2017-08-08 21:27

海王丸を見てきた

 8月の4日~8日、海技教育機構の練習帆船「海王丸」が愛知県の衣浦港に来たので見に行ってきた。


海王丸とはこんな船

2017-8-8海王丸3 

総トン数 2556トン、全長 110メーター 堂々たる帆船
海の男を養成するためにはこんなものが一番らしい。


さてその海王丸の夜明け前の様子

2017-8-8海王丸1 

4本マストのバーク型帆船 四本目のマスト(ジガーマスト)は縦帆用なので小さく、1枚目の写真では横帆に隠れて良く見えない。前3本のマストは前からフォアマスト、メインマスト、ミズンマストと言い、この3本には横帆を張る。
残念ながら全部の帆を張るセイルドリルは前日の5日に終わって、私が行った6日は一般公開だけだが、こんな早朝ではもちろん見せてはくれない。


早朝の衣浦港亀崎地区風景、帆船が見えます。台風5号の影響か、早朝から入道雲が発達中。

2017-8-8海王丸2 


  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

 海王丸はワタシも一度小樽へ来たときに見ました。

 でも何とか帆走するところをみたいです。 だって帆船は帆走するところが一番美しいもの。
  1. 2017-08-10 10:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 海王丸は素晴らしいけれど、残念なのは和船が完全に消滅した事です。
 
 元々和船は西欧帆船のような耐久性が無く、10年もたない船なので仕方ないと言えばそれまでなのですが、しかし帆走性能では西欧帆船にも負けなかったと言います。

 それ以上に日本の伝統技術ですからね。
 何とか守りたかったのですけどね。
  1. 2017-08-10 10:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  海王丸はワタシも一度小樽へ来たときに見ました。
>
>  でも何とか帆走するところをみたいです。 だって帆船は帆走するところが一番美しいもの。



海王丸が帆走するところ・・・。私もみたいです。
残念ながら今の帆船は港ではディーゼルエンジンで航行していますので、帆走する雄姿が見られない。
でも、だからこそ見たいですね。
実際に帆走を経験した人に聞くと、エンジンで走っている時はエンジン音がゴーゴー言うのが静かになるのは当たり前ですが、一番大きいのは全く揺れなくなるそうです。大きな帆で波を押さえつけているためらしいのですが、波の影響が少ない。
一度でも体験した人には忘れられない素晴らしさだそうです。
  1. 2017-08-10 15:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

To:よもぎねこさん

>  海王丸は素晴らしいけれど、残念なのは和船が完全に消滅した事です。
>  
>  元々和船は西欧帆船のような耐久性が無く、10年もたない船なので仕方ないと言えばそれまでなのですが、しかし帆走性能では西欧帆船にも負けなかったと言います。
>
>  それ以上に日本の伝統技術ですからね。
>  何とか守りたかったのですけどね。



和船の消滅、これは「需要が技術を作る」、此れの正反対の事例でしょう。
日本だって江戸時代初期までは海外に出て行っていましたが、その後外国に行かなくなった。だから船も沿岸航海専用になってしまった。これは残念でしたね。
もっと海外に進出していれば、縦帆を使った向かい風でも帆走する技術、水密隔壁や竜骨の技術、二重壁にして耐食性を確保する技術などがもっと早く会得できたと思っています。
  1. 2017-08-10 15:28
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

たしか江戸幕府は、各藩に大型船を作るのを禁止しました。
関孝和がライプチヒやニュートンと同時期に微積分をやったのに、大型船建造で利用されることはありませんでした。
鎖国で国内は安定したのですが、その代価は現在も支払っています。
しかし、鎖国がなければ今の日本の文化は存在しなかったでしょう。
  1. 2017-08-10 21:36
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> たしか江戸幕府は、各藩に大型船を作るのを禁止しました。
> 関孝和がライプチヒやニュートンと同時期に微積分をやったのに、大型船建造で利用されることはありませんでした。
> 鎖国で国内は安定したのですが、その代価は現在も支払っています。
> しかし、鎖国がなければ今の日本の文化は存在しなかったでしょう。



その通りで、江戸幕府は外国からの侵略を警戒して、外国へ行くのも、大型船建造も禁止していました。
でも警戒だけは260年間ずっと持ち続けていまして、アヘン戦争で何が起こったか良く知っていました。ですから品川に砲台を作ったり、ロシアの南下政策も知っていました。
そのロシアの軍艦が江戸末期、安政の大地震の時丁度霜田に来ていまして、津波で破損し更に修理で回送中嵐で沈没してしまいました。その時西伊豆の戸田(へた)で代わりの西洋式の帆船を建造し、ロシア使節を送り返しています。
その船の建造の歴史は以下が詳しいです。
http://www.egawatei.com/hedagou.html#top
建造した西洋式帆船戸田号の模型の写真もあります。
こんなものを僅か100日で建造した。当時の日本の船大工の技術も凄いと思います。

それから
>鎖国がなければ今の日本の文化は存在しなかった
まったく同感で、日本人はもっと江戸時代を知るべきです。
そして現在の世界の経済成長が行き着くところまで行ったとき、世界のモデルの一つになるのが矢張り日本の江戸時代ではないか。
そう思っています。
  1. 2017-08-11 06:15
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する