2017-04-19 09:50

【訃報】渡部昇一先生逝く ご冥福をお祈りいたします

 【訃報】 渡部昇一先生逝く ご冥福をお祈りいたします。

 先生には沢山のことを教えていただいた。まだまだ元気で活躍したいただきたかった方だが、残念です。
合掌。


2017-4-19渡部昇一先生 



  1. 社会一般
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

渡部昇一先生

私が読書によって学んだ先生は、山本七平、山本夏彦、西尾 幹二、日下公人、渡部昇一の各氏です。他にもおられますが、ただの解説ではない視点をもって論じられていました。渡部先生の著書は数多ありますが、私が熱心に読んだのは「ドイツ参謀本部」「日本史から見た日本人・古代編」です。

国論を語る点では渡部先生にはもう少しご健在であって欲しかった。それと先生が鶴岡の中学時代に出会った恩師佐藤順太先生を敬慕する姿勢は感動的でもありました。佐藤先生も只者ではなかった。
  1. 2017-04-20 10:58
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 渡部昇一先生

> 私が読書によって学んだ先生は、山本七平、山本夏彦、西尾 幹二、日下公人、渡部昇一の各氏です。他にもおられますが、ただの解説ではない視点をもって論じられていました。渡部先生の著書は数多ありますが、私が熱心に読んだのは「ドイツ参謀本部」「日本史から見た日本人・古代編」です。
>
> 国論を語る点では渡部先生にはもう少しご健在であって欲しかった。それと先生が鶴岡の中学時代に出会った恩師佐藤順太先生を敬慕する姿勢は感動的でもありました。佐藤先生も只者ではなかった。



渡部昇一先生は英米に通じたうえで日本論を述べられている。これが素晴らしかったです。
もっと長生きしていただきたかったですね。
本当に残念です。
  1. 2017-04-20 14:41
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

渡辺昇一先生は私の「ヒーロー」の一人でした。
「知的生活の方法」は中学位の時のベストセラーですが、高校のときに読んだときはつまらなかったが、その後読んだらすごい本でした。一生読める本です。渡辺先生の蔵書収集の秘訣とか書かれていましたが、いまはユーチューブで「書痴の・・・」で氏の書斎がみれる。この放映・・じつはまだほとんどみていないのですが、味わいつつ観ようと思っています。永久保存版です。
とにかく、戦後サヨク教師に反発をずっと抱いていた私にとって、90年代前半にすべてを教えて頂いた先生でした。天国の先生にこの場を借りて、ありがとうございますといいたいです。
ほんと、リアルの世界では、私は尊敬できる先生に全然出会えなく不運でした。むしろ、頭が変なのばかりでしたから・・・公立はだめです。そういう人間にとっては、渡辺先生の教訓話も好きでした。新渡戸稲造、スマイルズの「自助論self-help」・・・印象に残っています。実家に置いてあるので、こういう本を帰国後は再読してみたいです。
渡辺先生は昨年位からかなりおやせになられたことは気づいていたのですが。「RIP」

もう一つ、これからはまだまだお若い(?)、西尾幹二先生が保守の大御所と呼ばれるような気がします。西尾先生の著作にも渡辺先生と同じく、魂が籠っています。

  1. 2017-04-20 16:59
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

To:NINJA300 さん

> 渡辺昇一先生は私の「ヒーロー」の一人でした。
> 「知的生活の方法」は中学位の時のベストセラーですが、高校のときに読んだときはつまらなかったが、その後読んだらすごい本でした。一生読める本です。渡辺先生の蔵書収集の秘訣とか書かれていましたが、いまはユーチューブで「書痴の・・・」で氏の書斎がみれる。この放映・・じつはまだほとんどみていないのですが、味わいつつ観ようと思っています。永久保存版です。
> とにかく、戦後サヨク教師に反発をずっと抱いていた私にとって、90年代前半にすべてを教えて頂いた先生でした。天国の先生にこの場を借りて、ありがとうございますといいたいです。
> ほんと、リアルの世界では、私は尊敬できる先生に全然出会えなく不運でした。むしろ、頭が変なのばかりでしたから・・・公立はだめです。そういう人間にとっては、渡辺先生の教訓話も好きでした。新渡戸稲造、スマイルズの「自助論self-help」・・・印象に残っています。実家に置いてあるので、こういう本を帰国後は再読してみたいです。
> 渡辺先生は昨年位からかなりおやせになられたことは気づいていたのですが。「RIP」
>
> もう一つ、これからはまだまだお若い(?)、西尾幹二先生が保守の大御所と呼ばれるような気がします。西尾先生の著作にも渡辺先生と同じく、魂が籠っています。



渡部昇一先生の凄い所は英米を熟知されたうえで、日本について色々考察し、日本のここが良い所と発信されたことでしょうね。
本当の惜しい方を亡くしたものです。

所で西尾幹二先生ですが、渡部昇一先生が昭和5年生まれの86歳、西尾幹二先生が昭和10年生まれですから今81歳。
西尾先生はライフワークとしてGHQの焚書図書開封に取り組んでおられますが、恐らくある時期になったら政府が取り上げて、その問題点やら何やらを追及すべきと考えます。
これをすることで日本の戦後の思想についてのけじめがつけるのではないか。おそらくその時はアメリカのルーズベルト一派の悪事も明るみに出さねば収まらない。あと何十年かかるか分かりませんが、次の世代に引き継いででもやり遂げたいテーマです。

それからコメントを消しましたが良かったでしょうか。
漢字変換のミスは私も再三再四やっているので、私はあまり気にしませんが、NINJA300 さんの渡部先生の気持ちを聞くと、やはりここはきちんとしたい気持ちは良く分かります。
  1. 2017-04-20 22:04
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

ガリ勉教授を悼む

惜しい先生を亡くしました。日本の宝とも言える人ではなかったかと思います。
先生のガリ勉はつとに有名で上智大学の学生ならば知らない者はいないのではないでしょうか。教授になられてからも先生のガリ勉は衰えることを知らなかったと聞いています。
「ガリ勉」という言葉は、多少軽蔑のこもった言葉です。涼しい顔をしてスイスイと試験に合格することは、頭の良い証拠となります。ところが、実はそのような頭の良い人は、研究ではなくビジネスに向いているのです。
限られた時間に量をこなす勉強が重要になります。数学書シュバルツの序文にあるように数学者を志す者であれば、たった1行を理解するのに丸1日かかったとしても理解できれば満足するかもしれません。しかし、彼は間違いなく試験に落ちると思います。。
渡部先生は、自己を頭の悪い人間と規定していたように思います。先生にして自分のことを頭が悪いと規定されるのですから、偉大な業績が出来上がらないはずはありません。
私もマネをしてガリ勉をやろうと思った時もありましたが、とても続きません。
凡夫は凡夫でいいじゃないかと思った次第です。
  1. 2017-04-21 12:49
  2. URL
  3. 縄文人 #wM6nolEE
  4. 編集

Re: ガリ勉教授を悼む

> 惜しい先生を亡くしました。日本の宝とも言える人ではなかったかと思います。
> 先生のガリ勉はつとに有名で上智大学の学生ならば知らない者はいないのではないでしょうか。教授になられてからも先生のガリ勉は衰えることを知らなかったと聞いています。
> 「ガリ勉」という言葉は、多少軽蔑のこもった言葉です。涼しい顔をしてスイスイと試験に合格することは、頭の良い証拠となります。ところが、実はそのような頭の良い人は、研究ではなくビジネスに向いているのです。
> 限られた時間に量をこなす勉強が重要になります。数学書シュバルツの序文にあるように数学者を志す者であれば、たった1行を理解するのに丸1日かかったとしても理解できれば満足するかもしれません。しかし、彼は間違いなく試験に落ちると思います。。
> 渡部先生は、自己を頭の悪い人間と規定していたように思います。先生にして自分のことを頭が悪いと規定されるのですから、偉大な業績が出来上がらないはずはありません。
> 私もマネをしてガリ勉をやろうと思った時もありましたが、とても続きません。
> 凡夫は凡夫でいいじゃないかと思った次第です。



そうですか。渡部昇一先生はがり勉教授、なるほど納得です。
あの膨大な書庫を見ると、ただただ感心するばかり。
しかもその書物が先生の中では十分に消化されている。本当の惜しい方を無くしました。
  1. 2017-04-21 18:40
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する