fc2ブログ

2023-01-09 16:00

寒中お見舞い申し上げます

 寒中お見舞い申し上げます。本年もよろしくお願いします。

 昨年(2022年)2月以来、10ヶ月ぶりのエントリーになってしまいました。
本来は明けましておめでとうございますと挨拶する時期ですが、昨年10月12日に家人が死去してしまいました。ですから年始の挨拶は遠慮させていただきます。

その後もいろいろ多忙でしたので、ブログは放置状態。やっと少し時間ができたのでブログを再開しようと思っています。
とりあえず、松が取れてからということで、今日年明けのエントリーをすることにいたしました。

 ちょっと搔い摘んで家人の病気の経緯を書いてみます。
家人は難病のパーキンソン病を患っていまして、病歴は発症と診断されてから23年。
良い専門医が見つかったので、拙宅からは約30キロと少々遠いが、私が車で連れて行くことにし、この専門医で音楽療法と診察を受けるようになってから17年半になりました。

パーキンソン病はゆっくり病気が進行するのですが、3年前の2019年9月に階段から落ちて左脛骨を骨折してから、歩くのも不自由になりました。さらに2021年7月末に室内で転んで肋骨6本骨折と折れた骨が肺に穴をあけた血気胸で入院。さらに悪いことに、2021年11月頃からは、プロテインの過剰摂取が原因と思われる腸内環境悪化で便秘と体調悪化が進みました。
2021年12月のエントリーで家人の病気について少し書いたのはこんな状態の時でした。

さらに昨年(2022年)に入ってから病状は一進一退を繰り返しながら悪化の一途。昨年(2022年)8月後半からは夜中にジスキネジアで暴れるようになってしまい、私も介護で1日の睡眠時間が3時間から4時間しか取れない日が続くようになりました。
10月からはデイサービスに週1回行くことにし、12日がその2回目で、元気に行って帰ってきたのですが、そのころからおかしく成り、夕食の席に着いたとき症状が激変。すぐ救急車(ドクターカー)で病院に行ったのですが、帰らぬ人になってしまいました。

 病気の話はここまでにします。
次回からは折々の話題などをアップしようと思っています。
皆様にとって本年が良い年になりますよう祈念しております。


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2022-02-26 16:18

岸田首相の言う新しい資本主義とは


 とうとうロシアがウクライナに軍を進めました。世界はめまぐるしく動いています。
しかしそんな中、なかなかブログも書けない毎日ですが、私が気になっていること少々書いてみます。
これからも暇を見つけて少しでもブログが書けたらいいなあ、とこれは希望的観測。
古人曰く、当てと褌(フンドシ)は前から外れるとか(笑)。


旧聞になりますが、1か月ほど前文藝春秋2月号(1/10頃発売のはず)を買ってきました。文藝春秋は普段は見向きもしないのですが、今回は岸田首相が新しい資本主義について寄稿しているので是非とも読みたかったわけです。

読んでみて愕然としました。岸田首相の新しい資本主義はあちこちでボロクソなのですが、私の第一印象は、おいッ、岸田さんは社会主義者か?、これじゃあ悪夢の民主党時代と変わらんぞ!でした。

一寸搔い摘んでその酷い一端を紹介します。
尚、新しい資本主義とは『公益資本主義』、つまり欧米型の株式資本主義でも、中国型の国家資本主義でもない、社会全体の利益つまり公益を追求する資本主義の事らしいのだが、経済の本質を知らなければ、何を言っても空論ですね。
公益資本主義
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%9B%8A%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9


それでは本題に入ります。

最初に、
岸田首相の寄稿文は、題して『私が目指す「新しい資本主義」のグランドデザイン』。
こんな内容です。小見出しを並べてみます。

私が目指す「新しい資本主義」のグランドデザイン  岸田文雄  
1. 今こそ資本主義のバージョンアップが必要
2. 「人」重視で資本主義のバージョンアップを
3. 何よりも大切なのは人への投資を
4. 新たな「官民連携」で付加価値を引上げていく
5. スタートアップが日本を救う
6. 大胆な投資の実現
7. 地方こそ主役、デジタル田園都市国家構想の実現へ
8. 気候変動問題への対応
9. 若者世代・子育て世帯の所得の引き上げに向けて
10.まとめ


最初からグランドデザインだのバージョンアップなどとカタカナ語が並んでいます。カタカナ語の好きなお役人臭いっぱいですね。(小役人が原稿を書いたのがまるわかりです)
グランドデザイン(grand design)なら「全体構想」と言いなさいよ、ちゃんとした日本語があるんだから。
おっと「バージョンアップ」はだめですよ。これは和製英語で、ITの世界でよく使われています。意味は製品を改良し、バージョン(版)を更新、増加させることに日本では使っています。しかし英語では一般的には “upgrade” です。こんなことを言うと、国連で気候変動との戦いをセクシーにと言ったアホ大臣(あえて信じろうとは言いませんが)同様バカにされます。

更に中身を読み進めると、経済に無知で、日本の問題点を全く分かっていないことに気が付きます。
例えば、
第6項 大胆な投資の実現の所にはこんな記述があります。
『・2000年⇒2019年の20年間に民間企業の設備投資額推移は
アメリカ~1.45倍、フランス~1.42倍、ドイツ~1.26倍、日本~1.1倍』
このように先進諸国の中で日本が大きく遅れているので、大胆な投資が必要と言っています。
これだけ見れば、アメリカが1.45倍なのに日本が1.1倍か・・・、こりゃああかんと思うところだが・・・。

だが待てよ、この2000年⇒2019年の間に消費者物価指数がどうなっているのか見てみると、
アメリカ~1.48倍、フランス~1.34倍、ドイツ~1.34倍、日本~1.03倍
なぁ~んだ、要は日本がデフレなのがこの問題の根底にある話じゃないか。問題の根っこはデフレ。
こんなことが分かる。
しかし残念ながら、このデフレ対策は全く触れられていない。要するに経済の本質が分かっていないのだ。


更に
第9項 若者世代・子育て世帯の所得の引き上げに向けての所にこんな記述があります。
『さて、新しい資本主義に対して、成長なくして分配なし、という指摘があります。それは事実です。
他方で、分配なくして成長なしというのも事実です。
言い換えると、分配の原資となる成長が必要だという議論と同様に、成功の基礎となる分配が必要と考えています。』

おいおい、「分配なくして成長なし」、これは2021年10月31日の衆議院選挙に向けて立件民主党・エダノンが9月に打ち出したスローガンだぜ。
こんなものは働きもしないのに金だけ欲しがるエダノン一味の言いたいこと。こんなことが成り立つなら、世の中誰も苦労しないぜ。

私はこの一文を読んで確信しました。岸田文雄君は自民党員かもしれないが、隠れ社会主義者であること間違いなし。

こんなことでは岸田首相の経済運営は間も無く行き詰まるはずです。

早く交代すべきでしょうね。
特にぼろぼろの外交は、ウクライナ危機の次に来る台湾尖閣危機には到底対処できないのではないでしょうか。

  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(20)

2022-01-24 17:51

陣中見舞いの駅弁


 今年初めてのブログエントリーですが、いつの間にか1月も下旬。1月往ぬる2月逃げると言いますが、全く早いものです。とうとう明けましておめでとうございますとも言わないうちに今日になってしまいました。何とか生きておりますので本年もよろしくお願いします。

家人の病状も何とか最悪期を切り抜けつつあります。まだ予断は禁物ですが、少しでもブログを書ける時間が出来ないかなあと希望的観測をしています。
何はともあれ、いただいたコメントだけでも返事を書かねば・・・。今はこんな状況です。

 こんな時なので、娘夫婦が陣中見舞いに駅弁を持ってきてくれました。
近くの某大手スーパー系列で駅弁大会をやっていたようで、各自の好みを考え、いろんな駅弁を。

「お父さんはこれが好きでしょう。すぐ売り切れちゃうんだけど、幸いにも一つ手に入ったよ」と言ってこんなものを。

峠の釜めしです。信越線横川駅の名物駅弁(今はあちこちで売っているようですが)です。

2022-1-24峠の釜めし縮小版

益子焼の土釜に入った駅弁。おいしかったですね。


とまあ、食い物の話はこのくらいにして、これからも気になることをボチボチ書いていきたいと思います。
とりあえず、近況報告にもなりませんが、生きている証という事で、これからも宜しくお願いします。
  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2021-12-30 06:15

ブログの更新もままならない一年、読者の皆様有難う御座います


 今年もあと二日となりました。ブログの更新もままならない状態が続いていますが、気が付けば今年も終わり。公私とも激動の一年でした。
ブログはコメントをいただいても返事も出来ず、申し訳なく思います。

11月28日のエントリーで近況報告したのですが、兄が死去しましたが、12月25日には49日の法要も終わり、この件は一段落です。一つだけうれしかったのは、兄の通夜当日が手術の日で通夜葬儀に出席できなかった妹がすっかり元気になり、49日の法要には出席できたことでした。

 所で家人の病状は11月中旬頃から激変し、さらに悪化しました。さらに悪いことに台所の入り口で転倒し左上腕部を骨折しました。骨折直後が最悪でして、自分でスプーンさえ持てない状態にまでなる始末。
そんな中ですが、体調を悪化させている要因の一つがようやく見えてきました。

・・・以下尾籠な話ですので、読み飛ばしていただいてもかまいません・・・

体調を悪化させている原因の一つと思われるのが腸内環境の悪化、腸内で悪玉菌が大暴れして有害物質を作り出して、その結果が体調悪化につながっていることでした。
更にその腸内環境悪化はプロテインの過剰摂取により、小腸で吸収できなかったプロテインが大腸で悪玉菌の餌になり、腸内環境を悪化させていることでした。

プロテインは悪いものではありません。健康な体作りのためにはいいものだと思っていますが、それも程度問題。その人にとって過剰摂取すると悪影響が出てという事です。

そう言える理由は、体調悪化したとき、便が猛烈な悪臭、刺激臭を発するようになったことで、さらに尿まで悪臭がするようになってしまったことです。尿の色まで汚い色になっていまして、腸内環境悪化で色んな悪いものが発生し、血液に吸収され、全身を回って腎臓で濾過され、最後に尿となって排出される。その尿が悪臭がするという事は、悪いものが全身を回っているので、此処を改善せねばいけないことに気が付いたからです。
実は家人は健康にいいという事でプロテインをかなり多めに摂取していました。このプロテインはアメリカ物で、日本物に比べ目安量がかなり多め。(このアメリカ物のプロテインについてはいろいろ問題がありますが、今回は省略します)
私は「このプロテインは平均体重90キロ(男)から77キロ(女)のアメリカ人に丁度いい量のもの。家人は現在激やせで30キロ。だから目安量は家人にとっては適切量の3倍にあたる」、こう説得しプロテイン摂取をやめました。
プロテイン摂取をやめ、腸内環境によさそうなヨーグルトや野菜類を今まで以上に多めに変更し、腸内環境の改善をしようとしています。
目安は腸内環境悪化で便が悪臭を放つようになったのが、普通の色形臭いの便になる事でした。

最悪の便が出てこれは大変と腸内環境改善に取り組んで10日目くらいから少しずつ効果が出てきました。
現在は、調子のいい時には室内で5歩~10歩歩ける程度(すぐ転ぶんで危ないですが)になりました。

こんな状態で年越しし、新しい年を「何とか自分の足で歩ける」、こんな目標で新年を迎えることになった。
今はそんな状況です。

年末に尾籠な話で恐縮ですが、こんな近況報告で今年のブログを終わらせていただきます。
この一年、いろいろお世話になり、有難う御座います。

皆様、よいお年をお迎えください。
  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2021-11-28 17:03

階前の梧葉 已に秋声<近況報告です


 11月もあと2日になりました。今月はあまりにも目まぐるしい日々で、とうとうブログの更新も出来ませんでした。やっと少し時間がとれるようになりましたのでちょっと近況報告いたします。

最初に、11月7日に東京在住の兄が死去しました。
10月にはもう危ないとは聞いていたのですが、見舞いに行こうとしても病院からコロナのため面会を断られ、やっと11月4日に面会できた(もう寝たきりで意識もない状態)。結局7日には死去。
コロナ禍で仕方ないとは言え残念でした。

東京へは見舞い、通夜、葬儀と3日もいかねばならず、家人の介護もあるので息子に休暇を取ってもらったり、在宅勤務に変えてもらって対応しました。
その後も家人の病状は芳しくなく、私も殆ど付き切り状態。やっと最近になって病状が安定し始めたので、今日こんなブログを書いています。

こんなことで、コメントいただいた方にも返事も出来ない状態で大変申し訳ない。お詫びいたします。

今後ともこんな状況が続くと思いますが、家人の病状を悪化させているファクターのひとつを突きとめましたので、これからは多少良くなるのではないかと(希望的ながら)期待しています。
  1. 日常の話題
  2. TB(0)
  3. CM(16)