731/prl12073118200092-n1.htm

 

【世界の旅行者が選ぶ、旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国】
順位  国・地域名   得票%
1位: イタリア     32%
2位: フランス     24%
3位: 日本       18%
4位: 中華人民共和国  13%
5位: スペイン     11%
6位: 米国       10%
7位: メキシコ     8%
8位: タイ       8%
9位: 台湾       5%
10位: インド      5%

 

所がこれが日本人だけにきいてみると面白い。

【日本人が選ぶ、旅行先のローカルフードが一番美味しいと思う国】
順位  国・地域名   得票%
1位: イタリア     40%
2位: フランス     31%
3位: 日本       19%
4位: 中華人民共和国  15%
5位: 韓国       14%
6位: 台湾       10%
7位: スペイン     7%
8位: ドイツ      7%
9位: タイ       6%
10位: 米国       5%

 

メキシコインドが抜け、韓国ドイツが入っている。

まあメキシコインドも治安に問題のある国で日本人はあまり行かない、だからこんな結果になったのだろう。

 

 

タイ人の日本食に対する関心の深さを見てこのランキングの意味を私なりに考えてみた。

 

日本人から見て各国の料理への関心は美味しいかどうかだけ、

しかし世界の人から見ると単に美味しいかどうかだけでなく、レストランの造りや食器類なども含めた食文化全体が興味があるのではないだろうか。

 

日本人に聞いたアンケートで韓国が5位に入っているが、MSN産経の”ヨイショ”の他に日本人は韓国に行っての韓国食と日本で食べる韓国食を一緒にしているせいだろう。

韓国人のあの騒々しい食べ方と散らかし方を見れば決して好ましいとは思わないはずだ。

 

逆にタイ人から見ると、日本人の食べ方は清潔そのもので大変好ましい、

そんな所がタイ人が日本食に興味を持つ理由なのではないかなあ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2012-07-31 12:02

停電の無い国に帰ってきました

  昨日夕方タイから帰ってきました。

率直なところ日本は暑いですね。タイの方が涼しかった・・・

でも日本は停電が無い、良い事です。

日本では当たり前に停電しない電気がある、

タイに暮らしてみるとホント当たり前に電気の有ることは有りがたい。

 

 

タイでは外出中にトンデモナイ豪雨の中で停電に遭遇しました。

30メートルくらい前を走る車のテールランプが見えないくらいの大雨、

そして多分落雷が原因と思われる停電。

道路の信号が消えた中でも運転手は慣れたもの、平気で走っている。

とは言うものの流石に早すぎるのはダメなのでゆっくり走れと言っていたのだが・・・

 

 

所がガソリンが無くなったので給油にガソリンスタンドに立ち寄ると、停電のため給油不可。

 ガソリンスタンドの給油ポンプも料金メーターも電気で動いているんですね。

考えてみれば当たり前なのですが、停電してみるまで気が付かないこと。

仕方がないなあ、それなら先のガソリンスタンドへ行けばいいだろうというと運転手君はダメだという。

見たら燃料のメーターはエンプティー、スッカラカンなのだ。

運転手はどこでガス欠するか分からないので電気が来るまでここで待っていると言って動かない・・・

おいおい! これではいつ帰れるか分からない、日が暮れちゃうぞ。

第一此処にいても併設のコンビニも停電で物が買えない、飲み物もない中で待っていても仕方ないだろ。

 

そこでガソリンスタンドの兄ちゃんに何処なら電気が来ているか聞いてもらう、結果10キロほど先のスタンドは電気が来ている事が分かったが運転手はそこまでたどり着く前にガス欠するかもしれないと言い出す。

こんな時は私の方が車には明るいので、メーターを見て10キロ位ならガソリンはあるから走れと指示。やっと停電していないガソリンスタンドで給油できた。

 

 

日本に帰ってきて一番感じたこと、

停電の無い国は有りがたい国ですねえ。こんな良い国を貶すアホがいるが、そんな奴には停電当たり前の国でしばらく暮らしてみるといいと思った次第。

 

尚この話の後日談。

運転手君には後でしっかり言い聞かせたこと、

「スッカラカンになってから給油は絶対ダメだろ、まだ残量が2割や3割の所で給油しても怒らないから給油しろ。」

そんな事を運転手君と現地のマネジメントに言い聞かせました。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-07-03 15:29

一神教の話

  前回「文春記事のその後」をエントリーしたとき、prijonさんからいただいたコメントに「日本カトリック司教団が「原発の即時廃止を」という主張をしています」とあった。

これをどう思いますかとの話なのだが、私は長い歴史を通じてキリスト教など一神教に共通する問題と思うので取り上げてみたい。

 

文春記事のその後

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2729427/

 

 

 

キリスト教はユダヤ教・イスラム教とルーツを共にする一神教3兄弟、ルーツはユダヤ教である。

だから旧約聖書は3兄弟共通でヘブライ語で書かれている。

新約聖書はイエスの語ったものをまとめたもので、原典はギリシャ語、または古代ラテン語(正確には本当の原典はこの世には存在しないので、その最初の訳本をさす)で書かれている。

イスラム教ではコーランは神がモハンムドの口を借りて話した言葉で、神の言葉そのもの。

これはアラビア語で書かれている。

 

 

 

一神教の特徴は

神はただ一人、他の神を信じるのは邪教、こう考えること。

そして神の言葉を原文通りに正しく理解し実行することが重要と考えられており、特にイスラム教にはその傾向が顕著。

コーランの言葉はアラビア語だから、アラビア語こそ神の言葉と言う意識がある。

 

話を元に戻して、日本カトリック司教団の話。

彼らは自分らの価値観で考えている。

例えばカトリックの本山、バチカンには原発はない。だから原発はいらないと考えるのも無理ではないと思う。

 

 

ちょっと余談だが、今ユーロ圏でギリシャ救済が問題だが、なぜユーロ圏はギリシャを切れないのか。

その答えの一つがキリスト教の原典がギリシャ語だから、ギリシャを切るのは自分らの信仰を否定する、私の個人的意見だがそんな部分があるように感じている。

 

こんな一神教なのでほかの宗教を信仰している者は邪教を信じている、だから自分たちと同じ人間ではない、奴隷・牛・馬と同じだ。

ちょっと荒っぽい言い方で申し訳ないが、歴史をひも解けばキリスト教徒などが世界に進出する過程などではこんな意識だった。

流石に現在の日本のキリスト教信者にこんな意識は無い。

しかしその元の欧米人の中にはこんな意識が潜在していることを忘れてはならない。

 

 

ここで言いたいのは一神教には、自分らの仲間以外は人間ではないから何をしても許される、そんな感覚が底辺に脈打っていることだ。

 

 

もう一つ重要な話、現代では一神教にはもう一つ厄介な仲間が加わった。

マルクス教である。

別名は社会主義とか共産主義とか色々あるが、私はいまでは一種の宗教と考えるのが正解だと思う。

経典は資本論とか色々ある。しかし信者も誰も読んでもいないし理解もしていない。

信じているのはこんなお題目だけ。

 

① 搾取も抑圧も差別もない、真に自由で平等な社会。

② 人間が疎外から解放され、最も人間らしく生きられる社会

③ 一人は万人のために、万人は一人のために生きる社会。

④ 人はその能力に応じて働き、必要に応じて受け取れる社会。

こんなモノである。

ユートピア思想と言ってもいいかもしれない。

神様は「自由・平等・博愛の神」である。

 

これでは日本の仏教の南無阿弥陀仏となんら変わることはない。

しかしマルクスが死んだのが1883年(明治16年)だが、この思想のお題目部分は西欧の社会に深く根付き、宗教者にも多大な影響を与えている。

今日の西欧の諸問題の根源に流れる部分と言って良いだろう。

 

例えば日本でも生活保護問題などは、④の「必要に応じて受け取る」を具体化したものである。

未だに日本でもこのマルクス教の亡霊がさまよっている。

 

この様な厄介な歴史の上に今がある、これを忘れずに行動せねばならないと思っている。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

2012-06-30 07:29

南極観測の現場ピンチ…昭和基地、ヘリ不足で一時閉鎖も<事業仕訳の結果です。

  悲しい話が聞こえてきた。

長年やってきた南極観測、これが輸送用ヘリの不足で大ピンチなのだという。

その理由が予算不足。

そしてその原因を作ったのがレンホーちゃん大活躍の事業仕訳。

先ずはこのニュースから

 

<このニュース、産経の報道なのだが産経には記事がないのでyahooの記事から引用>

 

 

 

 南極観測の現場ピンチ…昭和基地、ヘリ不足で一時閉鎖も

産経新聞 6月29日(金)11時31分配信

 

 南極観測の現場が揺れている。今秋、第54次隊を運ぶ海上自衛隊の観測船「しらせ」に、物資輸送に不可欠な大型ヘリコプター「CH101」が搭載されない恐れが出てきたためだ。原因は故障や予算難南極観測を指揮する国立極地研究所の白石和行所長は「最悪、越冬断念、昭和基地の一時閉鎖もありうる」と話す。

 

 観測船の大型ヘリは2機搭載が基本。以前は3機のローテーションで定期修理や操縦訓練などを行っていた。だが、平成21年就役の新しらせでは2機に削減された。円滑な運用に2セットずつ必要なパーツも、予算難で予備部品保有率は40%にとどまっている。

 

 就役直後の51、52次隊は大型ヘリ2機態勢だったが、昨秋出発の53次隊は初めて1機で極地へ。他の1機は定期修理で、54次隊で2機に戻る予定だった。が、6月に入って防衛省は定期修理中の機体のメーンギアボックスが故障したため「27年度末まで運用は1機」と報告。さらに南極から帰還した機体の整備で調達困難な部品が必要になると、「54次隊の大型ヘリはゼロ」と打ち明けたのだ。

 

 問題の裏にはCH101導入に伴う事情も。初代しらせ艦載ヘリと比べ実績が少なく運用に手探りの面があり、部品供給にも難がある。今回、壊れたギアボックスは受注生産になっており、修理が終わるまで3年かかるという。

 

 突然の話に納得いかないのは観測隊サイド。昭和基地周辺の海氷は厚さ5メートルを超える異常事態が続き、今年1月、しらせは18年ぶりに21キロ手前で基地接岸を断念。しらせから基地のタンクへパイプで送る越冬燃料を大型ヘリ1機とソリで運んだが、輸送できたのは55%だけだった。

 

 越冬に必要な燃料は600キロリットル。54次越冬が始まる来年2月、1年分の蓄えが必要な昭和基地の備蓄燃料は、半年分の300キロリットルに減る計算だ。

 

 海氷は次の航海でも厚いとみられ、仮に接岸できないと、大型ヘリなしで越冬可能な燃料や物資の補給は絶望的。1機でも輸送能力と燃料備蓄量を考えると不安は残る。この問題は22日の南極地域観測統合推進本部総会で議論されたが具体策は示されなかった。

 

 白石所長は「大型ヘリ2機は観測継続の前提条件。『予算もなく故障したから1機かゼロ』ではなく2機確保の努力を」と訴える。南極観測の意義は大きい。観測隊員と自衛官が極地で不安なく働ける知恵を絞ってもらいたい。(写真報道局編集委員 芹沢伸生)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000531-san-soci

<引用終り>

 

悲しい話である。

極寒の南極で越冬観測するにはエネルギーの確保は生命線、それがこんな状態なのだ。

そしてこの予算を削ったのは例の事業仕訳。

 

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/10/03/1310815_12.pdf

 

こんな風に削ったのだ。

 

そりゃあ予算を四分の一に削れば無茶苦茶になる。当たり前だ。

これは無駄の削減などと言うものではない。

科学や技術に対する一種のテロ行為と言ってもいいだろう。

 

私も南極観測隊が今年は厚い氷に行く手を阻まれ接岸できず、ヘリコプターで輸送したことはニュースで知っていた。

しかし肝心のヘリコプターが2機必要なところ、1機しか持っていけなかった。そして今年は例年にない異常な氷の厚さ。

その為に55%しか輸送できなかった、そんな事では越冬隊員の安全にもかかわる大変な話ではないか。

 

こんな事では何か片道の燃料だけしか積んでいけなかった戦艦大和の悲劇を思い出す話のように感じるのだが、どうだろう。

 

だが大変なのは他にもある。

「しらせ」は厚い氷のため「舵損傷」、一時は船内越冬もありうる危機だったとか。

 

詳細は下記参照ください。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120318/crm12031811580002-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120318/crm12031811580002-n2.htm

 

上記記事を見ると、一時は砕氷能力はなく寒冷地対応でもない輸送艦「おおすみ」と補給艦「ましゅう」を救援に派遣しようとしていたなどと書いてある。

非常なピンチだったのだが、その遠因が事業仕訳!!

事業仕訳とは見た目カッコいい経費節減、中身は日本国民の生命を危機にさらす非常識、挙句の果てにその金は全部ばらまいて消えてしまった。

こんなモノだったのだ。

 

事業仕訳の罪は重い、これからまだまだ問題が出てくるだろう。

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-06-28 12:10

クロネコのハンドル左切り

  昨日浦安に住む息子の所に荷物を送るため、クロネコのヤマト運輸に行った。

今まで住んでいたアパートは冷蔵庫付きだったが先週転居、今度のアパートは冷蔵庫がないので、実家に預けていた冷蔵庫を送って欲しい、そんな話である。

 

ヤマト運輸では伝票を書くだけなので直ぐ済むのだが、ひょいと事務所の中を見ると「ハンドル左切り」とのポスターがある。

事務の女の子に何だか聞いてみると、「安全運転のため、駐車するときはハンドルを左に切って駐車するキャンペーンをしている」とのこと。

なるほど、左に切ってあれば万一車が動いても左に向くので止まる、そんな趣旨だという。

サンフランシスコだねえと言ったら、何ですかとキョトンとされたがまあ良いだろう。

確かに外に出て荷役作業中の車を見ると皆左切りしてある、しっかり守っているようだ。

 

こんな事は簡単なようで実は極めて難しい。

理由は車を駐車する、その動作にもうひと手間、左切りの手間が余分にかかるためだ。しかし宅配便のように頻繁にあちこちで駐車する車の場合、安全度が上がることは間違いない。

 

問題はこのもうひと手間を如何にして掛けさせるか、

その為にはこの会社では毎朝朝礼でこの左切りを唱和し、皆でやるぞと声を出しているとのこと。

 

こんな事に感心しているのは私もタイ時代類似した事を色々やってきたためだ。

日本式のモノづくりの為には、日本では当たり前の事でも根気よく教えねばならない。

安全だとか品質だとかはまさにその対象だった。

日本でどこでも教える安全の鉄則「ハインリッヒの法則」もタイ人は全く知らない。

だからイチから教えねばならない。


 

こんなハインリッヒの法則を教えるのだが、タイ語には「ヒヤリ」と言う言葉もない。

そんな中でこれを教えるのには一苦労したものである。

懐かしい思い出だ。

 

参考:タイ語では「ヒヤリ」とするような状態の事を表現するのに「危ない」と言う言葉しかない。タイ語では「アンタラ~イ」という。

 

尚上掲のハインリッヒの法則の図、ネットで拾ってきたものだが、よく見ると一番下の300の所、「ひやりとするような事故」と書いてあった。

事故ではない、事故一歩手前の事である。

事故を減らすためにはこの「一歩手前状態」を減らすことなのだが、日本でもこんな事を間違えるようでは基本の再教育が必要かなあ・・・

変なところで感心しております。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-06-20 10:02

丸善名古屋栄店閉店

  昨日午後、台風4号接近中だったが所要で名古屋栄に出かけた。

いつも行く丸善名古屋栄店に行くとどうも様子がおかしい。

入口には「閉店のため美術品感謝セール」との立て看板。

あちこちの店員に聞いてみると

このビルが老朽化で取り壊しとなる。

だから6月24日で閉店する。

(ナンじゃ、あと1週間もないではないか、如何なっとるんだ)

 

 

移転先は隣の丸栄百貨店にテナントとして入る。

移転するのは書籍・文房具売り場だけ、

だから美術品などは今感謝セールをやっている。

こんな話だった。

 

移転先での新装オープンは10月中旬位らしい。

 

如何してこんな急な話になったのか聞いてみたが、このビルの持ち主からビル取り壊しの話を連絡されたのが3月末、それから急遽移転先交渉に入り、5月末にやっと丸栄への移転が決まったので閉店を発表した。

従業員も混乱している、こんな話だった。

 

いつも行きつけの本屋が一時的とはいえ無くなる、

少々不便になるなあ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)